• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mフィンガーのブログ一覧

2017年09月09日 イイね!

九州ドライブ8日目(新門司港→泉大津→自宅)

8月31日、8日目 九州ドライブ最終日です。長らく続いた九州ドライブの備忘録も終わります。


朝起きて、窓の外を見ると・・・ まだ暗い。


あと1時間もすると泉大津です。


行きに乗ったフェリー同様、夜に予約した朝食です。


着岸しました。車に乗り込み、下船準備しないと。 周りはトラックに囲まれています。


泉大津に上陸です。


堺泉北道で北上します。


阪和自動車道の堺本線料金所です。


続いて、近畿自動車 八尾料金所です。


吹田JCTを通過します。 


四日市JCTでは、伊勢湾岸道方面へ進みます。


自分の好きな景色『橋が続く風景』です、


途中、11万キロのキリ番も逃し、111111kmも気が付けば大分過ぎていました・・・。


豊田JCTで本当は新東名方向に行くつもりでしたが、東名方面へ行ってしまいました。


三ヶ日JCTから新東名にチェンジです。


ガラガラの新東名を気持ち良く駆け抜けます。


駿河湾沼津SAで昼食にしましょう!


レストランの席から、駿河湾が。


『レストラン ソラノテラス』で「釜揚げしらすペペロンチーノ」を頂きました。


ここから、ドライバーチェンジ! 家まで嫁に運転してもらいました。

眠いが、やはり眠れませんでした。緊張します。


13時半過ぎの無事に家に到着。 この日の総走行距離は540kmでした。

今回の九州ドライブ、いつものように狭い山道はあまり走らず、高速での移動が多かったですが、景色がいい、走って楽しい道、いくつか走ることが出来ました♪

・平尾台
・やまなみハイウェイ
・ミルクロード
・天草パールライン
・川内峠
・生月農免道路(生月サンセットウェイ)

今回走った中でNo.1は、『生月農免道路(生月サンセットウェイ)』です。
また走りたいですね~。


日本三大カルストのひとつである『平尾台』から始まり


耶馬溪では、青の洞門をくぐり


3度目のチャレンジでも、全く景色が見えなかった『大観峰』


フェリーに乗って天草へ


青空に映える『大江天主堂』を見学


川内峠、きれいな道でした。


そして、生月農免道路(生月サンセットウェイ)!


交通量もほとんどなく、景色を楽しみながら、気持ち良く走れる最高の道です!!


今回の九州ドライブの軌跡はこんな感じです。総走行距離 2,558km 平均燃費10.2km/Lでした。

前回行けなかった方面に偏っています。宮崎、鹿児島が手薄。基本的に天気には恵まれました。
結局、雨に降られたのは、2日目の阿蘇のみでした。阿蘇だけは4度目のチャレンジをしないと。
まだまだ行けていない場所いっぱいあります。食べていないおいしいものもたくさんあります。
また訪問しないとダメですね。その時はよろしくお願いします。

つまらない自分の備忘録に長々おつきあい頂き、ありがとうございました。
Posted at 2017/09/09 23:52:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年09月08日 イイね!

九州ドライブ7日目(福岡→大宰府→門司港レトロ→新門司)

8月30日、7日目。


九州最終日の朝食はこんな感じ。


本日最初のポイントはここ。初めて来ました。


『太宰府天満宮』です。天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮で「学問・至誠・厄除けの神様」です。


太鼓橋、平橋、太鼓橋と3つの橋を渡って、


御本殿です。しっかり参拝致しました。


参拝が終わったら、エスカレーターに乗って、次のポイントに向かいましょう。


目の前には、こんな大きな建物が。これが、『九州国立博物館』です。


ラスコー展にやってきました。東京で開催している間に行けなかったんです。
さあ観ていきましょう!


これは「黒い牝ウシ」。2mにもなる大きさらしいです。


「泳ぐシカ」は地面から2mの壁の高い位置にあるそうです。


「背中合わせのバイソン」。バイソンの体の一部が赤いのは、冬から春になると起こる毛色の変化を表しているそうな。


「井戸の場面」。ここには『謎のトリ人間』が。


クロマニョン人って、アフリカからやってきた移民だそうです。


GAS補給して、大宰府ICから九州自動車道に乗りましょう。


門司で降ります。九州最後のポイントは『門司港レトロ』です。


最初は「国際友好記念図書館」です。ちなみに複製。1階には中華レストランが入ってました。


「旧門司税関」です。明治45年に建てられたそうな。


対岸は下関ですね。


これは「旧大阪商船」です。


ここは「旧門司三井倶楽部」です。食事をすることが出来ます。


門司港は「焼カレー」が名物だそうで、『伽哩本舗 門司港レトロ店』で『ビーフ焼カレー』を頂きました。思ったより辛くて、美味しかった~♪。 あっつあつ!です。


「旧大連航路上屋」は、北九州・門司港の国際ターミナルとして使われていたそうです。


続いて、「開聞海峡ミュージアム」の無料エリアにある昔の風景を再現したこんな場所が。


建物の中には、お土産屋さんが入ってます。


門司港って、バナナの叩き売り発祥の地らしいですよ。


現在、工事中の門司港、この横にバナナの叩き売り発祥の地という碑が建ってました。


こんなオブジェが。


休止した臨海線を利用したトロッコ列車の北九州銀行レトロライン「潮風号」です。


テクテク歩いて、『門司電気通信レトロ館』です。マークがNTT西日本に変わってる。


中には、古い電話機が。


昔、家にあった黒電話はこれでしょうか!?


最近なかなか見かけない歴代の公衆電話も。  ここ、入館するとお土産がもらえますよ。

さあ、そろそろ時間です。新門司港に移動しましょう。


帰りに乗る『ひびき』。2014年に進水した新造船です。
総トン数:15,897トン 航海速力:薬23.5ノット 全長:195m 全幅:29.6m 旅客643名、トラック277台、乗用車188台を呑み込みます。


低床車なので、行きと同じくトラックと一緒に入船します。


帰りは、「スイート」。行きの特等と同じです。『ひびき』では、「ロイヤル」が一番高い部屋になります。


さようなら、九州! また来るよ~。


船の中の晩御飯は、「高菜チャーハンとわかめスープと鶏のから揚げと杏仁豆腐」


食後、再度、デッキに出て、夕日を見ようと思いましたが、雲があってきれいには見えませんでした。

九州最終日、行ったことのなかった大宰府にも行け(あまりにも多い中国人に・・・)、ラスコー洞窟も観ることが出来、門司港の古い建物も観れ、楽しいかったですね。

本日の総走行距離129km、福岡から門司までですから、走行距離は少ないですね。最終日8日目に続きます。
Posted at 2017/09/09 00:08:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年09月07日 イイね!

九州ドライブ6日目(ハウステンボス→平戸島→生月島→呼子→糸島→福岡)

8月28日、6日目


早起きして窓からヨットハーバーを望む。


シャワー浴びようと思ったら、ミサイルが!


7時にラウンジで朝食です。美味しかったです。


駐車場に行く最初のバスが8時40分と遅かった為、昨日の夜にフロントに8時の送迎を依頼、お姉さんが駐車場まで送ってくれました。ありがとう!


西九州自動車道で平戸を目指します。


R204を走り抜け


平戸大橋を渡り、平戸島へ入ります。

狭い山道を上っていくと突然視界が開け


こんな景色が広がります。


距離は短いですが、景色を見ながら楽しく走りました。


ここは、『川内峠』。とっても景色がいい場所です。


さあ、下りましょう。


ガラガラのK19を走り、


生月大橋を渡って、生月島に入ります。


少し走ると、『生月農免道路(サンセットウェイ)』です。景色も良く、とっても気持ちがいい道ですね。


この道、とってもお勧めですね~。 夕日が落ちる時間に走ってみたい!


さらに少し走ると『塩俵断崖』。


ここも『柱状節理』です。岩の断面がはっきり分かりますね。


生月島の北端の『大バエ灯台』です。ちょっと登っただけで、汗だらだら。


灯台の上からはこんな景色が見えました。


帰りは島の反対側を走り、生月大橋を渡り、平戸島へ戻ります。


途中、『平戸ザビエル記念教会』に寄り道。


平戸大橋を渡って、美味しいものを食べに行きましょう。


伊万里松浦道路を通り、


伊万里湾大橋を渡り、


着いたのは、『河太郎』です。


呼子の烏賊を食べましょう♪ 平日にもかかわらず、大混雑で1時間待ちでした。
中州にもお店がありますが、本場で食べてみたかったんです。


当然注文するのは、『いか活き造り定食』です! おいし~。


ゲソの部分は、天ぷらにしてもらいました。これもうまい!


嫁の希望で、『糸島』に寄り道。ここ、今話題で、流行っているらしい。知らなかった。


海辺の『Cafe TIME』でお茶しました。お店、屋内は満席状態。

『糸島』って、関東で云うと『葉山』を目指してる? とにかく若い女性が多かったです。


さあ、今宵の宿に向かいましょう。


今宵の宿は『西鉄グランドホテル』、部屋はこんな感じでした。


嫁の親戚が福岡に転勤しているので、連絡し、一緒に晩御飯を。まずは『乾杯』です。
近況報告や昔話に花が咲き、夜は更けていきました。

6日目は全部行ったことがない場所で、とても楽しかった♪川内峠や生月農免道路も走れて良かったです。呼子の美味しいイカも食べることが出来、嫁の親戚とも食事が出来、満足の1日となりました。途中、いっぱい見たい・寄りたいところがありましたが、時間の関係で行けずに残念。またの機会に行きたいですね。

本日の総走行距離は272kmでした。ぼちぼちの走行距離ですかね。7日目に続きます。
Posted at 2017/09/07 23:14:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年09月06日 イイね!

九州ドライブ5日目(熊本→ハウステンボス)

8月27日、5日目。


朝起きてホテルの窓からはこんな景色が見えます。


朝食、食べ過ぎました・・・ でも美味しかったです♪


8時前にチェックアウトして、出発しましょう。
今日も元気にセル、廻りました!バッテリー、大丈夫そうですね。きっと。(そう思いたい)


九州自動車道に乗り、北上します。


鳥栖ICで、長崎自動車へ。


長崎自動車道、ガラガラでした~。


西九州道方面へ。


佐世保大塔ICで降り、R205(針尾バイパス)を走ります。


着いたところは、ここ。『ハウステンボス』です。

駐車場の手荷物預かり所で荷物を預けて、入園しましょう。今日1日はハウステンボスのみです。


入場すると、5匹のクマがお出迎え。


まずは、園内の雰囲気を知る為、「カナルクルーザー」に乗ります。一番後ろのOPENな席に。


分譲された家には、自家用車ならぬ自家用クルーザーが停泊しています。


続いて、「ドムトールン」展望台から、園内を見てみましょう。


ヨットハーバーの向こうには、大村湾が広がっています。


ハウステンボスの中心はこんな感じです。


手前から、ホテル・ヨーロッパ、奥には、フォレスト・ヴィレッジが見えますね。


お昼は、タワーシティにある『長崎洋食 とっとっと』で「キーマカレー」を頂きました。
ボリュームが結構あり、お腹いっぱいです・・・


再度「カナルクルーザー」に乗り、園の入口まで戻りましょう。


アドベンチャーワールドに行ってみました。 チンパンジーと記念撮影。

この後、「シューティングスター」という名のZIPラインで運河の上をシャーッと越えました。


今度は入口から、テクテク歩いて。花がきれいに咲いています。しかし、外、暑い、暑すぎる・・・


少し歩くと、実物大高さ9mの「98式AVイングラム」が。


チェックイン時間になったので、今宵の宿、『ホテル・アムステルダム』へ。園内にあります。


今回は、ローラアシュレイルームにしたので、チェックインは専用「クラブラウンジ」で。
チェックイン時にアフタヌーンティーを頂きました。


今回の部屋はこんな感じ。


部屋の窓を開けると、目の前はヨットハーバーでした。

暫し、部屋で休息し、「クラブラウンジ」で軽く食べてから、夜のハウステンボス巡り開始です。


まずは、園内のイルミネーションを上から見る為、「ドムトールン」へ。


イルミネーションがキレイですね。


ブルーのLEDの光が滝のように流れています。


こんな道がずっと続いています。


昼間乗った「カナルクルーザー」。運河はライトアップされ、色が時間により変化します。


ダンスパーティーも開かれています。懐かしのダンスナンバーがかかってました。


観覧車もいろいろなパターンで光ってました。


アトラクションタウンの「光のアンブレラストリート」です。

21時半頃から、3Dプロジェクションマッピングショーが立て続けに始まります。


ますは、スリラーシティ。こんな感じから、


こんな風に。その他いろいろ、音と共に変わっていきます。


続いて、花時計のここで。


少し移動して、最後はここで。


ホテルも綺麗にライトアップしていました。

5日目、10時半~22時半くらいまで、ハウステンボスで楽しんじゃいました。いろいろ指向が違うエリアが組み合わされているので、飽きずに遊ぶことが出来ました。ハウステンボス、頑張ってますね。

ただ昼間の暑さには閉口です。日が落ちてからは、とても過ごしやすくなるので、夏は夕方からがお勧めです♪

本日の総走行距離は190km。朝の高速道での移動だけだったので、移動距離少ないですね。
6日目に続きます。
Posted at 2017/09/06 23:45:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年09月05日 イイね!

九州ドライブ4日目(えびの→蔵之元→牛深→崎津→天草→熊本)

8月27日、4日目。


この日も朝風呂に入り、朝食です。これも美味しかった!


8時半過ぎに宿を出発。11時20分のフェリーに乗る為、黙々と走ります。


出水の辺り、『ツルの渡来地』の看板が滅茶苦茶ありました


黒之瀬戸大橋を渡れば、長島です。


11時前に蔵之元のフェリー乗り場に到着。


ぶらぶらしているとフェリーが帰って来ました!


さあ乗船です。


約30分の船旅です。もう対岸の牛深港が見えてきました。


下船しましょう。


R266で北上していきます。


本日最初のポイントは、『崎津天主堂』です。ここ中には畳が。


崎津集落は『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』ということで世界遺産候補らしいです。


続いて、高台にある『大江天主堂』です。


坂を上って、横の駐車場へ。


キレイな天主堂ですね。


続いてガイドブックに載っていた『妙見浦』浜までリアル1車線ですが、スキューバダイビングスポットになっているらしく、車が多く、延々とバックすることになるかも。


ずっとR398で下島の海沿いを走ります。


上島に渡ったところで、『レストラン ハニー』で『鉄板チーズナポリタン』を頂きました。


R324(松島有明道路)を走ります。


そして、『天草パールライン』に。橋、見えてきましたね。


天草五橋、あっという間に通過でした。本当は『高舞登山展望台』という所に行く予定でしたが、ナビが悪いのか、辿り着けず・・・

天草五橋を過ぎたら、一気に熊本に向かいます。この日の宿は『ホテル日航熊本』です。


部屋はこんな感じ。


カーテンを開けると目の前には、修復中の熊本城が見えます。


修復中の熊本城を見に行きましょう。このように入場が制限されています。


崩れた石垣はコンクリートで暫定的に固められています。


この写真にあるきれいな長い塀も


崩れてしまった為、全部撤去されていました。修復に数十年かかると云われているのも分かります。


この日の晩御飯は、軽くということで、モスバーガーで済ませてしまいました。2日続けてガッツリ食べたら、食欲が・・・


食後、せっかく熊本に来たので、『くまモン スクエア』に行きました。


さすがに『営業部長 くまモン』は帰宅後?で留守でした。


営業部長のくまモンのスケジュールです。結構な確率で、くまモン スクエアにいるんですね。

4日目、フェリーを利用して、初天草でした。ちょっと慌ただしく、移動中心で、あまり観光出来なかったです。次回はもっと余裕をもったスケジュールを考えないといけませんね。

4日目の総走行距離は289kmでした。高速道路を利用しなかった1日となりました。
5日目に続きます。
Posted at 2017/09/05 23:05:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記

プロフィール

「九州ドライブ8日目(新門司港→泉大津→自宅) http://cvw.jp/b/523269/40381625/
何シテル?   09/09 23:52
2008年9月からBMW E46 M3 SMGⅡに乗っています。ホンダのFF MTを4台乗り継いでおり、免許取得時に家にあったトヨタマークⅡ以来のFR車です。直...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

四国ドライブ7日目(香川県・高松市~自宅) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/25 13:36:42

お友達

車が好きな皆さん、是非お友達に! 宜しくお願いします。
83 人のお友達がいます
BWIBWI *みんカラ公認 monacoAH3monacoAH3 *
ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認 アッキー@224アッキー@224 *
がじがじがじがじ * きとらきとら *

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
本当はマニュアルにしたかったが、嫁も運転したいとのことで、SMGⅡに。SMGⅡでも楽しい ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2016年10月15日納車されました。 スキーエクスプレスの2代目、レヴォーグです。
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
Type-SというグレードでATTSという前輪外側のタイヤを余分に回し、アンダーステアを ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
この車には4WSが装備されており、FFの小回りの悪さをカバーしていました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.