• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

福MXのブログ一覧

2015年08月16日 イイね!

Be a driver. Experience at Roppongi

Be a driver. Experience at Roppongi「Be a driver. Experience at Roppongi」に言って参りました。

エンジニア諸氏と近い距離で対話が出来る貴重なイベントです。


RX-7(FD)の開発者の方に、車体剛性感のチューニングについてうかがったり、さらには、レーザー溶接、構造用接着剤に続く第3の面接合工法を基礎研究中といった話を聞かせてもらうという変態が喜ぶ話など聞かせてもらい大変充実した時間でした。

スカイアクティブボディ・フェイズ2に期待大ですな。

Posted at 2015/08/16 19:37:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | オタク談議 | クルマ
2015年01月11日 イイね!

東京オートサロンにて、、 、

いつもは「何してる?」に書き込んでいましたが字数制限を越えそうなのでこちらに記する事に。


本日は東京オートサロン2015に行って参りました。

ひょんな事から知り合う事となった、あるお方に会うためです。


その方とは2時間近く話し込んだのではないしょうか(笑)


会うたびに色々話し込むのですが例えば、、、




T社は何故つまらないクルマばかり造るのか?

ザックス、ビルシュタインは何が違うのか?

タイヤメーカー間で技術的な差はあるのか?

昨今のリアロアアーム取り付け角について

ゴルフⅦのサスのしなやかさは何処から来るのか?

車体剛性は解析でどこまで解っているのか?

日本車とドイツ車の車体剛性の違い

L社の車体剛性は世界と比べてどの程度?

スポット打点増し、接着剤、レーザー溶接のそれぞれ

剛性感のチューニングとは?

T社のシートは何故疲れるのか?

T社のテストコースの周回路のμと悪路の再現度

横滑り防止は必要か?

4輪アクティブステアは有効?

軽量ホイールについて

電動パワステはいつになったら油圧に匹敵するか?

多段トルコンATとDCT

ニュルでのテストは必要か?

ヨーロッパトヨタからの要望とは?

他社で良いクルマは?

私が気になる車種の印象と評価について
ポルシェ911、ケイマン
フェラーリ全般
R35GT-R
BMW全般
メルセデス全般
VWゴルフ
レクサスIS
レヴォーグ
STiシリーズ
スカイアクティブシリーズ
V36スカイライン
スイフト
etc



職業柄、全て即答でした。

次はL社のFスポーツの味付けも手掛けるそうです。
多忙なのでマイナー後か次期モデルでしょうかね?

















Posted at 2015/01/11 21:55:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | オタク談議 | クルマ
2012年10月07日 イイね!

新型アテンザを見てきました。

新型アテンザを見てきました。話題の?新型アテンザを都内某所で見てきました。

もうすでに多数の方がエクステリアの写真や価格、スペックなどをブログにアップされているので
違う切り口で書いていこうと思います。



まず驚いたのが車体のサイズ、、、、、ではなくタイヤの銘柄。


「TURANZA T001」

TURANZA ER300の実質後継モデルであるが標準装着している日本車は私の知る限り他に無い。
しかも日本での生産が中止になったTURANZAであるから欧州市場専用タイヤともいえよう。

そうやってまじまじアテンザを見ていると、恐らくマツダ本社の方と見られる男性が来場者の
質問等に答えている姿が見えた。

これはチャンスである。


前から聞きたかった事を質問したみた。


どうやらこの方は新型アテンザの開発に近い所に居たようだ。


Q 先日の発表でボディ剛性が30%向上とアナウンスがあって驚いている。26000Nmぐらいの
剛性値ではないか?
A 数値はわからないがドイツ車と比べてもクラストップである。そもそも剛性値は測定箇所によって
ばらつきがあるので参考程度に。
※ なるほど。○ルファロメオ159の剛性値が異常に高いのが納得出来た。

Q 車重の増加は?
A 20~30Kgぐらいの増加。それだけの増加で剛性3割アップ。

Q タイヤはBSのみの設定か?
A 19インチはBSトランザ。17インチはトランザとTOYOプロクセス。

Q 何故、BSとTOYOを採用したか?
A 決してメーカーごとの優劣ではない。日本のタイヤメーカーの技術力は団子状態。
マツダのわがままな要求を全て聞き入れ作り込んできたのがBSとTOYOだった。

Q どのような要求が盛り込まれている?
A 一番は磨耗時の性能低下を緩やかになるようなコンパウンド。
 
Q ミシュランやピレリの開発力は?
A あちらも良いタイヤを造るが、日本の自動車メーカーの厳しい要求通り造れるかは「?」。

Q 開発ドライバーの方やエンジニアの方は愛車のタイヤを交換する際、純正タイヤを履くのか?
それともリプレイスタイヤか?
A 基本的に純正タイヤ。人に依っては特化したタイヤを履いている。ちなみに私の愛車(FD3S)は
純正タイヤを愛用していたが廃盤になったので市販のポテンザRE050A。やはり純正が好みだった。

Q 新型アテンザのベンチマークは?
A BMWの3シリーズとアウディA4。三次のテストコースにこの2台があったから。
3台を乗り比べたが剛性感も含め負けていないと自負している。
※三次のテストコース・・・マツダのテストコース

Q アテンザのボディストラクチャーのポイントは?
A ドア開口部が一枚板。よそは何枚かのパネルを溶接してつなぎ合わせている。

Q それは剛性に効く?
A かなり効く。例えレーザー溶接しようが一枚板には敵わない。

Q レーザー溶接をどう見るか?
A 採用できるならやりたいが高コスト。またレーザー溶接にも弱点がある。

Q レーザーの弱点とは?
A レーザー溶接によって剛性が落ちる箇所がるという事と経時劣化。
VWは、その辺りのノウハウを掴んだのではないか?

Q アテンザはレーザーではなく接着とスポット溶接の併用?
A ウェルドボンドという工法。経時劣化しにくいという利点がある。

Q 新型アテンザはサッシュレス?
A マツダはサッシュレスはしない。特にアテンザは250Kmまで想定しているので・・・・・

Q 風で窓が吸い出されるから?
A その通り。風の吸い出し音が発生する。

Q サッシュレスは剛性も落ちる?私は剛性に左右されないと思う。
A その通り。ドアはフタである。

Q 新型アテンザのダンパーはどのメーカーか?
A 国産3メーカーのどこか。

Q ザックスのダンパーは良いのか?
A ザックスだろうとKYBさんだろうとコストで性能が決まる。サスペンションはアブソーバーだけで決まるものではない。

Q ドイツプレミアムメーカーの電動パワステはダブルピニオンやパラレル駆動など凝った作りだが
マツダは今後、電動パワステをどう昇華させるのか?
A アテンザはラック駆動だが、操舵感はモーターの制御も大事。

Q TAKERIを彷彿させるこの「ソウルレッドプレミアムメタリック」はオプションで5万円もする。何故か?
A 塗装ラインの新たな設備とロボットのプログラミングを変えた。具体的には言えないが薄く何度も
塗っている。あの色はフェラーリやポルシェのような手塗りに近い発色。

Q 塗料も変えた?
A 塗料に含有されるアルミ片が均一にボディに付着する。工法も含め新型アテンザの赤色は
特許申請中。

Q マツダのデザインは国産メーカーでダントツにスタイリッシュ。デザインスケッチが良いのか?
それともクレイモデラーの手腕か?
A クレイモデラー。マツダのクレイモデラーの技術は恐らく国産メーカートップ。他社さんはスケッチ画を三次元化する際に上手くいかないのではないか?


新型の購入を考えている方の参考になれば幸いです。



 




Posted at 2012/10/07 23:47:56 | コメント(7) | トラックバック(0) | オタク談議 | クルマ
2012年09月16日 イイね!

ホンダ車のボディ剛性は本当に低いのか?

ホンダ車のボディ剛性は本当に低いのか?最近はボディ剛性の話が多くなってきましたが、またまたボディ剛性の話です。

お付き合いいただければ幸いです。





「ホンダ車のボディ剛性は低い。」

クルマ好きならば、こういった類の逸話を耳にしたことがあると思う。

「いや、最近は高くなってきたよ。」なんて声も聞こえる。


どっちなのよと。
私個人の意見で言わせてもらえれば・・・・・・・・・車種によりけりかな?


ではその車種は何?と聞かれればこの4車種を挙げる事になるだろう。





●NSX

なぁんだそれか、高いクルマだから良いに決まってる。と思うのは早計である。
何故ならば設計年度が「昭和」だからである。
昭和60年代に開発が始まって出来上がればいきなり現代のドイツプレミアムセダンと同等の数値だ。
ちなみに剛性値は22500Nm。BMW3シリーズやメルセデスCクラスとおんなじ。
それだけでは留まらず3200ccの後期型に至っては24700Nm。ポルシェケイマンと同等。


●フィット (2代目)

ご存じホンダのベストセラーカーでありホンダの屋台骨。その為かホンダ技研の地道な努力により
曲げ剛性、ねじれ剛性ともにCセグメント並(シビック、アクセラ、インプレッサ、オーリスなど)の
剛性値を実現しているという。しかし現行フィットはピニオンドライブ式EPSといい剛性といい
Bセグメントのベストバイはスイフトではなくこっちかも?と思わせるクルマだ。


●CR-V (3代目、4代目)

以外といっては失礼だが、CR-Vの静的ねじれ剛性の絶対値は非常に高い。
3代目はホンダの自信からか剛性値を堂々と発表したぐらいである。
そして4代目は、まさに世界レベルの高さで剛性値は23500Nm。CX-7と同等であり
先代BMW X5とも同等。


●現行型アコード

これは何目線で見るかに依るが剛性値自体は高くアテンザを上回っていると感じる。
なにしろあちらではアキュラ。相手はドイツ御三家であるからして当たり前と言えば当たり前。
22000Nmぐらいではなかろうか。しかし・・・・・・・・・・?


少々重すぎるのではないか?とも感じる。

ヒュンダイ・ソナタにねじれ剛性値を抜かれ焦って補強しすぎたか?
もっと煮詰めた方がよかったのでは?

現に「ライトウェイト・デザイン・コエフィシェント」の数値も悪い。
※ライトウェイト・デザイン・コエフィシェント・・・軽量設計係数。ねじれ剛性値とホワイトボディの
質量、水平投影面積を、ある公式に代入し導いた数値。低いほど軽量高剛性 

このクラスならば4.0が最新の世界戦略車の水準。
フォード・モンデオも4.0、ルノー・ラグナも4.0。
メルセデスCクラスやVW・パサートなどは2.3と優れているが、件のアコードは「5以上」。
あの価格ならばもう少し材料も工夫できると思うのだが・・・・・・・・?


剛性が高いか低いかと聞かれれば高いと言えるが上手い設計かといえば「うーん」となってしまう。



「そんな目線で誰も見てねーし。」という声が聞こえてきそうだ。


ホンダ車の剛性、低くないですよ?














Posted at 2012/09/16 00:32:53 | コメント(11) | トラックバック(0) | オタク談議 | クルマ
2012年07月23日 イイね!

V36スカイライン試乗。

V36スカイライン試乗。以前から一度試乗してみたいと思っていた現行型スカイラインに乗ってきました。


グレードは2500ccの7AT。

乗り込む前に周りを一周・・・・・・。


うーん、300万クラスのクルマでも塗装面の柚肌は分かってしまうな。

セールス氏「電着塗装ですとこうなってしまうものです。」
それは承知の上である。レクサスISでも塗装面は柚肌だから。


インテリアパネルのグレードはコンソール付近が単層プラ、ドアが3層、ダッシュボードがソフトパッドと
アテンザと同等のコスト配分である。シボも上質に感じる。


いよいよ出発。
個人的には、クルマの乗り味にはステアリングの操舵感がかなり寄与していると感じている為、
パワステの感触は重要なポイント。
乗るとやっぱり「油圧はいいなぁ。」とうなってしまう。
電動パワステに乗り慣れた体には、この自然な反力の油圧パワステが心地よく
人間の感覚に合っていると感じる。

アテンザのEPSもラックドライブで制御が良いのかモーターの偶力が感じにくく油圧に近い感触だが
時折「この操作では電動感が顔を出すな。」と思うところがあるのも事実。

操舵に対する応答性も速めでボディ剛性の高さと相まって一体感がある。


乗り心地は、バネレートが高く感じるがキャラクターに合っている。

新開発の7ATはパドルを引いてからの制御にこそラグがあるものの変速自体はカツンカツンと
歯切れが良く変速時間も速い。スカイアクティブドライブのようなシームレスとは違う感覚だ。


なによりショック?だったのがVQ25HRエンジンである。


無茶苦茶回転フィールが良い!この感触はBMWのストレート6以来の感覚だ。
クルマの乗り味にエンジンフィールの寄与率は少ないと言う価値観が音を立てて崩れた。


そしてボディ剛性。
静的ねじれ剛性値25000ニュートンクラスの高剛性ボディである。
※過去のブログでは23000ニュートンと記したが、実際には25000近辺だと確信している。

片輪が突起を乗り越えた際のねじれ感、そして乗り越えた後の振動減衰感ともに
剛性の高さを感じる。
なぜ片輪の乗り越えで試したかというと、自動車メーカーが行うボディ剛性の試験がソレだから。
この部分はアテンザも優れていて数値ほどの差は正直言われてみればそうかも?という差である。
※アテンザ20000Nm、スカイライン25000Nm

ねじれた後の振動感、減衰感も良好だ。
それもそのはず、スカイラインのボディの動的剛性は45Hzともいわれていて数値を聞いて納得。
※先代E60型BMW5シリーズと同等の周波数


個人的に、このクルマは欧州のクルマと真っ向勝負できうるクルマだと思うが、現在の愛車も
なかなかどうして均衡しているのでは?と改めて感じた。


















Posted at 2012/07/23 23:11:57 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマの話 | クルマ

プロフィール

「次期アクセラはシートフレーム及びシートレールの剛性を向上させるという。デルタ工業のエンジニアの提案通りだ。これでウレタンを含めフォレシアに肩を並べられる所まで来たか。 」
何シテル?   09/15 10:57
「クルマは奥が深い!」
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

クルマのシートを考える 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/04 10:40:03

お友達

みんカラ初心者です。
よろしくお願いします。
10 人のお友達がいます
IS3456IS3456 * かっとび@ツインズかっとび@ツインズ *
marumaru23marumaru23 * mistbahnmistbahn
ぺぷとろんHぺぷとろんH コンフェイトコンフェイト

ファン

95 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
20Sと乗り比べた結果このグレードに決めました。
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
カタチが好きで乗っています。 あまり見かけない所と、意外と音が良い『MZRエンジン』も気 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
一度、輸入車を所有してみたいという衝動にかられて2003年に購入。 インテリアの質感や ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
2011年5月29日納車。 アテンザセダン20E 外装色 クリスタルホワイトパール ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.