• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

てぇかむのブログ一覧

2016年01月31日 イイね!

チラ裏 : エンジン冷却水(不凍液・LLC) の、低比熱化。 (暖機促進・低燃費化)


 >不凍液 - Wikipedia
 > http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%87%8D%E6%B6%B2#.E9.AB.98.E6.80.A7.E8.83.BD.E4.B8.8D.E5.87.8D.E6.B6.B2

 >エチレングリコール - Wikipedia
 > http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%81%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB

--------
--------
冷間始動時のエンジン暖機。


冬季に冷却水温度が、
中々上がらない(走ると冷えすぎる)のは
 ⇒ サーモスタットが壊れてる・・・

・・・ですが、


サーモスタットが正常でも
エンジン(狭義:シリンダーヘッド & シリンダー) の熱を
冷却水が吸い取ってしまうので、ある意味
エンジン温度は上がりづらい。


極論、

エンジン冷却水
 (主に、水 + エチレングリコール)

を抜いたほうが、エンジン温度は上がりやすい。

 ⇒ 冷却ができなくて、すぐにエンジン壊れるけど。
    (エンジン各部位における、温度の均一化も出来なくなる)

--------
エンジンが壊れるのは駄目なので、

 「出来るだけ、エンジンを冷やさない “冷却水”(冷却液)」
と考えると、

 「少しの熱でも温度が上がる “冷却液”」
となり。


それを知るには、物質に固有の
 「比熱」
という数値を見れば一目瞭然。


エンジン冷却水の主成分は、
水 と エチレングリコール。

それぞれの比熱を見てみると、水よりも
エチレングリコールのほうが比熱が小さい。
 (温度が上がりやすい ⇒ 少しの熱でも温度が上がる)


なので、カー用品コーナーで売っている不凍液は
必要以上に水で薄めないほうが(原液に近いほうが)
比熱が小さく、温度が上がりやすいということですね。


“不凍液”の濃度が高いほうが、
   ⇒ 冬季のエンジン暖機が早く完了する。(エンジンに優しい)
   ⇒ 暖房時、より早く温風が出る。 (人間に優しい)
   ⇒ 燃費が悪化している時間が少ない。(財布に優しい)


逆に、“不凍液” を水で薄めすぎると
   ⇒ 冬季、エンジン暖機の完了が遅くなる。(エンジンに厳しい)
   ⇒ 暖房したいのに、温風がなかなか出ない。 (人間に厳しい)
   ⇒ 燃費が悪化している時間が、より長くなる。(財布に厳しい)



、ということが知りたかった、


   (ただ、だからといって比熱が
    極端に低いような別の液体を使うと、
    冷やしたいエンジン(シリンダーヘッドとか)から
    熱を奪いにくくなるので、もちろん問題が出ますね。)




、、というブログ(チラ裏)でした。

 (“冷却液”の購入をケチって
  水をたくさん入れて薄めると、LLCが持つ潤滑性能が落ちて
  冷却水用ポンプなども傷めるし、消泡性能も低下しそうだし、
  色々と損するという結論。)

--------
--------
--------

・比熱 ( 単位 : [ J(ジュール) / kg ℃ ] )

  (下記の条件@液体 : 1atm (1013.25hPa) のときの値。飽和温度以上は飽和圧力。)


 水
   4217 @ 0℃
   4182 @ 20℃
   4178 @ 40℃
   4184 @ 60℃
   4196 @ 80℃
   4215 @ 100℃
   4245 @ 120℃

 エチレングリコール
   2294 @ 0℃
   2382 @ 20℃
   2474 @ 40℃
   2562 @ 60℃
   2650 @ 80℃
   2742 @ 100℃

 アルミニウム
   880 @ 0℃

 鉄
   435 @ 0℃

 銅
   379 @ 0℃

 ガラス
   670 @ 0~50℃

 ポリエチレン
   2230 @ 20℃




(比熱数値の引用元@液体)
 >■ 各種物質の性質: 液体の性質
 > http://www.hakko.co.jp/qa/qakit/html/h01030.htm


(比熱数値の引用元@固体)
 >比熱 (熱の基本押さえよう) | 種村研究室 実践学校教育講座(天王寺キャンパス)
 > http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~masako/exp/netuworld/syoutai/hinetu2.html
 >
 >比熱について
 >熱容量が、質量に比例して大きくなることは分かりました。
 >では、それ以外の何かに左右されることはないのでしょうか。
 >私たちは、次のような経験をもっているはずです。
 >
 >質量や体積が同じでも物質が違えば、同じように
 >温まる速さに差がでることです。
 >たとえば、スチールと陶器の場合です。スチールの方が早く温まります。
 >
 >これは、物質によって比熱が異なるからです。
 >比熱とは1gあたりの物質の温度を1度あげるのに必要な熱量のことです。
 >つまり、比熱とは、物質1gあたりの熱容量ということになります。
 >
 >比熱は大きくなるほど、温まりにくく、さめにくい性質をもっています。
 >C=mc
 > (C:熱容量[J/K 又は cal/K] m:質量[g] c:比熱[J/g・K 又は cal/g・K])


--------
--------
--------

・蛇足

 燃料油 (ケロシン ⇒ 灯油、ジェット燃料)
   1670

 ガソリン
   2220

 潤滑油 SAE 10-30
   1800

 エチルアルコール
   2416

 メチルアルコール
   2470

 トルエン
   1679

 アセトン
   2160


 蜂蜜
   1420

 海水
   3940

 硫酸 20%
   3520

 硫酸 60%
   2180

 硫酸 98%
   1470

 はんだ(50Sn)
   214

 水銀
   138

Posted at 2016/01/31 22:38:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 低燃費化 (ガソリン) | クルマ
2014年05月27日 イイね!

雑記 : エンジン スワップ(妄想)

エンジン スワップというと、
普通は馬力を上げるために
排気量を大きい物に交換するのが一般的だと思います。

ビートにB16Aとか、
カプチーノやキャリイに隼のエンジンとか。(違


でも、馬力を求めないのであれば
エディックスに
ECA-MF2とか、
LDA-MF3/5とか、
LEA-MF6の6MTもいいなぁ・・・(w

LEB-H1のi-DCDもいいな・・・:-)
Posted at 2014/05/27 15:57:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | 低燃費化 (ガソリン) | クルマ
2013年06月03日 イイね!

雑記 : 英ケータハム、新型セブンを開発。今秋登場 (EU6をクリアする環境性能)

雑記 : 英ケータハム、新型セブンを開発。今秋登場 (EU6をクリアする環境性能)この記事は、ケータハム、新型セブンを開発 について書いています。

 > 英ケータハムは、“セブン”の血統を受け継ぐニューモデルを今秋登場させると明らかにした。
 >ニューモデルの名前は未定。オリジナル・セブンのコンセプトを受け継ぎ、
 >シンプルで機能的なデザインや走る楽しさを追求したモデルになるとのことだ。
 >
 > エンジンは、超小型で柔軟性に富み、かつEU6をクリアする環境性能を持つとのこと。
 >スペックなど詳細は明らかにされていない。
 >
 > 価格は手の届きやすい設定にするとのことで、
 >1万7000ポンド(1ポンド152.7円換算で約260万円)以下を目指すとしている。

--------

ハイブリッドとは、きっと無縁の車。
でも、mhd(マイクロハイブリッド:アイドリングストップ)くらいは装備されても良いかも?

・・・でも、鉛バッテリーを大きく(重く)する必要があるから、
きっとこの車のコンセプトには合わないだろうな~(^_^;)

 (現行?のセブンは、軽トラサイズのバッテリー(26~32A19L/R)らしい。)
Posted at 2013/06/03 10:34:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | 低燃費化 (ガソリン) | クルマ
2013年02月03日 イイね!

覚え書き : ビート&トゥデイ、燃費 ⇔ タコメーター の関係。 (エンジン性能曲線図)

覚え書き : ビート&トゥデイ、燃費 ⇔ タコメーター の関係。 (エンジン性能曲線図)前回のブログに、MORRY-LIGHTSさんから
燃料消費量についてコメントがあったので、
エンジン性能曲線図も載せてみました。(笑)


エンジンが 何rpmの時に、出力馬力に対して
最もガソリン消費が少なくて済むのか?


ビートのグラフだけだと面白くない(比較できない)ので、自分が昔乗っていた
JA4トゥデイ(丸目・ノッチバック)のグラフも載せました。

 >エンジン性能曲線図 | プレスインフォメーション(FACT BOOK)>BEAT 1991.5 |HONDA
 > http://www.honda.co.jp/factbook/auto/BEAT/19910515/be91-018.html


 >エンジン性能曲線図 | プレスインフォメーション(FACT BOOK)>today 1993.01 |HONDA
 > http://www.honda.co.jp/factbook/auto/TODAY/19930126/to93-007.html

--------




Q. エンジンが 何rpmの時に、出力馬力に対して
   最もガソリン消費が少ないのか? (効率が良い)

A.PP1 ビート は 4,000rpm弱 (3,900rpm程度?)
  JA4トゥデイは 3,000rpm弱 (2,900rpm程度?)


Q. エンジンが 何rpmの時に、出力馬力に対して
   ガソリン消費が多くなるのか? (効率が悪い)

A.PP1 ビート は 2,000rpm~7,000rpmの範囲外の時。(主観に基づく、目測)
  JA4トゥデイは 1,800rpm~5,700rpmの範囲外の時。(主観に基づく、目測)

--------

このグラフがカタログに載っていないと、
こんな妄想が出来ませんよね~(^_^;)

--------
--------
・おまけ

モーター出力特性図@FCX CLARITY

 >モーター出力特性図 | プレスインフォメーション(FACT BOOK)>FCX CLARITY |HONDA
 > http://www.honda.co.jp/factbook/auto/FCX-CLARITY/200807/17.html


--------

モーター出力特性図@CR-Z

 >ハイブリッドシステム性能曲線図 | プレスインフォメーション(FACT BOOK)>CR-Z |HONDA
 > http://www.honda.co.jp/factbook/auto/CR-Z/201002/
 > http://www.honda.co.jp/factbook/auto/CR-Z/201002/P_17-18.pdf


Posted at 2013/02/03 11:24:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | 低燃費化 (ガソリン) | クルマ
2012年11月18日 イイね!

覚え書き : 燃焼式ヒーター、の使い道@邪道?

覚え書き : 燃焼式ヒーター、の使い道@邪道?この記事は、燃焼式ウオーターヒター2 完成について書いています。


(画像転載元)
 >燃焼式ウオーターヒター2 完成|シェスタのページ|ブログ|シェスタ|みんカラ
 > http://minkara.carview.co.jp/userid/1515837/blog/28331529/

--------

主に、
キャンピング カー(駐車中)や電気自動車(走行中)の暖房に使われる
自動車用の燃焼式ヒーター。

家庭用ファンヒーターと同様に、強制的に気化させた灯油を燃やして
直接空気 または 暖房用の冷却水(って表現おかしいかも?)
を暖めます。

 >燃焼式ヒーター - Google 検索
 > https://www.google.co.jp/search?q=燃焼式ヒーター


これ、邪道?な使い方かもしれませんが、
ガソリン エンジン車の暖気にも使えるんじゃないの?
、と思ったので書いてみました。
 (そもそも、電気ヒーターで朝一番などの
  エンジン暖気を行うシステムも世の中にはあります。)


二重課税されたガソリン燃やして暖気するよりも、
1ℓあたり¥50程度(?)安い灯油を使って暖気したほうが・・・


・・・なんて思ったり。(^-^;)

--------

走行に灯油使うと脱税ですが、
エンジン外部で灯油を燃焼させて
暖房・暖気に使うのは脱税じゃないですよね?
Posted at 2012/11/18 17:35:39 | コメント(6) | トラックバック(0) | 低燃費化 (ガソリン) | クルマ

プロフィール

「[整備] #エブリイ DA64V・エブリイ : 中華キーレスユニットの取り付け。 http://minkara.carview.co.jp/userid/526128/car/2048536/4611322/note.aspx
何シテル?   01/21 20:49
【 てぇかむ@みんカラ√ 】 ECU改だけで、純正メカなのに(純正タコ読みですが)9,800rpm回るエンジン・・・ 買ってから早16年、未だにビートが好きな...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

軽量ボンネット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/21 16:54:26
ENGINEER ネジザウルスDF PZ-33 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/21 16:04:50
こういうのも面白い!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/21 14:42:22

お友達

ビート&トゥデイの液漏れECU&純正オーディオ、3年保障修理で良ければ受け付けできます?
109 人のお友達がいます
タイプCタイプC * ゆうきのぱぱゆうきのぱぱ *
銀狐銀狐 * US ACTBIOUS ACTBIO *
角力 灘之介角力 灘之介 * M・IM・I *

ファン

131 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート りあ・ミッドシップ・アミューズメント (ホンダ ビート)
 “ビート mhd もどき” この赤いビートに出逢ってから、いつの間にか 5,600日 ...
ホンダ エディックス エディックス mhd もどき (ホンダ エディックス)
横3席×前後2列の6座独立シートで、 合計6人(前3人、後3人)乗れる どマイナーな車で ...
ホンダ ステップバン ステップバン mhd もどき (ホンダ ステップバン)
横2人×前後2列のシートで、合計4人乗れる どマイナー?な車です。(笑)  (貨物車なの ...
ホンダ モンキー NS-Monkey “NSZ-63JZ” (ホンダ モンキー)
 NS-1のエンジン (62.9cc) + モンキーの車体 (Z50JZ) ⇒ NSZ- ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.