車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月28日 イイね!
気が付けば、今年のカレンダーもあと一枚でおわりです。

本当に有り難い事ですが、車関係のカレンダーはいつもお世話になっている各ディーラーさんから素敵なものを頂戴しており、どれも有効に活用させて頂いております。ただ頂く立場で申し訳なく思うのですが、JAGUARとBENTLEYに関しては写真はともかくカレンダーとしての実用性をもう少し充実させて頂きたいものです…


で、昨日頂いたカレンダーを見ていると、1月2月の写真は見慣れないクーペが飾っています。

これについて昨日のレクサスの担当氏にお聞きすると、これがLC500と呼ばれるクーペだそうで、もう来年の春には発売予定のニューカマーだそうです。


更に検索してみると、もう公道でテスト車が目撃されてたりもするようです。


LC…つまりluxury coupeの略で、スポーツカーではない2ドア4座モデルという意味なのでしょう。

私はいつの日か、それは50代か60代かは分かりませんが体育会系ではない2ドアクーペに乗りたいという願望を持っています。その始まりは子供の頃に見たソアラだったと思いますが、このLC500はきっと現代のソアラなのかなと思いました。

ズバリこの車、カッコいいと思います。特にリアフェンダーあたりのデザインは気に入りました。対して最近登場した新型NSXですが、お好きな方には大変申し訳ないのですが東京駅の特大ポスターを見ても心がときめきませんでした。確かにスペックに関してはものすごい内容だとは思いましたが、そのスタイルには何も感じませんでした。

ところがこのLCからは「何かに似ている」感を感じずに、大人が左車線をゆっくり流すに相応しい佇まいみたいなものを感じるのです。こういうクーペを駆る事は物の分かる大人だけの特権であります。エンジンはV8とV6ハイブリッドがあるそうですが、こういう贅沢な車にはV8一択だと思います。お値段は一千万円台の前半と想像よりは安価な印象ですが、これの濃紺ボディでオフホワイト内装などはとても憧れます。


こちらはフェラーリ612スカリエッティですが、大人が乗るに相応しい4座クーペというとコレを一番に連想します。流石にコレは色々な意味でデカ過ぎて売れませんでしたが、これのシャンパンゴールドにブラウン内装なんて実に浮世離れして素敵です。

少し前にレクサスでも4000万円前後でLFAを出しましたが、失礼ながら当時は「何で今こんなの出すの?」と思ったものです。しかし今になって思えばその経験を踏まえて色々な良いものを学習したようで、決して無駄ではなかったのでありましょう。
Posted at 2016/11/28 13:33:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!
先日来、今度の車に関しては色々と迷う部分が多々あります。

これが自身の車ならばある程度好みがハッキリしている為に即決即断出来るのですが、SUVというジャンルは私の守備範囲からは遠いので、こうなると「口は出さずにお金だけ出す」というスタンスを取るほうがよほどラクに思えて来ます。

ただその中でもウチの奥さん的には
・車体の大きさ云々は慣れであり、自分も免許取った時はクラウンだった
・もし何かで事故を貰ってしまった際、絶対的にある程度大きいほうが安全
と申しております。確かにひとつひとつ考えると正論ではありますが、幸い今度の車の駐車場はさほど停める際の難易度は高くなく、スペースも余裕があるのですが…

姪っ子的には
・ジャガーとかクラウンみたいにボンネットやトランクが長い車は無理だけど、SUVなら何とかなりそう
・可愛くなくてもやっぱり守られてる感のあるほうがいい
と申しております。ここで気が付いたのは、女性の場合車両寸法の数値で考えず、あくまで見た目での長いか短いかで判断しているようです。

まあ自分たちが気に入った車を買ってくれれば良いのですが、やはりレクサスのブランドイメージは女子的には好ましいようで何か色々盛り上がっている様子でありました。何分にも私はこの種の車に疎いので先日頂いたカタログで色々検討してみると、サイズはかなり大柄ですがNX以上にRXのコストパフォーマンスがとても高いように思いました。

心配だったのが、レクサスのSUVはどれもフロントのオーバーハングが長く、これは私も未経験であった為に気になるところでした。加えて何かの際には私の2台が入っている車庫を使う事も想定される為、車庫の天地175cmに対して車の全高が171cmというのも気になるところでした。

で、まずは私が運転してみた上で現実的に可能か否かを判断してと言われ、先日のレクサス店の担当氏に相談すると、快くテストに快諾して下さいました。


で、やって来たのはRX450hのFスポーツAWDという何故か最上級車!でありました…

結論から言うと車両感覚の掴み易さはそう悪くなく、鳥瞰図的なモニターや警報音を駆使する事で幅1895mm、長さ4890mm(こんなにデカかったのね)はそう難なく住宅地を抜ける事は出来そうです。


ジャガーと比べると、フロントノーズの厚みが2倍はあるでしょうか。

対象はRX200tのバージョンLで、どうせ街乗り中心だからFFの二駆で充分だと思っています。テストに用いられた450hは久々に乗ったレクサスですが、シートやドアの開閉やスイッチボタンの感触に至る部分の進化の速さには感心しました。これだけの出来で装備の内容を考えると、同クラスの輸入車に比べれば買い得感は極めて高いように思いました。

何にするにしても姪が免許を手にして公道を走れるようになったから決めますが、改めて200tの試乗車を来月奥さんが試してみる事となりました。

当初の選択肢をものすごく逸脱した感もありますが、「安心安全を買う」という考え方であればこうした選択肢もアリかなと思えて来ました。それに加えてレクサス店のアプローチは流石で、特に女性受けに関してはコーンズでも敵わないきめ細かさであります。今回は私的にはどれに決めても良いとは思いますが、そういう選択であればレクサスのホスピタリティにすべてを委ねるのも悪くないと感じています。

私的には自動車保険が全年齢にはならずに済む事は喜ばしい事です…
Posted at 2016/11/27 17:30:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月26日 イイね!


義姉へ

今日はあなたが彼岸に旅立った日ですね。

兄が旅立ってから気丈に元気に頑張っていたあなたが、まさか亡くなってしまう程に体を悪くしてしまった事が未だに信じられず悔やまれます。あなたが天国に行ってしまった夜、恐ろしいほどに現実感が無く、夢の中のように茫然とした感覚は昨日の事のように覚えています。その晩、都会では珍しく冬の星座が輝いていた中で「あの星のひとつが姉貴なのかな」と思うのが精一杯でありました。

思えば初めてあなたに逢ったのは私が小学生くらいでしたでしょうか。当時思春期に入った私は「え!弟!?可愛い~女の子みたい!」という初対面のあなたの言葉に「うぜぇ…」と思うと同時に、「うちの兄みたいな変わりモンと付き合うとは奇特な人ダネ」という誠に申し訳ない感想を持ちました。

結果的に「美人薄命」そのものを辿ってしまった訳ですが、「うぜぇ」と思うと同時にあなたは本当に可愛らしくて、もしかするとこんな可愛い人が姉になるかもという期待感を持った事も事実でした。その後本当に姉になるまでの間も「うぜぇ」を通り越す程に私を可愛がってくれました。ある時私の忘れ物をなぜかあなたが学校に届けてくれた時、「あの人誰?」と騒然となった事は今初めて明かす事実です。これまた何故か兄が居ない日に映画に連れて行ってくれた時、あなたは私の洋服を悶絶する程に可愛い~と褒めてくれました。あれは母が気合を入れて「とにかく可愛くしないとね」と気合を入れて厳選した服で、一部女の子の洋服だった事も舞台裏の話です。あの時「何でも好きなもの食べていいよ」と言われた言葉に甘えて、一番お高いものを注文してしまってごめんなさい。

姪が生まれてからは恩返しの意味でも姪の面倒をよく見たもので、その為かものすごく懐かれてまたまた「うぜぇ」と思ってしまったものです。そんな時もあなたは「本当にごめんね。でもね、きっとこの子が大きくなった時に必ずいいことがあると思うから、少し我慢してねお願い!」と言いました。今になってその言葉が的中してしまった事は、こんな将来を予見していたのかと思うと泣けてきます。

きっと一番の心残りだったと思う姪ですが、今はあなたの面影をコピーしたかのように可愛らしく育ち、我が家で共に暮らしております。「いつか必ずいいことがあるよ」と言われたように、我が家のひまわりのような存在になってくれました。仕事も自分のやりたかった事をして、可愛いものに囲まれています。今は気になる男性は居ないと嘆いているようですが、この子は私の家から立派に嫁に出しますので心配しないで下さいね。

加えてもう少しで車の免許を取ります。この間「お母さんが生きていたら乗せてあげたかったな」と言っておりました。きっと運動神経は悪くないので無茶な事はしないと思いますが、どうぞこのひよっこドライバーを守ってやって下さいね。その為に安全な車を与えますから。

あなたのお母様は数年前に他界されたので、もうそちらで逢われていると思います。お父様はご実家でお元気に過ごされていて、年に一度くらいですが私もお邪魔させて頂いてます。私のようにあまり関係の無い者に対しても歓待して下さる姿は、やはり人恋しいのかも知れません。

私の母が歳を重ねてから、多少は嫁と姑で苦労されたのではと思います。私の母は良くも悪くも「奥様」である為に現実社会とは隔絶された世界で生きて来た人なので、そのギャップは多くの人に誤解を与える事も多かったように思います。それが心残りだったので最後に謝ります。

ま、遠い未来できっとまたお逢いすると思います。その時はまた色々とお話ししましょうね。



と極めて私的な内容になってしまいましたが、思えば大人になってからはあまり義姉と顔を合わす機会が少なかった為に、私も色々話す事が出来ませんでした。それが心残りで、思い立った命日に何かカタチに残しておきたいので義姉への手紙を思いつきました。

「Once Again」は私の大好きな曲で、今は逢えなくなってしまった人の顔を思い出すとこの曲を聴きたくなるのです。
Posted at 2016/11/26 09:35:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月23日 イイね!
ここ何年か足が遠のいていた浅草ですが、本当にここ一か月くらいはマイブームのようによく訪れます。

もともと私は現在東京スカイツリーのある墨田区業平で生まれ育ちました。スカイツリーから浅草は目と鼻の先で、この界隈で育った者は誰しも浅草への思い入れを持っているものです。

明後日から二泊で京都旅行に妻と義母は支度に忙しく、姪は仕事で出勤している為にひとり気ままにジャガーのフルーテッドボンネットを向けた先は

浅草の洋菓子店「アンヂェラス」であります。

このお店も先日の「金寿司」同様に池波正太郎氏のエッセイに度々登場する老舗ですが、このお店は私が池波先生の本に出逢う前…それこそ物心つく前から縁のある懐かしいお店であります。


今は雷門より少し西にあるこの通りを「オレンジ通り」と呼びますが、私の子供時代は今の浅草公会堂のある場所に台東区役所があり「区役所通り」と呼んでいました。それが区役所が上野に移転し、公会堂が出来た為にオレンジ通りとなったのでしょう。子供の頃はここにケーキを買いにおつかいに行かされた事もしばしばですが、ここに来るには東武線の業平橋駅(今の東京スカイツリー駅)から浅草までひと駅だけでも電車に乗れるのが嬉しかったものです。


お店でお茶も頂けますが、今日はお土産を買うのが目的なのです。


このお店の名前がそのままの「アンヂェラス」というケーキ、バタークリームのロールをチョコレートでコーティングしたもので、嬉々として電車に乗った時代と何も変わらない懐かしいスイーツです。

これは撮影用にホワイトとブラックを並べてあります。昔はこれを二本食べられたものですが、今はとても二本は無理で、一本で充分です。つまり一本でものすごく濃厚で密度がある為、他のケーキ一個分以上の満足感を持っていると思います。

家に帰りお茶の時間を迎えた時、私的に洋菓子に一番合うのはコーヒーでも紅茶でもなく緑茶で頂きます。これはお店では無い組み合わせで、是非お持ち帰りでお試し頂きたい組み合わせです。

我が家は私以外には妻、義母、姪、猫に至るまで女性しかおらず、おのずとスイーツには詳しくなる道理があります。(まあもともと甘党ですが…)このお店も嘗ての好ましい浅草の記憶そのものであり、とても幸福なティータイムを迎える事が出来ました。


逸品に出逢う為に名品のステアリングを握る…そんな至福の時間があればこそ日常を戦う力が出てくるものです。
Posted at 2016/11/23 18:40:58 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月22日 イイね!
教習所通いをしているウチの姪っ子、順調に路上教習に移行した様子であります。

昔は横柄な教官も多かったものですが、流石に今はそういうのは極めて少ないのかも知れません。
私の時の教習車はU11ブルーバード(ドアミラー)でしたが、姪の通う自動車学校ではシビックを使っているようです。で、最近は「いつも乗せてもらう家の車に比べると小さくて怖い」とか生意気な事を言うようになり、私も少し贅沢させ過ぎたかと思っております。

そこで今後の事を考えると、現在あるジャガーとクラウンエステートは私以外は乗れません。ジャガーは仕方ないと思いますが、エステートも慣れてしまえば決して乗りづらくは無いのですが、クラウン=デカいという先入観からか苦手意識を持っています…。

今後はウチの奥さん&姪が免許保持者になる訳で、姪は「これから先もここ(私の家)の近くに住んでくれる人じゃないと結婚しない」と嬉しいのか迷惑なのかよく分からない事を言っておりますし、奥さんも「嫌でもこれから先は母の事を考えると私が運転できるのが一番いいんだよね…」とその必要性が出てくる事も充分理解している様子であります。

そうなると、当初姪の為のコンパクトカーを検討していた計画も「2人が共有出来る車」という方向に修正が必要な訳で、再び資料を集めて検討してみました。

条件は

・あまり大きくなく、尚且つ小さ過ぎない
・5ドアで年数回の一泊旅行にも対応出来る
・(私もたまに乗りたい…)

を考えて、家族全員の意見に異論が出なかったのは

レンジローバーイヴォーグでありました。

色はこの写真のオレンジでルーフがブラックが欲しかったのですが、何とこの組み合わせは上級モデルのダイナミックにしか設定がありませんでした。もともとイヴォーグも登場した時にはやや買い得感のあるプライスでしたが、ヒット後にはかなり上がってしまい上級モデルに至っては乗り出しで800万円を軽く超えるのはビックリしました。イヴォーグは何回も乗っているので分かりますが、CPを考えるとお世話になっているジャガーの担当さんがどんなに頑張ってくれても高すぎる印象が否めません。

加えて今度は駐車場所がカーポート的なもので日除けはありますが、屋内ではありません。何だかんだ言っても私はクオリティ的な意味で輸入車は屋内保管が基本だと思っているので、カッコいいのは山々ですが二の足を踏んでいるのが現状です。

で、夜中に一人でPCに向かって色々見ていると…

レクサスNXのFスポーツにオレンジ色が登場したようです。先日ここでレクサスのスピンドルグリルがガンダムに出てくるザクレロに似てると申しましたが、このザクレロ顔はセダンより重心の高いSUVにはあまり違和感を感じないのです。全長はイヴォーグに比べると少し長いのですが、ギリギリコンパクトSUVと言い包められます。加えて屋外保管でもトヨタのクオリティはクラウンエステートで実証済みなので、あまり細かい事を言わなければ何の心配も要りません。

イヴォーグはある程度本気でヘビーデューティー向けに作られたRVがベースで、NXは乗用車シャーシという違いがあるものの、ほぼ同等の内容のもので比較すると総支払額で200万円以上の差がある事にも気付きました。我が家の日常が山や川に囲まれたアドベンチャーならともかく、平和な日常使い中心で、尚且つ過度に趣味性を求めないのであれば最良の選択なのかも知れません。

まだこれは家族には言っておりませんが、奥さんは元々レクサスというブランドには好印象なのでハードルは低いと思われます。問題はとにかくきゃわいいもの大好きな姪で、この怖い顔について何と言うか想像も付きません。従って今回は何も先入観を持たせず、単刀直入にこの写真を見せてみるしか無さそうです。

ところで最近になって、義父を生前から知る数名の方から「クラウンエステートを譲って欲しい」というお話が義母のところにあるそうです。それに対して義母は「なんか色々凝った事をしてるみたいだから、お嫁に出さないと思う」と丁重にお断りしてくれたそうですが、こんなに縁談が出てくる事自体は大変嬉しく思います。

が、そう簡単には嫁には出しません(笑)
Posted at 2016/11/22 10:10:25 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
東京は日本橋を中心に活動しております。 車は輸入車贔屓で、英・伊・米の車が好きです。 「新車を買って長~く使う」ことをモットーにしていますので弄らずに大...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
基本ノーマル至上主義の為に弄りネタ等は一切ございません。

※基本的にお誘いは歓迎ですが、お友達の数稼ぎや商売絡みの方、更新しない方、価値観に相違があると思われる方は御遠慮させて頂きます。
108 人のお友達がいます
ブルマウブルマウ * 大根おろし大根おろし *
* Sekine ひかる ** Sekine ひかる * * 凌志凌志 *
oniq55oniq55 * ucf11 hideucf11 hide
ファン
38 人のファンがいます
愛車一覧
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
外装色ポーセリン 内装色シャンパン 平成18年10月6日納車。試乗してみて好印象だった6 ...
ベントレー フライングスパー ベントレー フライングスパー
平成28年3月4日納車。オニキス×タングステンのデュオトーンにレッドのコーチラインでクラ ...
トヨタ クラウンエステート トヨタ クラウンエステート
義父(故人)の形見。その使い勝手の良さから最近は登場回数が増えています。柔らかくゆったり ...
レクサス LS レクサス LS
外装色プレミアムシルバー  内装色メローホワイト 平成18年11月納車。ジャガーとは違う ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.