• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

老師♪のブログ一覧

2013年06月30日 イイね!

BLUE WATER ~神威岬~



PHOTO 老師 6.29 積丹半島 神威岬
使用カメラ:NIKON D300S + SIGMA 150mm~500mm F5~F6.3
       :OLYMPUS PEN


倶知安で少し撮影した後、泊を通って神威岬に。
当初の予定ではなかったが、羊蹄山麓の半月湖での撮影が全くだったので
天気もいいし車を走らせた。



泊から少し過ぎたところの風景。
美しい海の青、積丹ブルーがそこにある。



少し車を走らせては風景をちょい撮り。
海岸線はとにかくアホみたいに長いトンネルばかり。
そのさなかのこういう風景は貴重かも。
画の中央左よりに神威岬の先端の岩が見えています。
500mm望遠砲での撮影。



岩の上にはかもめが。
かもめが休む場所にはいい場所になっているようで。



神威岬の灯台と遊歩道。
ここを歩いて岬の先端に行きます。
今日は混んでいるなぁ。

歩いていて目に付いたが、女性の足元。
ヒールだったり厚底サンダルだったり。

そんな履物で来るような場所ではない。



<エゾカンゾウ>



ここへ来た目的はこのエゾカンゾウの撮影にあった。
海の方は海面の反射光を切るPLフィルターを持ってきていないこともあって
それほど撮るつもりになっていない。

お散歩カメラのPENで広範囲を撮影する程度にした。



<はまなす>

エゾカンゾウと一緒にこのはまなすの花も満開で香りが漂っていました。



お散歩カメラだけどしっかりと積丹ブルーは写し出してくれてます。
文句なし。



崖下までエゾカンゾウの花がびっしりと咲き乱れて
黄色い花が青に合わさり綺麗です。



<岩の風景>



遊歩道のアップダウンを進み、岬の先端近くまで来ました。
海の青さもより濃くなっています。



背景は海の青。
岬先端に近くなるにつれて花の状態が良くなっていきます。
枯れた花もあるし、まだつぼみも点々と。



白い花も岬に色を添えます。
この遊歩道を歩いてきました。



エゾカンゾウの中に白い花。
名前がこれだけ分からないので白い花ということで失礼^^;



この辺のエゾカンゾウはまだまだ大丈夫だ。



小樽方向の風景。
青々と爽やかです。



泊方向の風景。



<岬の灯台>

先端に来ました。



<岬の先端の岩>

不思議な形で残っています。
ここからの風景、水平線はゆるい弧を描いて地球が丸いのだと実感
させてくれる風景です。



小樽方向に目をやると漁港の灯台が。
どこまでも青い海。



はまなすの花も海の青さによく映えています。



<エゾスカシユリ>

黄色がエゾカンゾウ
オレンジがエゾスカシユリです。

岬先端に入るところに少量咲いていたのを見つけました。
小清水原生花園ではエゾスカシユリの方が多いのですけどね。



さて、戻るかこの道のりを・・・。

戻ったあとにスポーツドリンクをすぐ買ったのは言うまでもない・・。

Posted at 2013/06/30 18:59:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 風景 フォト | 日記
2013年06月29日 イイね!

500mm砲 始動



PHOTO 老師 エゾカンゾウ
使用カメラ:NIKON D300S レンズ:500mm砲


今日は朝から撮影に出ていました。


蘭島駅→仁木駅→羊蹄山 半月湖→カムイ岬

カムイ岬は当初行くつもりではなかったのですが、

他の撮影場所がさっぱりだったので倶知安から泊をまわって
天気もいいので行くことに。


今回は海よりはエゾカンゾウの撮影を重点としました。

カメラはPENとニコンD300Sで、ニコンの方は500mm砲を装備。

ちょっと大きさが両極端だったんですが、遠近をそれぞれ
担当させてました。



写真の編集はこれからかかりますが、エゾカンゾウの花を3枚だけ
アップします。
行くのが遅かったから状態が良くないなと思いながら、岬の先端へ

遊歩道を歩いていると先端に行くほど花の状態は良くなっていました。
海風の当たり具合でしょうね。



花があるのはほぼ崖下なので500mm砲が役に立ちました。

あとの写真は状態を見てアップします。
Posted at 2013/06/29 21:23:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 風景 フォト | 日記
2013年06月27日 イイね!

DTCC AE86 ONEMAKE RACEを撮ってみよう。



PHOTO 老師 2013年 DTCC AE86 ONEMAKE RACE 十勝 開幕戦より
使用カメラ:NIKON D300S

写真撮影の方法とカメラの扱い方をちょっと書こうかと思います。
コメントの方に撮影がなかなか決まらないというようなコメントがありましたから。
それと、他のブログを見ている時にやはり撮影がうまくいかないというような
記事を見ました。
その人は感度設定を「オート」にして黒い車を写していて、画面がザラザラに
なるどうしようという記事でした。
当たり前です。
黒い車を撮るのに勝手に感度が上がっているのが原因。

「オート」は感度設定にしても撮影モードであっても絶対に使わないように
してください。

感度が「オート」ということは日陰や色の暗いものを写せば自動的に高感度に
なって画質はザラザラになって荒れ放題。

ISO感度は通常は100か200で使います。
400以上は夕方から夜にかけて、又は室内でシャッタースピードを速くして
撮影したい時に使う数値です。
(撮影条件によっては日中でも感度を上げることもありますが、
 ケースバイケースです)

@撮影モード

撮影モードは絶対に「オート」は使わずに、サーキットではおすすめは
「S」シャッタースピード優先モードです。

メインストレートではマシンは200キロ以上のスピードで来るので
写止めるのが通常のシャッタースピードでは難しくなります。

そこで、「シャッタースピード優先モード」を使い、シャッタースピードを
1/500~1/1000に設定。
数値を変えるのは一眼レフなら背面にダイヤルがあるのでそれを回して
設定しますが、機体によるので説明書で確認を。

その際の露出はシャッタースピードに応じて自動的に設定されるので
気にしなくても良いです。

@連写モード

撮影を1枚ずつの「単写」から「連写」に切り替えます。


@ピン合わせ

1枚目の写真を元に説明すると、この場合は33番さんのマシンのすぐ横の
金網か壁に合わせてシャッターを半押しにして、そのまま走行ラインが
ファインダーの中心に来るように指をシャッターから離さないようにして、
ファインダーにマシンが入ってくるのをそのまま待ちます。

ファインダーにマシンが入ってきたのと同時に通り過ぎるまでシャッターを
連写で切り続けて、撮影後にモニターで撮った写真を確認して
一番いいものを残して後は削除します。
これは「置きピン」という撮影方法です。

狙って撮るというのは経験の浅い人にとってはまず不可能ですから、
これが確実でしょう。

画質も荒れずにいいものだけが残るというわけです。


<私の場合>

これを私がやるときにはカメラのファインダーを見ながら両目を開けておいて
マシンが来たことを確認してファインダーを見ながらマシンがちょうど良い位置で
シャッターを切っています。
あと、ひとつ違うことは「マニュアルモード」で露出もシャッタースピードも
私のカンで撮影してます。



写真の基本は「引き算」。
余計なものは画面に入れないこと。

こういうマシンの走行風景においては背景をぼかした方がマシンが引き立ちます。

そこで望遠レンズが登場します。
望遠レンズは手ブレも大きくなるので脇を締めてしっかりとカメラを持って
撮影します。

撮影方法はやはり「シャッタースピード優先モード」最初のステップということで。

こういうアングルで撮るにはどこに「置きピン」をするかといえば、
コーナーのイン側の頂点に置きピンをして、マシンが走るラインがファインダーの
中心に来るようにして撮影します。
上記にあるようにシャッターボタンから構図を決めてマシンが来るまで指を
離さないこと。
マシンが来たら連写で撮影してピンボケは削除の繰り返し。



<流し撮り>

上記の置きピンでしっかり撮影できるようになったらこんな撮影もできるかも?
いやいや、撮影方法のの根本が違います。

まずはメニュー画面でオートフォーカス(AF)をSモードからCモードに切り替えて
(私のカメラはスイッチひとつですが・・)
シャッターを半押しにし続けることで動くものにAFを被写体に合わせ続けるように
セットします。

私はマニュアルモードで撮影していますから、シャッタースピードは1/50にして
露出をこの時でF18にしています。
快晴で光が多く入るので絞り込んだ結果。

そして、マシンは左から右に駆け抜けます。

なので、マシンが来たら左斜め45度からファインダーを見ながら
CAR NO.86の付近を狙ってオートフォーカスを駆動させ続けて
マシンの動きに合わせて右斜め45度以上まで連写で振り切って撮影します。
当然ピンボケができるのでそれは削除。

これがこの「流し撮り」の秘密の部分で、
いきなりはできない慣れと練習が必要です。

私はこれをDTCC以外ではラジコンサーキットで撮影して
慣らしています。冬の間は特に。



@では、こういう何気なく撮影しているような場合は・・?



パドック内ではこのミラーレス一眼を去年の最終戦から使用していますが、
このカメラは上記のどれにも当てはまらない設定をしてあります。
(DVD 2012 DTCC ONEMAKE RACEのジャケットを撮ったカメラはこれです)

ISO感度 200
「A」露出優先モードで露出をF4~F4.5に設定。
シャッタースピードはその場の光線状態に応じた状態に自動的に変わります。

スナップ撮影は色味明るさをちょうどいい状態でパッとすぐに
撮れるようにしておく必要があります。
感度200ならちょっと影になる部分でも画質は荒れずに発色の良い
写真が撮れるのです。

これらのことは私が勝手に師匠にしている鉄道写真家の中井精也さんの
鉄道撮影術に関した本にも書かれていますので本屋さんで探してみてください。

撮影に関してほんの触りを書いてみました。

Posted at 2013/06/27 20:14:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 フォト | 日記
2013年06月26日 イイね!

テスト撮影



昨日買ったこのレンズを使って午後6時半すぎから
いつもの海岸線でテスト撮影をしてきました。

結果は、薄暗いとどうしても感度を上げるのでその分の画質が荒れて
厳しくなっていくということ。
このレンズの開放値を見れば予想できることだけど。

最大の問題点は、夕暮れ時で薄暗いということ。

でも、それはわかっていて画質の限界を見るためにわざとそんな時間に
やったことでもある・・・。



PHOTO 老師 函館本線 小樽築港~朝里 間 

車でいつもの散歩道にしている海岸線に来ました。
カメラを三脚に固定して朝里駅に向かうカーブにピンを合わせます。



感度は800に上げているので画質がザラザラしています。
スローシャッターで撮影していればそうでもないのでしょうけど、
静止画像にするために1/320のシャッタースピードで撮影。

マニュアルモード
露出 F6.3 開放
シャッタースピード 1/320

午後6時47分ではすでに限界か。
今日は曇り空で元々空模様が暗いし。



沖の水平線、海と空の境に近いところに貨物船がいたので
レンズの望遠距離を2倍にするコンバーターを入れて撮影したら
露出は開放値でもF13に。

オートフォーカスが効かないぐらいレンズは暗い。

手動でピン合わせして撮ったのがこの一枚。
画質もさらにザラザラ。

露出の値F13は快晴時の値。
雨天時や夕暮れ時に使うのは論外ということ。
コンバーターを入れるとレンズの元々の開放値は半減して暗くなるのです。

数値上分かっていてもテストして結果を見る私です。



これも2倍のコンバーターを付けて手動でピン合わせしたもの。
ピンが合わせきれない暗くて。

修正ソフトで画像はこの状態になっているけど。



間近の海に目をやると鴨が2羽。
つがいの鴨ですねどうやら。



サーキットで肝心となる設定を試します。
「流し撮り」

この時点で2倍のコンバーターは外しています。
この薄暗い時では使えないわけだし。

感度は400にしてマニュアルモードで
シャッタースピード 1/50
露出 F6.3開放 (薄暗いので開放します)

今までのレンズよりも輪郭線がはっきりとしているような気もしますが、
今のところの判断は難しいなぁ。



今までの200mmのレンズにコンバーターを付けて撮るよりも
オートフォーカスの駆動はスムーズなようだけど。

この画を見る限り、色合いや陰影は自然体かな。

昼間にテストしてみないとどうなるか見えてこないけど、
薄暗いと使いないのは間違いなし。

今までのレンズはF2.8なのでその点には強かった。

いろいろ得意・不得意が見えてきた。


Posted at 2013/06/26 20:23:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2013年06月25日 イイね!

新兵器投入



今日は会社が終わってから札幌へ行ってきました。
駅前の某電器量販店に。

分割払いですが、レンズを一本購入。

SIGMA 150mm ー 500mm F5-F6.3   レンズ口径86mm


今までのレンズの射程距離と比べて2.5倍。
D300Sのボディはレンズの最大射程距離に約1.5倍をかけて計算するので
都合750mmという大砲になり、十勝スピードウェイの1コーナーお立ち台に
三脚に固定してセットするとストレートまで余裕で見えることになります。

インフィールドではマシンの映像もより大きく撮ることも可能になるし、
撮ってからの修正作業も少なくなって欲しい^^;



上:新投入の150mm~500mm望遠レンズ。 口径86mm

下:今までの80mm~200mm望遠レンズ。  口径77mm

主砲と副砲の関係に。



これに今までも使ってきた最大射程距離を2倍にするコンバーターを付けてみる。

レンズとカメラボディの間に装着。



これでどうなるかといえば、都合1500mmのハイパーバズーカーとなる。
でも、テストしてみないと使えるのかどうかは今は不明。

レンズの露出開放値も2倍暗くなるのでオートフォーカスが作動するかどうか
確かめなければ実戦投入はできない。

このレンズはなんの撮影に使うかといえば、


1、丹頂

2、DTCC AE86 ONEMAKE RACE (これの比率が一番高い)

3、撮り鉄 (多分、長距離砲過ぎて使えない・・)


この予定。



買ってから札幌駅前から大通公園方向に向けて感度800にして
テスト撮影してみた。

夜景でも明るく写ってるなぁこのレンズ。
もっと暗いと思っていた。
レンズの開放値からして。

しばらくテストを重ねてどの条件で悪い状態になるのか探っていきます。
DTCC撮影で失敗はできませんから。



皆さん、覚悟してください(笑)



Posted at 2013/06/25 21:22:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「青い十勝」
何シテル?   09/11 21:15
十勝インターナショナルスピードウェイで 行われていDTCC AE86ワンメイクレースの 専属カメラマンをしています。 普通車には特に興味がないので記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ブルーインパルス ~千歳航空祭~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/21 04:58:34
なんとなく夢工房 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/06 23:27:07
久し振りの青空。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/06 21:50:04

お友達

写真を観る感度のある方、
カメラに興味のある方など
ぜひ見にいらしてください。
36 人のお友達がいます
サワダサワダ mame223mame223
naga-snaga-s NR-AE86NR-AE86
大江戸なかちゃん大江戸なかちゃん しろはチしろはチ

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ノート eパワー 日産 ノート eパワー
青いノート君
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.