• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

masaking_q4のブログ一覧

2009年09月30日 イイね!

なぜQ4なのか

なぜQ4なのか以前このblogでなぜ164を買ったのかを書いたと思います。

でもQ4をなぜ買ったのかということは全く触れていなかったように思います。

たしかに164が欲しいという方、好きだという方の大半はやはりQ4ではなくてQVだと思います。

実は私は最初からずっとQ4を探していて、一度もQVもいいかもと思ったことはなかったのです。

決してQVがきらいとかよくないとかそういう意味ではありません。ただ、Q4が欲しかったのです。

Q4にこだわった理由はいくつかあります。ひとつは後期型の薄いヘッドライトが好きだったということと、後期型でマニュアルとなるとこのグレードしかないということがあげられます。並行輸入の24VのQVもありますが、それは希少なので、購入しようとするほうが無理だと思いました。

それ以上にQ4が欲しかったのは、Q4に当時のアルファロメオの技術者の意地を見たからでした。

164はTipo4プロジェクトとして4社共同開発のプラットフォームを利用した車です。

トランスアスクルをはじめとする独自のプラットフォームを採用し続けたアルファロメオの技術者にとって164の開発は屈辱的な開発環境だったと思います。

その環境下の元、164は誕生したわけですが、やはり技術者としてはその中でも少しでも自分たちのアイデンティティを164の中に残したいと考えたのでしょう。

それがきっとQ4というグレードへつながっていったのだと思います。

Q4はQVとは違い、エンジン、ミッション、4駆・・・、機能的な部品はFF車と本当に異なっています。はきりいってぱっと見だけが同じで、中身は本当に別物です。

すでにつくられた164というクルマに対して、精一杯自分たちのオリジナリティ、アイデンティティを盛り込んだそれがQ4というグレードだったと思います。

私も一技術者としてモノを開発する際に潤沢なリソース(人、もの、金)が与えられることははっきりといってなかなかないと思っています。ちょうどその頃私も3社で共通開発したアプリケーションの上に各社でシステムを開発するという命を負っていました。
少ないリソースの中ですこしでも自分たちのオリジナリティのあるシステムを作りたいという気持ちは、この164にそしてQ4に通ずるものがありました。

販売の面では決して成功はしなかったQ4ですが、その技術者の意地、想いを感じた私にとってはQ4をいつか自分で運転してみたい、手にいれたいと思うようになりました。

そんなこんなでQ4をずっと探していたのでした。

一体日本に入ってきていて現存するQ4は一体何台ぐらいなんだろうかとふと思うことがあります。

アルファロメオの技術者(実は私がアルファロメオの技術者なら)はきっと1台でも多く残って欲しいと思う反面、このようなスペシャルな製品は保守が大変ですから、早く無くなって欲しいとも思っているのではと思います(笑)
Posted at 2009/09/30 21:46:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | アルファロメオ | 日記
2009年09月23日 イイね!

ワイパー交換

ワイパー交換今日は長崎への旅から無事帰還し、先週の長野の往復で汚れた164を洗車しました。

やっぱりガラスコーティングは楽です。親水性なので、さらっと水が流れます。
そのため洗車後のふき取りも少なくて済みます。

ちょっと高いですが、十分その価値はあると感じる瞬間です。

先週の蓼科クラブランへ参加するため名神~中央道を走っていて少しワイパーの動きがおかしいことに気づきました。

運転席側は動作するたびに何か金属のものとあたる音がします。
助手席側はどうもワイパーブレードとアームがきっちりマッチしていないみたいで、動作がガタガタします。

運転席側は以前にも一度アルファサービスさんでちょっと調整してもらいましたが、もう一度みてもらおうと思います。
助手席側はこれはBOSCHのワイパーブレードの問題と思います。BOSCHのブレードは複数の車種に対応するためのアダプターがついてくるのですが、これをつけると運転席側はアーム側の引っ掛ける返しの長さとの問題でつけるのが非常に困難、助手席側は装着時はカチッとしているようだが、経年劣化でこのアダプターが欠け、ぶさぶさになります。

しかもBOSCHのワイパーのゴムの形状はちょっと特殊で、ゴムのみの交換でもBOSCH製のものをさがさないといけなくなります。しかも1本1000円ほど。国産車の2倍近い値段です。

困ったなあと思って家の近くのスーパーオートバックスへいっていろいろみていたら、なんとPIAAから164にも対応しているものが出ているではありませんか!

ゴムの形状も一般的な国産車のもの。文句なしです。

で、今日取り付けをしたところ、アームにはめてもかっちりとまるし、BOSCHのように無理やりつけるようなこともなく◎です。

ワイパーはやはり国産の方がいいなと思います。

Posted at 2009/09/23 17:23:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | アルファロメオ | 日記
2009年09月19日 イイね!

前オーナーと再会。

前オーナーと再会。今回の蓼科へ行くにあたり、私のQ4の前の前のオーナーであるokuさんが来られるという情報をキャッチしました。

一度所有してたクルマが、めぐりめぐって再会するというのはどのような心境なのでしょうか。

私だったら、やはり丁寧に乗ってきたクルマなので、やはりきれいに乗ってもらえていたらうれしいと思います。

そうなるとやはり内外装をきっちりきれいにしていくほかないと思い、土曜日は雨の天気予報であることから事前にトランクに洗車道具を積みました。

予報は完全に的中に往路は終始雨で、1泊目のホテルについたときにはドロドロになっていました。

朝5時におきて洗車をしました。

これでokuさんに見せることができるようになりました。

翌日okuさんと初めてお会いし、いろいろと164についてはお話を伺いました。

私が初めてこの164を見たとき、オーナーの愛情をしっかり受けたクルマだと感じたとこのblogでも書きましたが、その壮絶?な整備記録からするにその愛情の8割はこのokuさんのものではないかと思っています。

okuさんは現在は166の同じプロテオレッドに乗っておられ新旧の愛車を並べて記念撮影をしてみました。

やはり166は存在感がありますね~。

いいクルマはやはりオーナーが育てるものだと思います。
過去のオーナーが愛情をもって乗ってきたクルマを引き継ぐということは、その愛情を途切れさせないように努力することが求められるように思います。

無論オーナーになった時点でそのクルマは新しいオーナーの資産なので、どう乗ろうと誰も口出しはできませんが、クルマが好きな人間であれば、きっとその愛情の痕跡を見つけることができれば、大切に乗ってくれるように思います。
Posted at 2009/09/19 10:30:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | アルファロメオ | 日記
2009年09月16日 イイね!

蓼科へゆく・・・その4

蓼科へゆく・・・その4関東の164オーナーのクルマをたくさん拝見させていただいていたら、ある青年が「あの・・・みんからでblogやっている人ですよね?」と声をかけられました。

ん?たしかにみんからでやってますが、164オーナーズクラブの人っていたっけ?と思っていたら、あ~そういえば、お父様が164って人がおられたなあと思い出しました。お友達になりましたが、がっちゃんさんでした。家に164がある大学生。あこがれでしたねぇ。親子でこのクラブランに参加されてました。
親父がアルファロメオのちょっと古いの乗ってますなんてかっこよすぎる。こういうかっこいい親父になりたいもんですよ。

エンジンがこまごまと手が入っていて、また排気系もきっちりやられてあってなかなかな164でした。

大阪組、名古屋組は16時に蓼科を出発し、家路を急ぎます。

中央道に乗って途中145が走っていたのでそれについていって145と164が4台の隊列走行となりました。

途中恵那から土岐まで15キロの渋滞で相当疲れました。

現状はいているホイルがどうもホイルバランスが微妙に取れてないみたいで120キロあたりで少しブレが出ている上に、この時代の車は結構路面のわだちにハンドルが取られやすく、しかもインチアップしているのでそれがさらに強調され意外に疲れました。POTENZAのRE-01Rというのがよくなかったのかも知れません。

年末のボーナスの時にホイルを修正して純正に戻そうかと思います。
タイヤはミシュランのPILOT プレセダにしようかと思っていますが、回りではいている人がいないのでインプレッションがわかりません。。。
乗り心地と静かさ、角が立ったかっこいいデザインのタイヤを探していたらこれに行き着きました。

タイヤ選びは難しいですね。
Posted at 2009/09/16 23:33:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | アルファロメオ | 日記
2009年09月15日 イイね!

蓼科へゆく・・・その3

蓼科へゆく・・・その3オーナーズクラブの最大イベントといえば「タイムラリー」。

コマ地図を頼りにホテルからチェックポイントを通過して再びホテルへ。

途中1箇所ミスコースしましたが、無事にたどり着きました。

規定タイムを8分もオーバーしていました。。。。想像する以上に早いタイムで、来年からもう少しアベレージスピードを上げたほうがよいようです。今年は初めてだったので、どのくらいで規定タイムとしているかがわからなかったのでちょっとゆっくりめにしてしまいました。

それでも白樺湖のまわりを気持ちよく走れたのは本当によかったと思います。

今回の写真は○竹さんが撮影してくださった我が164が疾走する図。

タイムラリー、昼食、不用品オークションと続き、一旦解散。

その後1時間30分ほどクラブ員の方の164を見て回りました。
Posted at 2009/09/15 23:14:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | アルファロメオ | 日記

プロフィール

「エンジン下ろしとクラッチ交換、クランクシール交換だけなら50諭吉ぐらいですかね。今度うちもやろうかなと。@ひげぺんぎん 」
何シテル?   08/03 21:59
ついに8輪生活から4輪生活に戻りました。 当面は164だけでがんばろうと思います。 買えないけどTZ3がほしい・・・
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

これってナニかな~~~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/09 22:47:29
アルファサービス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/27 16:11:11
 
蛇なの?竜なの? 
カテゴリ:アルファロメオな方のページ
2010/03/05 22:52:53
 

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 164 アルファロメオ 164
この車を探すのに1年かかりました。 最終的には東京まで買いに行きました。 97年式のQ4 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
前に乗っていたシビックです。 ご覧のとおりちゃんとしたジムカーナ車だったのですが、名変 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
いろいろあって3台目のシビック、2台目の競技車両です。 99年式レースベース車です。 ジ ...
アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
以前乗っていた156です。フェーズ1のV6です。4年間、いろいろいじってサーキットばかり ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.