車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2012年01月30日 イイね!
E350ブルーテックに試乗してみました。  その2続いてある足回りのほうに行きたいと思います。

このブルーテックは本来スペアタイヤが収まる場所にDPFがあるために、ランフラットタイヤをEクラスで唯一採用しています。なので、大きな段差ではタイヤが固いというか、その重量を意識させるようなドタバタとした乗り心地でした。よりEクラスらしくするには、普通のタイヤにしてパンク応急処置キットを乗せておくのもいいかも知れません。

ですが、それを除けばホイールベースの長さとクルマ自体の重さもあってCクラスにはない相当フラットライドな乗り心地でやはり高級車を感じさせました。

今回私自身一番Eクラスで評価したかったのは、エンジンでも足回りでもなく、オプション装備(事実上はYANASEで輸入しているモデルは標準装備)になっているレーダーセイフティーパッケージです。

SUBARUのEYESIGHTにも良く似ていますが、常に前車との距離と速度からブレーキに踏み遅れによる追突を防止するシステムです。メルセデスの場合は左右後方の車両がきていないかどうかもみてドライバーへ警告します。

http://special.mercedes-benz.co.jp/safety/

私の父親も還暦を過ぎ、数年前にはゴルフからの帰りに疲れて渋滞でのろのろ運転しているときに追突事故を起こしてしまいました。幸い物損事故で済みましたが。

人間は万能ではありません。その日の疲れや、体調、精神状態から運転をミスすることはあります。そのような不完全な人間が事故なく安全な乗り物としてクルマを利用していくにはこのような新技術は不可欠ではないかと思っています。

私はこのような電子制御化はこれから先、クルマと人が共存していくためには不可欠な装備だと感じています。ただ端に電子デバイスを駆使するだけのクルマにならず、うまく活用して人がクルマを操る楽しさを残したままより安全なクルマをメーカーは提供していってほしいと思います。
Posted at 2012/01/30 23:09:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | アルファロメオ | 日記
2012年01月29日 イイね!
E350ブルーテックに試乗してみました。年明けになって出張、出張と続きblogの更新をサボっていました。

今週は土曜日に新居へ引越しの予定なのに、金沢に出張で、帰ってきてすぐに和歌山へ出張。荷物はまとまらず、帰ってきたのは夜中1時。そこから引越しの準備で3時過ぎまでやってなんとか引越しが終わりました。。。

マジで疲れました。明日は役所や警察へいって住所変更です。

そんな合間に実家のメルセデスC320が10年を迎えること、エコカー減税もあるので、買い替えを検討しています。まだ買うかどうかは・・・、お金次第といったところでしょうか。

で、先日YANASEへメルセデスのEクラスを見に行き、今日は担当の方が家にE350ワゴン ブルーテック アバンギャルドを持ってきてくれました。話題のディーゼルです。エンジンはV63リッターDOHCターボで、トルクがなんと50キロオーバー。

で、早速試乗させていただきました。歴代のメルセデスを比べて、明らかにハンドル、ブレーキ、クルマの動き自体が軽い!少し日本車に似てきたような気もします。正直なところW124のようなEクラス最高傑作といわれるモデルから比べると軟弱と捕らえかねないかな~と思いました。

でも、最近はメルセデスに限らずBMWやAUDIでも同じ傾向があるようで、しっかりとした思想をもったドイツ車でさえ、日本車の影響を受けているのかもしれません。

注目のエンジンですが、ディーゼルを感じるのはアイドリングだけ。走り出せばC320のガソリンエンジンと何一つ変わるところはありませんでした。ディーゼルとしてはすばらしいの一言に尽きます。ただ、やはりガソリン車を超える静粛性があるわけではないので、静かさをとるならE300あたりのガソリンがオススメかなと思います。
エコの観点とメルセデスの新技術を評価する方ならこのブルーテックはオススメです。

注目のトルクはスゴイものがあり、100キロぐらいまでなら5リッタークラスのトルク感があります。ターボなので、コンマ何秒かですが、一瞬ためがあって、そのあとは怒涛の加速!あきらかにC320よりアクセルを踏む量がすくなくて済む印象があります。

乗り心地については明日にでも書いてみようと思います。





Posted at 2012/01/29 23:55:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2012年01月14日 イイね!
年明けから釧路へ出張でドタバタしており、更新が遅れました。

164も比較的快調でアメリカから部品が来るまでは特にネタも無く・・・

ということで、youtubeで退屈しのぎに動画を見ていると、ありました。

アルファロメオが出てくるドラマ。

あぶない刑事シリーズのスピンオフでつくられた「勝手にしやがれヘイブラザー」の主役である岸田法眼役の柴田恭平のマイカーがアルファロメオ スパイダーのシリーズ3でした。

115系スパイダーの中ではシリーズ3はエアロパーツがごてっとついていることもあり人気が無いようですが、私個人はシリーズ3が意外と好きだったりします。

このドラマが89年ごろの作品ですので、当時のディーラーは大沢商会でした。私が当時見たアルファロメオにはリアウィンドウの端にOSAWAのシールが貼られていたのをよく覚えています。

歌詞の中の

男なんて弱くておろかだから
こだわるもの無しに生きてはいけない

というところが泣かせます(笑)

Posted at 2012/01/14 23:09:53 | コメント(7) | トラックバック(0) | アルファロメオ | 日記
2012年01月02日 イイね!
あけましておめでとうございます。明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

2011年は私が所有してからは一番トラブルが少なかった年だったと思います。

ただ、2度のガソリン漏れはかなり肝を冷やしました。。。

ガソリン漏れのようなトラブルは、今後生まれてくる子供を乗せることを考えると本当ぞっとしました。。。

このまま164を乗り続けることができるのか悩んだ時期もありました。
再び156に戻るか、166に買い換えるか、いっそのこと159に買い換えるか、はたまたBMWの330Mスポにでも買い換えるか・・・。

そうこうしているうちに2012年になってしまいました。

164はもはやネオヒストリックの部類です。同じ年代のランチアデルタのように熱心なユーザーが多く存在するクルマではありません。それゆえに資産価値もほぼ無いに等しいと思います。
世の中からみれば環境に悪い上に単なるお金がかかるだけの古いクルマでしかありません。

それでも乗り続けるのは、、、単なる”こだわり”でしかないと思います。

そのこだわりを押し通すには気力、体力、財力がそろっている必要があります。

公私ともに大きく変化する今年はそれがためされる1年になると思います。

このこだわりもいつまで続けられるかわからないので、じゃんじゃん乗って楽しみたいと思います。


Posted at 2012/01/02 23:34:32 | コメント(9) | トラックバック(0) | アルファロメオ | 日記
プロフィール
「エンジン下ろしとクラッチ交換、クランクシール交換だけなら50諭吉ぐらいですかね。今度うちもやろうかなと。@ひげぺんぎん 」
何シテル?   08/03 21:59
ついに8輪生活から4輪生活に戻りました。 当面は164だけでがんばろうと思います。 買えないけどTZ3がほしい・・・
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2012/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
アルファサービス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/27 16:11:11
 
蛇なの?竜なの? 
カテゴリ:アルファロメオな方のページ
2010/03/05 22:52:53
 
アルファロメオ164オーナーズクラブ 
カテゴリ:オーナーズクラブ
2010/02/04 21:36:27
 
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ 164 アルファロメオ 164
この車を探すのに1年かかりました。 最終的には東京まで買いに行きました。 97年式のQ4 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
前に乗っていたシビックです。 ご覧のとおりちゃんとしたジムカーナ車だったのですが、名変 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
いろいろあって3台目のシビック、2台目の競技車両です。 99年式レースベース車です。 ジ ...
アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
以前乗っていた156です。フェーズ1のV6です。4年間、いろいろいじってサーキットばかり ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.