• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年08月28日

MY favorite cars (C63AMG & OPEL INSIGNIA OPC)

こんにちは「太陽と豹」です。
唐突ですが私の好みのクルマについて徒然なるままにキーを弾いていこうかと思います。

私の好みはセダン。それもコンパクトでスポーティであれば尚一層目がない。
心の琴線に触れた車種は以下の5車種。

C63AMG
OPEL INSIGNIA OPC
KIA OPTIMA
VOLVO S60 HEICO SPORTIV
AUDI A3 concept






C63AMG






2007年に登場したCクラスのAMGモデル。
2011年MCを敢行しCL顔となったが、迫力は俄然MC前。

コンパクトなCクラスのボディにAMGオリジナルV8 DOHC6208ccのハイパワーユニットを搭載。
言わずと知れた羊の皮を被る猛獣だ。如何にも只物ならぬその佇まいだが、同時に大人の魅力を引き立たせてくれる魔力も兼ね備えている。

イグニッションを捻りひと度V8エキゾーストの咆哮を耳にすれば、アドレナリンが臨界点に達してしまいそうになるが、それを抑え付けるだけの自制心が必要になるだろう。一般道に於いてこのクルマの場合、その獰猛さを操る技量より、己の欲望を抑制する精神力が要求される。
ハイパフォーマンス車にしてジェントルにドライビングしてこそ真の大人だと思う。

それだけに余裕を持った大人でなければこのクルマの手綱は握れない。











































OPEL INSIGNIA OPC


INSIGNIA OPCのOPCとは「OPEL PERFORMANCE CENTER」の略でOPELのハイパフォーマンスモデルの総称である。

インシグニアをベースにしたこのクルマの諸元は
全長×全幅×全高
4642×1798×1449mm
2.8L V6 DOHC 24V ターボ 
最高出力188Kw(255ps)/5600rpm 
と国産のハイパフォーマンス車程度だろうか。
だがその存在感は国産車にはない迫力に満ち溢れている。
牙を剥いた肉食獣か、はたまたタランチュラのようにも見えるその表情は静かなる凶暴さを演出しているように思える。

2006年に販売不振と親会社GMの経営難により日本市場から撤退したOPELだが、できることなら日本で走っている勇姿を見てみたいものだ。










ブログ一覧 | 日記
Posted at 2011/08/28 14:43:15

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

3/52 明日はお楽しみな週末・・・
ペリー2011さん

かみさん送り迎えと新宿な日
ヤジキンさん

仮想通貨 この先どうなるんでしょう ...
ウッドミッツさん

マイレヴォーグの保安基準
NAOキングさん

人気で売り切れになってしまった商品 ...
ROWEN JAPANさん

今日は月に1度のスーツ👔day
としのりさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

a black panther under the scorching sun.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

過去のブログ

2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.