車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月20日 イイね!
夏が嫌いになった四国の旅 ~モノレールから帰宅まで~四国の旅も最後の回になります。

ココから移動距離は長いですが、走ってばっかりだったのでブログも駆け足で行きます(笑)

8月19日

前日に四国を出て淡路島を通過し少し戻って姫路へ

姫路城には目もくれず、解体される前の”駅”にお別れを告げに。

大将軍駅

ずいぶん昔に閉鎖されたままの姫路モノレールの中間駅
この夏、解体前に限定公開があるとのことで応募したんですが、落選...
外からでもと思い立ち寄った次第です。


公営アパートの3,4階部分にモノレール駅が貫通している珍しい駅です。
老朽化により、解体されています。


1,2階部分には店舗やホテルがあったそうです。

続いて姫路モノレールの終点、手柄山駅へ

姫路大博覧会の会場になった手柄山公園です。


ここにずっと保存されていた当時のモノレールが展示公開されました。
しかも私の好きなロッキード式モノレール、日本に現存している唯一の個体なのです。


ココは手柄山駅のホームだった場所。


当時は姫路駅からさっきの大将軍駅を経由しこの手柄山駅まで来てました。
でも、姫路大博覧会が終わってから乗車率が伸びず数年で廃線に。


展示されている車両以外に1両は解体され、部品が展示されていたいのでじっくり見学。
もう世界でもココ以外でお目にかかれることがないのでじっくり見学していたらあまりにも長く滞在していたので警備員に話しかけられてしまいました(笑)
大将軍駅の公開の話や姫路モノレールの昔話を少し聞かせてくれましたが、本人は全然良さは分からないそうです(笑)

たっぷりモノレールを楽しんでいたら昼を過ぎてしまったのでお昼ご飯へ。

後輩オススメのカレーうどん


阪神高速神戸線は相変わらず渋滞...


大阪城の横を通過


8月20日

この日は愛知通過するんですが、よく考えたらGLATOMさんがお休みなので連絡して遊びに行くことに。
GLATOMさんのところに行ったらこの後モリデヴンさんのところに作業しに行くということでご一緒することに。

3台並べて作業日和。


モリデヴンさんの車には車高調を


GLATOMさんの車にはリヤスポイラーを取り付けました。

昼飯を食べに行くつもりが終わらず、私のタイムリミットでお先に失礼しました。
お昼はカロリーメイトだけ(笑)

北上

諏訪湖で温泉に入り車中泊しようと思ったら駐車場が満車⁉
諏訪湖花火大会は終わっていることを確認してから立ち寄ったのでなぜ⁉と思ったら花火大会以外にも夏の間は毎晩花火を打ち上げているようで...別の場所へ。


8月21日

あとは帰るだけ。


白樺湖でカモが寄ってきました。


雲海がキレイでした!ゆっくり写真撮りたかったなぁ

佐久から高速に乗り

朝飯は横川SAで峠の釜めし!

無事に帰宅

2630.0㎞


最後はグルメ編で。
Posted at 2016/11/20 23:24:12 | コメント(1) | お出かけ | 旅行/地域
2016年11月19日 イイね!
夏が嫌いになった四国の旅 ~うだつの上がる~気付けばもう11月も後半⁉

まだ夏のブログ終わってない...

まあそんなにネタもないので良いんですが(笑)

8月18日のお話し

徳島の吉野川沿い、うだつの上がる街並みへ

江戸時代に商業で栄えた町。


これが『うだつ』
防火壁の役割があったそうで、裕福な商家が次々とコレをつけたので商売の上手くいっている象徴となったそうです。


そのうちの1件、吉田家住宅は中も見学できます。
将棋の対戦が行われたことがあるみたいです。

近くの劇場へ

オデオン座


数日前に見た内子座にも似た雰囲気


奈落と楽屋も見学できました。楽屋って意外と質素なんですね。


うだつの町並みを後にして徳島市内へ向かいます。

国道192号線を走っていたら城が見えたので立ち寄ってみることに。

川島城
公民館みたいな機能?1階は事務所と展示室。2,3階は貸し切りの部屋、一番上が展望台になってました。


走ってきた国道が見えます。
立派な建物ですが、あまり有効活用されていません...


徳島市到着
クルマを駐車場に入れて歩いて観光に出かけます。
この日は暑かったなぁ~


徳島城跡公園にSLがありました。


徳島市立徳島城博物館
徳島城の歴史をお勉強


歩いていると豆乳ソフトクリームの文字が目つきます。
暑さに負けて、昼飯前なのに買ってしまいました(笑)

御昼は徳島ラーメンにしようと有名店で今まで食べ逃していたお店まで歩いて行ったのですが…

まさかの夏季休業...
また食べられませんでした(>_<)
いつかリベンジですね。


阿波踊り会館で阿波踊りの歴史を勉強。
お祭りの時は盛り上がるようですね。


昼飯を食べ逃して夕飯兼になってしまいましたが、とりあえず東大という徳島ラーメンで。

眉山公園へ上がって日が落ちるまで仮眠

夜景を存分に楽しんで四国最後の夜を満喫しました。


つづく
Posted at 2016/11/19 21:56:56 | コメント(1) | お出かけ | 旅行/地域
2016年11月12日 イイね!
夏が嫌いになった四国の旅 ~海から山へ~8月17日

朝は海岸線を東へ移動

朝の瀬戸内はのんびりした雰囲気で落ち着きますね。

前日地図を見ていたら気になっていた場所があったので行ってみることに。


琴弾公園


近くにある道の駅ことひき

道の駅なのに正面は一般駐車場無しで琴弾公園の駐車場から歩いて行かないといけないみたいです。

銭形砂絵

地図で見て気になったのはコレ!
寛永通宝を模した砂絵が当時から引き継がれているそうです。


展望台へ上る道は大型車・マイクロバス通行禁止と書かれている割には道は悪くないな~と思って走っていたら

最後のヘアピンカーブがキツ過ぎて私の車でも切り返しが必要なくらい。

香川に入ったのでうどん屋巡り

一軒目


二軒目は定休日

三軒目は看板を見失い食べ逃しました(>_<)
全然巡りになってませんね。

道の駅空の夢もみの木パーク

うどん屋三軒目を食べ逃したのでココでアイスにしました。
隣接で二宮忠八飛行館があるのですが、休館日で見学できず。

そのまま山越えして大歩危小歩危峡へ

折角なので遊覧船で川から観光!


遊覧船からだと道からは分からない迫力があります。

道の駅大歩危

断崖絶壁のためスペースがないので道の駅が立体駐車場みたいになってました。

祖谷の かずら橋

自然のシラクチカズラを編み重ねて使って作られた橋だそうです。
重要文化財に指定されているみたいです。
それにしても観光地で一眼レフを2台も抱えていると写真をよく頼まれる気がします。ココでも2組対応しました(笑)

そのまま山深い道を進んでいきます。

四国の山の中は斜面がキツクて山が深く感じますね。

祖谷渓の小便小僧

クルマ止めるスペースがないので見学は大変です。
小便はしてませんでした。


相変わらず四国の山道は険しいです。


山道を進んで源泉かけ流しの温泉へ入ろうと思ったら
まさかの定休日で温泉入れず…(T_T)


つづく
Posted at 2016/11/12 23:19:52 | コメント(1) | お出かけ | 旅行/地域
2016年11月03日 イイね!
夏が嫌いになった四国の旅 ~特産品過去と現在~8月16日

この日は朝から来島海峡を望める公園へ

朝早起きしすぎてこの後の予定箇所がオープン前だったので時間調整です。

この公園には展望台もあったのですが、下から見上げたら遠く見えたしこの日は暑かったので歩きたくなかったのでパス(笑)


来島海峡展望台

ボンタロスさんとニアミスしてたみたいです。

テクスポート今治

高品質で有名な今治タオルの直販店と歴史資料館があるということで行ってみました。


古い織機の展示とタオルの製造工程の紹介ビデオがありました。
もちろん今治タオルも入手。今まで車に乗せていたタオルを今治タオルにグレードUPしました。肌触りが違いますね(^^)

今治城へ

城の写真撮っていたらおっさんに話しかけられましたが、話がつまらないので早々に退散。


復元された門
予算の都合か?もう一つ門があったらしいけどそちらは復元されずなんだか中途半端な感じがしました。

新居浜の方へ移動して銅山見学へ

まずは山の下の別子銅山記念館でお勉強


少し山に入り観光銅山へ
鉱山列車の雰囲気を出すために少しの区間だけ乗せる演出です。


実際に使われていた坑道の一部を観光化したみたいです。


歴史や当時の道具など飾ってありますが、観光化され過ぎていて作っている感がたっぷり。もう少し当時のものを当時のまま保存されている方が好みです。

というわけでもっと山奥へ行くことに!

東平地区へ

ココは東洋のマチュピチュと名もついているそうです。

マチュピチュに行ったことがないので比べられませんが(笑)

私好みだったのは確かです(・∀・)

折角なので遺構が残っていそうな山の中へ

ココは当時社宅が立っていた場所。歴史と自然の偉大さを感じます。

一応観光ルートになっているみたいですが、人が歩いた雰囲気がなくそこもまた私好み(笑)
普通の人は東平歴史資料館と駐車場周辺の見所を観光して帰るという感じでした。


まあこんな山の中なので普通の人は入ってきませんね。

東平地区へはマイントピア別子から観光用マイクロバスが出ており、それに乗ればガイドもついているそうです。
本当はそちらに乗りたかったのですが、私が着いたころには当日便が終わっていました...
マイクロバスも難なく入っていけますが、すれ違い箇所は限られます。

アクセス路はこの1本のみです。運転に不慣れな方やすれ違い箇所の判断ができない人は観光用バスで行ってくださいね。


つづく
Posted at 2016/11/03 23:22:44 | コメント(3) | お出かけ | 旅行/地域
2016年10月27日 イイね!
夏が嫌いになった四国の旅 ~街並み散策編~8月15日


宇和島市からスタート


朝ごはんを食べに寄った宇和島駅前のローソン

最近のコンビニらしくイートインコーナーがあったのでそちらを利用しました。



そして朝も早よから宇和島城へ

鳩と散歩しているおっさんしかいませんでした(笑)

西予市へ

街並みと民族博物館があるみたいなので立ち寄りましたが、街並み用の駐車場は分からず。少し遠い駐車場に止めて歩きました。


お盆休み期間中は休館日ということで見学できず。
他にも旧小学校校舎を利用した米の博物館もあるみたいですが、そちらも修繕工事中で公開していないとのことで早々に退散。

道の駅内子フレッシュパークからり

なんだか賞を受賞した道の駅だそうです。
確かに売っているものは充実しているし雰囲気は良いです。でも賞をとるほどかといわれると…?

内子の街並み

街並みと木猟資料館を散策
WAXに入っているガルナバも紹介されてました(笑)

木猟資料館の人に見どころを教えてもらい歩きました。

昔の映画館だった場所だそうです。もう営業していませんが、雰囲気だけ残しているそうで良い感じです。

商家見学

商いと暮らしの博物館
薬屋の生活が紹介されている博物館です。

内子座

大正5年に建てられた芝居小屋です。


公演がない時は舞台裏まで見学できました。当時の雰囲気を感じられる上、奈落など裏方も見学できる太っ腹な公開方法でした。

高昌寺

クルマを止めた駐車場の近くだったので立ち寄ってみました。
涅槃仏という横たわった仏像がある珍しいお寺です。

内子を後にし今回のメインへ向かうことに


道後温泉本館!
来年10月から耐震化工事が始まるということで工事が始まる前に入りに来ました。
お盆休み期間中というだけあって大混雑大行列…
すぐにチケット売ってくれず、整理券を取って携帯電話で呼び出されるみたいです。


仕方がないので椿の湯という別の温泉に入って温泉街&商店街を散策


からくり時計もありました。

夜になり3階個室の霊の湯というチケットがすぐに入れるとのことだったのでそちらに!

3階部分の個室に通され、浴衣に着替え見学へ

又新殿という皇室専用の風呂をガイド付きで見学。そのあと展示室で道後温泉の歴史をちょこっと勉強

霊の湯は1階の神の湯とは違い2階にある少し小さめのお風呂
そちらにまずは入浴。小さいですが、その分入場する人も少ないのでのんびりゆっくりできました。

そのあとは一番大衆浴場の神の湯へ
こちらは芋洗い状態(^^;

湯上りは個室でお茶とお茶菓子が出て湯涼み(´∀`)

温泉入って満足したので温泉街をぶらぶら車に向かっていたら

ストリップ劇場が現役で営業中!
物珍しさで立ち寄り。
温泉街の秘宝館とストリップは廃墟というイメージだったので営業中というのはちょっと驚きでした。


つづく
Posted at 2016/10/28 00:08:20 | コメント(0) | お出かけ | 旅行/地域
プロフィール
「とんぼ返り」
何シテル?   12/05 21:37
温泉好きで日本全国様々な温泉へ出かけながら道中で風景の写真を撮るというスタイルで旅をしています。 北は北海道宗谷岬、南は沖縄県本島まで47都道府県クルマ旅...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
21 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ アルファードG トヨタ アルファードG
2代目のマイカーです。 乗り換え前提で購入したはずが、増車という結果になりました(笑) ...
ホンダ ライフ ホンダ ライフ
通勤車が必要になり、維持費の関係で軽自動車を増車。 燃費が良く安く買える車種を探しコレに ...
トヨタ ノア トヨタ ノア
初めてのマイカーです。 中古車で購入しました。 購入時の条件として 1.前期型 ⇒AT ...
トヨタ タウンエースワゴン トヨタ タウンエースワゴン
タウンエースワゴン。我が家では同じ型の2台目。 1台目はスーパーエクストラの2000c ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.