• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hommaのブログ一覧

2017年07月11日 イイね!

いつかまた...

人生の先輩が静かに旅立たれました。
もっといっぱい、みんなで走りたかったですね。
いつかそちらに行った時には、また...
心より御冥福をお祈り申し上げます。
Posted at 2017/07/11 15:30:06 | コメント(8) | トラックバック(0) | その他雑記 | モブログ
2017年05月03日 イイね!

GWは...楽器三昧♪

GWは...楽器三昧♪このところ敬愛するミュージシャンが立て続けに身罷られ、自ずと楽器を手に取って追惜する機会が増えました。
久々にケースから引っぱり出すと、ネックは反るわメッキは曇るわ、いざアンプに繋げばノイズの嵐 (^_^;
楽器もクルマと一緒で、放置するとろくな事がありません。

しっかり作られた昔の楽器は、少し調整してしばらく触ってやるとちゃんと鳴るようになるのですが、完全に御臨終した消耗パーツは交換が必要。
このあたりもクルマと同じですね。

ネットでパーツを探して調達し、ハンダごてを握る日々がしばらく続き...
マズい物を見つけてしまいました (汗)


フェンダー社のジャズ・ベース、1970年代初期物との触れ込みでボディだけの出品。
昔流行った「剥ぎナチュラル仕様」になっていて、もとの塗装を剥がして木地を出し、クリアーラッカーだけ吹いてあります。
クルマで言えば「全剥離オールペン必要なドンガラボディ、エンジン・パーツ無し、修復歴一応ナシ」みたいな物件。
現状はお世辞にも綺麗とは言い難い素人仕事で、価格もそれなり。
この年代のフェンダーとすれば、かなりのお値打ち、とも言えます。
五日間悩んだ末、オークション終了日に入札しちまいました (^_^;;


届いたブツを詳細に観察すると、ネック接合部の塗装の残り具合等から、当時のフェンダー社純正のボディであることは間違いなさそう。
もともとのカラーは、3トーンのサンバーストだったようです。
'71~'72年製という話でしたが、ボディに残ったビス穴の位置から1974年製と断定しました。

楽器の世界もクルマと同じで、ヴィンテージと呼ばれる年代物は近年価格が高騰しています。
フェンダー社のギターも、1950年代~'60年代中期のプレCBSと呼ばれる時期の個体はもう青天井。
職人が一本一本手作業で組み上げて、ラッカー吹いて仕上げいた時代の楽器です。
ポルシェで言うと、356とかナローのイメージ ?

その点、レオ・フェンダー社長が会社をCBSに売却した後の'70年代物は、「塗装が厚くなった」とか「大量生産体制に入った」とかの理由で人気が今ひとつですが、そのぶん気兼ねなく弾き倒せるし、塗装も丈夫で気を遣わなくていいし、、音もほどよく枯れ始めているし...
まるで930のようで (笑) 私的には気に入っています。


しばらく飾って眺めた後は、ぼちぼちパーツを集めて組み上げていこうと再びネットサーフィン。
この辺りも昔から続いているメーカーは、一寸割高ですがちゃんと当時仕様の純正パーツを供給してくれるので有り難い。
連日海外から届く段ボールの小箱を見て、m-koは「螺子屋でも始めるの !? @_@;;」と (苦笑)

当初の目論見では、三十年ほど前にショップで製作したお気に入りのフレットレス・ネックを使って、再塗装してパーツを移植して完成、のはずでした。
ところが...いざネックをあてがってみると、ハマらない !?
なんか、聞いたようなハナシです (爆)
どうやら、ワンオフで作ってもらったネックの規格がフェンダーと微妙に違うらしく...
同じジャズベだから大丈夫かと思ったんですけどね (^_^;;


で、結局こうなりました。
ボディと同年代の、フェンダー社純正ネック。
ebayで見つけて、日本へ発送してくれるよう出品者と交渉した上で、入札。
ちょっと時間が掛かりましたが、無事にケンタッキーから来日しました。


詳しい方はアレ !? と思ったかも知れません。
そう、このネック、ジャズ・ベースではなく、プレシジョン・ベース用のネックなのです。
ジャズベとはネックの握りが若干違いますが、ボディ接合部のサイズは共通なので互換性アリ d(^_^o)

一般的にジャズベのネックは細く、プレベのネックは太く平たいイメージです。
しかし'72年以降の'70年代のプレベはやや細身のシェイプで、ジャズベから持ち替えて違和感ナシ。
'74のプレシジョン・ベース (冒頭画像) を長年愛用してきた本人が言うので間違いありません (笑)
ジャズベより気持ちガッシリした握り心地は、安心感もあります。
「いますぐ出せるSエンジンの在庫は無いんだけど、こっちのTのエンジン載せとく ? トルク太くて乗りやすいし、ちょっと弄ればS仕様になるよ」みたいな感じでしょうか ? (笑)


このネック、フェンダー社純正のフレットレス (音程を正確に出すための金属のフレットが指板に打ち込まれていない仕様) なので、ラインオフされた時点ではバイオリンみたいな真っ黒指板だったはず。
ところが、どこかの段階で誰かが、指板を押さえる目印となるようにラインを入れた模様。
楽器を弾く人間にとってはプレイアビリティを高める好モディファイですが...
ストック状態を重んじるヴィンテージ愛好家の間では、万死に値する行ない (苦笑)
おかげで相場の四分の一ほどの価格で落札でき、ラッキーでした。
この辺りの事情も、ヴィンテージ・ギターとヴィンテージ・カー、似ているかも知れませんネ (^_^;

フレットレスにありがちな指板の削れも無く、コンディションは上々の様子。
水分の抜け切ったアルダー材の軽量ボディに、このややガッシリ目のフレットレス・ネックを搭載したら...最初の音を出す瞬間が楽しみでなりません。
木工と塗装はプロのリペアマンにお任せしますが、金属パーツの分解清掃とか電装系のライン引きとかは自分で出来るので、このGWは部屋に籠もっていそしんじゃおうかな。

老後の楽しみがまた一つ出来ました (笑)
Posted at 2017/05/03 16:30:51 | コメント(5) | トラックバック(0) | その他雑記 | 音楽/映画/テレビ
2017年04月26日 イイね!

第20回記念🏆東西合同ツーリング

第20回記念🏆東西合同ツーリング第20回ツーリングの日程が決定いたしました。
爽やかな秋の蒼穹の下、いつもの友と何時もの場所で。

いよいよ20回の節目です。
記念企画も考えていますので皆さまこぞってご参加下さい。


参加表明は
コチラ からよろしくお願いいたします。
Posted at 2017/04/26 20:20:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | WE LOVE TOURING | クルマ
2017年04月24日 イイね!

YES -featuring Anderson, Rabin, Wakeman- Tour Final 2017.4.24 NAGOYA

YES -featuring Anderson, Rabin, Wakeman- Tour Final 2017.4.24 NAGOYA※写真はm-ko撮影。スマホの静止画ならOKという太っ腹対応でした♪

東西ツーの興奮未だ冷めやらぬ月曜の夜。
とあるコンサートに行って参りました。

イエス (feat. アンダーソン、ラビン&ウェイクマン) のジャパン・ツアー千秋楽。
以前ご紹介したキングクリムゾンと並び、1960年代から現在に到るまでプログレッシヴ・ロック界を牽引してきた、大御所中の大御所です。

活動期間が長いため関わったメンバーは数多いのですが、今回はボーカルのジョン・アンダーソン、ギターのトレヴァー・ラビン、キーボードのリック・ウェイクマンに、サポートメンバーを加えての来日。
メンバーの年齢を考えれば、これが見納めかも...期待と共に一抹の不安もよぎります。
何と言っても最若手 (笑) のトレヴァーでさえ63歳、最年長のジョンに至ってはすでに72歳です (@_@;
果たして今宵のショウは “ロック” なのか !?

クラシックの調べに乗って颯爽とステージに登場した元気な爺さんたちは、そんな不安を一瞬で吹き飛ばしてくれました。
ジョンのソプラノ・ヴォイスは往時のままに澄み渡り、更に恰幅の良くなった身をマントに包んだリックのキーボード・プレイはまさに王の威厳、トレヴァーの怒濤の速弾きも健在でした♪

観客の方もたいしたモノ。
『燃える朝焼け』や『ラウンドアバウト』といった複雑な変拍子の大曲に手拍子打って乗りまくり、数少ない8ビートのヒット曲『ロンリーハート』で総立ちになって踊り狂う Old Ladies & Gentlemen...平均年齢は確実にアラ還でしょうに (@o@;;
日本の未来は明るいかも (笑)

惜しむらくは、そこにクリス・スクワイアが居なかったこと。
サポート・ベーシストも頑張ってはいましたが、二年前に白血病で急逝した唯一無二の絶対的オリジナル・メンバーの存在は、あまりにも大きかった。
たとえ同じベースを使って弾いても、あのゲリンゴリンのサウンドは再現できないんだよなぁ...

今宵はクリスを偲んで、四十代半ば頃の脂の乗り切ったプレイを二曲。
それにしても26年も前のライヴなんだけどね (^_^;


『燃える朝焼け』 (Round the World in 80 Days Tour 1991より)

Heart of the sunrise (1971)
Music & Lyrics: Anderson, Squire & Bruford


『フィッシュ』 (Round the World in 80 Days Tour 1991より)

the fish (1971)
Music: Squire



YES (1990-1992)
Vocal: Jon Anderson
Bass & Vocal: Chris Squire
Guitar & Vocal: Steve Howe
Guitar & Vocal: Trevor Rabin
Drums & Percussion: Bill Bruford
Drums & Percussion: Alan White
Keyboard: Tony Kaye
Keyboard: Rick Wakeman
Posted at 2017/04/27 23:00:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 & 映画 | 音楽/映画/テレビ
2017年04月23日 イイね!

おつかれさまでした🌸 ~第19回東西合同ツーリング

おつかれさまでした🌸 ~第19回東西合同ツーリング最後まで雲ひとつ無い晴天に恵まれて...
明日はみなさん顔真っ赤ですね (^_^;
事故トラブルもなく、一日とても愉しく過ごせました。
このところの悪天でもう散っちゃったかなと思っていましたが、帰路には満開の山桜にも遭遇し、看板に偽り無しの🌸桜ツーリングとなりました。

お集まりいただいた百六十数台のみなさま、ありがとうございました m(_ _)m
みなさんの大変楽しそうな笑顔の集合写真、ラムチーノさん、masuda1960さんからコチラに上げていただきました。かがっちさんのブログもどうぞ (^_-)-☆

次回記念すべき第20回ツーリングは、秋の紅葉の少し前...かな ?
日程が決まりましたら掲示板立てますので、アンテナを高くしてお待ち下さい d(^_^ o)
Posted at 2017/04/23 18:45:06 | コメント(11) | トラックバック(0) | WE LOVE TOURING | クルマ

プロフィール

「オレは根っからのポルシェファン。そしてまた、それは最高のモノでなければならない。それでこのポルシェの究極的モデルともいえる、3リッターのターボをしとめたのさ」...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

旧車とワインと音楽があれば、人生の苦難は9割方乗り越えられると思っています。クルマ以外でも趣味の合う方、気軽に声かけてくださいネ~♪
282 人のお友達がいます
porschevikiporscheviki * 不死身の01不死身の01 *
た~ちゃんた~ちゃん * いとしんいとしん *
KERO総統☆ModExKERO総統☆ModEx イノウエイノウエ

ファン

155 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
'76年式 Turbo 3.0 “Prototype Clone” エメラルドグリーン・ ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
'89年式 911Carrera CS グランプリホワイト('09 Feb.~'09 O ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
'88年式 911Carrera サテンブラック('03 Aug.~'09 Jan.) ...
ボルボ 940 エステート (ワゴン) ボルボ 940 エステート (ワゴン)
'96年式 940Classicエステート ダークブルーメタリック('99 Jul.~' ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.