• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヤビツマニアのブログ一覧

2014年10月31日 イイね!

セレナ、トレーラリレーの謎解明

セレナ、トレーラリレーの謎解明リレーOFFなのになぜ電流変化するのか?
一度はリレーアース常時繋ぎで終了とするつもりだったのですが、どうしても気になってしまいました。







配線を絵にかいてもう一度考えてみよう~
で、白線と黒線の短絡なし状態、リレーを二つ並べたときに気が付きました。

あぁ~隣のリレーからアースに落ちてるじゃないか!

ということで、今日は会社の帰りに電気屋に寄って適当にダイオードを買ってきました。容量100V-3Aこれでいいのか?
セレナからいったんリレーを外し、テスターで抵抗を計ってみると100Ω大丈夫?
これを5個あるリレーそれぞれの前にかませてハンダ付け。

セレナにリレーを戻して作動確認
停まっている状態でリレーアースを繋いだままでは問題なし。
そのあとはリレーアースを切り離して走行試験
スモール、ウインカ、ブレーキ、バック
すべて問題なし、まともに走ってくれました。
これでリレーOFF小細工完了!

今まで、オーディオやETCの配線を何も考えずに配線分岐でつないでいましたが、これらはたぶん内部にダイオードがあるんでしょうね。
電源ECUの電流監視ってうっとおしいな~と思ってましたが、今回はこれがなければ回路の失敗に気が付かなかったわけなので・・・・見直しました。



Posted at 2014/10/31 22:18:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | C26 セレナ | 日記
2014年10月29日 イイね!

錆取り準備

先日の検証の結果
ピカタンを錆面表面に塗って放置していただけでは効果ありませんでした。
やっぱり漬け置きにしないといけないのですが、ヒッチの幅は約1m
これが収まる容器をホームセンターで探してみますが・・・ジャストサイズは見つかりませんでした。

となれば、ピッタリ容量のヒッチメンバ専用浴槽を自作することにしました。
ピカタンの希釈も少なくできるはずです。

材料は、まずは木枠から
以前にアルテッツァエンジンが運ばれてきたときの木パレ
ドリルの穴あけ作業台としてときどき活躍してくれますが、ちょっとオーバーサイズ
なので半分を解体して板を分離

ノコギリ、釘、金づち、って木工工作は久しぶり。
まずは浴槽の外枠が完成。
次はダイソーで買ってきたPPシート3枚
折り目を付けて箱型に、接着剤で張り合わせてガムテープで補強
繋ぎ目はシリコンシーラーを充填
外枠の中に押し込んで、浴槽完成

2.3日してシーラーが乾燥したら水張試験してみて漏れなければいいんですが。。。
Posted at 2014/10/29 20:00:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | C26 セレナ | 日記
2014年10月29日 イイね!

セレナ、トレーラ配線で不調?と仕上げ

セレナ、トレーラ配線で不調?と仕上げ普段セレナを運転しないかみさんが、珍しくセレナで出かけて行った。
帰ってきて、加速しない、おかしい!と言ってきた。
すぐにディーラーで週末に点検の予約をしておいたのでした。
自分も運転しているとき、右左折するときに一度あったのですがそのあとはなんとも
ありませんでした。
ネットで"セレナ不調"と検索してみる・・・
CVTも加えてみる・・・すると・・・なぜかLEDテールランプに変えると不調になるのだとか・・・
ネットによると原因は、ECUが電流監視しているらしい、なのでテールランプやウインカーランプまで??オルタの発電量でも制御しているんだろうか?

となると、車が悪いのではなく、トレーラ用のリレーが原因?テールランプの配線から引き出して作動させているので一番あやしい。
しかし、加速しない症状が出たときはリレーが作動しないようにしていたはずなので確証が持てない・・・・


ということで、検証です。
先日のリレーと7芯線をつないだ時に、ちょっと小細工しておいたのでした。
リレー寿命を延ばそうと普段は作動しないようにリレーのアースを7芯の黒線につないでおきました。

黒線は昔は駐車灯用として存在していたのですが今は使わない線、これを有効活用しようとしたのでした。
トレーラー側のカプラもちょっと小細工、アース(白)と駐車灯(黒)をカプラ内で短絡させておきます。
そうすると、カプラがトレーラ×セレナでつながっている時だけリレーがアースされて作動するはずです。

最初の検証
まずはこのコネクタ内の白と黒のピンを短絡させてリレー作動状態で走行してみました。

結果問題なし
次に、短絡線を抜いて走行、すると症状が出ます。
ということはウインカーだけでなくスモールでも同じ症状に
もうこれで原因判明です。対策はリレー常時ONということです。
でもなんで?断線していれば電流変わらないと思うんですが・・・
なぜリレー動くほうが電流変わるんだからおかしくなるのでは?考えても謎のままです。
ま、リレーの寿命はこの際忘れることにしました。
問題解決したところで、ディーラの点検予約は取消し連絡。

あとは最後の仕上げ、トレーラ電源をバッテリーからひっぱりまわします。
火事にならないように防水蓋付きヒューズをかませておきます。

助手席前にエンジンルームと室内が繋がっている孔があるのでここから室内へ配線引き込み

あとはリヤのパンタジャッキ収納蓋内のリレーまで、内装裏に隠しながら配線
で、完了
Posted at 2014/10/29 19:28:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | C26 セレナ | 日記
2014年10月25日 イイね!

今日の山は

今日の山は2ストオイルを何にしようか?
一度はBPのを取り寄せしようとしたのですが、BPってもう2ストオイルやってないの?
ということでまだ悩み中です。
なので今日はまだクサイ仕様のオイルですが、残量使い切るまでもうしばらく後方走行で我慢です。
今日はそこそこのちゅるちゅる具合で、登りで停まってしまうと再スタートが大変でした。

それでも、なんだか距離はいっぱい走れて気分爽快でした。
ちょっとだけ沢、今日もエンジン快調で軽四沢は下から上までクリーン
時々リヤホップ・・・してもまだリヤ振りは成功しないのでした。

Posted at 2014/10/25 21:20:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月23日 イイね!

錆取り検証

錆取り検証セーフティチェーンブラケットを作っている間、放置プレイで錆取りをしてみました。
以前はサンポールで試してみましたが、錆再発やらで使いづらいかなということで
錆取りケミカルを買ってきました。ワコーズのピカタンというもの、ガソリンタンク内の錆取り、コーティングもできるとのことでした。
今日はサビサビになってしまったボルト類をペットボトルに入れて放置、時々シェイクで
ついでにヒッチも池ができそうなところにピカタンを注いで3時間ほど放置しておきました。


結果、そのままでは??でしたが、歯ブラシでゴシゴシしてみると、きれいになるのでした。

じゃ次はヒッチの角材内部。その前に水を入れて漏れチェック。じわじわにじみ出てきます。
となると、こりゃ別の作戦で行かねば。

ボルト類も歯ブラシで擦ればきれいになりました。

洗って乾燥してから、今度は錆びさせないように、シャシブラックで塗装しておきました。

Posted at 2014/10/23 20:25:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | トレーラ | 日記

プロフィール

「ル・マン前夜祭、今年は24時間全部放送起きていられるか?」
何シテル?   06/16 22:32
今はナンバー無しST165ですが,いつしか走り出せることを信じていじくってます.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
今はナンバーありませんが,実働状態を維持しています.
ヤマハ セロー250 2010年式 FI (ヤマハ セロー250)
私が所有する動力車のなかで唯一ナンバー付(でした)。 10年前に2輪免許+大型を取って以 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.