• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヤビツマニアのブログ一覧

2016年10月16日 イイね!

野又古道 北伐!

野又古道 北伐!久々に土日とも自由時間
となると、すでに踏破している野又古道ですが、どうしても気になっていたことが・・・

野又古道、北側の宮川方面の入口、
何回ものスイッチバックと素晴らしい石積が残っているのに
深い藪と大流失のためか?廃道を通り越して自然に返ろうとしています。


今現在、野又峠や仙千代ヶ峰などへの正規登山道はホタルの里の橋を渡ったところの

民家脇から登るルートとなっていますが、所々急登で一部はロープで岩登りをさせられ
お手軽ハイキングとしてはチョット厳しい場所もあります。
それに比べれば、現登山道と分岐する野又古道の地図から消えている区間は
傾斜も緩くてキレイなところは道幅もあって歩きやすい?
地図から消えたままでは不憫なので、新登山ルートとならないかということで、
藪払いに行ってきたのでした。



最初の予定では金曜日の夜中に下道を走って宮川へ向かうつもりでしたが、
前日の疲れで朝まで爆眠、土曜日の日中に準備して夕方に出発
ホタルの里キャンプ場に到着したのは午後10時でした。
セレナの中列センター椅子を前にスライドすると寝袋で寝れるじゃないか!
技を編み出したので、来年の平谷でも応用できそうで、
前日入りの睡眠十分で走れるはず~

で、朝まで熟睡して6時前、
薄暗くなってきて目が覚めたので野又古道入口下の砂防ダムの広場へ移動
どうやら今日は曇りのようでちょっと寒い、
雨の心配もあったのでカッパの上着を着てゆくことにします。
山登りの装備を整えて、全身にダニ除けスプレー、
ヒル除けには靴下に用意してきた塩水を浸み込ませて、出発。



入口は砂防ダム下の広場から200mほど国道422号を上流へ、

山側の斜面に入口がありますが、入口からして藪に隠れてわかりません。
今日は入口にマーカーをつけて行くことにします。
まずは、この入口を第①スイッチバックとします。

古道の残骸を歩きはじめれば、国道422号は眼下に
砂防ダムの上を通って岩の垂直切り崩しの先で第1寸断ポイント、
古道は垂直に滑り落ちて無くなっていますが、その手前で谷側へ下りてゆけます。

ゴロゴロ岩の谷の底、

2つの沢が合流するところに大岩がありますが、
その下をかすめて対岸の古道跡へと渡ってゆきます。

その先すぐに小さい沢で路面が2,3か所流失し

残った石積みを頼りに前進してゆくと雑木藪の中で第②スイッチバックに到着


雑木の中を抜けると開けたシダ道に

その先、ゴロゴロ岩の谷底で見上げた右側の沢は、上流では水が流れています。

ここで古道路面が流失していますが、すぐ対岸の雑木藪の中に古道の続きが、
しっかりとした石積みが復活します。

そして、さっきのゴロゴロ岩の谷底で見上げて左側にあった沢は
大流失で水は枯れています。
古道はその流失の直前で第③スイッチバックとなり、ここでは難を逃れています。


先ほどの水沢、その上流ヶ所で古道はまた路面が流失、

再びこの水沢を渡ったところで日が差す路面復活

大岩を垂直に切り崩した脇を通って雑木の中へ入ってゆくと小さい沢渡り、
その先ではちょっと日が差すところがあり、古道直下が大崩落となっています。

眼下に、さっき通ったシダ道からゴロゴロ沢までを眺めることができます。
その崩落ヶ所の横で第④スイッチバック


石積みのままに雑木を進んでゆけば、先ほどの大岩垂直切り崩しの岩の上
これをかすめてゆくと、また水沢で石積みが流失、3度目の水沢渡り。

まだまだ前半ですが、水補充できるのはこのポイントが最後です。

雑木の中で古道が復活しますが、その先ゴロゴロ沢の大流失で、
今度ばかりは野又古道が寸断されてしまいます。

ゴロゴロ沢へ降りようにも5mも垂直には無理。
10mほどの対岸に路面断面を見ながらゴロゴロ沢の縁に沿って急登、

第⑤スイッチバックから戻ってくる古道へとショートカット。

石積みに取りつき復活したのもつかの間、
今度は雑木の中なのに石積みが跡形もなく、なくなってしまいます。

なんでもない斜面なのになぜ道が無くなる?
ザラザラで足場も少ない区間、なんとか細い雑木につかまりながら前進、
国道422、野又古道は獣道にまで落ちぶれたてしまうのでした。
ルートを見極めてなんとかその先の石積み跡を補足。
手前がこんな有様なので、石積みが残っていても整備されることもなく
雑木藪が深くなるばかりで、もう道ではない?ということで藪払いするのでした。
なんとか腰をかがめて進めるくらいになって、第⑥スイッチバックへ。


巻いた先で、またザラザラ斜面で獣道になってしまうのでした。

ここもルートを選んで、古道を補足、足元は高い石積みとなっているのでした。

その上を見上げれば、同じような高い石積みが見えています。

その先でゴロゴロ沢の上流に到着、古道がチョイ流失していますが、

渡ればその先ですぐに第⑦スイッチバックとなります。

またゴロゴロ沢に戻って渡れば、さっき見上げた高い石積の上、

ここでも同じように見上げると、また同じような高い石積みが2ヶ所?3ヶ所?

この先何回スイッチバックするのか?
初めてここに来たときは気が遠くなる光景でしたが・・・
今日は見慣れて?それほどでも、
そしてその先はまたザラザラ斜面で古道が消えて獣道へ、

また同じように、石積みを補足して雑木藪、
藪払いの先でまた同じようにスイッチバック第⑧となるのでした。

巻くとまたまたザラザラ斜面で古道が流失し獣道

そしてまたさっき見上げた高い石積みの上を通って、


ゴロゴロ沢へ戻ってきて渡った先で第⑨スイッチバック

ゴロゴロ沢に戻って、見上げ石積みの上、

そしてまた見上げれば高い石積み

そしてまたザラザラの獣道へ

そして、その先藪払いの先に第⑩スイッチバック

巻いてその先で、見上げた石積み。
はこれで何段目?最後となりました。

そしてその先、ゴロゴロ沢を古道が横断するのもここが最後、

今度はスイッチバックすることなく前進、
ちょっとした藪を払ったその先で、大岩が落ちてきて道幅が狭くなったポイントへ、

大木倒木跡をかすめて

巻いた先で第⑪スイッチバックとなります。


スイッチバックとしてはここが最後で、
さっききまでのゴロゴロ沢やザラザラ斜面の流失はもうありません。
古道はそれらの上をゆっくり登ってゆくのでした。

チョイ足場が悪いところもありますが、
なぜかこのあたりからは先人の藪払い跡があります。
石積みもしっかり残っていて順調に前進してゆけます。


ちょっと藪が深くなったと思うと、先が明るくなったところで古道の北側が崩落、
古道はなんとか残っていますが、その先の沢でかなり深く流失してしまいます。
沢の底に降りるには、つかむ雑木が小さくて頼りない、
ということで、今日はロープを用意してきています。

沢底へ降りるルートとしては、北側の崩落の縁に沿ってゆくのがまだ楽か?
これにロープを沿わして松の木まで降りたところで沢底に到着

沢の岩をよじ登ってゆくと対岸の石積みへ、
そこは路面に雑木藪が深く茂っていましたが、藪払い

払った藪の中に歩けるくらいの藪払い跡、
先人が藪払いしたであろう古道が藪のトンネル道になっているのでした。

ここまでくればもうあとは楽勝、

左側の尾根からの明かりも見えてきて、

現正規登山道との4差路に到着!
これにて北伐完了!

で、しばし休憩、
4差路の3方向道標は、杭がなぜかひん曲がって、
行く先のプレートがもげているのでした。

これは?
何処のだれかが解りずらい表示で間違って地図無記載の北側野又古道ルートに迷いこんだ?
結局藪に阻まれ、道標に戻ってその腹いせに踏み倒したのか?
と想像してみるのでした。
であれば、もう安心してください。野又古道の新ルートは登山可能です!

この時点で午後2時半
藪払いをしながら登ってきたルートで帰ることにします。
記録写真を撮りながら、もう藪払い作業も必要ないので、のんびり下ってゆくだけです。

写真を撮りながらなのでゆっくりペース。
第⑦スイッチバックに来たところで寄り道、
ゴロゴロ沢を下って、第⑤スイッチバックを踏破しに行きます。

以前も流失対岸には登ったのですが、スイッチバックにたどり着くことなく引き返していたのでした。

今日は石積みの残骸を頼りに第⑤スイッチバックに到着
流失地点まで踏破し、これで野又古道北側を完全踏破かな~

日没も心配なので、急いで第⑦スイッチバックに戻り、残りの写真を撮りながら
なんとか日があるうちにセレナに戻ると5時すぎでした。




さて、この野又古道を誰かが登山道として登ることはあるのだろうか・・・?



あとからGPSデータを分析してみました。
古道入口から道標4差路までのルート距離は3.3km
現正規登山道は橋から4差路までは1.7km
標高差から勾配を割り出してみます。
橋から道標の4差路までの標高差は403m

野又古道北伐ルート3.3km+R422の橋から砂防ダム広場までの舗装路距離1.5km
なので 403/4800 = 8.4%勾配
北伐区間の標高差だけでは295m
 295/3300 = 8.9%勾配

で、現正規登山道では
 403/1070 = 37.7%勾配

いかに北伐ルートの勾配が緩いのかがわかったのでした。
でも距離が4.8倍、現正規登山道がいいのか野又古道北伐ルートがいいのか・・・


あとは、その先の野又古道の距離を調べてみると
道標の4差路から先、野又峠までは2.3km
その先長島へ古道で下れば8.5km
野又古道の全長は14.1kmとなるのでした。

北伐区間って野又古道全体の1/4にしかならないようです。









Posted at 2016/10/19 00:06:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ル・マン前夜祭、今年は24時間全部放送起きていられるか?」
何シテル?   06/16 22:32
今はナンバー無しST165ですが,いつしか走り出せることを信じていじくってます.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
今はナンバーありませんが,実働状態を維持しています.
ヤマハ セロー250 2010年式 FI (ヤマハ セロー250)
私が所有する動力車のなかで唯一ナンバー付(でした)。 10年前に2輪免許+大型を取って以 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.