車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月02日 イイね!
 カーオーディオに限らず,オーディオでは「振動をどうコントロールするか」が大事ってのは言わずもがなですよね。

 ホームだとあんまり使われませんが,「デッドニング」という言葉(というか行為)は,カーでは必須なようですね。ドアもデッドニング,AピラーBピラー,床もダッシュボードもデッドニング,ルーフ,リアハッチ,とまああちこちデッドニングだらけ。アンプなどの機材にまで制振材ぺたぺたしたり・・・・・でも,ホームではスピーカーの内側に補強材として木材を貼り付けても「デッドニング」とは言いません。なんでだろ。

 で,この制振っていうやつが,カーをやる人の中で随分いろんな使われ方をしている,というかちぐはぐな気がしてなりません。
 たとえば,ホームオーディオのスピーカー内部に吸音材を入れることはデッドニングでしょうか。ホームの壁に吸音材を貼る,これは制振ではなく吸音です。また,吸音することと反射音を分散させることとはまた違います。
 でもこういうことが,カーをやる人の中で,整理されていないような気がしています。

 結果として,おかしげなことをやってしまっている。おかしげなことの上でさらにいろんなお試しをやるから,さらにその結果がおかしげなことになって,もっともっと本質から離れたへんな方向に行ってしまう。

                      ・・・・・・見ちゃおれんです・・・・・・・

 振動があるとします。

 有用な振動と,無用なものがあります。

 なんで無用なものが出てしまうのか。とにかく,無用なものは出さないようにすればいいわけです。

 というシンプルな考え方をしてほしい。


 例えば,昔,理科の実験で音叉が箱に付いたものを叩く,みたいなのやりましたよね。

 パターン1 良質な響きのよい木箱に,音叉を適度なトルクでもって取り付けた場合

  〇 おそらく「ポーン」とよい響きがすると思います。これを一つの基準とします。

 パターン2 絶対響かないような金属のムクの物体,おまけにかなりの重量のあるものに,音叉を強固に取り付けます。

  〇 おそらく,共鳴体の助けがありませんから音は小さくなりますが,音が鳴り続ける時間が,
   パターン1の時よりも長くなるはずです。
    ・ 振動の起点がぶれないし,振動が伝わっていくところがないので,エネルギーロスがない
     ためです。音色としては,「音叉そのものの音」がクリアーに鳴っているはずです。
     「楽しくない音」という人も多いでしょう。

 パターン3 パターン1の箱の素材を,車の内貼りに使われているような素材に換えてみます。

 パターン4 パターン3の箱の音色が気に入らないので,箱の内部に吸音材を入れます。

 パターン5 パターン3の箱の内側に,制振材を貼ってみます。

 パターン6 パターン1の取り付け部分を,「直接」ではなく,ゴムのインシュレーターを介して取りつ
       けます。

 パターン7 パターン1の木箱の表面の,割と音叉に近い部分に吸音材を張り巡らせます。

 パターン8 パターン1の音叉の取り付け部分の直近に,制振材をべたべたと貼り付けます。

 パターン9 厚さ1㎜の鉄板でできた箱に,適度なトルクで音叉を取り付けます。

 パターン10 その音色が気に入らないので,吸音材を詰め込みます。

 パターン11 さらに,鉄板の裏側に制振材を貼ります。

 パターン12 さらに,音叉の周りを囲むように,トンネル状のアルミの筒を被せます。ちょうどローソ
        クの風よけみたいな感じです。


  さて,どのパターンがまともな音がするでしょう,みたいなことです。


 いやいやいや,ちょっとめんどくさくなってきました。でも,こうしてみると,音を「伝える・伝えない」ことや「振動の起点を明確にする」こと「震えているものを止める」ことと「そもそも震えさせない」ことの混同,さらにもっというと「振動させないことや音を伝えないことと吸音すること」のごっちゃまぜ,また,「どういった素材ならば振動させてもよいか」ということの吟味,あと,「重量の比の考え方」などなど,
 カーオーディオの世界で,結構無駄な努力をされてる方が多いような気がしてなりません。

 ホームオーディオで,スピーカーのバッフル面に吸音材を貼っている人はいるでしょうか?エプトシーラーではちまきとかは?バッフルにユニットを取り付ける際,わざわざ点接触にしている製品はあるでしょうか。また,バッフルの厚さが足りないからと言って,ユニットとの取り付け面の裏側に,「制振材」を貼り付けることは+でしょうか-でしょうか。

 さらに,ホームのスピーカーでグリルがついたものはよくあると思いますが,普通どういったグリルが音質的にましなものと考えられるでしょう。あんまり音に影響しない素材のものを,できるだけ音の通り道の邪魔をしない配慮で作るでしょう。

 間違っても,ユニットの直径とほぼ同じような穴の開いたプラスチックの板を,バッフル面から2㎝くらい浮かせた状態で,バッフル面に平行して配置する,なんて「グリル」は作らんと思います。

 あと,ユニット前に何か造作するとしたら,「フロントローデットホーン」ということはあると思います。アルテックのヴォテイスオブザシアターみたいなやつです。ホーンにはそれ相応の効果があるわけですが,そのホーンの「素材」はやはり大切です。間違っても,プラスチックや薄いアルミ板などは使いませんよね。そんなもんで作るくらいなら,ホーンはない方が「+」ですよね。

 カット&トライ,大事です。大好きです。でも「振動の本質」を考えてやったらいいのに,って思います。

                           メーカーも悪いんだけどな・・・・・・

 非常な長文,失礼しました!
Posted at 2016/12/02 22:22:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーオーディオ | 趣味
2016年11月27日 イイね!
柳の下に,そんなにいるわけがないか お友達が「車で聴くような曲じゃないけど,心に響いた曲」として,「キースジャレット ケルンコンサート」を挙げてらっしゃった。

 いやいや,そんなことはないと思う。これは「最高に景色のいいところを一人で車を走らせているとき,すごく心に響く曲ベスト10に入る曲」だと思う。ただ,一般民にとって「ドライブに適した曲」というとアゲアゲな曲だと言われる。自分の世代だとドライブにはユーミンだ,なんてポパイとかには載ってたし(懐!)。
 
 まあ,流行がどうあれ,自分が聴きたいものを聴けばいい。椎名誠は「落語」だと言ってたし。

 そんなこんなで,好きな音楽なのに意外と自分が車で聴かないジャンルがあったことに気づいた。
 それは「オペラ」だ。
 世の中の現状,オペラを「動画なし」で鑑賞する人の割合ってどれくらいなんだろう。動画が無くても,ホームだったら歌詞カード(対訳)を見ながら聴けるが,カーだとそれもできない。1曲分のオペラの歌詞があらかた頭に入っていて,なおかつそれをカーで聴こうという人の人口の割合といったら,どれくらいになるのだろう。
 
 「カーでキースジャレット」の比ではない気がする。

 そんなマイノリティの自分が,久々にこれをひっぱり出してきた。歴史的名盤と言われている物の一つ。サザランドにカバリエにギャウロフ,そしてご存じパパロッティだ。ちなみにズービン・メータはサザランドの旦那らしい。その他,豪華脇役も自分が知らないだけで凄い人ばっかりだときく。

 これを今まで「音質」を気にしながら聴いたことがほとんどなかったという不思議。これはコンサートライブではなくスタジオ録音なので,歌いながらソリストが動き回ったりとかはないのだが,それなりにそれぞれの「場所」というか,いわゆる定位というものがあるに違いない。なのに,そういうことには一切目がいかず聴いていた。

 久々に聴いて,そういうことがちゃんと出てたら面白いだろうな,と思ったのだ。

 しかもこの「トゥーランドット」というオペラは,プッチーニの最後にして最大規模のオペラ,イタリアの国家的規模の作品だったらしい。オケの人数だけでもすさまじい。ピット内のオケ以外にも,舞台脇にブラスバンドがいたりする。合唱の人数も「中国の紫禁城」をイメージさせるために,相当数が必要。しかもこのオペラ,作曲途中で作曲者本人が死亡して頓挫,それをなんとか辻褄合わせて完成までもってったという,製作サイド的にも大スペクタルなものだったらしい。
 世の中にはいろんな大規模音楽というのがあり,「グレの歌」などよく挙げられるが,この曲の2幕の終曲「皇帝讃歌」を聴く限り,実はこっちがナンバーワンなんじゃないかと思う。自分がマーラーの1000人を歌った時よりも,「オケ的」に凄まじくよく「鳴っていた」という記憶がある。

 それで,かすかな望みを抱きつつ車載したものの,結果は惨敗。1972年のデッカ盤なのでちょっと期待したがやはりだめだった。音が薄い。そしてわかったことがあった。今までこれを聴いていて「定位」というのを意識したことがなかったわけ。それは「そういうものがあんまりそもそもない録音」だったからである。

 ただ,ジャズヴォーカルなど,オンマイクで録る歌の定位と,クラシックの発声(特にオペラ歌手などのバケモノいや超人的な声)で歌われるときの定位というのは,根本的に違うということを考慮すべきだろう。
 オペラ系の歌をオンマイクで録るようなことはあんまりないと思われるし,実際,ホールのいい席でオケ伴のオペラアリアなどを聴いているとき,目をつむったらどんな「音像」が浮かぶか,これは意識してやった人にしかわからない不思議さだ。

  「うまい人になるほど,映像と音像が一致しなくなる。そればかりか,音像を意図的に伸び縮みさせるのが名手」とでも言おうか。
 件のCDは,そんな歌手が一堂に会したものなのだ。エンジニアとしたら「スミマセンがもうお手上げ」というところなのかもしれない。

 じゃあ最新の録音でオペラを聴いたらどうなんだろう,という期待を持ちつつ,もう一つ思いついたことがある。

 それは,いろんなノイズが入っていてもいいから,演技のついたオペラそのものを,ワンポイントマイクで録ったような,リアルそのもののCDってないかなあ,というものだ。

 曲目はできればトゥーランドットがいいなと思う。歌詞カードなしで聴けるオペラがそんなにはない,という個人的な理由である。
Posted at 2016/11/27 14:55:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | カーオーディオ | 音楽/映画/テレビ
2016年11月15日 イイね!
備忘録として サブウーファーの調整 もとはと言えば,キャンプのために荷物を載せるため,いつものようにサブを降ろしたことから始まる。

 そうすると,フロントだけになる。とはいってもスーパーツィーター+ツィーター+スコーカー+ミッド
という4ウェイだ。先日の岡崎オフ会では,「こんなにたくさんスピーカーがあるのに,ちゃんと普通に聴ける」と京都のYさんにうれしいお褒めをいただけた。自分にとっては最大限の賛辞だと感じたものだった。
 
 日頃サブとミッドは50ヘルツの-24dBカットで繋いでいる。ちなみに,これまでは試行錯誤の結果,異例の同相接続だった。サブを同相・逆相にすると,低音感だけでなく,ステージ全体の雰囲気がガラッと変わってしまう。なので,これまで行ってきた方法,フロントのみで音を作っておいて,最後にサブを合わせるというやり方が,なんだかだんだん辻褄が合わなくなってきていた。
 ちなみにこのやり方であっても,サブのタイムアライメントは186㎝も先んじている設定だ。

 つまり,左ミッドよりも186㎝分も先に,サブは音を発しているということだ。
 それでやっと揃ってるんだから大変なことだ。
 アナログでやられてる方はさぞかし大変だろうな,と思う。

 1メーター86センチ分もの遅れを,どうやったら埋められるのだろう。

 ところが,である。サブを降ろしてフロントだけで聴いていたら,おやっ?と思うほどステージングがリアルなのに気が付いた。特に,ミッドを50ヘルツでローカットせずに,25ヘルツまで下げたところでカットする(心配性なのでスルーにはしないのだ)ことによって,50ヘルツ以下の低音が,前のスピーカーからダイレクトに流れてくることによって,低音楽器の実在感が自然なのだ。

 あれれれれ・・・・案外これいいなぁ~・・・・・ってことは・・・・・

 サブの意味がないじゃん・・・・・

 キャンプ゛終わってからも,忙しさにかまけてしばらくその状態で聴きこんでいた。
 要は,だいぶその音に慣れた状態だった。
 
 そして昨日,サブを戻した。戻したら,同相接続の違和感がとてもよく分かってしまった。それで,久々に逆相にしてみたら,何が変わったって,やはりステージングだった。低音の問題ではなく,音場の奥行感や楽器の実在感の違いである。

 もちろんそのままでいいわけにはいかず,タイムアライメントを詰めていく。同相で186㎝だったものを逆相にしたらいったい何センチにしたらよいのか。理論値で出す方式もあるのだろうが,ここはこれまでと同じように,ソースを選びつつ耳で合わせる。

 減らしたり増やしたりして,なんとか見つけた折り合い点は,約210㎝,なんと30㎝ほどもさらに先行させる結果となった。

 どなたか,理論をご存知の方,これでいいんでしょうか?理論的には?

 でもよく分からないので,その調整でしばらくまた聴きこむ。すると,これは・・・・・

 またまた我が車での過去最高を更新したような気がする。これまで,低音だけが胸の前でもやっていたものが,ほとんどダッシュボードの向こうに行ってくれた。オフマイクで録音されたジャズのドラムで,フロアタムがズドンと打ち抜かれ,床の跳ね返りと共にこちらへ伝わってくる。オーケストラでは,弦楽器奏者の並びが,横よりも縦に長く並んでいる感じが理解できる。ティンパニーの皮の音と胴鳴りが一体となって聴こえる。

 話は変わるが,車検前点検のため,明後日ディーラーに入庫させることになっている。

 現在走行距離はもう21万キロを超えているが,まだまだ乗り続けようとは思っている。

 ただ,最近ことあるごとに,この車で培ってきたものを,他の車でもう一度やるとしたら,などということを考えるのも事実だ。
 それだけの根気が自分には残されているだろうか,果たして可能なのか,などと。

 時間が・・・・・・もう一回分,自分には残されているだろうか・・・・・・と。

 願わくば,まずは車の方がお達者で,できれば夢の30万キロへと,

 
 物事の「終わり」をぼんやり意識しながら今を生きる,そういう歳に自分も足を踏み入れたんだなと,しみじみ思う秋の夜長だった。

 (写真は本文とは関係なく,先日の今期最終キャンプでの様子。一人で焚火の番をする6歳児の図)
 

 
Posted at 2016/11/15 23:30:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
2016年11月04日 イイね!
「日本の自衛隊」ほどではないにせよ 超A級録音だ。ただし,これを流し始めた瞬間,その車のオーナーがどんな反応を示すか,いわば「踏み絵」的音源である。

 「カメルーンのオペラ」

 オペラと言っても何か独唱があって合唱があるわけではない。いわゆるドキュメント録音のツィクルスだ。

 解説
  長岡鉄男氏が30年以上前に激賞したことでヒットした。幻の音源がLP未収録4トラックを加えて新たにSACD化された。
 音質は超一級。一面の虫と鳥の声,川の流れが眼前に繰り広げられます。岸辺で遊ぶ子どもたちや水音と共に顔を出して鳴くカバはリアルの極み。鼻先をかすめるアブを思わず避けてしまいます。ことに,最後の荒ぶる海は恐怖感満点です。

 まだ買ったばかりなので何とも言えないが,とにかくびっくり仰天の連続。SLとか和太鼓とか,波音とかならまだしも,カバだのアブだの,切り倒した木が目の前にドーンとぶっ倒れる音とか,住民たちがわいわい騒いでいるだけとか,まあ普段車で聴くことのない音ばっかりで,こっちの情報処理能力がパンク。

 でも一つだけ言えること。,

 このCD,聴いてられるわぁ~
Posted at 2016/11/04 23:45:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | カーオーディオ | 音楽/映画/テレビ
2016年11月01日 イイね!
また,メーカーデモカーで嫌われそうな・・・・ 子供が生まれてからSLが大好きになった。鉄の質感,重厚かつ単純なメカニズム,そして「音」の迫力。機関士は音で汽車の調子を判断し,メカニックも打音点検だ。SLにとって音は重要な要素だ。

 ところでこのCD。もとはと言えば,昔LPの時代にほしくても手が出なかった,石田善之さんがナグラを携えて世界を飛び回り集めてきた音源からできた,JVC XRCD Sound non-fiction seriesからの一枚(2枚組だが)だ。

 最初がこれまた慣れ親しんだ大井川鉄道のC11とC56の重連からスタート。まあそのリアリティにびっくりだ。当時は「ナマロク」という言葉がまだ普通に使われており,自分もよくやったものだった。

 で,これを,だ。カーオーディオで聴くと・・・・・という場合の話。

 我が車では案外聴ける。走る車のその中で,走る汽車の音を聴いている,というなんだか劇中劇みたいなことになっているのが不思議だが,こんな人が日本国中はたして何人くらいいるものかなどと,ふと我に返って考えてみると,自分のマイノリティーさに改めて気が付いたりする。

 そして,だ。これをわざわざ人の車に乗り込んでまで聴くということになれば,オーナーはどんな風に思われるだろう。しかも,初対面の場合,だ。

 絶対,いいふうには思われないだろうな,ということは容易に想像がつく。
 野良ジョーンズかなんかかけといて,「次は,〇〇ジュンでも」などとやっとけばまずは間違いないのかもしれない。

 ごくたまーに,オーディオマニア兼テッチャンという人がいた場合,これは話が俄然変わってくるだろう。
 特に,「なぐら」という言葉を聞いて,ネプチューンではない方の,オープンリールの方が,さっと出てくるような年代の人ならばなおさらだ。

 「これ,最後尾をEDが押してるんですよねー!」などという話になれば,既に車内は違う「ワールド」へ向かっている。

 そして本題だ。イベントなどでメーカーのデモカーが来ているとき,「我が社の新製品の音を体感なさってください」などという触れ込みなので,ではではと乗りこんだ客がいきなりこれを聴きだしたらどうなるか,という話だ。

 実はこんなにキビシイ音源はないのだ。SLの音だけでなく,虫の声や鳥の声,あと,なーんとなく聴こえている「環境音」とでもいうのだろうか,そういう「ふつうにある音」が超高音質で収められているので,ダメなシステムでは,汽車が登場する前に,もう勝負アリとなったりする。

 ところが,デモカーの担当の人は,「この車で聴ける最高の音」を聴かせるというよりは「今度の新製品の傾向をちょいと紹介する」みたいなスタンスの方も多い。
 「新製品のカーボン製竹刀のフィーリングはいかがなものでしょうか,お試しください」とお手合わせ願おうかと思いきや,突然日本刀を抜いて振りかざしてくる客,というのは驚き以外の何物でもないだろう。

  野良ジョーンズはどこへ行った!
  柴ジ〇〇のはずじゃなかったんすか!

 虚を突かれた担当者は思わず,

 「は,はい,ではそろそろ,次の方がお待ちですので・・・・」と退車を促すのだ。

 以上はフィクションである。音源の凄まじさの為ツィーターを飛ばしてしまっては元も子もないが,多分「こいつ変態や」という目で見られて終わりだと思う。

 以前,あるショップでよく聞かされた話がある。

 「(店主)誰々っていう変な客がいてさぁ~,そいつってさぁ~,カーオーディオで花火の音なんか聞いて喜んでてさぁ~(笑),高さがなんとかかんとかってさぁ~,

            全然『オンガク』のこと解ってないよねー・・・」

 (居合わせた客たち)「ははは・・・・」

 自分などはあまり音楽のことを解っているとは思ってないが,打ち上げ花火の「高さ」がわかるシステムって凄いと思う。
 
 そこにこだわることは,オーディオマニアとしてはまっとうな行いだと思うが,
 みなさんどう思われますか?

 と,突然振られても困ると思うので,この話は唐突に終わる。

 そして,このCDをさらに上回る,驚愕の音源を入手してしまったのである。

 ヒントは,

 「今度は長岡系」だ。

 
 
Posted at 2016/11/01 23:40:02 | コメント(6) | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
プロフィール
「スバルのディーラーに電話したら,今日も明日もお休みだとのこと。いいねー,連休とは。呑気なもんだ・・・

http://minkara.carview.co.jp/userid/552538/car/595904/4017376/note.aspx
何シテル?   12/06 11:07
 スバルレガシィ ランカスターDで,主に中部~関西の川下り&キャンプを楽しんでいる,アラフィフです。  オーディオ車として,自作とショップの両輪で楽しん...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
GW宮川キャンプ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/07 23:09:26
気付くの遅っ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/03/12 00:07:31
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レガシィツーリングワゴン とーちゃんぶぅー (スバル レガシィツーリングワゴン)
キャンプ&カヌーでアウトドアの足として,普段はオーディオ車として活躍中。画像は錦川遠征の ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.