車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月15日 イイね!


 どうもです。


 今週末は、大荒れの天気となりましたね。
 日曜日は舞子サンデーの日だったんですが、こちらも開催中止となったようです。
 ですので来月の舞子サンデーが、第60回の記念開催となるようです。



 それでは、本題です。


 

 ってことで、土曜日にイチゴ狩りに行ったお話しです。
 朝から積雪という予報があったので、お出かけ出来るか心配してましたが…。
 朝起きて車を見たら、薄っすらと雪が積もってる程度でした。
 

 

 名阪国道も積雪が一切なく、順調に京奈和道まで進みます。
 (西名阪道と京奈和道が繋がってて、かなり便利になってました)


 

 京奈和道が延伸されたのもあって、予定より早く到着。


 

 さぁ、狩りの時間です(笑)


 

 (食べてる間は、無口になりますw)


 

 ちなみに聞いた話なんですが、ミツバチで受粉させてるそうです。
 受粉させないと、イチゴがキレイな形にならないそうです。


 

 狩りが済んだ後は、さらに南下して…。


 

 白浜までやってきました。
 (なおこのころ、地元では大変な天気だったようです)


 

 ここでは、美味しい海鮮を~♪


 

 最後に、お土産を買って…


 

 ここで解散となりました。
 お疲れ様でした。また次回も、よろしくお願いします。


 
 
 帰り道は大阪周りで帰ったんですが、地元に近づくにつれて雪が増えていき…。


 

 自宅の駐車場が、、一番酷い雪でした(笑)


 

 ものの数時間で、ルーテシアは埋没。


 

 で、翌朝。
 今まで見たことないぐらい、車に雪が積もってました(汗)
 国道とかはいいんですけど、まだまだ裏通りに雪があるんですよね…。
 明日の通勤が、非常に心配ですw


 
 おしまい



 おまけ


 

 ルーテシアでも、これぐらいの燃費が出るんですね。


Posted at 2017/01/15 22:54:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 集まった | 日記
2017年01月09日 イイね!


 どうもです。


 3連休いかがお過ごしでしょうか?
 正月休み明けに、直ぐに3連休がやってくるのは嬉しいんですが…
 明日からの1週間が、長く感じますね(汗)



 それでは、本題です。


 

 ってことで、3連休の最後にお出かけしてきました~。
 

 

 待ち合わせて、初めてのカフェセブンへ行ってきました。


 

 ここでも待ち合わせです♪


 

 3連休ということもあって、たくさんの車が集まってました。


 
 
 その後は、カフェRへ行きました。
 えぇ、カフェのはしごですw
 



 季節メニューのハンバーグを食べて…


 
 
 ワッフルも食べて解散となりました。
 お疲れ様でした、また今年もよろしくお願いします。



 おしまい…じゃなくて


 

 こないだのリーフアンテナの、昼間の写真です。
 もっと明るいシルバーにすればよかったかな…?


 

 あと空力の第二弾ということで、ストレーキを自作で追加。
 これ、効果ありますよ。
 フロントの安定感が、1段上がります。
 メーカーが標準で、付けてるだけありますね。


 
 おいまい




 あ、あと、おまけ。


 
 
 最近知ったんですけど、986ボクスターをクーペボディにするキットがあるんですね~。


 

 個人的には、なかなかイイ感じに思います。
 幌も取り払うのと、ボディの上面を塗装することになるので…。
 底値のボクスターをかって、いっそのこと全てに手をいれたら面白い車になりそうです。
 でも車体とキット代に、走れるようにする整備代を含めて、200万円は掛かるかな…(汗)


あれ? でも、ハードトップを付ければいいのか?


Posted at 2017/01/09 23:02:10 | コメント(5) | トラックバック(0) | 集まった | 日記
2017年01月04日 イイね!


 どうもです。


 明日から仕事初めです…。
 2017年も仕事は、精一杯頑張りたいと思います!(空元気)
 と、新年早々に身を偽ったところで、今回のお話です。



 それでは、本題です。


 

 短い冬休みの間に、前からしたかった部分に手を入れました。
 まずは昨年末の最後のブログで触れた、このアンテナについて。
 特徴的なデザインをしてるので、お気づきの方もみえると思いますが…


 

 これ、リーフのアンテナなんです。


 

 ちょこっと拡大(笑)


 リーフ用といっても、デビュー当初のモデルにしか付いてないアンテナです。
 現在発売されてるリーフは、普通の黒いアンテナになってます。
 これを付けたかった理由は、通常のアンテナより空力的に優れてるそうです。
 (というのを、デビュー当時に何かの記事で読みました)


 

 ただ1つ気になったのが、先端が水色になってることです。
 ってことで、マスキングをしてシューっと塗装。


 

 これが仕上がりの写真です。(いや、昼間に撮れよ)
 ホンダのポリシュッドメタルに塗装してみました。
 もう少し明るいシルバーにしようか迷い、コレを塗った時の塗料が残ってました。
 なのでとりあえず、これで塗ってみました。


 肝心の空力的な効果は分かるはずもなく、ラジオの感度も変化なしですw
 日産ディーラーで買ったんですが、リーフに乗ってるのかと聞かれました…(笑)


 

次のお話。
 ルーテシア3RSの特徴でもあるんですが、空力的によく考えられた車です。
 その特徴をさらに伸ばしたいと思って、小手先ですが手を入れてみました。
 

 空力的にはスポイラー等で、空気を堰き止めるのは1つ前の時代の技術で…。
 今は入ってきた空気を以下に、速く・多く流すかに注力されてます。
 実際に車のフロアを見てみても、センターに流れる空気だけ速くなってます。
 (床下を見ると、真ん中だけ汚れが少ないんです)


 なので、矢印の部分に流す空気を、いかに多くして速度を速めるか…。
 いろいろ考えたものの、まずは単純にこれを貼ってみました。


 

 バンパーの下部を、ほんの少しだけ延長してみました。
 真ん中は延長せずに、左右だけ延長したんですが…。
 外れそう&引っ掛けそうだったので、早々に取り外し。


 

 なので床面に注目して…


 

 フラットにするために、薄いボードを取り付けてみました。
 取り付けたのは真ん中だけですが、真ん中だけ風量・風速が上がればいいので、
 それなりに効果があると、思います…いや思いたい。


 

 あとはリアのデフューザーにも、少しだけ翼端板を追加。
 流れる空気を、より区切る狙いです。
 本当はもっと路面近くまで伸ばしたいんですけど… 
 固定方法などは模索中なので、とりあえずこんな程度です。


 で、まぁ…効果の方は…



 分かるわけない。



 高速も走りましたが、よく分かりませんw
 なんとなく良くなった気もしますが、プラシーボ効果の領域かと…。
 まだ手を入れたい部分があるので、それをすると多少は効果がある…と思いたいです(汗)


 
 
 あとは、ヤンチャなビバンダムを貼って完了です(笑)
 グリルの左端も、カバーとか付けたいんですけどね…。
 自分で出来ることと、したいことの限界点です。



 おしまい。



 
  
2017年01月04日 イイね!


 どうもです。


 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。
 お正月休みを、いかがお過ごしでしょうか?
 自分はやりたいことを広げ過ぎて、全て中途半端になってます(笑)



 それでは、本題です。


 昨年末にスイフトが滑り込みで、新型にモデルチェンジしたのはご存知かと思います。
 1.0ターボ/1.2NA/1.2マイルドハイブリッドと、搭載されるエンジンは多岐に渡ります。
 おそらく今後は、1.2ハイブリッドとスイフトスポーツの登場が期待されます。


 

 ってことで、ソリオを試乗してみました。(えっ?
 ソリオは1.2マイルドハイブリッドと、ハイブリッドが既にラインナップに存在します。
 そしてこのエンジン&ミッションが、スイフトに搭載されるようになります。
 なので一足先に、ソリオの方でエンジン&ミッションを試してきたのでした。


 

 

 ソリオはデザインの違いで、2種類存在します。
 黒いボディの方は、普通の”ソリオ”です。


 

 

 白いボディの方は、”ソリオバンディット”になります。
 一言で乱暴に表現すると、メッキが増えるかどうかって感じです(笑)
 内装もそれに準じた仕上げで、車としては同じ作りとなってます。
 ってことで、車両の詳細をご紹介。


 車両の紹介
 3710×1625×1745mm
 ホイールベース:2480mm
 トレッド前:1435mm/後:1440mm
 トレッド比:1.72
 前:マクファーソンストラット/後:トーションビーム
 165/65R15(ヨコハマブルーアース)


 ボディサイズ・サスペンション・タイヤサイズは、同一スペックになります。
 エンジン+モーターに関しては、それぞれのタイプで違う仕組みとなってます。
 

 マイルドハイブリッド】
 直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
 91ps(67kW)/6000rpm
 12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
 FF(CVT)
 車重:950kg
 JOC08モード燃費:27.2km
 車両価格:175万円(ハイブリッドMX ブレーキサポート付き)


 【ハイブリッド】
 直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
 モーター出力:最高出力10kw/最大トルク30N・m
 91ps(67kW)/6000rpm
 12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
 FF(AGS)
 車重:990kg
 JOC08モード燃費:32km
車両価格:190万円(ハイブリッドMZ ブレーキサポート付き)


 どちらもハイブリッドなので、ちょこっとだけ解説。
 マイルドハイブリッドは、文字通りマイルドなハイブリッドです(笑)
 普通のハイブリッドとは違い、モーターのアシスト領域が非常に小さいです。
 そしてモーターも駆動用に持つのではなく、オルタネーターが役割を担います。


 オルタネーターが発電だけではなく、駆動もすることによってアシストしてくれるのです。
 スズキは「モーター機能付き発電機」と、表現してカタログなどに表記してます。
 それでアシストしてくれる場面は、アイドリングストップからの再始動時と…。
 加速時に瞬間的にオルタネーターも駆動して、走行をアシストします。


 オルタネーターなので、駆動しても生まれるトルクは僅かなものなので…
 モーターだけでの走行は無理ですし、常にエンジンが主体で走ります。
 そのため装置は簡素なもので済みますし、何より低コストで仕上がります。
 一方で燃費には少しだけの向上で、リッター当たり+3km程度の燃費向上に留まります。


 ハイブリッドは、よくあるハイブリッドそのままです。
 モーターだけでも走行しますし、専用のモーターとバッテリーも搭載します。
 発生するトルクも大きいため、燃費的にも大幅に向上します。
 同じエンジンを搭載するモデルと比較して、リッター当たり+8km程度の向上です。



 各部の紹介


 

 アンダー200万円の車としては、かなりの質感です。
 素材のチープ感がありますが、それらの立て付けは1つ上のクラスにも負けてないです。


 
 
 後部座席も、かなーり広いです。
 横方向には車のサイズなりですが、前後方向には広々してます。


 

 ただその分、トランクスペースが少し狭いです(汗)
 ソリオは日本専用車なので、トランクよりも後部座席のスペースを優先したみたいです。
 ベビーカーと、お買い物袋ぐらいなら問題ないでしょう。


 
 
 もう少し子供が大きい世代だと、自転車を載せたい場面があると思いますが…。
 そんな時は後部座席にあるレバー1つで、あっという間に後部座席が畳めます。
 こういった親切なからくり仕掛けは、さすがの日本車って感じです。


 

 そして何より、運転席からの視界が素晴らしいです。
 広々感を出すためにAピーラーがかなり前進してますが、それでも死角がほぼ無いです。
 Aピラーについた、三角窓も有効的な大きさでした。


 

 それでも足りない方には、今どきの車なので全方位カメラ付きです。
 個人的には小さい5ナンバーの車なので、まぁいらないかな…?
 

 
 走ってみると…


 

 最初にマイルドハイブリッドの方から、試乗させてもらいました。
 1.2リッターエンジン+モーターを、CVTで走らせます。


 

 メーターの右端には、エネルギーモニターが付きます。
 これでモーターのアシスト状況が分かるんですが…。
 モニターを見てない限り、いつアシストしたのか全く分かりません。
 それぐらいにスムーズで、CVTということもあって非常に滑らかです。


 エンジンの回転と車速の伸びが釣り合わない場面は、少しだけあることはありますが…
 車の性格からして移動の道具という側面が強いので、これはこれでアリだと思います。
 このパワーとフィーリングで、200万円以下ならお買い得だと思います。


 アイドリングストップからの再始動も、オルタネーターで始動するので非常に静かです。
 そしてタイミングも早くて、もどかしい部分が一切ないです。
 全体的な感じとしては、大人2人+αって感じの車ですね。
 高速道路はちょいと苦手ですが、流れた国道ぐらいまでならOKかな?


 

 次にハイブリッドの方に乗りました。見た目的には、あんまり変わりません。
 こっちは1.2リッターエンジン+モーターを、AGSで走らせます。
 AGSとはシングルクラッチの、オートマチックミッションです。
 (プジョー乗りの方には、ETGというと分かりやすいかと)


 こっちの方は、微低速域はモーターで走ります。
 さらにその先はエンジンも始動して、車を走らせていきます。
 その姿は想像の範囲内のハイブリッドなんですが、1つだけ大きく違う部分があります。


 それは組み合わされるミッションが、AGSというシングルクラッチATということです。
 世の中にあるハイブリッドの殆どが、CVTのような無段変速機構と組み合わされてます。
 なのにどうして、スズキはAGSと組み合わせたのか?
 ここが一番気になっていた部分で、試乗の最大の目的です(笑)


 乗ってみて思ったのは、この組み合わせは非常にいいです。
 シングルクラッチATなので、駆動しているときはMT車のようなダイレクト感がありますし…
 無段変速ではないので、フィーリング面でも違和感が少ないです。


 またシングルクラッチATというと、変速時のタイムラグが気になると思います。
 特に1速~3速までの変速時にある、駆動の途切れが”かったるい”印象に繋がります。
 ただソリオの場合は、それをモーターのアシストで帳消しにしてしまっています。


 AGSが変速するためにクラッチ操作している間に、モーターで車を進めてくれるんです。
 そのため乗っている人からすると、ダブルクラッチAT並みの変速感を味わえます。
 実際の変速は速くないんですが、モーターのアシストで速く感じてしまいます。


 この走りを体感すると、この組み合わせは非常に有効的だと感じました。
 既存のシステムへの組み合わせも楽ですし、パドルシフトも付けておけば…
 ギアを選ぶ楽しさと、ダイレクト感も残していけると思われます。


 

 こうして書くと、完璧なシステムに思われますが…。
 ちょっとした部分ですが、気になる部分はあります。
 それは再発進する時に、モーターとAGSの協調がイマイチであることです。


 モーターで少し動いた後に、エンジンが再始動してAGSでも駆動するんですが、
 その際にエンジンの駆動トルクが、唐突に伝わる瞬間がありました。
 1トン以下の軽いボディなので、駆動トルクが車体に伝わりやすいのも一因だと思います。


 あと車体的な完成度によるんですが、走行中のノイズが大きいです。
 マイルドハイブリッドに比べて、パワーフィールとしては2割増しなんですが…
 走行中のノイズも、2割増しって感じです(汗)


 ノイズの種類はロードノイズなのではなく、モーターから発生する音です。
 モーターのサイズが大きいので、駆動時・回生時に出るノイズが車内に響きます。
 ある意味では電車みたいで楽しいんですが、実用車として考えるとちょっと…。
(でもこれはソリオ自体が、ノイズが入りやすいボディなんだと思います)


 

 アンダー200万円の車でありながらも、ソリオは非常によく出来た車だと思います。
 一切触れていないコーナリング的な部分は、平々凡々なものです。
 デミオのような骨太感は一切なく、そつなく過不足なく走るって印象です。


 ソリオとデミオは、カタログ上の値段と燃費は似た部分が多いです。
 ただその中身はスペースと使い勝手優先か、走りの骨太感を優先しているのか…
 数字だけでは分からない違いがあって、何を優先して選択するかだと思います。


 新型スイフトにも、同じハイブリッドシステムが搭載されるはずです。
 その時に気になったノイズも解消されてれば、かなり魅力的な1台になりそうです。
 イグニスはマイルドハイブリッドしかないので、いつかハイブリッドも設定されるのかな?
 

 スズキさんって、最先端なシステムはあんまり出さないんですけど…
 既存のシステムを組み合わせて、なんか凄い仕組みを作るのが得意ですね。
 今回ソリオに乗ってみて、その思いを強くしました。


 おいまい。


 
 おまけ

 
 実際に買うとしたら、マイルドハイブリッドで十分だと思います。
 ハイブリッドに比べて15万円安いのと、スムーズさを含めるとコッチで十分かな?
 年間走行距離が少なければ少ないほど、15万円の価格差が響いてきますね。
 あとハイブリッドの方は比較すると、ちょっとノーズヘビーです。
 なのでコーナリングすると、前が腰砕けてからロールする印象がありました。




Posted at 2017/01/04 01:38:17 | コメント(7) | トラックバック(0) | 試乗した | 日記
2016年12月31日 イイね!


 どうもです。


 2016年もあと数時間ですね~。
 紅白歌合戦も、折り返しました。
 今年の紅白は、何でもありですね(笑)


 
 それでは、本題です。


 2016年の走り収めとして、太平洋ロングビーチに行こうかと思ったんですが…。
 ちょっと時間がなかったので、今年は近場へ行ってみました。


 


 

 ここは夜に来ると、夜景がキレイな場所だったりします。
 あと釣り人のスポットでもあるみたいで、意外と人が多い場所でもあります。
 (夜中になると、隣の大通りはドリフトスポットになりますw)


 

 2016年の最後は、97,717kmになりました。
 ということで毎年恒例(?)の、1年間の走行距離の計算です(笑)
 2015年の最後は、64,959kmだったので…。


 64,959km-97,717km=32,758km


今年の走行距離は、32,758kmとなりました。
 個人的には昨年より走ったイメージですが、例年通りに落ち着きました。
 この走行距離を、もう少し計算してみると…。


 1か月あたり:2,730km
 1日あたり:92㎞
 1時間あたり:3.8km


 と、なりました。
 じゃぁハイオクを125円として、ガソリン代の計算は…やめておきます(汗)


 

 今年は例年になく、体育会系イベントが多い1年でした。
 207からルーテシアに乗り換えて、一番の変化は”ココ”だと思います。
 踏めば弾け飛ぶ、固いゴムのフィーリングがあるからこそです。


 

 最近思うのは、車の走りを生み出す要素として…。

 60%:車の基本的性能
 30%:ドライバーのスキル
 10%:車の基本的特性

 この3つが組み合わさって、生み出されるのが走りだと思います。
 なので、この30%を追い求めていきたいです。
 ようするに、もっとカッ飛びスターレットなわけです(笑)


 

 今年の1枚は、コチラにしておきますw
 来年はオムライス…なんですよね??(汗)



 最後に…

 
 今年も日本全国で皆様にお世話になり、本当にありがとうございました。
 また来年も日本全国で、再会できたらと思います♪
 



 皆様、よいお年を~
 カクカクシカジカ~


 おしまい



 おまけ


 

 おぉ、なかなかいいぞ。
 あとは色を塗らないと…。



 
Posted at 2016/12/31 21:45:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々のあれこれ | 日記
プロフィール
「2日連続の雪なので新雪の下に凍った部分が隠れてて、なかなかの路面でした(笑) 無事に会社まで到着しており、ご心配ありがとうございます。」
何シテル?   01/16 10:29
プジョー206→207→ルーテシア3RSと乗り継いで、今に至ります。 最初はレガシィを買うつもり(280馬力が欲しかったw)が、気が付いたらプジョー206を買...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
Milltek Sport Cat-back 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/20 08:55:06
コーナー進入のブレーキは「抜く」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 01:31:50
オリジナルサスのオーダー法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 01:25:40
お友達
ファン
75 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー ルーテシア ルノー・スポール ヒキシルバー(濃いめ) (ルノー ルーテシア ルノー・スポール)
207で19.5万キロ乗って分かったのは、自分にとって車とは「自由の翼」という存在でした ...
プジョー 207 (ハッチバック) ヒキシルバー (プジョー 207 (ハッチバック))
206で、約4万キロを走行し… タイヤやクラッチにロアアーム等々、要交換部品が多発。 費 ...
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
初めての愛車です。身近に乗っている人がいて、ずーっと気になってはいました。 いざ買う時期 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
207を修理に出している間の、最初の代車です。 昔のバイト先から、自分で借りてきましたー ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.