車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月28日 イイね!


 どうもです。


 毎年6月と11月は、フレフレ幕張でございます。
 ということで今回も、突撃朝練からのスタートです。
 


 それでは、本題です。


 

 「雪が残ってるはずだから、早朝は走れないと思うよ~」
 と、チームオーダーが発令されたため、今回は2時間程度遅めに出発。


 

 その結果、都内へ向かう車の渋滞に巻き込まれます(汗)
 3号線から東名まで渋滞が繋がったので、都心を抜けることを諦めて…
 グルっと圏央道を終点まで周回することに。
 (早く常磐道まで接続してほしいなぁ…)


 

 高速を降りたら、”ここはどこ?”状態。
 たぶん茨城県の西の方から、東へ向かってる…はず。


 

 40分程度走って、いつもの場所へ到着しました。
 今回は上から降りてきたので、一発目がツルツル路面の下りでしたw
 さすがに路面が悪いので、車も数台しか走ってません。


 

 黒いMitoとすれ違ったな…
 と、思っていたら、はうもんさんでした。
 デルソルだと思っていたので、まさかMitoで現れるとは…(笑)


 

 ちなみに路面は、こんな感じ。


 

 Mitoに同乗させてもらって、早目のターンインの大切さを教わります。
 理屈は理解できたんですが、ターンインの開始ポイントと舵角が分からない…
 いつもの倍ぐらいの遅さで、ゆっくりスーッと入っていかないとダメな気がします。




 そう物理の法則を、超えることなく走るべきだと…(遠い目)
 なんとなく分かったところで、今回は下山することに。
 ドライでの走りは、また来年のお楽しみに。


 

 その後は明日に備えて、洗車をしてもらって…


 

 夜の部の会場へ向かうんですが、車が全く進みません(汗)


 

 7km進むだけなのに、1時間も掛かりましたw
 (平均速度に注目)


 

 想定より1時間近く遅れて、やっとチェックインできました。
 部屋番号が、なんとなくいい感じ(笑)


 

 お店には15分ほど遅れて到着(汗)


 
 
 まずは、なめろうに…


 

 バットマン
 (どうして、バットマンなんですか?)


 

 鹿の文字をメニュー表に見つけて…
 「あ、すみません、コレ下さいw」


 

 最後は、肉そばで。


 

 その後は2件目に行ったんですが、いい感じに記憶が曖昧でして…
 なぜか天井の写真を撮ってました(爆)
 理由はよく分かりませんが、その時はこの天井が気に入ったんだと思います。はい。


 

 翌日はフレフレ幕張でございます。
 (朝起きたら、部屋が想像以上に散らかってたw)


 

 クリオミーティングも同日開催だったので、クリオは少な目だったかな?


 

 車種別では、208が一番多かったと思います。


 

 208XYの微妙な色違い。


 

 トゥインゴ3世代

 

 このエンジンの持ち主は…


 

 メガーヌ2でした。


 あとは気になった写真をどうぞー

 

 

 

 

 

 

 いくつか写真を撮ったので、残りはコチラにUPしました。

 
 

 また今回は、最後にじゃんけん大会も開催しました。


 

 終了時間となり、お昼ご飯を食べて解散となりました。


  最後に…
 今回もいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
 また来年も、変わらずにお邪魔したいと思います。
 よろしくお願いします。



 おしまい




 ちなみに…




 とうとう右側のウインカーも水没しましたw


Posted at 2016/11/28 17:14:35 | コメント(10) | トラックバック(0) | フレンチフレンチ | 日記
2016年11月23日 イイね!


 どうもです。


 今回のネタは、少し前のブログで少し触れた…
 NEWトゥインゴに試乗したってお話しです。
 いろんな意味で、割り切った車だと思います。



 それでは、本題です。


 

 試乗車の色はブルー ドラジェで、グレードはインテンスになります。
 現在はインテンスに、キャンバストップの有り・無しのワングレード販売となってます。
 (デビュー当初にあった限定車は、一瞬で売れたとのこと)


 

 後ろから見ると、往年のサンクを思い出させます。
 今回のでモデルで3代目になり、ルノーのAセグメントを担う重要な車種です。
 ってことで、車両のご紹介。


 車両SPEC
3620×1650×1545mm
トレッド前:1455mm/後:1445mm
直列3気筒DOHC12バルブターボ
90ps(66kW)/5500rpm
13.8kg・m(135N・m)/2500rpm
前:マクファーソンストラット/後:ド・ディオン式
タイヤ前:165/65R15 後:185/60R15(ミシュランエナジーセイバー)
車重1010kg(キャンバストップ付き:1030kg)
RR(6速DCT)
JC08モード燃費:21.7km
車両価格189万円(キャンバストップ付き:199万円)


軽自動車と比較すると、一回り大きいボディとなってます。(長さ・幅で+20cm)
ルーテシア4と比べると、長さで40㎝も短くなります。
先代と比べると大きさは同じですが、RRになったのでホイールベースが一気に延びます。
(トゥインゴ2:2365mm トゥインゴ3:2490mm)


各部の紹介




 200万円を切る価格としてみれば、十分な質感のあるインパネです。
 何より色使いがポップで、チープな印象はさほど感じられません。
 というより、「車ってこれでいいよね」って思わさられます。


 

 コスト削減のために、車内は流用パーツが散見されます。
 最近のルノー車オーナーなら、見覚えのあるハザードボタンです(笑)


 

 ここらへんのパーツも見覚えがありますが…
 価格に直結する部分なので、むしろ大歓迎といったところでしょうか?
 Aセグメントに特別な部品はいらないので、安くて使い勝手抜群な車が大切だと思います。


 

 特にリアドアにある…


 

 このゴムバンドなんて、秀逸です。
 ポケットを作るより安くて、様々なサイズ物が固定できます。
 割り切った作りですが、むしろバンドの方が便利のようにも感じます。


 

 ヘッドレスト一体型のシートは、快適な座り心地でした。
 人間を立たせて座らせる作りで、全長の短い車には最適なシートです。
 アイポイントも高いので、視界も十分に開けてます。


 

 ただ後部座席は、上下方向に狭いかな…というのが正直な印象。
 170cm(BMI指数2224)の私が座ると、ルーフに髪の毛が触れる場合もあります。
エンジンが後ろに搭載されてるので、座面の位置が高めなのが原因だと思います。
 窓も横方向にしか開かなかったりと、後部座席は割り切った作りになってます。
 (後席のスペースが欲しい方には、ルーテシアがありますしね)


 

 そんな後部座席ですが、キャンバストップを開け放てば特等席に様変わり。
 この解放感・爽快感は、屋根が開く車の特権だと思います。
 前席よりも後席の方が、より恩恵を受けられます。


 

 トランクは床下にエンジンがあるので、ちょっとフロアが高めです。
 スペースは限られてますが、スクエアな形なので使いやすそうです。


 

 カーペットとカバーを開ければ、エンジンがお目見え。
 かなり寝かせて搭載されてますが、各部のクリアランスはギリギリな印象。
 

 

 エンジンルームへの吸気は、左リアのインナーフェンダーから行います。


 

 普通ならエンジンがあるはずの、ボンネットの中身は…
 (樹脂製ボンネットで、簡単に誰でも持ち上げられます)


 

 リザーブタンク・バッテリー・ウォッシャー液用タンクなどが、搭載されてます。


 

 RRなのでタイヤサイズも、前後異形サイズです。
 (ホイールのサイズも違うとか)


 

 前:165/60R15 後:185/60R15で、リアタイヤの方が太いサイズです。
 ブレーキは前はディスクですが、リアはドラムとなってます。


 走らせてみると…


 

チルト機構のみのハンドルに、ドラポジを合わせて走り出すと…
軽量ボディに十分なパワーなので、軽々とスピードが乗っていきます。
大人2人であれば、何も問題ない走りを見せてくれます。


それを支えるのは、6速DCTのおかげだと思います。
 限られたパワーを、適切に変速して路面に伝えていきます。
 微低速域でのスナッチも殆どなく、クリープもあって洗練度は高いです。


 

 完成度の高いエンジン・ミッションの組み合わせに期待して、
 街乗りと軽くコーナリングした印象としては…


 ”よく考えて作られた、割り切ったRRの車”


 という一言につきます。
 残念な言い方をすると…
 「RRのメリットとデメリットを相殺した車」
 っていう感じです(笑)



 細かく説明する前に、RRのメリットとデメリットをおさらい。 


 ※RRのメリット
 ・トラクションの増加
 ・ブレーキ性能の向上
 ・無駄なフロント荷重が減るため、ステア操作に車が機敏に反応
 


 ※RRのデメリット
 ・車が機敏に反応するのが、時と場面によっては扱いにくい車になる
 ・リアヘビーであるため、限界付近でのコントロール性が低い
 ・フロント荷重が減りやすいため、直進安定性が低下しやすい



 主に、こんな感じでしょうか?
 これらを前提にして、トゥインゴの走りを細かくみていきます。


 まず低速域ではRRのメリットを生かして、
 ステア操作に対してダイレクトに車が反応してくれます。
 交差点を曲がる場面や、車線変更なんてお手の物です。
 このダイレクトで、キビキビした印象は独特で楽しいものです。


 ただそこから速度が上がるにつれて、RRのデメリットが顔を覗かせます。
 今度はキビキビした印象が、逆に高速域での扱いづらさに繋がります。
 そのため速度域が上がるにつれて、ステア操作に対する車の応答性を落とてるみたいです。


 速度にして60㎞ぐらいから、ステア操作にたいして車の反応が遅れてきます。
 ステア操作に対する反応よりも、安定性を優先して車が反応を遅らせてきます。
 これはRRのデメリットを打ち消すために、よく考えられたセッティングだと思います。
 (タイヤサイズ、ジオメトリーなどで、そんなセッティングにしたのかな?)


 さらにそこから速度を上げると、リアに荷重が移っていき車がピタッと安定しますが…。
 反比例するように、車の応答性は落ちていきます。ただ直進性は抜群。
 でもそこからコーナリングをすると、やや扱いづらい場面が出てきます。


 あえて落とされた応答性が原因で、コーナリングに必要なステア量が読めなかったり…
 ステア操作した先の、車の動きが掴みきれませんでした。
 慣れで解決できる部分もあるとは思いますが、根本的にそういう作りなんだと思います。
 限界付近でコントロールしようとか、そう思わせる車じゃないです。


 RRといってもスポーツ的な意味ではなく、スペース効率のための選択ですね。
 トゥインゴもそれに則した作りになっていて、街乗り+αなら最適な車だと思います。
 抜群の取り回し性能があって、街乗りを程度でしたらキビキビ感を存分に楽しめます。
 速度にすると100km程度までの使用に、良い意味で割り切った車という印象です。
 (でも割り切ったからこその値段と、サイズ感だと思います)


 

 そう思って、ハンドルの形状を見ると…
 大き目のハンドルで外側から抱え込むように握って、
 手首だけでステアすると操作しやすそうな作りになってました。
 ルノーさんも、そんな風に走らせてほしいのかもしれません。


 あ、あとキャンバストップの有り・無しでは、走りに差は少しだけあります。
 キャンバストップが有ると、全体的な応答性・静粛性等が1割り程度落ち込みます。
 有り・無しの両方に乗りましたが、解放感を考えると目をつむれる範囲でした。


 
 なんだかんだ言いましたが、見た目が気に入ったのであればOKな車です。
 そういう買い方をしても、後悔をすることはない車ではあります。
 というより見た目と雰囲気で、全てをカバーできてしまう車ですね。
 お値段も国産車に近いものがあるので、街中で見掛ける機会が増えてほしいものです。



 おしまい




 おまけ



 いやー、でもこの走りだと、ベンツ様は許さないでしょ?
 と思っていたら、スマートには高速安定性とコントロール性を補う電子デバイスがあるのね。
 「クロスウインドアシスト」というらしいですが、トゥインゴには付かないのかな…。


 もし今のパッケージングのままで、フロントの応答性を取り戻して…
 車全体で塊のように曲げようとするなら、フロントタイヤのサイズアップと
 電動パワステのセッティングで、センターをビシッと絞めてほしいです。
 ピーキーになるかもしれませんが、走りだけを狙うならアリかと思います。
 あと少なくとも、今のままならRSは厳しいかな…



Posted at 2016/11/23 01:01:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗した | 日記
2016年11月20日 イイね!


 どうもです。


 土曜日はプジョーライオンミーティングが、浜松で開催されたそうですが…
 仕事だったので行けませんでした。日曜日開催だったら行けたんですけどね~。
 日程が合わなくて、断念した人も多いのではないでしょうか?
 そもそも開催のお知らせが1ヶ月前だったので、
 ルーテシアからプジョーに買い替える時間がありませんでした(えっ?



 それでは、本題です。


 

 毎月第三日曜日は舞子サンデーなんですが…
 その前に、土曜日の仕事終わりにオイル交換してきました。
 前回からオイルを変えたんですが、このオイルいいですね~。


 低フリクションでありながら、しっかりとした油膜も感じます。
 劣化するスピードも緩やかで、ライフも5000㎞ぐらいなら使えそうな印象。
 もう、ずーっとこのオイルでいいです(笑)


 

 で、話は戻って舞子サンデーでございます。
 今月も”濃い”車が集まりました。


 

 羽が付いたカウンタックも、またカッコイイです。


 

 こんな所に給油口があるんだ…


 

 どっちが好み?


 

 日産フィガロです。今から26年も前の車になるんですね…。
 日産パイクカーシリーズの中では、一番残存率が高いように感じます。


 

 この流麗なボディは…


 
 
 S800クーペです。
 今から50年ほど前の車ですが、デザインは今見ても素敵。


 
 
 5気筒エンジン


 

 ブリッツェンのワゴン


 

 ヴォルツなんですが、3台全てが2ZZ-GE搭載車でした(笑)
 ミッションがセリカ用なんで、LSDが付けられるはず。
 半年に1台くらい中古車市場に出てきて、毎回そそられますw
 (これにLSDを入れて、お山を駆け回るとインパクトあるんだろうな…)


 

 4ドアボディのDB8インテグラタイプR


 

 タケオカ自動車工業のララというミニカーです。


 

 電気自動車なんですが、発電機があればどこでも充電OK??
 こう見えて、キーレスとか便利な機能が多数ついてます。
 詳しくはコチラへ。


 

 オイルフィルターがココにあるということは、オイルクーラー付き?


 

 ウインカーは、180SX用みたいです。


 

 こうして会場を散策した後は、出張自主練です(笑)
 ボトムスピード走法で、ちょっと真面目にドライブ。
慣れないことをしたので、自分自身の運転に酔う始末w




あとここは路面が少しあれてて、小石とか枯葉が多いんですよね…。
ちょっと走っただけで、ホイールの内側に溜まります(汗)




新城ラリーで、突き破られたガードレールは新品になってました。
最近始めたボトムスピード走法は、まだまだ分からない部分ばかりです。
どうやって理想的な姿勢を作るのかが、大切なような気がします。
ただとりあえずは、エンジンはギュンギュン回りますw



おしまい


ところでプジョーライオンミーティングには、プジョー車以外も来てたんですか?

Posted at 2016/11/20 23:24:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | まいこさん | 日記
2016年11月13日 イイね!


 どうもです。


 今週末はいいお天気でしたね~。
 天候に恵まれたので、こちらのイベントも大盛況でした。



 それでは、本題です。


 

 ということで、今月も高雄サンデーミーティングに行きました。
 紅葉のシーズン&天候に恵まれたとあって、京都市内は早朝から車が多いです。
 先月より1時間遅い行動なので、より車が多かったみたいです。
 (高雄嵐山パークウェイが遠かったw)


 

 ご覧のように、会場駐車場も大盛況。
 自分の車を止めるスペースすらありません(汗)


 

 なんとか車を駐車して、会場を散策です。
 カウンタックって、羽が無いと可憐な印象ですね。
 (今月はイタリア車特集となってます)


 

 おぉ…、イオタなんて初めてみたぞ…


 

 ナナゴー


 

 それのエボ


 

 デルタもずらっと。
 やっぱりイタ車なので、赤が多いですね。




 外見はフルノーマルなのに、なぜかボンピン仕様でした。
 もしかしたら、こう見えてカーボンボンネット?


 

 常連の皆さま。


 

 そうそう、有名人も来てました。


 あとは気になった車をどうぞー。
 高雄サンデーミーティングなので、イタ車以外も濃い車ばっかりですw

 

 

 

 

 

 

 


 
 ちなみに今月は、別の駐車場で「Ciao autuno」というイベントも開催されてました。


 

 そっちに行ってみうと移動したものの、こちらも大盛況で駐車所に入るのに一苦労(汗)


 

 この看板までが遠かった…(笑)


 

 Ciao autunoはFCAディーラー主催のイベントなので、駐車場はイタ車ばかりです。


 

 展示車両も、もちろんイタ車。


 

 移動販売車もイタ車(えっ?


 

 話を聞いてるとバネが折れただけで、あうあう言ってた自分が情けないですw


 

 しれっといたロールスロイスは…


 

 エイボンタイヤ履いてました。さすがです。


 

 そんな感じで2つのイベントを楽しみ、14時過ぎに会場を後にしました。
 沓掛ICから高速に乗ったんですが、渋滞ばかりで9号線まで遠かった…。
 帰りの渋滞がネックではありますが、楽しいイベントなので来月も行きたいですね♪


 おしまい


 
 おまけ


 

 帰りは高速が渋滞してたので途中下車して、いつものルートを通って帰ってきました。
 ボトムスピード走法に切り替えてみたんですが、思ってたより車って曲がるんですねw
 こちらも紅葉で車が多かったので、来週は別の場所に行こうかな…。


2016年11月06日 イイね!


 どうもです。


 新しくWindows10を導入したんですが、動作がちょっと不安定なんですよね…。
 あとキーボードのサイズが少し変わって、やや入力がしにくいです(汗)
 変換バーが小さいので、隣の無変換を連打しちゃいますw



 それでは、本題です。


 今回のブログは3部構成となっております。
 こんなことありました・こんなことしてました・こんなことなってました
 上記の演目で、お届けしてまいります。


 【こんなことありました】


 

 4日夜にClioさんと飲みに行きました♪


 

 はまぐりの天ぷらは分かるけど…


 

 伊勢うどんって、フライにしちゃうんですか?(笑)
 こんな調理方法は、地元民でも初めて見た…


 

 他にも…


 

 いろいろ飲んで喋って…


 

 お開きとなりました。
 お誘いいただき、ありがとうござました。
 また、どこかで飲みましょう~。


 

 今回は地元開催であったため、徒歩で帰る途中にラーメンの看板が目に入り…
 「そっか歩いて帰るから、いつもよりカロリー余分に消費してるよな」
 と、ほろ酔いの頭で暗算して、カロリーを補って帰宅となりましたw


 

 そんでもって、5日の夜には彩華ラーメンの屋台店へ。
 なんだか一気に、血液ドロドロになった予感(笑)


 【こんなことしてました】


 

 ルーテシアのドアに貼られている、黒いシートが白っぽく変色してきました。
 ということで貼り替えようと思い、前から使おうと思っていた製品を準備して…


 

 まずは窓枠のゴムモールを取り外します。


 

 5年分の汚れが…(汗)


 

 あとゴムモールを取り外すと、間違いなく固定部分のクリップが折れると思いますw
 折れないで外せるのは、新品に近いクリップじゃないと無理なような…??
 (ちなみにゴムモール1本で、0.7諭吉とのこと)


 

 あとはベリベリ~っと。
 (助手席側はかなり劣化してたので、剥がすだけで一苦労でした…)


 

 それで、なんとなく完成。


 

 今回はピアノブラック調のシートにしてみたんですが…
 このシートが硬くて貼るのが難しい&小傷が目立つ&指紋も目立つシートでした(汗)


 

 さらに言うと、間に入った空気がなかなか抜けない…
 商品の説明には「残った空気は後から抜けていきます!」なんて書いてあったのに。
 そんな夢のような話は、なかなかあるわけないので潔く撤去。


 

 それで撤去した後に、何も貼らなくてもいいかなと思いました。
 こんな感じで、競技車両っぽくていいかなと。


 

 でもシートが貼ってあった部分のクリアが変色していて、
助手席側だけこんな黄ばんだ状態に…(汗)
 ちょっとクリアを削ってみたものの、素人では失敗する領域だったので潔く撤退。


 

 というわけで、別の艶消し黒のシートを貼っておきましたw


 

 純正より貼る位置を、少しだけ上にして貼り付け。
 このシートは非常に貼りやすくて、最初からコレにしておけばよかった…。


 

 懸案だったモールは、取り外した際に曲がったのを手曲げで修正。
 あとは、いろんな方法を組み合わせて取り付けて、見て見ぬふりで完成w

 
 【こんなことなってました】


 

 最後のお話し。
 ルーテシア3RSあるあるかもしれませんが、バンパーが少しづつ垂れ下がってきます。
 丸く囲った部分の隙間が、だんだんと広がってくるように…


 

 最近気が付いたんですが、バンパーがヒビ割れてきてました(汗)
 バンパーの黒い部分とボディ同色の部分は、別の部品で構成されていて…
 その2つはツメで組み合わされていて、その差し込み部分が割れてました。


 経年劣化なのか、バンパーを取り外したときに折ったのか?
 それとも使用環境に耐え切れず、折ってしまったのか??
 このまま症状が進行して、走行中にバンパーがポロっと取れたりなんて…(滝汗)
 




 角度を変えると、より折れてる部分が分かります。




 酷いのは右側で、左側は少しヒビが入ってる程度です。
両方ともこれからよく観察しておこう…。
 



 そんなことがありつつも、88,888㎞になり…




 現在は90,000㎞をオーバーして進行中でございます。
 最近よく思うんですが、いつまでこのまま乗れてるのかな…
 車も状態とか、いろんな意味を含めてちょっと気になることが山積みです。



 おしまい。



 おまけ



 NEWトゥインゴに乗りました。
 割り切った車というのが第一印象で、詳しくは後程。


Posted at 2016/11/06 23:28:20 | コメント(5) | トラックバック(0) | ルーテシアとの日常 | 日記
プロフィール
「お、美味しそうですね…(出遅れてしまい、すみません)」
何シテル?   12/03 12:14
プジョー206→207→ルーテシア3RSと乗り継いで、今に至ります。 最初はレガシィを買うつもり(280馬力が欲しかったw)が、気が付いたらプジョー206を買...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
Milltek Sport Cat-back 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/20 08:55:06
コーナー進入のブレーキは「抜く」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 01:31:50
オリジナルサスのオーダー法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 01:25:40
お友達
ファン
75 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー ルーテシア ルノー・スポール ヒキシルバー(濃いめ) (ルノー ルーテシア ルノー・スポール)
207で19.5万キロ乗って分かったのは、自分にとって車とは「自由の翼」という存在でした ...
プジョー 207 (ハッチバック) ヒキシルバー (プジョー 207 (ハッチバック))
206で、約4万キロを走行し… タイヤやクラッチにロアアーム等々、要交換部品が多発。 費 ...
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
初めての愛車です。身近に乗っている人がいて、ずーっと気になってはいました。 いざ買う時期 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
207を修理に出している間の、最初の代車です。 昔のバイト先から、自分で借りてきましたー ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.