• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

気が付いたらプジョーのブログ一覧

2017年07月23日 イイね!

週末のお出かけ。



 どうもです。


 梅雨明けしましたね…。
 これから暑い時期が、しばらく続きそうです。
 ご自愛くださいませ。



 それでは、本題です。


 

 今日は脱207の会関西支部の、第3回(?)会合が催されました(笑)
 青山高原に、だいたい10時頃に集合だったんですが…。
 すみません青山高原と聞いて、勝手に一番上に集まるのかと思ってましたw


 

 久しぶりに来ましたが、部分的に路面が補修されてました。
 昔はもっと荒れてたイメージなんですが、走りやすくなってました。
 それはジャックナイフ状態の、記念碑が出来るくらいですから(ん?)


 

 これが噂の鹿玉ですか…。


 

 いろいろありまして…。
 FD2シビックタイプRにチョイ乗りさせていただきました。


 それで感想としては、ボディとエンジンが凄いですね。
 ルーテシアと同じぐらいの重さとパワーなのに、1つ上の安定感です。
 思い切ってルーテシアも、225幅のタイヤにしてしまおうか…(フフフ


 あとエンジンレスポンスはF4Rの1.5倍で、ヒール&トゥもスッと決まります。
 オルガンペダルの経験は少ないんですけど、これなら楽に乗れます。
 前後バランスも良くて、自分の引き出しで十分に転がせます。


 

 なんだかんだありまして、S2000にもチョイ乗りさせていただきました。
 ルーテシアと同じぐらいの重さなんですけど、全然違いますね。
 自分が思っている部分から、さらに一歩曲がる領域があります。


 タイヤと車を信じて曲がれるんでしょうけど…。
 今の自分には、正直引き出しの無い領域の曲がり方です。
 特に前軸と後軸が描く軌跡が違い過ぎて、そこでパニックです(苦笑)
 おそらく純正サイズだと、意外とすんなり曲げれそう。


 FD2・S2000・ルーテ3RSと同じくらいの重さとパワーなんですが…
 曲がってみると、それぞれ違う曲がり方で面白いです(笑)
 パワーの出方も違うので、よーいドンすると得手不得手が見えてきそうです。




 その後は下山して…。


 

 ホルモン定食を食べてきました。
 この後はさらに東に進んで、お墓参りとコメダへ行って流れ解散となりました。


 

 お疲れ様でした。
 次回の会合も期待しております♪
 そういえば東名阪の上りは、3車線区間が伸びたんですね。(↑上の写真)


 
 おしまい




 おまけ
 


 

 スマホで撮った写真で、外気で曇ってて申し訳ないんですが…。
 タラオ C.C.という看板を発見。


 

 えっ、このお方はゴルフ場を経営してたんですか?
 意外と手堅く生きてるんですね。


 
Posted at 2017/07/23 22:58:46 | コメント(7) | トラックバック(0) | 集まった | 日記
2017年07月17日 イイね!

フォードフィエスタSTを見てきた。



 どうもです。


 連休も今日で終わりですね…。
 昨日は遠くまでお出かけしたので、今日は近場をウロチョロと。
 というわけで、珍しい車を見てきました。



 それでは、本題です。


 

 見てきた車は、赤いSTのエンブレムが付く車…。


 

 そう、フィエスタSTです。
 欧州フォードのフィエスタをベースに、ホットハッチに仕上げた1台です。
 ご存知のように欧州フォードは日本から撤退しました。


 その後のアフターサービスなどを、ピーシーアイ株式会社が受け持つことに。
 同じように日本撤退したサーブなども、この会社が部品などを管理してます。
 それでピーシーアイは、欧州フォードを完全に諦めたわけではないようで…。


 試験的にフィエスタSTを輸入して、自社の販売網で販売するようです。
 それで販売店となるディーラーから、招待状が届いたので実車を見てきました♪
 (なおこうしてSNSでUPすることも、了解を得てます)


 
 
 やっぱり車は、これぐらいのサイズがいいですね。
 スリーサイズは、3990x1720x1475mmとなります。


 

 スモールランプはLEDとなります。


 

 バンパーのグリルから、インタークーラーが見えます。


 

 マフラーは2本出し。


 

 エンジンは1.6ターボです。
103kW(182ps)/6500rpm 240Nm/3500rpm (オーバーブースト時290Nm)
 と、なかなかのスペックです。


 
 
 タイヤは、ポテンザRE050Aでした。
 サイズは205/40R17で、先代モデルと同じですね。


 

 インテリアは今の基準で見ても、十分に高品質です。
 (車としては2013年デビューです)

 
 

 UK仕様がベースなので、メーターはマイル表示です。
 内側に小さく、キロ表示も併記されます。


 
 
 専用デザインの、専用オーディオです。
 USB入力などもあって、CDも聞けます。
 日本だとカーナビを、どう付けるかネックになりそうですが…。


 

 シフトフィールは、かなりいいです。
 程よいストロークで、節度感はシッカリとあります。
 軽めのタッチではありますが、ゲートも分かりやすくて好きなタッチです(笑)


 

 ST専用シートなんですが、これもいいですね。
 肩部分のホールドがしっかりあって、これだけ欲しくなります。


 

シートにはレカロとSTのロゴが入ります。




後部座席も一度収まれば快適です。
上下には少し狭いですが、左右と前後は十分ですね。




そしてこのクラスには珍しく、後部座席にもルームランプがあります。




ヘアライン仕上げのドアノブなど、質感はクラス随一ですね。
ホットハッチ以前に、車として真っ当な造りが印象的です。



カップホルダー周辺には、イルミネーションが付きます。
スモールランプと連動して点灯するようで、インパネの一部も同様の仕上げとなります。




トランクスペースも車格からすると十分なサイズ。




トーボードを開けると、サブトランクが現れます。




それで開けたボードは、こうして固定する為のフックに引っ掛けます。
ロータリー式のフックで、ボードを閉める場合はそのまま下ろすだけでOKです。




リアゲート内側にあるグリップも、手を掛ける部分がソフトパッド仕上げでした。
手が滑らないためのソフトパッドだと思います。


グルっと全体を見てきたんですが、車として使い勝手抜群のハッチバックですね。
そこに1.6ターボ+6MTなので、非常に走りが楽しそうな1台でした。
ライバルは208GTiや、アバルト595あたりでしょうか??
強力なライバルですが、負けてない1台だと思います。
(イギリスのオートカーでは、かなりの高評価のようです)


実は本国ではマイナーチェンジされて、STも少し変わりました。
一番の変更点はエンジンで、1.5ターボになり200馬力オーバーらしいです。
今回限定的に輸入したフィエスタの売れ行きが良ければ…
マイナーチェンジ後のSTも輸入されるかもしれませんね。


あとマスタングの右ハンドルとか、いろいろ次の戦略もあるそうです。
いろいろお話しさせてもらったんですが、お店の方は本当に車好きという印象でした。
欧州フォードは撤退してしまいましたが、いい車は沢山あると思います。
これをキッカケに、輸入再開となると嬉しいです。


詳しくは販売店のHPに随時UPされていくようです。
気になる方は、ぜひチェックの方を〜。



おしまい

Posted at 2017/07/17 23:47:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | 見た | 日記
2017年07月16日 イイね!

あんぱん会のツーリングに行ってきました。



 どうもです。


 来週には梅雨明けする地方もあるようですね。
 これからしばらく、暑い時期が続きますね…。
 車も水温が厳しい季節です(汗)



 それでは、本題です。


 

 今日は、あんぱん会のツーリングに参加しました。
 

 

 会場は箱根にあるラリック美術館です。
 この場所へ来るのは、実は今回が初めてです。


 
 
 皆様のブログで拝見していた景色が、やっと分かりました(笑)
 この手入れされた綺麗なお庭を見ながら…


 

 ゆっくりとモーニングとなりました。
 ま@とりさんも、この景色も見てたんですね。
 (直射日光を浴びたスプーンは熱いですねw)


 

 最後に締めの挨拶をして…


 

 三々五々。ここで自由解散となりました。
 それでこのまま帰っても良かったんですが、せっかく箱根まで来たので…。


 

 芦ノ湖スカイラインで南下。


 

 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」に到着。
 しばらく伊豆方面に行ってない間に道の駅が新設されたので、
 そこのスタンプをゲットするために寄り道ですw


 半年ほど前にオープンした駅なんですが、伊豆縦貫道を降りて直ぐです。
 ゲートウェイと駅名にあるように、これから伊豆半島へ向かう人の為の駅なんですね。
 そのため南向きにしか入口がありません。それでも結構な賑わいでした。


 

 その後はさらに進み、道の駅「くるら戸田」に到着です。
 ”とだ”じゃなくて、”へだ”って読むんですね。知らなかった…(滝汗)


 

 この駅で、非常に気になる食堂を発見。
 深海魚を食べるんですね…ぜひどなたか、お試しを…(笑)


 

 確か戸田港は清水港とのフェリーがあったよな?
 と思って港まで行ってみたんですが、それらしき桟橋は見つからず。
 で調べてみたんですが、戸田じゃなくて土肥港が正解なんですね(苦笑)


 

 その後は来た道を戻るか、それとも途中にあった西伊豆スカイランを走るか…。
 しばらく考えて、海沿いを一筆書きして戻ることに。
 (西伊豆スカイラインは車が仕上がってからにしよう)


 

 途中でワクワクしちゃう、1.5車線にも遭遇w
 inakichiさんから海側を周っても早いと聞いてたんですが、
 意外とこのルートでも早いですね。地図だと大回りしてるように見えますけど。


 

 大瀬崎を経由することになるんですが、景勝地ということで展望台もありました。
 ふむふむ、この岬は遠州灘の潮の流れと…(以下最初から覚えるつもり無し)


 

 って、雑草で何も見えないよ。
 

 

 欄干に足を掛けて、手を伸ばしてこれが限界です(汗)
 これ以上の写真となると、行方不明の人になりそうなので自粛。
 そのまま沼津市内まで戻り、帰りは東名経由で帰宅となりました。


 ご一緒した皆様、お疲れ様でした。
 初めてのラリックで楽しかったです。また、よろしくお願いします♪
 久しぶりに自由気ままに走り呆けて満足です。
 (なお帰りの燃料が足りなくなって、途中で給油した模様w)



 おしまい






 おまけ


 

 カウンタックって、6気筒でしたっけ?
 トミカだとシリンダー数が、左右に3つしかありませんw


Posted at 2017/07/16 23:55:04 | コメント(12) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月09日 イイね!

ワクワクする道



 どうもです。


 突然ですが、ワクワクする道ってありますか?
 人によって分かれると思いますが、個人的には…。




 1.5車線ぐらいの、山間にある道が「ワクワクする道」です(笑)
 途中で2車線になるなど道幅の変化は、もはやアトラクションになりますw
 さらに言うと対向車で走ってくる軽トラが、非常に速いと完璧です。
 (地元スペシャルの、おっちゃん軽トラは速いw)


 こういう道に来ると、カーブを曲がる度に現れる景色も面白いです。
 どこへ繋がって、どういう風に変化していくのか…。
 それを考えて走ると、また楽しいです。


 それと同時に、こういう道が「日本らしい道」だとも思います。
 キレイに整備された高速道路もいいですが、これも日本らしいと思います。
 遠い昔に、目的をもって切り開かれた道だと実感します。


 

 冒頭の道を進むと、新東名の高架下に繋がりました。
 橋脚の高さに、日本の土木建築の技術力に驚きます。
 新名神・東海北陸道も、かなりの高さです。


 

 山の斜面を切り開いてるので、洪水対策も施されてます。
 技術力だけじゃなく、マネーの匂いも感じます(苦笑)



閑休話題。

 これぐらいの1.5車線の初めて走る道になると…。
 車との距離感が大切になる一方で、パワーはさほど関係無くなりますね。
知らない道、知らない場所へ進めば進むほど、車を擬人化してしまいます。
よろしく頼むぜ的なやつです。


こうして車との対話が求められる道なので、ワクワクするのかもしれません。
ルーテシアはフランス産なので、あっち的に考えると…。
アルプスの山々を駆け抜ける喜び、ってやつかもしれません。
(半分くらいBMWが混ざってますけどw)


皆産の思う、ワクワクする道って何ですか?





で、どうしてそんな道を走ったかというと…。
久しぶりに道の駅へ行ってみました。
(もっくる新城です)
 



それで本宮山スカイラインを経由して、オレンジロードまでショートカットしたら…
冒頭の見たことない道へと案内されたのでした(^^;)


取り留めのない、くだらない内容ですみません(汗)
知らない道を走ってワクワクしちゃった、ってブログでした。
あ、あと、こういう道を走るのを想定してるので…
クラウンは車幅1.8mをキープしてるのだと実感しました。


おしまい




おまけ




別の意味で、この道もワクワクしますけどね(笑)
バス専用レーンが真ん中にあって、時間帯によっては通行禁止になります。
よくもまぁ、こんな設計にしたよな名古屋市も…。
実際に走ると、かなりスリリングです。




↑この動画が分かりやすいです。

Posted at 2017/07/09 23:52:09 | コメント(10) | トラックバック(0) | ルーテシアとの日常 | 日記
2017年07月02日 イイね!

ルーテシア3RSの個人的まとめ。



 どうもです。


 今回のブログは個人的な備忘録でもあり、
 ルーテシア3RSに乗る人、乗りたい人に役立ったらいいなという内容です。
 いや、ごめんなさい。役に立たないかもしれません(汗)


 とりあえず本題です。


 

 ルーテシア3RSに乗り始めて、丸2年となりました。
 こんなことを言うと、前に乗ってた207には申し訳ないんですが…。
 シンクロ率はルーテシア3RSの方が高いです(笑)


 人が反応したのか、車が反応したのか分からないぐらいの早さで
 思った場所に車が進んでいく、ちょっと不思議な車でございます。
 低速トルクもありながら、淀みなく7500回転まで一気に回るエンジンや…
 ブレーキ性能などは、クラスを超えたものがあると思います。


 そんな素晴らしい車だと思ってるルーテシア3RSなんですが、
 走行距離が11万kmを超えて、足回りのリフレッシュを考えるようになりました。
 それでいろいろ調べていて、見つかった情報を備忘録として記しておきます。


 

 まずアッパーマウントの形状が、モデルによって違います。
 2種類あるんですが、生産年度によって分かれます。
 正規輸入されなかったPh1は、全て同じアッパーマウントです。


 
(Responsさんより引用)

 次に正規輸入もされていた、Ph2の場合です。
 最初はPh1と同じマウントが使われていますが、途中で変更されます。
 2010年7月生産までの車両が、Ph1と同じマウントです。
 2010年9月以降の生産車両は、別のマウントが使われています。
 (8月は生産が一時ストップしてた?)


 それで↑の写真になるんですが、正規輸入されたPh2の初期ロットのみ、
 丸く囲った部分にRSのエンブレムが付きません。


 

 リアついてるRenault Sportのエンブレムも、2行になります。
 (日本語版のカタログは、全てこの仕様で掲載されてます)


 

 それで、これが自分の車両です。
 バンパーにRSのエンブレムが付きます。


 

 リアのエンブレムも、形状変更です。
 正規輸入された、多くの車両がこのタイプだと思います。
 

 それでこの仕様の違いが、生産年度の見分け方になるのかというと…。
 全くの無関係で、途中でエンブレムの仕様が変更されただけでした(^^;)
 しかも事前通達(?)も無かったそうで、たまにお世話になる営業マンによると…。
 「届いたら、違ってました」だそうです(笑)


 じゃぁ、どうやって判断するかというと…。


 こちらのサイトにVINコードを入力して検索すると、一発で分かります。
 生産年度から装備の違いなど、全ての詳細が分かります。
 私が乗ってる個体は、2010年7月生産の車両でした。


 

 となると、使われてるアッパーマウントはコレです。
 上から見た状態の写真で、右がマウント・左がスラストベアリングです。
 【品番】7701208822(左) 7701208823(右)


 

 横から見た状態。


 

 下から見た状態。


 
(Clio RS conceptから引用)

 車両に装着された状態は、こんな感じです。
 一度だけ実際に確認したことあるんですが、コレが付いてました。


 

 2010年9月以降の生産車両だと、こっちのマウントになります。
 上から見た状態で、左がマウント・右がスラストベアリングです。
 【品番】543A02310R(左右共通)


 
 
 横から見た状態。


 

 下から見た状態。


 
(Clio RS conceptから引用)

 車両に装着された状態です。


 正規輸入が終了したタイミングから推察するに…。
 殆どの車両が7月生産までの車両だと思われます。
 最後の最後で、9月生産の車両があるかどうか…??
 という感じだと思われます。


ちなみにこちらのサイトで、マウントについて色々と調べました。
古今東西の車の、アッパーマウント形状が分かります。
ビルシュタインの適合と補修部品の、適合表をまとめたサイトのようです。
これを参考に調べて車検証データで最終確認すると、他の車でも部品探しが捗るかも?


 それで話は戻って、このマウントの形状が重要になってきます。
 足回りのリフレッシュのために、社外パーツを検索していて…。
 ビルシュタインB14車高調が候補に上がりました。

 
 ビルシュタインの日本での適合表には、Ph1用とPh2用の2種類で設定されてます。
 Ph1用が06/07~06/10生産で、Ph2が07/10以降の生産だとなってます。
 この適合表を見た時は「??」となりましたが、個人的に調べた限りでは…
 適合表の情報は誤っていると思われます。


 TUVの書類を見ても、日本の適合表とは違う情報が掲載されてます。
 書類にはちゃんと、06/07~07/10と09/10~で適合が分けられています。
 理由は不明ですが、日本の適合表だけ間違えてるみたいです(汗)


 

 あと2010年7月生産までのアッパーマウントは、日産車と互換性があるようです。
 品番を入力して検索すると、OEMパーツがゴロゴロ出てきます。
 日産で使用されてる車種は、K12マーチ・Z11キューブ・Z11ノートあたりです。
 あとリーフ・ティーダ・ジュークもそうみたいですね。


 

 ただOEMパーツを作ってるメーカーによって、微妙に仕様が違うのが怖いですw
 そして、本当に微妙に形状が違う(爆)
 このメーカーのだと、スラストベアリングが白色です。
 

 

 これがK12マーチの純正マウントです。
 確かに同じ形してますね。
 マウント上段の、ゴムの形状が若干違うのが気になりますが…(汗)


 お値段的には…。
 ルノーで買うと2万円ぐらい(?)で、日産だと4000円程度のようです。
 同形状なので流用しても問題なさそうですが、無いとは言い切れないので…。
 自分は高いですけど、ルノー用を買おうと思います(苦笑)
 もしかしたら、ゴムの硬度がルノー専用…なんてことも…。


 

 次にシャシーカップと、シャシースポールの違いについてです。
 外観から見て識別できるように、ダンパーに目印のテープが貼ってあるようです。
 私の車両だと、薄いピンク色のテープが貼ってあります。


アッパーマウントとは違い、生産年度のみで変更されたようです。
シャシースポールだと2010年までは紫色で、それ以降はピンク色に変更。
シャシーカップだと、全てオレンジ色になるようです。


あとスプリングも、それぞれ違います。
アッパーマウントの形状で、スプリングも分かれます。
見分け方はスプリングに、直接ペイントされてます。
組み合わせは、以下の通りのようです。
(スプリングの真ん中あたりに、部分的にペイントされてます)


【2010年7月生産までの場合】
シャシースポール前:青色&緑色/後:オレンジ色が2つ
シャシーカップ前:青色&オレンジ色/後:青色&オレンジ色

【2010年9月以降の生産の場合】
シャシースポール前:青色&黄色/後:オレンジ色が2つ
シャシーカップ前青色&紫色/後:青色&オレンジ色


と、なるようです。
実際に私の車両も、そのような組み合わせになってます。
なのでシャシーカップ仕様に、しようと思えば可能です。
ただ最終確認は車検証のデータを元に、ディーラーさんで確認してくださいませ。
アッパーマウントの形状も、ディーラーさんに最終確認をお願いします。
(厳密に言うと、スポールとカップではステアリングギア比も違います)


ちなみにこちらのサイトに、大変お世話になりました。
フランス語が完璧に分かれば、もっとコミュニケーション取れるのにな…。
(なお現在は翻訳サイトと、単語検索を積み重ねて理解している模様w)


というわけで、まとめは以上になります。
役に立つか怪しいですが、ご参考になればと思います。
こうして色々調べた自分は、どうするのかというと…。




とりあえず、タイヤ交換しました(笑)




今回も、もちろん鹿タイヤです。
これで3セット目になるんですが、個人的定番タイヤです。


 

ここまで使って、2.7万キロ使いました。
自分の使い方だと、これぐらいが限界ですね。
サーキットを走らなければ、3万キロはいけるかな?
ケンダKR20Aいいタイヤです(太田胃散のCM風に)




今回のタイヤは、2017年の12週目生産でした。
いつも同じ店で買ってるんですが、常に新しいタイヤが届きます。
値段もそうですが、お店の対応がいいのも嬉しい部分です。
おそらく4セット目も、お世話になりそうです(笑)




2.7万キロお疲れ様でした。
それで足回りのリフレッシュは、どうなってるかというと…。
あるお店に問い合わせたら、一度現車を見て細かい部分を相談しましょうとなりました。
製作実績もあるそうで、上手く進めば車を長期預ける必要もなさそうです。


タイヤも新しくなったし、エンジンも絶好調だし…。
早くカツーンと踏みたいところです。
踏めない分は、下の動画で紛らわせてます(笑)

 

カップカーは音もいいなー。


 

ルーテシア3RSが5台?
いいなぁ、この並びに混ざりたいw


おしまい



おまけ




リアのスプリングマウントが…。
なんとなくK12マーチと、同じ部品っぽいんですよね(笑)
調べ切れてないんですが、前が同じなら後ろもマーチと同じなのかな?

Posted at 2017/07/02 23:58:57 | コメント(6) | トラックバック(0) | ルーテシア メンテ | 日記

プロフィール

プジョー206→207→ルーテシア3RSと乗り継いで、今に至ります。 最初はレガシィを買うつもり(280馬力が欲しかったw)が、気が付いたらプジョー206を買...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

関東甲信の山々を走る③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/20 01:19:30
vehicle identification plate(オーバルプレートやらVINやら) #2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/24 18:21:15
陣馬形山にて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/20 23:25:07

お友達

お気軽にどうぞ♪
258 人のお友達がいます
同行二人同行二人 * トモ@b3トモ@b3 *
itamonoitamono * ガレージエルフガレージエルフ *みんカラ公認
ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認 黒おやじ黒おやじ *

ファン

80 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー ルーテシア ルノー・スポール ヒキシルバー(濃いめ) (ルノー ルーテシア ルノー・スポール)
207で19.5万キロ乗って分かったのは、自分にとって車とは「自由の翼」という存在でした ...
プジョー 207 (ハッチバック) ヒキシルバー (プジョー 207 (ハッチバック))
206で、約4万キロを走行し… タイヤやクラッチにロアアーム等々、要交換部品が多発。 費 ...
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
初めての愛車です。身近に乗っている人がいて、ずーっと気になってはいました。 いざ買う時期 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
207を修理に出している間の、最初の代車です。 昔のバイト先から、自分で借りてきましたー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.