• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

気が付いたらプジョーのブログ一覧

2017年09月10日 イイね!

あるあるを言いたい。



 どうもです。


 前のブログで触れた、いろいろと出てきた気になる異音。
 ということで、ぶろろろ~んと車屋さんへ行ってきました。


 

 カクカクシカシカで…


 結論からいくと、足回りの方は異音出ませんでした。
 車屋さんへ行くと音が出ないという、あるあるパターンです(笑)
 ただ問診内容からすると、アッパーマウントの方が怪しいような?
 というお話でした。


 シフト操作の際の異音は、シフトコントロールボックスの交換で直るとのこと。
 分解修理の可否については、蓋を開けてみないと分からないそうです。

 
 一度蓋を開けてみる方法もあるとは思いますが、
 もし無理だった場合の工賃と時間が勿体ないことに。
 なので交換前提での対応となりそうです。
 ということで概算の金額を聞いて、出直すことになりました。
 

 

 ちなみに両方の異音なんですが、外気温が低いと両方とも出ません。
 特に足回りからの方は、出る領域を避けて走れば異音はしません。
 今の時期だと昼間だけ音が出て、夜になると収まります。


 それで車屋さんと、いろいろと話してたんですが…。
 壊れた部分だけ直すじゃなくて、全て交換前提で進めていきたいねという結論に。
 複雑な足回りなので、何かを直しても次にダメな箇所がやってきます。
 距離が距離なので、少しづつ全部が悪いはず。


 時間・工賃・手間などを考えると、全て交換して解決したいところです。
 ロアアーム・ダブルアクシス・リンクロッドは、一度に交換したいなぁ…。
 クラッチ交換するにはサブフレームを降ろすので、それも併せて出来れば…。
 ざくっと見積もって、電卓を叩いてみるだけで手が震えます(笑)


 ここ数年思ってることなんですが…。
 車って喜びもありますけど、悩みも付いて回るということです。
 乗り方・維持費・取り返せない劣化・不可抗力による損傷などなど…。
 考えてみたら、悩みの方が多いかもしれません(苦笑)


 いっそのこと悩みの少ない生活・車にすることも考えますが、
 (レヴォーグ1.6のビルシュタイン付きとか、IS250とか)
 喜びがないと生きていけないので、それも難しいなと。
 もし喜びを捨ててしまうと、やってくる喜びといえば…。


 毎月の26日(落胆もあるw)と、水曜日のダウンタウンと…
 YoutubeでバナナマムーンGOLD・乃木坂工事中・ベスモを見るくらいだという…。
 なんて、薄っぺらいのか。


 

秋から冬になると空気が澄んできて、マフラーの音色が良くなります。
 とりあえずは、それに期待して過ごしたいと思います。
 (すっぽり入るのは、スタバのチルドカップだけみたいですw)




 おしまい



 といってもルーテシア3RSだからこそ、乗りたい&乗りこなしたいです。

 
Posted at 2017/09/10 00:12:08 | コメント(8) | トラックバック(0) | ルーテシア メンテ | 日記
2017年09月04日 イイね!

御岳高原ヒルクライムの応援に行ってきました。



 どうもです。


 2日の土曜日は、御岳高原ヒルクラインの応援に行ってきました。
 昨年は参加したイベントだったんですが、今年は車が間に合いませんでした…。
 ちなみに昨年の模様はこんな感じです。



 それでは、本題です。


 

 今年は御岳高原の麓の公園が、パドックとなってました。
 このパドックだと、広く使えていいですね。
 (昨年はゴール後のスペースがパドックでした)


 

 参戦されるお友達の皆様です。


 

 あれ? リアシートは…?


 

 あれ? このトレッドパターンはR1Rですよね?


 

 あれ? いつの間にそのパーツを…?


 

今日は闘うお父さんのマシンになります。


 
 
程なくしてドラミの時間です。
自分は出ないはずなんですけど、なんだか自分も緊張してきます(汗)


 

そしてコースの下見走行に入ります。
参戦する皆様とはここで一旦別れて、観戦者は観戦エリアへと移動します。
 

 

エリアへ移動中に、下見走行を終えた車両とすれ違います。

 
 

観戦者の集合場所は、昨年ドラミをした広場でした。
パドックからここまで、約30分です。


 
 
今回の競技は公道を封鎖して行われます。
地元警察の許可書類なども、近くに掲載されてました。


 

観戦者の駐車場は昨年と同じで、三又路の近くでした。
ここから観戦エリアまで、歩いて10分前後になります。
折りたたみ自転車を持ってきて、エリアまで移動してた方もみえました。


 

観戦エリアは複数あるんですが、今回は最終コーナーの中腹から応援することに。
競技車両は写真奥の右コーナーを立ち上がってきて…

 

 この最終の左コーナーをクリアしてフィニッシュとなります。
昨年は気付かなかったんですが、センターラインがある区間なんですね。
運転席から見る景色とは印象が違います。一度コースを歩いてみると面白そう。


 

競技開始の時間になり、まず最初に0カーが上がってきます。
この0カーが、かなり速いです。車載動画が、ぜひ見たいです(笑)


これでコースの確認が取れたので、競技開始となります。
1分間隔でスタートしているので、続々と競技車両が上がってきます。
参戦されるお友達の皆様も、ゼッケン順に上がってきます。


 
 
 

 

 
 
 

  

 

写真は全て1本目になります。


2本通して全体を見た感想としては、走り方が人によってバラバラなのが印象的でした。
外を回って速度を維持する人もいれば、最短距離を走る人もいます。


あとオープンクラスの人は、何かおかしい領域で走ってますね(笑)
進入速度・側溝ギリギリの進入・リアル溝落としなどなど…。
見てるだけでも、十分に楽しかったです。

 
 

全ての走行が終了したので、闘いの跡が残るコースを後にします。


 

競技終了後のパドックは、心無しか寂しい感じです。


 

お疲れ様でした。無事に全員ゴール出来て本当によかったです。


 

最後に皆んなで、お疲れ様のコーヒーです。
今年は走れなかったものの、美味しいコーヒーとなりました♪


 

話は尽きず、最後の方は真っ暗に。
昨年も、こんな感じでしたね(笑)


最後にご一緒した皆様お疲れ様でした。
今年は走れなかったものの、非常に楽しい1日となりました。
よく分からないんですが、走ってないのでモヤっとした気分になると思ってたんですが…。
なんだか非常に楽しくて、そんなことは少しも思わない1日となりました。




今から来年が待ち遠しいです。
とりあえずルーテシアの、リアシートの外し方を調べておきますw
あれって、どうやって外すんだろう…?


おしまい



あっ、少し業務連絡です。

ルーテシアなんですが、そのうち壊れる箇所が出てきました。
まずシフトのニュートラル位置を保持する部品が、ずれてきてます。
プラスチック製の土台(?)に、タッピングビスでロッドが固定がされてる部品です。

ニュートラル位置が若干曖昧で、端っこのギア(1と2、5と6)の位置も変な感じ。
あと端っこにノブを傾けると、真下のケース内から何か動く異音もします。
よくある症状みたいで、タッピングビスを再固定して直してるのもあれば…。
コントロールBOXを丸ごと交換してる事例もありました。

それとダブルアクシスのベアリングから、盛大な異音が出るように。
左右で負荷が違う状況で早目にステアすると「ギイィー」と、右からヤバイ感じの音が出ますw
ちょうど錆びた重い鉄製のドアを開ける音にソックリです。
走ってても、右だけ少し抵抗を感じます。

まだ車屋さんに聞いてないんで分からないんですけど、23日は難しいような…(汗)
とりあえず別の手段で行く方法を、いろいろと考えてみます。
インプレッサGDBを貸してくれる、レンタカー屋さんは見つけました(えっ?)

Posted at 2017/09/04 02:07:46 | コメント(8) | トラックバック(0) | 走った | 日記
2017年08月27日 イイね!

Asa-Roc!に行ってきました。



 どうもです。


 残暑厳しいですね…。
 気になって調べてみたんですが、残暑の期間は8月8日~9月23日らしいです。
 8月8日なんて真夏と表現した方が正しい気もしますが、残暑になるそうです(笑)
 ということで残暑厳しい中、Asa-Roc!に行ってきました。



 それでは、本題です。



 

 いきなりですが、遅い組の集合場所です。
 信号待ちで遅い組の方をお見送りし、トイレ休憩をして1人で登ります。


 

 表の店舗は、テナントが入ったんですね。


 

 途中の休憩ポイントで、皆様と流れ合流(笑)


 

 休憩後は展望台へ移動です。
 今回も沢山の車が集まりました~。


 

 F56ミニクーパーS&JCW


 

 ミニJCWの純正タイヤは、チンチュラートP7なんですね。

 
 

 SSR WORK似合ってます。


 

 これもカッコイイなぁ…。


 

 ヤングタイマーな並び


 
 
 こんな所に、スマイルマークを見つけました♪


 

 カラフルな並び


 

 サソリマーク


 

 ほぼ垂直状態でオーディオが入るんですね。
 最近だとトゥインゴ2も、同じような角度だったかな?


 

 ひこにゃん発見(笑)


 

 今回はtake☆さんのルーテシアを、少しだけドライブさせていただきました。
 気になると仰っていた箇所は、僕は特に気になりませんでした。
 逆に走行距離が4万kmぐらいなので、シートの状態が非常に快適で…
 自分のシートの劣化具合が、気になるようになってしまいました(笑)
 (足の次は、レカロかな…?)


 

 そろそろ解散時間になったので、下山をしアフターはにしむら珈琲となりました。
 ちなみに、にしむら珈琲の後は南風君と…。


 

 ハンバーグを食べてきましたw


 

 それで帰りは高速を途中下車して、いつものルートを経由して帰ってきました。
 よく遭遇してた車と、相変わらずの具合ですれ違ってなんだか一安心(笑)


 正式に発注して1ヵ月程経ちましたが、車高調はまだ完成してないようです。
 今年のふみふみCUPは見学のみとなりそうです。
 非常に待ち遠しくて、首が伸びてしまいそうです。


 キリンさんになっちゃうぞ。



 おしまい



Posted at 2017/08/27 22:59:40 | コメント(7) | トラックバック(0) | Asa-Roc! | 日記
2017年08月14日 イイね!

僕の夏休み2017



 どうもです。


 お盆休みですね~。
 私も短いながらも、お休み期間でございます。
 ということで、「僕の夏休み2017」をお届けします(笑)



 それでは、本題です。


 

 日付は少し戻って、11日のお話です。
 カレンダーは祝日ですが、自動車業界は動いてます。
 ということで事前に下調べして、ある施設に予約をして行ってきました。
 その施設は愛知県岡崎市の、三菱自動車本社工場内にある…


 

 三菱オートギャラリーです。
 

 

 中に入ると、まずは三菱初の量産車である「三菱A型」が出迎えてくれます。
 この車は三菱初だけじゃなく、日本初の量産車でもあります。
 1919年~1921年製造で、販売台数は12台とのこと。


 

 次は日本初のフルタイム4輪駆動車のPX33です。
 

 

 ちなみにこの車は、パジェロをベースに復元された車両です。
 なのでよく見ると、いろいろと変な箇所がありました…(笑)


 

 そして戦後になり、スクーターを生産するとこから再スタートします。
 自動車メーカーで戦前に航空機の生産をしていたところは、
 戦争の影響を多大に受け、大体がこうした2輪車から再起を図ってますね。


 

 やがてコルトギャランGTOなどのスポーツカーを生み出し…


 

 パジェロでパリダカ参戦です。


 

 よーく見ると、ボディ後半はカーボンボディでした。


 

 足回りは長ーい、リーフスプリングです。


 

 こちらはサザンクロスラリーに参戦したコルトギャランです。


 

 自動車カルネで持ち出して、海外ラリーに参戦してたんですね。


 

 歴代のレーシングスーツ。


 

 バーンズというとスバルのイメージですけど、ランエボでサファリ優勝とかしてるんですね。


 

 その他にもいろいろ展示物はあったんですが、一番気になったのはコレです。
 FTOを電気自動車に改造した車両で、24時間連続走行に挑戦した車両です。


 

 24時間で2400km以上走行し、ギネス記録にも正式登録された車です。
 この車での経験が、i-MiEVやアウトランダーPHEVに非常に役立ったそうです。
 存在は知ってたんですが、初めて資料を目に出来て嬉しい限り。


 

 1時間ほど見学した後は、さらに西へ進み「スズキ歴史館」へ。


 

 浜松のスズキ本社前にある施設で自動車生産の仕組みと、
 スズキの歴史を学ぶことが出来ます。
 

 

 室内モックアップが、左ハンドル+MTの欧州仕様でテンションが上がりますw


 

 バイクのエンジンは、クレイモデルまで作るんですね~。
 エキゾーストは木で作製されてました。


 

 スイフトスポーツのカットモデルなんですが…


 

 なんと室内に座れました(!)


 

 それでシフトノブを動かすとケーブルが動いて、変速の仕組みが分かります。
 スズキさん、なんてマニアックな展示を…(笑)


 

 ついでに普段は見れない、Bピラーの中身を確認w


 

 走行実験の展示車両は、初代SX4でした。


 

 室内に目を向ければ、沢山の計測機器が搭載されてました。
 (ん? そのハンドルは、ナルディじゃない?)


 

 生産ラインの一部まで移設してありました。


 

 この黄色いのが欲しいです(笑)


 

 ちなみにこの生産ラインは、一部が稼働することが出来ます。
 ということで、シート取り付けラインの模様を撮影してきました。


 
 
 あと生産ラインの横には、ひっそりと最終試作モデルのキザシが置いてありました。
 左ハンドル仕様で、北米ありきの車だったことが伺えます。
 個人的には、これがスズキ歴史館のハイライトですw


 

 続いてフロアを上がると、スズキの歴史を辿るフロアになります。
 最初はトヨタと同じように、自動織機がスタートだったんですね。


 

 やがて国民車構想に乗って、スズライトが誕生。


 

 性能をアピールするためスターリング・モスのドライブで、
 イタリア-ナポリ-ミラノ間を、平均122kmで走破したフロンテSSや…


 

 オレ・タチ、カルタスのカルタスに…


 
 
 初代アルトワークスなど目白押しです。


 

 ちょっと残念だったのか、初代エスクードが後期型だったことです。
 しかも前後バンパーが伸びた、欧州仕様だったという…。




 個人的には、この初期型のエスクードが見たかったなぁ…。


 

 まぁでも、X-90が見れたので満足です(笑)


 
 
 しかも純正オプションのキャリア付きです。
 スズキもこの車を闇に葬ることなく、ちゃんと展示してくれるんですね。


 

 スズキ歴史館を楽しんだ後は、さらに西に進みます。
 磐田市にあるヤマハコミュニケーションプラザにやってきました。


 

 中に入ると先日開催された鈴鹿8耐を3連覇したので、その記念展示がされてました。


 

 その奥には、2000GTとLF-Aの贅沢な並びが見れました。
 各地にある2000GTを見ましたが、この個体が一番キレイですね。


 

 ここに来た一番の目的は、コレを見るためです。
JORDAN YAMAHA 192で、V12エンジン搭載車両です。


 

 V12エンジンなので、デカイです(笑)
 当時はそこそこパワーがあったそうなんですけど、
 時代は多気筒エンジンじゃなかったんですよね…。
 この時期を最後にして、ヤマハはF1から撤退します。


 

 あとヤマハなので、グランドピアノの展示もありました。


 

 カジキ釣りのシュミレーターもありました。
 これであなたも、松方弘樹です(笑)


 

 産業用ヘリコプター・電動自転車・電動車いす・バギー
 これら全てヤマハの製品です。


 

 その後はさらに西へ進んで、御前崎に出来た道の駅に行って帰ってきました。
 帰り道は全て下道で帰ってきたんですが、3時間半程で帰ってきました。
 1号線・23号線のバイパスが沢山出来てて、意外と早く帰ってこれました。


 

 12日は飛ばして、13日はオートプラネットのサマーグランドバザールに行ってきました。
 例年DMは届くものの、興味ある車が無かったので行ってませんでしたが…。


 

 今年は試乗イベントに、118dがあったので乗ってきました。
 118なのでパワー感が気になりましたが、これで十分ですね。
 8速AT+ディーゼルなので、踏んだ瞬間のダッシュ力が凄いです。


 ただM-sportではなく普通のsportなので、ちょっとリアタイヤが心許ないかな?
 縦方向のトラクションに対して、剛性感が無いためタイヤが撓むのが分かります。
 ただその分、乗り心地とかはいいですね♪


 ライントレース性も普通のタイヤなのに、コーナリング中に足しても引いてもOKです。
 特にステアを少しだけ戻しても、その分だけ忠実に車が反応してくれます。
 他の車なら、この領域はスポーツグレードです。
 1シリーズの普通のモデルでも、この走りとはさすがBMWですね。
 でも乗った瞬間に、車が小さくなる印象はありませんでした。



 以上が、今年の夏休みです。
 仕事したくないなー(笑)


 少しだけ↓フォトアルバムにUPしてみました。

三菱オートギャラリーのフォトアルバム
スズキ歴史館のフォトアルバム
ヤマハコミュニケーションプラザのフォトアルバム

 


 おしまい

 

 おまけ


  

 ミャンマーでは、左上のキャリイが今でも新車で買えるそうです。


 あっ、あと…。
 今回訪れた施設は、全て入場料などは掛かりません。
 ただ開館日が限定されているのと、事前予約が必要な施設もあります。
 下記に詳細を紹介しておきます。


 【三菱オートギャラリー】
 三菱自動車工業(株)岡崎製作所/技術センター内 技術本館1F
 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
 0564-32-5203
 事前予約:必要

 【スズキ歴史館】
 静岡県浜松市南区増楽町1301
 053-440-2020
 事前予約:必要(当日でも可)

 【ヤマハコミュニケーションプラザ】
 静岡県磐田市新貝2500
0538-33-2520
 事前予約:不要


 自動車の生産を勉強するにはスズキ歴史館で…
 お子様連れでも楽しめるのが、ヤマハコミュニケーションプラザですね。
 シュミレーターも沢山ありますし、夏休みはワークショップも開催してます。

 
Posted at 2017/08/14 00:34:44 | コメント(6) | トラックバック(0) | ルーテシアとの日常 | 日記
2017年07月30日 イイね!

ハシロクに参加しました~。



 どうもです。


 学生達は夏休みになるんですね。
 最後の夏休みって、何年前だったかな…。
 夏休みって、何して過ごしてたかな?もう記憶にありません(爆)



 それでは、本題です。


 

 今日は走るAsa-Roc!ということで、”ハシロク”に参加しました♪
 箕面~能勢をグルっと1周する、ツーリング企画でございます。


 

 脱207の会関西支部として参加することになり、事前に集まったんですが…。
 少しばかり遅れて、申し訳ありませんでした(汗)
 だって朝の5時に、東名阪が渋滞するとは思わないじゃない…(言い訳)


 

 少しだけお山を登って、ハシロクの集合場所に到着です。
 ブログで見ていた景色は、ココだったんですね。


 

 ヨースト君は集合場所のみで、ここで離脱です。
 たこ焼きを投げつける話、してくれましたか?(笑)


 

 NEWホイールいいですね♪


 

 一番の驚きは、なんといってもベールアリオンのルーテシアRSです。
 こちらはtake☆さんの、NEWマシンでした!


 
 
 簡単にドラミをしてから出発したんですが、
 北上するにつれて天気の方が…(汗)


 

 野間の大けやきを見ながら休憩。
 大きすぎて、フレームから飛び出します。


 

 近くにあった妙にデフォルメされた「マムシ注意」の看板。
 これなら嚙まれても大丈夫そう(笑)


 
 
 その後は亀岡あたりまで北上し、グルっと回ってきました。


 

 最後はトリトンで…


 

 モーニングを食べることに。



 

 
 
  お店から出て、駐車場でも話は尽きませんが…。
 ここで解散となりました。お疲れ様でした~。
 また来月も、よろしくお願いします。


 

 それで帰りは高速を途中下車して、いつものルートを経由。
 早く車高調完成しないかなー。高めのバネレートにしたので、ここで早く試したいw



 おしまい



 おまけ


 
 
素敵な並びです♪
ちなみにベールアリオンとは、緑色の宇宙人って意味らしいです。
詳しくはルノー東京有明のブログにて紹介されてます。

Posted at 2017/07/30 23:14:21 | コメント(7) | トラックバック(0) | Asa-Roc! | 日記

プロフィール

「お疲れ様でした〜。日程は月曜日に確認してきます。あれ?近江神宮は滋賀県だったような…。あれれ?(笑)」
何シテル?   09/24 00:02
プジョー206→207→ルーテシア3RSと乗り継いで、今に至ります。 最初はレガシィを買うつもり(280馬力が欲しかったw)が、気が付いたらプジョー206を買...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

おとなちゃれんじ 9月号 (御岳高原ヒルクライム & ふみふみカップ 特集号)  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/10 22:57:45
若狭湾を巡る③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/06 13:30:14
2017ぼくのなつやすみ1日目 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/24 22:41:14

お友達

お気軽にどうぞ♪
260 人のお友達がいます
同行二人同行二人 * どろゑびす特急どろゑびす特急 *
TakeTake * BKHBKH *
万葉万葉 * hiko206hiko206 *

ファン

81 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー ルーテシア ルノー・スポール ヒキシルバー(濃いめ) (ルノー ルーテシア ルノー・スポール)
207で19.5万キロ乗って分かったのは、自分にとって車とは「自由の翼」という存在でした ...
プジョー 207 (ハッチバック) ヒキシルバー (プジョー 207 (ハッチバック))
206で、約4万キロを走行し… タイヤやクラッチにロアアーム等々、要交換部品が多発。 費 ...
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
初めての愛車です。身近に乗っている人がいて、ずーっと気になってはいました。 いざ買う時期 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
207を修理に出している間の、最初の代車です。 昔のバイト先から、自分で借りてきましたー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.