• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月09日

新型シビックタイプRに試乗した。



 どうもです。


 ルーテシアを預けてから1週間になります。
 取り付けは終了してて、あとは細かい調整を残すのみとなりました。
 (ちょっと走って車高の再調整と、アライメント再調整をするとか)
 ということで車が無いので、気になる車を試乗してきました。



 それでは、本題です。


 

 試乗してきた車は、こちらのエンブレムが付く車…。


 

 そう新型シビックタイプRです。


 

 型式名称はFK8で、タイプRとしては4代目となります。
 ってことで、車両のご紹介。


 車両の紹介
 4560×1875×1435mm
 ホイールベース:2700mm
 トレッド前:1600mm/後:1595mm
 トレッド比:1.69
 直列4気筒DOHC16バルブターボ
 排気量:1995cc
 圧縮比:9.8
 320ps(235kW)/6500rpm
 40.8kg・m(400N・m)/2500~4500rpm
 サス前:マクファーソンストラット/後:マルチリンク
 タイヤ前後とも:245/30ZR20 90Y(コンチスポーツコンタクト6)
 車重:1390kg
 FF(6MT)
 JOC08モード燃費:12.8km
 車両価格:4,500,360円


 車両の概要

 

 公道レーシングカーとして生まれたタイプRシリーズ…
 その中でも末っ子だったはずのシビックも、ここまで大きく成りました。
 (お兄さん達は、全員どっか行っちゃったなぁ…)


 

 今回のモデルから、フロントサスがデュアルアクシスストラットになりました。
 ルノーはダブルアクシスって呼びますが、構造はどちらも同じです。
 路面の入力軸と車輪の回転軸を分離させて、ハンドリングの向上を狙うものです。
 (隙間から見た景色は、ルーテシアやメガーヌと同じでした)


 
 
 フロア後半は意外と、ゴチャゴチャしてる印象。
 3本出しマフラーは基本的に左右で排気して、真ん中でサウンド調整するそうです。


 

 正面から見ると、意外と開口部は少ないです。
 空気が入る場所より出る場所を重視してるのか、これだけ足りるみたいです。


 インテリア

 

 歴代タイプRと同じように、赤を基調としたインテリアです。


 

 メーターは殆どが液晶です。
 タコ・スピードは液晶表示で、モード切替によって意匠が変化します。


 

 この専用シートが最高です。
 これを取り外して、ルーテシアに付けたいです(笑)
 ホールド性・快適性・質感のどれをとっても、高いバランスでした。
 肩や太ももではなく、腰を支えるシートですね。


 

 リアシートも専用形状で、4人乗りになります。
 収まれば快適ですが、太いサイドシルと張り出したシート形状のため…
 乗り降りは結構大変なのと、乗り心地も厳しいらしいです。(営業マン談)
 (これだけの車重を支えるので、リアは固くて当たり前だよなぁ…)


 エンジンとミッション

 

 EP3から搭載されたK20Aに、ターボを付けたK20Cです。
 K20Aと言えば高回転NAエンジンで、弾け飛ぶエンジンフィールが特徴でした。
 タイプRの名前を支えていたのは、エンジンと言っても過言ではないと思います。


 ターボが付いてどうなったかというと、レスポンスは抜群にいいです。
 踏んだ瞬間にパンッと加給が始まって、ターボラグは全く感じません。
 確かにNAと比べると落ちますが、それにしても悪くないレスポンスです。


 パワー的にも、かなりのものがありました。
 軽い気持ちでは踏めないパワーがあって、もうFF車の限界点だと思います。
 3速ハーフスロットルで、段差に前輪が負けちゃうぐらいです。
 

 

 あとストラットタワーとバルクヘッドが、繋がっていませんでした。
 補強のプレートは入ってますが、ちょっと意外でした。
 

 

 シフトフィールは最高の一言です。
 やや前後ストロークが短すぎる印象もありますが、慣れで解決する範囲かと。
 シフトゲートがしっかり分かるフィールや、重さなど最高でした。
 回転を合わせて手の中でクルっと飛ばすと、そのギアにスポっと入ります。


 あとヒール&トゥーも簡単に決まるんですが…。
 それは車が回転を合わせてくれてるからでしたw
 あれ? ちょっと足りない? と思っても、車が合わせてくれます。
 嬉しいような、悲しいような…(苦笑)


 ハンドリング

 

 足元は20インチの、コンチスポーツコンタクト6です。
 ブレーキはブレンボ付きで、フィーリングは少しカックンブレーキ傾向(汗)


 ストロークではなく踏力でコントロールするブレーキで、
 初期からストッピングパワーがかなり出てきます。
 少しだけの減速などの、繊細な操作は難しい印象でした。
 

 

 リアは前に比べると、かなり小さいブレーキでした。
 

 
 
 試乗コースがアップダウンが程よくあって、意外と楽しめるコースでした。
 そこを軽く流してみた印象としては、よく出来たFFスポーツカーでした。
 

 

 まず何より、エンジンマウントのセッティングが素晴らしいと思います。
 スロットルでエンジンを揺すってみても、スナッチが全く出ません。
 FFはマウントも駆動系だと思いますが、これだけで感動です(笑)
 踏んだ瞬間の蹴り出しはパワーもさることながら、このマウントも大きいはず。


 そして気になる電スロですが、個人的には全く気になりませんでした。
 微低速域で舐めるように踏んでも、キレイにスロットルが付いてきます。
 どこかでガバっと開くこともなく、非常にリニアに感じました。


 乗り心地も含めての、ハンドリングはというと…。
 20インチとは思えないぐらい、乗り心地はかなりいいです。
 この良さはタイヤ性能と、初期からバンプラバーに当てる足だからだと思います。


 最初からストロークさせることは、あはまり考えてなくて…
 タイヤのゴムとバンプラバーのゴム、この2つで乗り心地を作ってる印象です。
 (でもこういう足って、賞味期限短いと思うんだけどなぁ…)


 なので走らせ方も、ストローク量をコントロールして走らせるのとは真逆です。
 短いストロークの先にある”撓む”領域を使って、路面を掴む走りです。
 荒れた路面はタイヤ性能・空力などの各種デバイスで補う印象がしました。


 なので日本の山で転がすには、凄く乗りやすくて速いと思われます。
 最後まで車を信じて、ガバーっと踏めばミラーに写る車は少ないでしょう。
 ただ車との対話を楽しめるかというと、それとは違う方向性ですね。
 (今の車って、大体こんな感じですよね)


 車との対話が楽しめる領域は、サーキットのみの結構な領域かな?
 楽しむためにはそれなりのスキルと、リスクがありそうな印象です。
 正直自分では、踏み込めない領域だと思います。


 

 だた基本的な曲がりとしては、常にニュートラルです。
 長いアームに支えられたリアが、キレイにストロークしてくれます。
 ベタ足過ぎず、ツルツル系過ぎないリアです。


 あと電動パワステは、3つのモードがあります。
 コンフォート・スポーツ・Rモードで、アシスト量とギア比が変化します。
 (ダンパーの特性も変化するらしいですが、体感出来ず…)


 個人的にはスポーツだけでいいです。
 Rモードはステア途中から、変な風に反力を出してくるし…。
 コンフォートはギア比がローすぎて、車に合わないです。


 スポーツモードで走る限り、路面からのインフォメーションは結構あります。
 というよりグリップ力が圧倒的過ぎて、”接地してる”という印象しかないですw
 もっと路面状況が悪い環境で乗ると、より車の特性が分かりそうです。


 総論

 

 FD2に乗った経験からすると、別の考えを持ったタイプRだと思います。
 公道レーシングカーから、クラス最速スポーツカーになったのかな?
 そうやって考えると、このリアウイングもピッタリです。


 ルーテシアRSも変わったように、これからタイプRも変わっていくんだと思います。
 せっかくなら、この路線を突き詰めて欲しいですね。
 フィットにもタイプRとか、アコードにユーロRとか復活させて下さい。


 おしまい


ブログ一覧 | 試乗した | 日記
Posted at 2017/10/09 00:34:08

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

シビックタイプR FK8試乗
コウキRさん

シビックタイプR試乗
まっちゃん.さん

シビックタイプRに試乗
アレキ200さん

シビックタイプR試乗
鈴木☆Qさん

シビックタイプR乗ってきました!
りゅうえもんさん

新型シビックタイプR試乗!!
Gerbera-ITRさん

この記事へのコメント

2017/10/09 18:21:58
かっこ・・・いいのかなぁ
自分にはわからん
コメントへの返答
2017/10/09 21:35:35
僕も正直、どちらとも言えない印象です。
リアウイングは効果もありますし、ルームミラーからの視界も邪魔しないのでアリだと思いますが…。
バンパー下部の、スポイラー形状がちょっと気になります。殆どのダクト部分が塞がれているので、もっとスッキリさせたデザインになったらなぁ…と、思います。
2017/10/09 21:07:04
こんばんは~。

もうタイプRの試乗車が出ているんですね!

ワタシも、元FD2タイプRに乗っていた身として、大変興味深いインプレでした、ありがとうございますm(__)m

シビックもEK9からFD2までは、どちらかというと、自分の腕を磨きつつ、クルマを「ちゃんと」走らせてやらないと、速く走れないし、楽しくない感じなのに対して、新型はある程度誰でも速く・快適に走れるという感じなのですね。

最近のクルマは、どれもそういう傾向にあると思いますが、なんか骨っぽさみたいなのが無くなりつつあるようにも感じて、寂しい気も・・・
そう思うワタシが古いのかもしれませんが・・・(^_^;)
コメントへの返答
2017/10/09 21:56:04
こんばんは。

各県で数台ずつ試乗車が出回っているようです。ただ店舗によっては、試乗に年齢制限を設けているお店もあるそうです…(汗)

>新型はある程度誰でも速く・快適に走れるという感じなのですね。
乗りやすさでは、古今東西のMT車の中でもピカイチだと思います。
本当に誰でも、ある程度の領域まで走れる車です。

車の作り方が上手になって技術も進んだので、こんな方向性になってしまう理由の1つだと思います。
2017/10/09 22:40:02
下手くそな自分としては、回転を合わせてくれるのは、嬉しいかも(笑)
カタログだけ見て判断してしまうと、
全幅1875mmと最小半径5.9mっていうのは、コンパクトハッチの良さ無しだし、20インチの30ってサーキット走るのにも向かないと思うんだけど...

乗ると、そうでも無いのかなぁ~TV(スーパーGT)のインプレでも、インプレッサSTIよりシビックRの方が、総合的に良い!って言ってたし...

コメントへの返答
2017/10/10 10:28:18
僕はありがたく思う反面、これなら別にMT車じゃなくてもいいような…?と、思いました(笑)

シビックという名前ですが、日本では持て余すサイズになってきました(汗)
最小回転半径が異様に大きいのは、足回りの構造が複雑なため、タイヤの切れ角が極端に少ないためです。ルーテシアも同じ構造で、同じように小回りが利きません(苦笑)

見るからに薄いタイヤなので、縁石は乗りたくないですね…。
ただ今回のモデルの性能を楽しんだり、車との対話を無理なく楽しむにはサーキットしか無いと思います。サーキット向きというよりは、サーキットでしか生きていけない車と表現すべき乗り物だと感じました。

シビックタイプRというと、もっと身近な環境で楽しめた車だったはずなんですけどね…。

そのTVを見てないので、なんとも言えませんが…。個人的にはSTIの方が、総合的に見て上だと思います。
STIも乗ったことがあるんですが、トラクション・4輪に掛かる荷重バランス・エンジンなど、どれを取ってもタイプRより上の印象でした。
2017/10/09 23:17:50
インプレッサ→WRXみたいに、この車もシビックって名前を止めたらいいと思うんですけどね。
今までとは全く別の車ってことで。
お兄ちゃん達も帰ってきそうにないですし(笑)
でも弟は増えて欲しいですね( *´艸`)
コメントへの返答
2017/10/10 10:33:47
シビックの名前を止めるのは正解だと思います!
WRX・GT-Rも独立した1つの車になってきていて、タイプRもその路線の方がイメージ的にも良さそうですね~。

NSXにタイプRは出なさそうなので、ぜひフィットに出して欲しいところですね。スイフトスポーツに、ガチンコで当たって欲しいです(笑)
2017/10/10 08:56:28
TVの紹介で見た限りでは、アクセルを全く煽らなくてもシフトダウン時に回転を合わせてくれるみたいですね。ここまでやるならツインクラッチで良いのでは?
とも思いますけどね(変速の速さは絶対的にMT<<ツインクラッチなので)
私はシビックはEGくらいが限界だなぁ。106大事に乗らなきゃ。
コメントへの返答
2017/10/10 11:53:47
アクセル操作も不要なんですね(驚)
そこまでするなら、僕もMTは入らないと思います。ツインクラッチにした方が、間違いなく速いでしょうし…。より幅広いユーザーに受けるはずですよね…。

僕はFD2が限界です。全幅1.8mが気軽に振り回せる、個人的な限界サイズです(笑)
2017/10/14 09:47:33
ホンダ、プジョー、ルノーと乗り継いでおられる方のコメント、大変参考になります。
ニュルのアタック動画もメガーヌと比べるとずいぶんバンプしているので、フランス車の路面を舐め尽くすような走りを味わってしまうと、戻れないですよね。笑
うちの近所のディーラーにも入ったようなので、一度乗ってきます。ウシシシ😏
コメントへの返答
2017/10/16 12:00:34
ニュルをアタックした車輌ですが、ロールバーが入ってて”市販車っぽい”車になってます(苦笑)
その点、何も手を加えずにタイムを叩き出すメガーヌは流石だと思います。
仰るように路面を掴む足なので、パワーがライバルに少なくても、あれだけのタイムが出るんだと思われます。

試乗した感想、またお聞かせ下さい~。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「明日は起きれたら、高雄サンデーミーティングに行きます。」
何シテル?   12/10 00:12
プジョー206→207→ルーテシア3RSと乗り継いで、今に至ります。 最初はレガシィを買うつもり(280馬力が欲しかったw)が、気が付いたらプジョー206を買...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

PIVOT DUAL GAUGE タコメーター (DXT/DXT-H/DST) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/04 22:51:13
外してみたら結局Valeo 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/22 21:48:30
車高調メンテナンス1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/13 23:29:45

ファン

85 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー ルーテシア ルノー・スポール ヒキシルバー(濃いめ) (ルノー ルーテシア ルノー・スポール)
207で19.5万キロ乗って分かったのは、自分にとって車とは「自由の翼」という存在でした ...
プジョー 207 (ハッチバック) ヒキシルバー (プジョー 207 (ハッチバック))
206で、約4万キロを走行し… タイヤやクラッチにロアアーム等々、要交換部品が多発。 費 ...
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
初めての愛車です。身近に乗っている人がいて、ずーっと気になってはいました。 いざ買う時期 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
207を修理に出している間の、最初の代車です。 昔のバイト先から、自分で借りてきましたー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.