• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コンクリートロードのブログ一覧

2016年02月22日 イイね!

放談、内掛けステアリング操作が必要な理由とは?

クルマを運転する、と一言にいっても、考えてみればその内容は多岐にわたる。しかし、そんな中で、初歩的でありながら永遠の課題(←少し大袈裟)と言えるのは、ステアリング操作だと思う。

他の多くのご同輩と同様、子供の頃からクルマの運転を夢に見ていた私が運転技術の習得を自分事として捉え始めたのは、中学生の時に読み始めた「OPTION」誌に連載されていた望月修氏によるドラテク理論のコーナーからだったと記憶している。その記事の中でも、もちろんステアリング操作については相応の誌面を割いて解説されていた。印象的だったのは、大きな舵角を切るときの腕の運び方で、教習所で教えているような腕をクロスして持ち替える方法は推奨していなかった。たとえば右旋回するならば右の手を45分の位置まで移動してから回す、という切り方である。こうすれば270度以上の舵角が一気に切れる。
この方法は私の頭にすっかり定着し、実際に運転免許を取得した18歳以後、現在に至るまで、大きな舵角は、この切り方が基本になっている。

話は前後するが、高校生の頃、「OPTION」誌の臨時増刊で、自動車評論家の岡崎宏司氏が監修したテクニックブックが販売され、それを購入して何度も読み返し、知識だけは蓄えていった。その誌上では、ステアリングの切り方には決まったルールは無いと断った上で、曲がる側の手を主役とした切り方が推奨されていた。また、腕をクロスする持ち替えよりも送りハンドルが推奨されていた。欧州では送りハンドルが一般的である、と。

しかし送りハンドルについては否定的な意見もある。何かのテレビ番組で、レーサー(当時)の星野一義氏がサーキット初心者の芸能人の横に乗って運転を指南するという何とも羨ましい企画があったが、そのとき送りハンドルをしようとしたドライバーを厳重に注意していた。

時代は一気に下り、社会人になってから、某自動車メーカーの技能員から運転訓練を受ける機会に何度か恵まれた。その中では、ステアリング操作については切り始めの操作は望月氏のものとは異なり星野氏と同様、9時15分の状態を保ったまま両手で回し、舵角が大きくなったらクロスで持ち替えて切り足すスタイルで再教育された。

結果、私の中では、小舵角:そのまま切る/大舵角:曲がる側の手でお迎えして切る
概ねそんなスタイルが定着し、今に至っている。
これらの一連の操作論の中で共通して言われていたのが、内掛け式の操作(ハワイアンスタイルと呼ぶ人もいる)は厳禁である、ということ。
理由はきちんと聞いてないし覚えてないが、先人の知恵と経験の蓄積として推奨されないものを敢えてやってみようとも思わないので、行った上での不便さや危険さも知らない。
しかし、想像するに、切り足しをする必要が出たとき反対の腕を持って行きづらいし、手首の位置が遠くなるので舵角が大きくなると肩がバックレストから離れてしまいドラポジが乱れる、といった事が主な理由なのだろうと思う。

そんな内掛け式の操作に関して、必要性を唱えた文を見た。その要旨は、「パワステが無い車両では、操作が重いので内掛けでないと回せない」というものだった。

クルマにパワステが無いとき、内掛け操作でないと回せないのだろうか?
たしかにパーキングスピードではそれなりに重いが、普通乗用車であれば特に内掛けを使わなくても実用上充分に操作可能である、というのが私の結論である。
実際に多くのパワステ無し車両を運転してきた私の実感である。

私が運転免許取得のために練習場(注:教習所ではない)で乗っていた’79年式前後のセドグロやクラウンには、パワステは付いて無かった。免許取得してから乗り始めた’76年式のブルーバードSSSやその後の’86年式シビックSiにもパワステは付いて無かった。
そして、それらすべての車両において内掛け操作の必要性は無かった。
’84年式スカイラインRSターボもパワステベルトが切れて使えなくなった状態で市街地を200kmほど走ったが、同じく内掛け操作を行わなくても操舵は十分に可能であった。
付け加えるならば、私の腕力は人並み程度であり、シビックとスカイラインにはφ35のモモコブラのステアリングホイールが付いた状態であった。

ゆえに、件の、内掛けによるステアリング操作が必要と唱える方には、単にステアリングが重いから、という以外の別の理由があるのかも知れない。
実際、ハワイアンスタイルという別名があるくらいだから、もしかししたらハワイではこのような操作スタイルが一般的なのかも知れず、もしそうなら一般的になる理由がある筈である。
誰か、その理由を知っている人は居るだろうか?
Posted at 2016/02/22 21:06:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年02月20日 イイね!

逆転、したかな?

今朝は「NHKニュースおはよう日本」の終盤の頃に目が覚めた。
女性レポーターの甲高くやや興奮した声が断片的に耳に届く。
「…学生が…自動車を…カスタマイズ…外観を改造したり…高性能にしたり…」
細かい語句は覚えてないが、そんな単語に敏感に反応して急に頭が冴える。

むくっと起き上がり、テレビを観る。

すると、駐車場らしきアスファルトの広場にズラリと並んだ改造車。

千葉県にある大学のようで、しかもこういった自動車の改造について学ぶ学科のようで、並べられたクルマたちはぜんぶ学生たちの作品だそうだが、これが実に見事なのである。

レポーターに紹介されていたのは、
初代ユーノスロードスターがベースと思われる、外観を昔のプリムスバラクーダー風にしたホットロッドや、
その隣にはU11ブルの前期型をベースにした千葉県らしい初詣車両などであり、
しかもすべて公認を取っているようである。

ほかにも気になるクルマがあり、明らかに中身を弄っている風なのもあったが、時間の関係もありそちらにはカメラは向かず、次に、手前の通路へ別な「作品」が次々にゆっくり走ってきて紹介された。

まずはスズキツインがベースの電気自動車。フロントがロールスロイス風に改造してあった。
次にホンダバモス(1boxの方)がベースで、鶴をイメージしたというクルマ。
最後に、ダイハツアトレー(と思われる)がベースのトレーラーで、曳かれているいる車両の内装が和風になっているところを時間をかけて紹介していた。

若者のクルマ離れが言われて久しいが、こういった若者がしっかりと育っているのは実に頼もしい限りである。

…とまあ一気に中継の概要を書いてしまったが、

私が一番「おっ!」と思ったのは、
中継を見ているスタジオの進行役のキャスター二名の顔が入れ替わりに画面右下に小さく出るのだが、
終盤にパレードしてきた三台のなかで二台目、鶴をイメージしたというクルマのフロントビューが映し出され、後部ドアが跳ね上がるように開くくだりで、画面右下に映っていた上条倫子アナウンサーがぽつりと
「ガルウイング…」
とつぶやいたのである。

上条アナウンサーは、現在平日の朝6:30からを担当している和久田麻由子アナウンサーが登場するまでは、私の一番お気に入りだったアナウンサーで、とても魅力的な人なのだが、この
「ガルウイング…」
発言で、おお、知ってるね!
と思い、好感度がさらにアップした次第である。

補足。
タイトルの「逆転」は、この最後の部分を説明しているわけでして……そんだけです(^^;)
Posted at 2016/02/20 10:12:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2016年02月11日 イイね!

自分の子供が運転するクルマに乗れる日…に向けて。

長女が自動車教習所へ通い始めた。
今年受験生だった長女だが、早々に進路を決めている。入学後は色々やる事が多くて忙しいだろうからと、比較的時間があり、かつ春休みの混雑が始まる前の今の時期に免許を取ろうという算段だ。
一方、免許取得可能年齢に達して久しい長男は、四輪はおろか原付免許さえも持ってないし取ろうという気も無い。思えば長男の生活にもクルマは深く関わってきたと思うのだが、自分で運転することや、まして自分のクルマを持つ事への関心は無いようである。男子のクルマ離れは深刻な問題である。
もっとも、長女にしても、クルマが好き!とか運転が好き!などという無邪気な動機は無く、今後、社会人になるに備えて持っておくべき資格の一つ、として捉えているようだ。ドライである。そうは言っても紙切れの資格で済ませる積りも無いらしく、免許を取ったら感覚が鈍らないように用事が無くても定期的に自宅周辺を一回り運転しようなどと言っている。親バカ発言になるが、努力家の長女らしい。
動機はともあれ、また将来の進路はどうであれ、実際にクルマを操って初めて判る事は多い。そんな中で長女のクルマ観が良いように(クルマ好きな親の都合の良いように?)変わってゆけば良いな、などと思ったりする。
Posted at 2016/02/11 11:35:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | 日記

プロフィール

「[整備] #イプサム 夏タイヤ、新品に交換(そしてダウンサイジング) http://minkara.carview.co.jp/userid/555630/car/480137/4322584/note.aspx
何シテル?   07/02 16:59
クルマを通じた日々の暮らしのワンシーンを切り取ってます。 みんカラを始めた頃はC系ワゴンRを弄って走らせて楽しんでおりましたが、諸般の事情により平成26年12...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

リンク・クリップ

洗車、ナビモニター庇修正 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/21 15:15:24

お友達

突然のお誘いには応じかねます。原則として、オンラインもしくはオフラインで何らかの絡みがあった方に限定しております。
あまり頻繁な記事のアップは行っておりません。
コメントを頂いても返信に数日かかることもあります。

「細く長くのお付き合いでも良いよ~」と思う方のみ、お願い致します。
27 人のお友達がいます
佐野K佐野K * 紅の猫紅の猫 *
アナザージジィーズ Missionアナザージジィーズ Mission * 夕ク口イ千夕ク口イ千 *
にー丸にー丸 * gonnbegonnbe

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ イプサム トヨタ イプサム
'07年10月購入。 ワゴンR無きあと、我が家の唯一のマイカー。 飯田に住んでいた時は ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
'04年5月、中古で購入。'14年12月売却。 家計への負担にならぬよう気を遣いなが ...
日産 ダットサンピックアップ 日産 ダットサンピックアップ
'94年4月に新車で購入。 カートレースをしているうちに、公道はゆっくり走ろうという気持 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
’89年5月、中古車で購入。 高校生の頃から憧れのクルマだった。 ターボCであり多少マイ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.