• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

**しゃん**のブログ一覧

2013年09月29日 イイね!

国宝に・・・やっほー!信州「松本城」。

国宝に・・・やっほー!信州「松本城」。全国の皆様、どうもこんばんは (^^ゞ

9月最後の日曜日。新潟市は真夏並み
陽気に恵まれました。あまりに暑すぎて
私のデリケートなお肌が心配 (^_^;)
夏が大好きな私にとって、今日の灼熱は
むしろ快感と言ってもいいでしょう(笑)。

それはそうと・・・久しぶりの土曜日休みだった28日。急に思い立って
ちょいとご近所(爆)長野県にスッ飛んでまいりましたぁ =3=3

訪れたのは国宝「松本城」。こくほーって重厚なイイ響きですよね (^^ゞ
歴史にはあまり詳しくないのですが、ぜひ一度見ておきたいと思い
秋の信州を駆け抜けました。

お時間がございましたら、パソコンやスマホ画面でクルクルお付き合い
下さいませ。ひと足先に、一番下でお待ちしております(笑)。


前日の残業を終えて帰宅。およそ5時間の睡眠から目覚めたのは
午前3時(笑)。寝過ごすのもナンなので・・・そのままレッツらゴー♪



ちょうど「あまちゃん」の最終回が放送されていた8時過ぎ、松本市
に到着しました。早い離陸だったので、時間つぶしにひと苦労(爆)。
最初に訪れたのは、代表的な観光名所「旧開智(かいち)学校」



明治9年(1876年)に建てられた、日本で最も古い小学校のひとつ
と言われ、美しい擬洋風建築が特徴です。昭和36年には、国の
重要文化財にも指定されました。入館料は300円です (^^ゞ



歩くほどにミシミシッと床がきしむ木造校舎。このノスタルジックな
教室がどこか懐かしい。卒業生ではありませんけど(笑)。



さて・・・そこからわずか5分ほどで、待望の「松本城」に到着でーす!
ほぉほぉ、やはり「国宝」のオーラを感じますわぁ (o^^o)
私の駄作では伝わりませんが、ホンモノのお城はカッコイイ♪



いまさら私などが説明するまでもありませんが(汗)お城の内部は
かなり急な階段になっています。下りるほうが怖いです (^_^;)



詳しいことは良く分かりませんが(←もっと勉強してから行け~笑)
鉄砲がいっぱい展示してありました。こちらは火縄銃かしら?



もちろん火薬も準備オッケィ(爆)=3=3



ここから場面が変わりまーす (^^ゞ お城をサクッと見学した私は
次なる目的地へ移動。松本の奥座敷と言われる「浅間温泉」へ。
ガイドブックにはお城から10分と書いてあり、ホントかよ~と若干
疑っておりましたが、なるほど・・・確かに10分で着きました(笑)。



数ある中から、本日は「ホテル井筒」さんにお邪魔いたします。
泉質は弱アルカリ性。源泉温度52℃の名湯を引く露天風呂で
幸せちゃぽんのひと時♪ あ~今日も生きてて良かったわ (^^ゞ



お風呂上がりで熱いまま、ランチタイムに入りましょう。数軒先の
旅館でお蕎麦の案内板を発見!和風モダンの素敵なお宿です。
キレイなお姉さんに注文したのは、お得なランチセット(1400円)。



結構なボリュームのお蕎麦に、こちらの鉄火丼が付いてまいります。
山菜の小鉢と熱い蕎麦湯でしめて、ごちそうさまでした (o^^o)



ふぅ~食った食った(笑)。お腹が満たされたところで、再びお城周辺
まで戻って来ました。こちらは、観光客にも人気の「ナワテ通り」
風情ある長屋造りのお店が連なる商店街をのんびり歩きます。
あらあら? これまた偶然~素敵なお姉さんが目の前を(爆)♪



この「ナワテ通り」は、カエルちゃんがマスコットなんですって☆
なるほど、確かにかわいいですけど・・・見てるだけ~ (^_^;) オイオイ



松本散策の最後に、蔵を利用したカフェに足を運びます。注文した
ケーキは、ご近所のお店から運んで来ているそうで、そのままポン
が非常に残念(汗)。ガイドブックで紹介されている人気店だけに
さらにひと工夫あると嬉しい(本格コーヒーは美味しかったです)。



信州ツアーも、いよいよ終盤。帰りは高速に乗らず、新潟の糸魚川
(いといがわ)まで繋がっている国道148号を走ります。途中で
見えてきた、かわいい(?)湖で小休憩 (o^^o)



恐ろしい睡魔と戦いながら(汗) 快速BMWは白馬村で再び休憩。
秋らしい景色にホッとココロが和みます。



初秋なのに晩秋を思わせる牧歌的な田園風景。季節は進みます。



城下町の風情と歴史ある温泉に癒やされた、週末の信州旅。
収穫期を迎えたお米のように、実りある一日となりました (^^ゞ

本日も、こんな下の下までスクロールして頂き、誠にありがとう
ございました。まもなくエレベーターで上にまいりまーす(笑)=3=3
Posted at 2013/09/29 21:48:09 | コメント(6) | トラックバック(0) | 県外ドライブのお話 | 日記
2013年09月23日 イイね!

「じっとしてなさい」ホリデー☆

「じっとしてなさい」ホリデー☆全国の皆様、どうもこんばんは (^^ゞ

去りゆく夏をつかまえられず・・・
日を追うごとに「秋がグイグイと深まって
まいりました。各分野でご活躍の皆様は
いかがお過ごしでしょうか?全国の美味しい
秋の実り・・・お待ちしております(笑)。

さてさて (^_^;) ここ最近、ヒラ社員ながらも残業続きで忙しかった私。
先週は
社員旅行(=貴重な日曜日を持っていかれました)と台風接近
トホホな連休だったのですが、今日もまた、会社関係のご不幸などで
ちょっぴり予定していた遠出が出来なくなってしまいました。
社会人たるもの・・・こればっかりは仕方ありません(汗)。

そんなワケで、どなた様も期待していない(笑)久しぶりの地味ブログ。
遠出が出来なかった秋の一日に、どうぞお付き合い下さいませ (^^ゞ


世の中的には連休最終日。絶好の行楽日和ながらも、夕方からの
「出動」に備えて、近所でじっとしていることになりました (^_^;)



朝イチで向かったのは、地元ローカルラジオ局の公開生放送
こちらの素敵なお姉さんは、以前も何度かご紹介しておりますが
県内では有名なパーソナリティさんです。サイン&握手は昨年に
済ませてあり(笑)ご挨拶出来る関係になっております (^_^;) ヒヤヒヤ



続いて向かったのは、新潟市からほど近い「村杉温泉」というところ。
こじんまりとした温泉地ながら、ツウ好みのお客様が県外からも多く
いらっしゃいます。こちらは300円で入れる外湯の露天風呂
いつもはお宿専門の私ですが、今日は珍しく挑戦しまーす (^^ゞ



無人の発券機に300円を入れまして、いよいよレッツらゴー♪
気の利いた設備なんてありませんよぉ~ザ・脱衣所のみ(笑)=3=3



で・・・キターーーーッ!この野趣満点の雰囲気が最高でーす♪
お湯の温度、そして深さ。300円とは思えない幸せ指数に感謝。



はい~次いってみよう(笑)。時間がないのでランチに突入 (^_^;)
お風呂上がりで熱いのに、揚げたてカキフライをチョイスしたため
ますます汗が止まりません(爆)=3=3



MAXなお腹を支えながら、じーこで新潟市に戻ってまいりました。
午後のひと時は、私らしくない(笑)高校野球の観戦でーす♪
ちなみにここは、2009年に完成した「ハードオフ・エコスタジアム」。



そのすぐ向かいには、アルビレックス新潟のホーム「ビッグスワン」
がありますよぉ(※サッカーも特に興味ありません・・・爆)。




えーっと私・・・野球はおろかスポーツ全般に興味はないのですが(笑)
高校野球だけは別で、たま~に見に行きます (^_^;)
ちょうど「北信越の秋季大会」とかいう試合をやっていて、今日は
その決勝戦。新潟では常連校の「新潟明訓」対「日本文理」でした。



我が家の弟クンが新潟明訓のOBなので、当然同校を応援 (^^ゞ
でも残念ながら1点差で負けてしまいました~。



まぁいいさ・・・ブルーベリーパフェで、爽やかな青春の続きを(笑)。

真夏のように暑かった秋の一日。近所を走り回った割には、それなり
に有意義な休日だったと、いま改めて思いました (^_^;)

そう言えば・・・皆様は
地元ローカル局で人気のアナウンサー
ラジオの方々などを目の前で見たことはございますか?

あれあれ?都会にお住まいの皆様は全国のキー局かしら?(^^ゞ
Posted at 2013/09/23 23:12:12 | コメント(9) | トラックバック(0) | 何気ないお話 | 日記
2013年09月12日 イイね!

最初から・・・「付けたオプション」同窓会 (o^^o)

最初から・・・「付けたオプション」同窓会 (o^^o)全国の皆様、どうもこんばんは (^^ゞ

今日は「新しいりんご」の発表会があり
ましたね。ついに某社も参入し、端末も
さらに進化した模様。でもいいの・・・
私は「小さなりんごの4番目S」が大好き
なんだから振り向かなーい(笑)。

と・・・旬のフルーツを味わう秋の夜長 (^_^;) 今宵もみんカラっぽく(笑)
クルマのお話を少しだけ綴ってまいりまーす♪

テーマは「納車時に最初から付けたオプション品」のあれこれです。
もちろん私も、購入後にゆっくりと各愛車を育ててまいりましたが
最初から一気に飛ばすのも、またオツ(爆)なものです (^^ゞ

いろんなパーツが集まる「今夜限りの同窓会」。それではスタート!



今ではパタッと進化が止まった(笑)ウチの戦闘機 (^_^;)
納車された2007年5月は、まだこんな姿ではありませんでした。



購入前から眺めていた、おなじみのアクセサリーカタログ。高額品
にため息をつく一方「おいおい~こんなの一体誰が買うんだ?」的な
珍品パーツまで盛り沢山(爆)。穴が開くほど読みましたよぉ (^^ゞ



早速ですが、こちらはクルマ本体のカタログ。私なんかが説明する
までもなく、Mスポーツの標準パネルは、ご覧の通りシルバーの
アルミタイプでした。でも私・・・車内は「ウッド派」なんです (^_^;)



なので、新車注文の最初から「ウッド・トリム」に交換しました♪
今更ですが・・・パネル全交換で196,560円も掛かっていたとは
ローンに混ぜておいて良かったわぁ(笑)。



おかげさまで、ホッと落ち着くインテリアが完成!Mスポーツ乗りで
ここまでウッド調にしている運転手は、私くらいでしょうか?(^_^;)



続いてはご存知「キドニーグリル」。オプション品ではないのですが
味気ない4発用(真っ黒)から、クローム仕上げの6発用に交換。
その後、BMWパフォーマンス製の黒グリルにサクッとチェンジ☆
今では段ボールに押し込まれて寝ています(笑)。



ウッドパネルに合わせて、シフトレバーも統一するのでござ~る (^^ゞ



こちらが実物でーす。あらっ、やっぱり素敵だわ (^_^;)



その勢いで、左手のブレーキレバーもレッツらゴー♪



あ~このリアルウッドのテロンテロンな手触りがたまりません(笑)。



更にいきますよぉ (^_^;) 調子に乗って、足下のお洒落も最初から。
でもしばらくして、3Dデザイン製のアルミペダルセットに変更。
取り付けビスの位置が全く一緒だったため(汗)交換可能でした。



そして、こんなモノも最初から装着しておりました (^^ゞ
しかし数年後・・・アルピナ製のリアスポイラーを取り付けるため
ディーラー経由~腕のイイ工場で、一気に剥がして頂きました。

よくよく考えると、最初に取り付けた純正パーツを結構ハズして
いるのが分かります (^_^;) ヒヤヒヤ



極めつけはコレでしょう!純正のナビ・パッケージ。i drive非装着車
には嬉しい「モニター山」付きのセットなんですけど、DVDだし
カタカタ振動で動くし(汗) 249,900円の貫禄はさすがです(爆)。
日本全国で装着しているのは、私だけかも知れません (^_^;)



ここでちょっぴり脱線しまーす(笑)。部屋でカタログを眺めていたら
懐かしいモノを発見。私の前車だった3シリーズ(E46)です。
これは前期ですが、購入した「318i」は後期モデルでした (^^ゞ



初めてのBMWで、ものすご~く大切にしながら乗っておりましたが
3年半後に襲われてしまい手放すことに・・・(過去ブログ参照)。



暗い思い出はともかく (^_^;) 購入前に、このインテリア写真を何度も
見ては、輸入車の放つ魅力にウットリする毎日でした。
この古き良きBMWの香り・・・今見ても、大変素敵だと思います。


ご自身で選び抜いたマシンを愛してやまない全国の皆様。
新車・中古車を問わず「納車時から取り付けたオプション品」
あんなモノやこんなモノはありますでしょうか?

よろしければ、当時のエピソードをお聞かせ下さぁーい (o^^o)!
Posted at 2013/09/12 00:10:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマのお話 | 日記
2013年09月08日 イイね!

江戸昭和・・・ついでにドイツも群馬県♪

江戸昭和・・・ついでにドイツも群馬県♪全国の皆様、どうもこんばんは (^^ゞ

今日は「朝イチの五輪決定」から始まり
ましたね。あんまり興味はないのですが
新潟のような地方都市に何かメリットは
あるのかしら?と一段冷めている私(笑)。

さてさて~そんな今宵 (^_^;) 9月最初のブログ旅にお付き合い頂けたら
幸いです。久しぶりの土曜休みに飛んで行ったのは・・・毎度おなじみ
ちょいとご近所(笑)群馬県。関越道1本なので楽チンです =3=3

行き先は、ガイドブックで知った「桐生市」というところ。江戸末期から
昭和初期の町並みが「国の重要伝統的建造物保存地区」(長ッ・・・笑)
に選定されたそうで、それならば~と初上陸を目差します (o^^o)

残念な雨の中(爆)それでは皆様とご一緒に、レッツらゴー♪


BMW航空320便・魅惑の桐生行き(笑)は、雨の関越道を爆走。
2時間30分後、最初の目的地「赤城(あかぎ)温泉郷」に着陸♪



まずお邪魔したのは「滝沢館」さん。まさしく山あいの秘湯と呼べる
ところで岩風呂も野趣満点。日本秘湯を守る会の会員宿さんです。
看板だけを頼りに訪れましたが、大変快く迎えて下さいました。



ふぅ~素晴らしいお風呂でした (^^ゞ 続いて向かったのは、そこから
わずか3分のところにある一軒宿「忠治(ちゅうじ)館」さんです。



はい来た~ドンッ!幸せ指数135%の(笑)露天風呂パート2♪
この風情ある景色に私ひとりだけなんて贅沢すぎます (^^ゞ



お風呂良ければ、全て良し(爆)。再びクルマに乗り10分ほど移動。
偶然見つけたお店で、早めのランチに入りまーす!ご飯とうどんの
セットで1,700円なり。「当店のお米は新潟産コシヒカリを使用」
書いてありました。私は嬉しいですけど・・・あれ?いいのかな(笑)。



で、こちらが冷たいうどん。もっちもちの歯ごたえで、なるほどぉ・・・
これは美味しいぞ~量は少ないけど(爆)。



食事も終わり、再び戦闘機で移動。赤城高原を下りてきたところで
いよいよ「桐生市」に到着です。こちらは代表的な建物「矢野園」
大正建築の町屋を改築したそうで、店内ではお茶も楽しめます。



お次は「有鄰(ゆうりん)館」というところ。かつての醸造蔵を音楽や
イベント会場として活用しているんだとか。この日はミュージカルを
やってましたが、私は・・・睡魔と戦う運転中に歌うのでスルー(笑)。



こんな風にノスタルジックな建物が点在しておりますが、私の妄想が
大きすぎたのか、正直ちょっと物足りなく感じました(汗)。
でも、少しずつ町並みのイイ写真が撮れたので↑オッケィです (^_^;)



保存地区をサクッと離れて、10分ほど移動しまーす!こちらは
「桐生明治館」。1878年(明治11年)に建てられた医学校で
国の重要文化財に指定されています。入館料は150円なり。
しっとり雨の週末土曜日・・・お客は私以外、誰もいません(笑)。



小さくつぶやきますが・・・こちらも少々物足りないので(←殴~笑)
こんなレトロなカットでお楽しみ下さいませ~ (^^ゞ



時間がないので、ドンドンまいりますよぉ!続いて向かったのは
ガラっと趣を変えた「彦部家住宅」。広大な敷地に江戸時代の
家屋などが現存しています(国指定重要文化財)。



静かな佇まいが落ち着きますが、入館料500円は厳しい (^_^;)
しかも駐車場がかなり狭くて、癒やされたいのにクルマが気になる
お急ぎ見学スポット(?)となってしまいました =3=3



群馬の旅も、いよいよ佳境です。訪れたのは最後まで取っておいた
おなじみ「赤城クローネンベルク」(通称ドイツ村)。時刻は午後4時。
閉園までまだ2時間もあるのに、園内のお店は「本日終了」を掲げ
お客様は、一斉に引き始めております(笑)。

初めて訪れた私。しかも「入園料1,000円」とはヒドイ =3=3
素敵なお姉さんだけに救われた、この滞在時間15分って一体(爆)。



なるほど・・・羊が寂しそうにしてたワケが分かったぞ(笑)。



ガラ~ン (^_^;) こちらに良く行かれる皆様・・・普段はもっと活気が
あるんです、よね? 誰もいないけど、これでドイツも制覇(爆)。



すっかり日も暮れて来たので、新潟に帰りまーす (^^ゞ そうそう
最後のスイーツ補給も忘れずに。マイク眞木そっくりなおじさんが
やっている喫茶店で、大変シンプル(笑)なチーズケーキを♪



初めて訪れた群馬県桐生市。駆け足でめぐりましたが、それぞれの
建造物には、趣の異なる味わい深い存在感がありました。
ドイツにも行けて、ウチのBMWも感無量です(笑)。

さてさて皆様・・・お忙しいところ、こんな下までスクロールして頂き
誠にありがとうございました~。

これからゆっくりと、皆様のお部屋にお邪魔させて頂きまーす (^^ゞ
Posted at 2013/09/08 23:09:24 | コメント(6) | トラックバック(0) | 県外ドライブのお話 | 日記
2013年09月01日 イイね!

その昔・・・「一度は検討した」クルマたち。

その昔・・・「一度は検討した」クルマたち。全国の皆様、どうもこんばんは (^^ゞ

暑かった8月も、あっという間に終わり
たびたび繰り返しますが(笑)いよいよ
秋の到来です。今週後半から忙しくなる
予定でしたが、まだ少し先になりそうで
今夜はゆったりと過ごしています (^_^;)

そんな週末の夜・・・私にしては珍しく、再びみんカラっぽいテーマで(爆)
クルマの話題をのんびり書いてみまーす =3=3

本日取り上げるのは
『その昔・・・一度は検討したクルマたち』です。

「これまでの車歴」を聞いたりお話するのは、もちろん楽しいですが
その選考から漏れたクルマもまた、味わい深いものです (o^^o)

クルマにお詳しい皆様とは違い、私の知識は水深5cm程度(笑)。
具体的な情報が足りない点は、どうかご了承下さいませ (^_^;)

ちなみに私の愛車物語は、三菱ギャラン(中古)からスタート。
それでは、ちょっと古いタイムマシンに乗って~早速レッツらゴー♪



ますはこちらのマシンから (^^ゞ 中古ギャランからのステップアップ
を目差した私は、コンパクトなスポーツセダンを新車で買うという
手もあるな~と妄想開始。ランエボでなく、このタイプです。



インテリアを眺めると・・・あれあれ?こんなに真っ黒だったとは(笑)。
いろいろ考えた末、早い段階で落選しました (^_^;)



で・・・三菱オンリーユー(爆)だった私は、やっぱりこうなります (^^ゞ
8代目ギャラン。当時話題になった「GDIエンジン」とこの精悍な
デザインに一目惚れしましたが、振ってあげました(←殴~笑)



さらに上のクラスを目差し、待望の1台に手が届きましたぁ =3=3



2代目ディアマンテ(F31A)。社会人半年後の若干22歳で購入。
ヤングな年齢(笑)に似つかわしいマシンに乗りたかった私にとって
毎日洗車するくらい、深く愛したミディアムセダンでした。

お色はブラック。BBSのアルミを標準で履くスポーツ仕様車で
写真と同じリアスポイラー(←ココ重要・・・笑)をバッチリ装着 (^_^;)
納車後すぐに、ケンウッドの2DINデッキとスピーカーに交換。
ゴキゲンなナンバー(笑)と共に、グイグイ飛ばしたあの夏の夜(爆)



そんなディアマンテに乗りつつも、頭をもたげる次期愛車 (^_^;) オイオイ
当時は不思議と予算があったので(汗)涼しい顔でトヨタのお店へ。
真っ白なヘッドライトに憧れて、こちらの見積もりを取ったり~



こんなチョイスも考えてみましたが、インテリアに満足せず落選 (^^ゞ



その頃デビューした初代アテンザ。ちょいとココロ惹かれましたが・・・
ディアマンテがここで、まさかの故障(怒)。今しかない!とばかりに
新潟BMWの高い敷居をエイッと跨いで、ついに3シリーズへ♪
(この続きは、また機会がある時にでも・・・)



さてさて・・・少し脇道に逸れますが (^_^;) ここで問題でーす!
このインテリアの写真を見て、どんなクルマか分かりますか?



はい~マツダの「カペラ」です。デビュー当時、金沢に住んでいる
大学時代の親友がこれに乗っていて、写真のリアスポイラーを
はじめ、さり気ないエアロでキメていたのが印象的でした。
しかもボディはレッド!渋いチョイスでカッコ良かったです =3=3



最後はこちら。先ほどのアリストと同じ頃にトヨタで見積もりを取って
結構その気になっていたクルマです(汗)。レクサスの日本上陸前夜
Lマークを付けるんだ!・・・なんて青いことを考えてました (^_^;)



そんなレクサスES300。久しぶりに「ES」なんて言葉を聞いたので
調べてみたら、何と!新型は日本未発売なんですね (^^ゞ



あらあら~嫌みのないリアビューも、スッキリしていて好印象。
このスタイリングと存在感は、素直にカッコイイと思います♪



こんなにイケてるのに、どうして日本で売らないのかしら (^_^;)



脱線したので、Uターンして(笑)再び主題に戻りましょう=3=3


クルマへの造詣が深い、全国の皆様。
「その昔・・・いろいろ考えたけど、結局買わなかったクルマたち」

そんなエピソードがありましたら、ぜひお聞かせ下さぁーい (o^^o)
Posted at 2013/09/01 01:17:27 | コメント(10) | トラックバック(0) | クルマのお話 | 日記

プロフィール

シンプル仕立てのBMW F30 320d M-Sport(LCI) と じーこのDNAを受け継いで生まれた新ココアに乗って 温泉ブログ旅などに出掛けています...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

現在お友達登録はお休みしております m(_ _)m
25 人のお友達がいます
もりもり@もりもり@ * かれんこパパかれんこパパ
ごっち(^・^)ごっち(^・^) ぴぽぽ39ぴぽぽ39
ガレージ///Mガレージ///M ボッちボッち

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
E90からF30に移行しました。シンプルな大人飛行機を目指します (o^^o)
ダイハツ ミラココア ダイハツ ミラココア
女子率90%以上のココアに、涼しい顔で挑みます (^_^;) じーこの「かわいいDNA」 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
愛着ある4発と、のんびり暮らした9年間に感謝 (o^^o)
ダイハツ ミラジーノ ダイハツ ミラジーノ
通勤快速号じーこです (o^^o) かわいくて愛着ある存在感が大好きで、生産終了前の最終 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.