• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

**しゃん**のブログ一覧

2014年08月17日 イイね!

その続き・・・お盆休みに「もう二周」☆

その続き・・・お盆休みに「もう二周」☆全国の皆様、どうもこんばんは (^^ゞ

残暑お見舞い申し上げます。お盆は
いかがお過ごしでしたでしょうか?
ヒラ社員ながらも三連休だった私は
再び山を爆走しておりました (^_^;)

それは先日訪れた「大地の芸術祭」。作品があまりにも広範囲に
点在するため一日ではまわり切れず、日を改めての再訪問です。

お時間がございましたら、画面クルクルの「里山アートツアー」に
また少しだけお付き合い下さいませ (o^^o)

ちなみに冒頭の写真は「たくさんの失われた窓のために」という
タイトルで、高台の草原にポツンと立っている作品です。

それでは皆様とご一緒に、再び暑い夏山へレッツらゴー♪


お盆ど真ん中の8月13日。関越道をブッ飛ばし、またまた舞台
となっている十日町市へ。里山をグイグイ駆け抜けます♪



作品番号:N010「日本に向けて北を定めよ」
ロンドンにある作家の自宅を、実物大の構造だけ方位を保った
まま新潟に移動させたもの。かけ離れた土地を、空間的に関係
させた試みとのこと。すごいアイデアです!



作品番号:M037「金属職人の家」
かつて板金屋が住んでいた空き家に、音を出す不思議な道具を
作る職人が暮らしているという想定で生まれた作品です。
かなり古くて、とてもそんな風には見えませんけど (^_^;)



中に入ると、こんなモノが。ヒモを引っ張るとアコーディオン
みたいな装置が、不可思議な音色を奏でます =3=3



移動途中で、夏の景色にホッとひと息 (o^^o)



作品番号:M011「かささぎたちの家」
韓国人作家が、この土地で半年以上の月日をかけて制作。
陶の家をすっぽり窯で覆い、1ヶ月焼いて完成したそうです。



キレイな棚田を眺め、ちょっぴり気分転換。



それではここでランチに入りましょう。 当地のブランド豚
楽しむ、サクサクの「とんかつ定食」でーす (^^ゞ



前回に引き続き、当地の名湯「松之山温泉」でちゃぽん♪
日本三大薬湯の熱い源泉は、いつ訪れても最高です。

湯上がりサッパリで・・・午後の部スタート (^_^;)



作品番号:Y082「オーストラリア・ハウス」
三角形の独特なフォルムが印象的なこの家は、初代が2011年
3月の長野県北部地震で全壊。その後、建築の未来を示す本作
が154点の応募から選ばれたそうです。



ちなみに内部は電飾の文字が浮かんでいて、これまた不思議な
空間となっています。



実はこの作品、クルマで向かうのも心細くなるような山間地に
あるのですが・・・何と、こんなオリエンタルなお姉さん(!)
がスタッフとして待っていてくれました(涙)。



原風景にもココロ預けて・・・。



続いては、こちらの作品にまいりまーす (o^^o)



現代アート作家の日比野克彦さんが手掛ける大型作品。廃校を
利用したプロジェクトで「明後日新聞」を発行しています。



かつての教室も、独創的な空間に。この作品は東京芸大と多摩
美大の学生さんたちが運営に携わっているそうです。こちらの
かわいいお姉さんが優しく教えて下さいました (^_^;)



グラウンドでは、演劇部の学生たちが芝居のお稽古中。
「あ〜オレはもうダメだ!」と落ち込むシーンでした(笑)。



作品番号:D265「中原祐介のコスモロジー」
大地の芸術祭アドバイザーだった故人の蔵書約3万冊を用いた
作品。生涯学習センターの一室を丸々使っています。

大変長くて、ご迷惑をおかけしております m(_ _)m
それではここで、5分間休憩いたしましょう(笑)。


作品番号:D209「静寂あるいは喧噪の中で」
見た目は地味な古民家ですが、中に入ると・・・



2階に上がって来ました。円形に配された屏風の中では、水が
ドライアイスに反応して白い煙を放出中。当地の朝霧を表現
しているそうです (^^ゞ



向かいの部屋は、これまたエライことに(笑)。大地を照らす
真っ赤な太陽を表しているとのこと。



8月13日(水)のグイグイツアーはここで終了。
チョコバナナパフェで糖分補給・・・新潟市に帰還します。

・・・・・ここから翌日14日(木)・・・・・

申し訳ございません!もう少しで終わります(土下座)=3=3


作品番号:D266「ブランコの家」
かつてこの空き家に住んでいた姉妹の思い出話をモチーフに
いくつものブランコが揺れている作品。ちょっと怖い (^_^;)



作品番号:K005「光の館」
屋根がスライドして天井が開くのが特徴の大人気作品。実際に
宿泊することが出来ます。



屋根を開け放った和室。四角く切り取った空は、時間の経過と
ともに群青から漆黒へと移り変わります。まさに「光」を意識
するための作品です。



泊まりたいけど・・・明日の仕事が気になって(←殴〜笑)。



作品番号:K021「ベリー・スプーン」
夢のアート果樹園として、実際にブルーベリー畑を開園。
地元のお母さんたちが、来訪者にスイーツを提供しています。



話し上手なお母さんたちイチオシの特製ブルーベリージャム
前日訪れたかわいいスタッフ(女子大生)が書いたラベルだと
知り、迷いなくお買い上げの私って一体・・・(笑)。



その手作りジャムを添えて楽しむヨーグルト(300円)。
暑い夏にピッタリの涼味を美味しく頂きました♪

いよいよ最後の作品です (^_^;)


作品番号:Y069「黎(れい)の家」
静かな山あいに佇む、漆黒に塗られた古民家が舞台です。



豆電球に照らされた室内には、約1000点の調理器具が凝結
したまま浮遊しています。受付のお姉さんをカットに入れて
シュールな一枚となりました (^^ゞ



今年の芸術祭。3日間にわたり主要作品をめぐりました。
ゼェゼェまわり・・・思い残すことはありません(笑)。

長文にお付き合い頂き、誠にありがとうございました =3=3
戻るボタンで気をつけてお帰り下さいませ (^_^;)

これから皆様のお部屋にゆっくりお邪魔させて頂きまーす♪
Posted at 2014/08/17 00:40:52 | コメント(6) | トラックバック(0) | 新潟観光を考えるお話 | 日記
2014年08月05日 イイね!

夏全開!里山アートをめぐりましょう♪

夏全開!里山アートをめぐりましょう♪全国の皆様、どうもこんばんは (^^ゞ

8月に入り、いよいよ夏本番。この季節
が大好きな私はゼェゼェ言いながらも
強烈な日差しに快感を覚えます(笑)。
よい子のみんなはマネしないでね!

えーっと、さてさて (^_^;) 8月最初の日曜日。私は新潟県の豪雪
地帯で知られる「十日町市」というところへ行って来ました。

この地域では世界最大規模の「大地の芸術祭」を開催しており
世界中のアーティストが廃校になった校舎や古民家などを舞台に
多彩な作品を制作。300点を超える個性的な現代アートが広大な
里山に点在し、全国から数多くのファンが詰めかけます。

と、前置きはそこそこに、今年もめいっぱい走って作品鑑賞へ!
もしお時間がございましたら、画面越しの里山アートツアーに
のんびりお付き合い下さいませ (o^^o)

それでは皆様をお乗せして、ご一緒にレッツらゴー♪


新潟市から関越道をブッ飛ばして約1時間。本日の舞台である
十日町市に到着〜。夏の猛烈な日差しが最高です (^_^;)



この芸術祭は広大な地域全体に屋外アートが点在しているため
黄色の統一看板やマップだけを頼りに、自分で探します。



作品番号:D184「リバース・シティ」私のお気に入りです。
巨大な色鉛筆に書かれた国々が見上げる者に脅威を与えます。



作品番号:D060「かまぼこ型倉庫プロジェクト」
豪雪地帯ならではの「かまぼこ型」をモチーフに作品化。
地元の人が一年契約の貸倉庫として利用しているのも面白い。



作品番号:D001「棚田」
この芸術祭を紹介する際によく用いられる代表作です。



作品番号:D015「西洋料理店 山猫軒」
宮沢賢治の「注文の多い料理店」を具現化した作品。



作品番号:D068「フィヒテ」これも私のお気に入り♪
深い森に設えた野外図書館。ドイツ人作家の作品です。



作品番号:D058「関係−黒板の教室」
こちらは館内展示の作品。机の天板を開けるとテレビ画面が
あり、地域住民の「声」が聞こえてきます (^_^;)



それではここで、お昼の休憩に入りましょう (^^ゞ
当地を代表する「松之山温泉」でひと休み。日本三大薬湯の
源泉が、疲れた体をホッと癒やします。



こちらのお宿では、美味しいランチも頂けます♪注文したのは
ハンバーグのロコモコ。香ばしい香りが食欲を誘います。



野菜サラダも新鮮そのもの (o^^o)



食後には、フルーツトマトを用いた清涼感あるデザートも。
添えられたクリームチーズでサッパリと頂きます (^^ゞ

気持ちも新たに・・・午後の部へ、いざ出発っ =3=3


作品番号:Y036「収穫の家」
日本の代表的な民家を、五感で体感するための空間です。



板間には、わらと花、そして穀物。奥には炭が置かれています。
山村の生活習慣を想起させるオブジェクトが印象的です。



その彩りを添える穀物たち。オーストラリア人の作者がこの
豪雪地で感じたのは、一体どんなものだったのでしょう。

暑くて汗が止まらないっ!それでは先を急ぎましょう (^_^;)


作品番号:Y013「夢の家」
この芸術祭を代表する作品で、一度来てみたい場所でした!
ちなみに、ご覧のような黄色の看板が全作品の目印です。



ただの古民家に見えますが・・・中に入ると一変します (^^ゞ
旧ユーゴスラビア出身の女性作家が手掛けた作品です。



この家は見学だけではなく、実際に宿泊することが出来ます。
その際、作家の指定するルールで一泊二日を過ごします。
こちらはお風呂。薬草入りのバスタブで体を癒やしたら・・・



はい、来た〜ドンッ!通称「棺桶」と呼ぶ寝室へ。この家には
ご覧の赤のほか青・緑・紫に染まった部屋があり、作者指定の
パジャマを着て眠ります。翌朝、ここで見た夢を本に残します。

今回初めて訪れましたが、すさまじい異空間でした (^_^;)



ここで小休憩。先ほどの温泉地からほど近い人気スポットへ。
文字通りの美しいブナ林で、静寂のひと時を過ごします。

それでは最後の目的地へ行ってみよう =3=3


作品番号:T173「絵本と木の実の美術館」
こちらも代表的な大型作品で昨年も訪れました。廃校となった
小学校が、絵本の世界を表現する舞台になっています。



独創的な空間が広がるため、教室内もこの通り (^_^;)



ホンモノの絵本も読めるんですね。この女の子・・・よく見ると
あらまぁ!背中にかわいい葉っぱが (o^^o)



いよいよ旅もエピローグ。最後にお洒落なお店に移動して
ひんやりスイーツでクールダウン・・・糖分補給で生還です♪

長時間のクルクル・スクロール旅にお付き合い下さいまして
ありがとうございました (^_^;)

いつもパッとしない新潟ですが・・・
毎年夏には、こんなユニークな里山芸術祭をやっています。
皆様の記憶の片隅に、ちょこんとおいて頂けたら幸いです。

明日は新作ドラマのロケがありますので
今夜はこれで失礼いたしまぁーす(←殴〜笑)。
Posted at 2014/08/05 00:26:51 | コメント(8) | トラックバック(0) | 新潟観光を考えるお話 | 日記

プロフィール

シンプル仕立てのBMW F30 320d M-Sport(LCI) と じーこのDNAを受け継いで生まれた新ココアに乗って 温泉ブログ旅などに出掛けています...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/8 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

現在お友達登録はお休みしております m(_ _)m
25 人のお友達がいます
かれんこパパかれんこパパ * tak3tak3 *
かえるGOかえるGO もりもり@もりもり@
ボッちボッち DYおやじDYおやじ

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
E90からF30に移行しました。シンプルな大人飛行機を目指します (o^^o)
ダイハツ ミラココア ダイハツ ミラココア
女子率90%以上のココアに、涼しい顔で挑みます (^_^;) じーこの「かわいいDNA」 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
愛着ある4発と、のんびり暮らした9年間に感謝 (o^^o)
ダイハツ ミラジーノ ダイハツ ミラジーノ
通勤快速号じーこです (o^^o) かわいくて愛着ある存在感が大好きで、生産終了前の最終 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.