• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アルピニストのブログ一覧

2017年07月31日 イイね!

飛び石傷・・・(涙)

飛び石傷・・・(涙)夢の車を入手して2ヶ月
嬉しさのあまりアホみたいに走り回ってると思いきや、公私共にイロエロありまして全然乗れていません。

ですが、ものの数百km走っただけで飛び石傷が7~8ヶ所。
画像では潮にまみれた汚いボディーで判りづらいですが、クッキリとした白い点が飛び石傷です。(号泣)

購入時に飛び石傷が全く無いB5Sの顔を見て、これはE39型から大幅に進化した空力ボディーの成せる業か? と感動したのですが・・・ やはり前オーナー様はとても大切に大切に乗っていたと思われ。
この手のクルマは諦めるしかないのだろうか?マスクや保護フィルムのような対策もあるらしいが。

コーティング屋で相談すると、コーティング時にタッチアップ補修してくれるとの事でニコルに発注。
価格も聞かず代引発注したのですが、結構高いですね~(沈)


あとイロイロ買い揃え始めてるのですが、クソ暑くて弄る気になれず。(苦笑)



B5Sを買ったらどこか温泉旅行でも、と考えていたのですが忙しくてどこにも行けず。
近場のチョコレート温泉で我慢です。




早く涼しくならないかな~
Posted at 2017/08/01 00:08:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | BMW / ALPINA | 日記
2017年06月04日 イイね!

夢のカーライフ実現!? “ALPINA B5S” 購入

夢のカーライフ実現!? “ALPINA B5S” 購入
8年前に試乗してから(ブログ投稿は5年前)延々憧れ続けた “ALPINA B5S” を遂に入手しました!


我ながらよくぞ長年探し求めたものだと感心します。




衝撃の試乗で一目惚れ。暇さえあればカタログを隅から隅まで眺める日々・・・

B5Sからイメージカラーとなったアルピナグリーンの車体にシルバーデコライン、右ハンドルに黒革内装のLimousineが憧れの仕様。

試乗したのはモデル末期だったので新車注文できましたが、手が届くはずもなく・・・
本格的に探し始めたのは数年後からでした。しかし全く出てこない!
そもそもB5Sの実車を見たのはこの8年で3台のみ。試乗した車両、当時Nicole社長ニコ・ローレケ氏の愛車だった車両、目黒の中古車店で見付けた車両、全てアルピナブルー。

Alpina Archiveによれば、B5S Limousineの総生産台数は120台。
(更に前モデルB5末期に“S”仕様にアップデートされた車両が数台有るらしい)
88台限定車と言われたB10V8Sでも145台あるので更に希少です。
120台の内、日本への正規輸入は31台。仕様の判明している23台の内アルピナグリーンは6台。
全てベージュ系内装。更に右ハンドルは3台。この3台は共に最近になって情報が出てきました。

最初に出てきた車両はB5S Limousine最終組立車両で程度抜群、オプションてんこ盛りで売出中。
非常に気になりましたが、ベージュ系内装と価格がネックで実車を見ずに諦め。
2台目に出てきたのが今回購入した車両です。やはりベージュ系内装だったので買う気は無かったのですが、千葉県内の中古車店で売出中だったので見に行ってみました。

実際見て、乗ってしまったら最後。(笑)
以前輸入元のNicoleの方からも「B5Sのアルピナグリーンで黒内装は見た記憶が無い」と聞いていたのもあって黒革内装は諦め。その場で契約!
ちなみにその時にテールランプのみの画像を「何シテル?」に投稿したら、みん友さんである「○ガーあ○」さんには、店舗、車両の仕様まで即座にバレてました。恐ろしき情報力!(爆)

2月19日に購入契約をして、一日でも早く手元に欲しい一心で車庫証明やら印鑑証明等の書類も即座に揃え、支払いも済ませて登録も完了。しかし納車予定数日前になって中古車店より緊急連絡。




「B5S 完全沈黙!」

納車整備中にECU故障で完全にシステムダウンした模様。本国オーダーで1ヶ月待ち。(泣)
欧州便を指折り待ち侘び、そろそろ・・・  って頃にまたもや中古車店より緊急連絡。




「B5S 機内温度上昇!」

ECU交換後動作確認中にラジエターファンモーター故障によりオーバーヒートの兆候が。
再び本国オーダーで1ヶ月待ち。(号泣)


結局契約から約3ヶ月待たされて、5月21日にめでたく納車となりました♪



8年間、穴があく程眺め続けたカタログでお気に入りのショット、サイドビュー。
このクラスのセダンはずんぐりムックリだったり、大きくなり過ぎて間延びしてたりってのが多いと感じていたんですが、この車はフロントからリアに伸びるエッヂの効いたプレスラインの影響か?ストレートで伸びやかなデザインに感じる。

下は納車されたB5S、同じサイドビューですが何か違う・・・・・ やはりデコラインは必須ですねっ!



最後まで拘り続けて結局諦めた内装色。妥協して最も避けたかったクリームベージュになりました。

みん友さんである「ラ○ー○き」さんには、「アルピナグリーンにはベージュ系内装が似合う」と慰めの言葉をいただきましたが、やっぱり私にはダメです。室内明る過ぎるし薄汚い。特にフロアマット。
新車時は綺麗で高級感もあったのだろうが・・・・・これは慣れるしかないのか?


そしてエンジンルーム。大きなV8エンジンが小さな直4に見えてしまうような、巨大なコンプレッサーハウジングとインタークーラーのアッパータンク。この車の最大の特徴です。

エンジン単体ではB10V8のようスペシャル感はありません。
B10V8はアイドリング状態から軽くアクセルを煽っただけで、“ファンッ”と一気にタコメーターが跳ね上がりますが、B5Sは“フォォォ~ン”といった感じ。

さて、8年前に感動したあの加速フィールを再現できるのか・・・?
正直なところ、何か違う! 良く言えば古典的ドッカンターボの風情、悪く言えば低速トルクスカスカ。
エンジンの回転も異様に重い。2500~3000から上は強力なゴムで引っ張られるような加速感。
確かに過去の試乗記では、「街乗りでは拍子抜け」「アクセル操作に対して過敏な反応も無い」と自分で言ってはいるのだが・・・中~高回転の加速ももっと超強力なゴムだったような・・・?

走行距離は5.2万kmと完全にアタリがついた頃合い。年式に対して極端に低走行とは言えない。
もしかして前オーナー様が全く踏まない方だったのか? どうやらその可能性が濃厚。
後付けのドライブレコーダーが装着されていたのですが、ちょっとした凸凹振動やコーナーリングで“ピー ピコ”とイベント(衝撃)検知。軽く加速すると“ピー ピコピコ 危険運転です!”と連続警告。こんな鬱陶しい設定でマトモに走っていたとは思えないっ!
恐らく都心の渋滞路をチンタラ走ってばかりだったのでは???
とにかくブン回して走りまくって、軽く回るエンジンに変貌するか様子を見てみようかと。

納車後チャンスがあればブイブイ加速しながら400km程走り、燃費は7.4km/L。
思った程悪くはないけれど全域トルクフルだったB10V8よりは悪いですね。



あと気になったのがA/Tのシフト。やっと電気式シフトレバーにも慣れてきましたが、マニュアルモードの“ + - ”が慣れたパターンと逆。
パジェロエボもB10V8も手前に引くと“ - ”だったので咄嗟に間違えます。ただB5Sはシフトレバーを左に倒さなくてもスイッチトロニックで直接マニュアルモードに入るのでこちらを使うようにします。




そしてタイヤは値上げ前にミシュランPilot Super Sportを4本注文。この土曜日に交換完了。

そのままディーラーに直行。ナビデータ更新とゴールドデコライン貼付で1週間入院。
ガラスコーティングと室内クリーニングの予約も完了。(混み合ってて8月に実施)



何はともあれ、めでたく憧れのB5Sを入手する事ができました♪
過去の試乗記で記載した夢のカーライフ、『メインカーにALPINA B5S、セカンドカーにクロカン四駆、普段の足用にコンパクトカー』・・・これが実現しました!


パジェロミニ・・・「目的地まで最短最速で快適に」という車に求めてきた条件を一変させた車。
パジェロエボ購入時に手放そうと思っていたがツレの大反対で取りやめ。手放さなく良かった!

パジェロエボ・・・今や風前の灯、MITSUBISHI MOTORSの記念碑的な一台。手放せません。


この夢の3台体制がいつまで続けられるのだろうか?




【追記】
B5Sと入換えに3月末に下取りに出したB10V8ですが、ネット上に情報が載ることもなく店頭に並ぶ事も無く、入庫直後にたまたま訪れたお客様に気に入られ、即座に貰われていったそうです。

可愛がって貰えよ、B10。 元気でなっ! 何処かで会えるといいな・・・

Posted at 2017/06/05 01:53:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | BMW / ALPINA | 日記
2017年05月13日 イイね!

GWは 行くぜ、東北。

GWは 行くぜ、東北。GW(5/4~6)に東北へ行ってきました♪

帰省ラッシュ真っ盛りなんで渋滞を避けるために夜中の2時過ぎに出発っ! 目指すは 『須川高原温泉』

4月末に道路は開通したものの、宿は雪害からの復旧のため営業再開するか微妙だったようですが、前日になって営業再開の連絡が来ました。
夜中に出発したおかげで渋滞皆無で朝8時過ぎには東北道一関ICに到着。
ここから宿までは国道342号で一本道。宿に直行するには早過ぎるので、一旦「須川高原温泉」を素通りしてその先の秋田の「栗駒山荘」や「泥湯温泉」に立寄ってから宿に入る予定。

GSで満タン給油してR342を秋田方面に向かうと、何やら電光掲示板に「雪崩」「通行止」の文字。
まさかっ? と宿にTEL。「あ~雪崩ですね~ すぐ開通すると思いますが、お急ぎなら秋田側からどうぞ♪」とお気楽なお答え。岩手から向かう客に秋田から来いとは・・・(苦笑)
現地の人には日常茶飯事なのか・・・ ナンも無いところで雪崩からの復旧をのんびり待つほど気が長くない私。別ルートで大きく遠回りして「泥湯温泉」へ向かいます。


昨年火事で全焼した 『泥湯温泉 奥山旅館』 4月末から日帰り入浴のみ再開しました。
露天風呂を残して跡形も無く・・・・・(涙) 露天風呂で入浴させていただきました。

泥湯まで来れば須川高原までは栗駒道路ですぐだと思っていたのですが、冬季閉鎖中・・・(沈)
宿からは再度TELがあり、R342岩手側は雪崩復旧に時間が掛かって今日は無理かもと。
これだけの積雪なんで、雪崩も冬季閉鎖も仕方無いですね。

200km以上も遠回りして辿り着いた 『須川高原温泉』 は相変わらずの絶品湯でした♪
この宿は毎分6000Lという国内2位の自然湧出の泉源が宿のすぐ横にあり、滝川となって流れている様子が間近で見れます。そこからすぐ横の大露天風呂に流れ込むので新鮮そのもの。



             う~ん・・・ イイ湯だな♪




翌日は山道で宮城県の鳴子温泉に向かいます。
オールダートな鎌内林道片山地獄林道を走りますが、見ての通り林業が盛んなようで道はとても良く整備されています。ちょっと物足りないので作業道に入り込むとやたらと殺伐とした光景が・・・



2泊目は 『東鳴子温泉 高友旅館』 で宿泊。
なんとも『廃』な雰囲気が漂う私好みの宿です。宿の名物『黒湯』も絶品湯。

こちらの『ひょうたん風呂』ではのんびり朝湯を楽しみました♪




             あ~・・・ イイ湯だな♪





最終日は鳴子から東北有数の林道群に突入します。 こちらは沼井林道


宝森箕ノ輪山林道は出だしから雪が残ってました。既にスタッドレスからA/Tタイヤに換えてましたがお構いなしに突っ込みます。 ・・・が、ここで断念。(沈)


別ルートとして選んだ桧沢林道は一転、美しい新緑の道でした♪


帰路は東北道で軽い渋滞に嵌りながら、圏央道の茨城区間を初めて走り、成田から一般道で帰宅しました~


 フォトギャラリー

     170504~5 泥湯温泉 須川温泉

     170505~6 川渡温泉 東鳴子温泉

     宮城県 林道巡り




Posted at 2017/05/13 16:06:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 温泉 | 日記
2017年05月08日 イイね!

代車生活

代車生活とある事情により、3月から代車生活を送ってます。

マークXくん、走り出した途端に睡魔に襲われるような安楽で良い車です。乗り心地もフワフワで安眠に最適♪

1ヶ月以上も乗ってると体も馴染んできて、もうコレでいいんじゃないかと。(笑) こういう車に乗ると無性に自動運転の装備が欲しくなりますね。 勿論、何があっても全責任はメーカー側が取ってくれるのが絶対条件ですけど・・・




この代車生活も4月末には終わり、GWにはアイツで温泉ツアーに行く予定でしたが・・・・・
またもや別のトラブルに見舞われ次の欧州便を待つ破目に。 前途多難です。(涙)




他の車でもイロイロありまして、こんな代車も同時に手元に。


走行1万キロの先代プリウスでしたが、1週間程で「代車を新しい車に入れ替えさせてくれ」と言うので、これは新型プリウスPHVかな?と期待してましたが、プリウスα・・・ 走行10キロのド新車。




まだまだ代車生活は続く~

Posted at 2017/05/08 21:13:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年04月01日 イイね!

さらば、ALPINA B10

さらば、ALPINA B102月に 『ALPINA B10売出し中』 のブログを投稿した後、ヤフオク出品は取消し、ブログも削除。

「その後どーなったんじゃいっ?」とお怒りのメッセージまでいただきましたので御報告します。m(_ _)m

3月26日の日曜日、ALPINA B10V8とお別れしてきました。

所有8年、走行37000km、車に対する価値観を変えてしまうような良い車でした。




JCESコスモ・Z32フェアレディ・JZX90クレスタと国産280PS車3台所有し、それぞれ400PS前後にチューンして乗るというアホなカーライフを送っていた頃、40歳の大台を迎え少し落ち着こうと決意。

以前から少し気になっていた BMW E39 5シリーズ が欲しくなりました。

“BMWと言ったら直6、直6と言ったらBMW”

という訳で、 『530』 に狙いを定め探し始めますが、たまたま出会ったモントリオールブルーにACシュニッツァーのエアロで固めた 『528』 に一目惚れし衝動買い!
最初はこれまで乗って来た国産車には無いカッチリとした造りに感動しましたが、この車と入れ替えに売却したクレスタと比べ、多少重くなった車体に半分以下のパワー。満足できる訳がありません。
ものの2~3ヶ月で次の車を探し始めます。狙いは同じE39ベースの『M5』『B10V8』

先に出会ったのが後に愛車となる 『ALPINA B10V8』 でした。
運転席に乗り込み、アイドリング状態から軽くアクセルを煽った瞬間・・・ 一発で惚れました。
これは排気量がデカくてパワーがあるだけではない。まるで別物だと。

この車に乗ると、車に見合った品格ある走りを心掛けるようになりました。
もしこの車が右ハンドルで、解決困難な不具合を抱えてなければ、末永く乗っていたと思います。


   さらば、ALPINA B10・・・




ラストドライブで次なる車の物色へ
こんなのや・・・




こんなのも・・・



   う~~~む・・・・・




話は変わって、昨日は誕生日♪ 昨年オープンした呑み屋からこんな便りが。



お暇な方、ホントに歳の数あるのか数えてみてください。(笑)


しこたま餃子を喰らい、ビールを呑みつつ・・・ 次の車早く来ないかなぁ~とアレコレ妄想中♪
Posted at 2017/04/01 16:45:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | BMW / ALPINA | 日記

プロフィール

「飛び石傷・・・(涙) http://cvw.jp/b/558992/40174445/
何シテル?   08/01 00:08
車と酒と動物をこよなく愛するオヤヂです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ネット稼動時間は短いので、まったりとしたお付き合いですが、よろしくお願いします。
51 人のお友達がいます
車楽!車楽! * マンネンマンネン *
BNR32とBMWな人BNR32とBMWな人 * 利根川の天然水利根川の天然水 *
麺屋 魔裟維麺屋 魔裟維 * ツゥツゥ *

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

BMWアルピナ B5 S リムジン BMWアルピナ B5 S リムジン
8年間憧れ続けてようやく手に入れました。
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
1998年式(平成10年) PAJERO EVOLUTIONです。 今や絶滅危惧種でしょ ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
2000年式(平成12年) ターボ 4WD 4AT 小さいパジェロに惚れ込み、90年代 ...
アルファロメオ アルファブレラ アルファロメオ アルファブレラ
ツレの愛車ですが運転も弄りもほとんど私なので、所有形態『サブ』で登録します。 '05 A ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.