• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アルピニストのブログ一覧

2018年02月04日 イイね!

ALPINA B5Sパワーチェック & プチオフ & 温泉 & 事故(涙)

ALPINA B5Sパワーチェック & プチオフ & 温泉 & 事故(涙)いろいろゴタゴタありまして、またまたまとめブログです。

1月13日土曜日。
ALPINA B5Sの体力測定を実施。
過去いろんな車で測定しましたが、これだけ(根拠の欠片も無い)自信に満ち溢れて測定に臨んだ事はありません。
カタログスペックなど無きが如く。
問題は大台に達するか?大きく越えるのか?

結果はコチラ
alt
カタログスペック 537ps に対して 測定値 552ps
トルクは今回測定できませんでしたが、
カタログスペック 74kgm に対して 計算上 76~80kgm


実際こんなモンなんだろうなぁと思いつつ、ガックシ肩を落として辰巳PAに向かいます。
この日はみんカラで交流のある『BMW M6』乗りのラガーあきさんと待ち合わせです♪
初めてお会いするラガーあきさんと挨拶を交わしていると、たまたまPAに居合わせたラガーあきさんのお知り合いのOh茶無さんが挨拶に来てくれました。
alt

Oh茶無さんの愛車は、総生産台数たった5台!日本に2台の超希少車『ALPINA B8 4.0』
alt
B8のベースはBMW E36 3シリーズ。実はこの車、一部のスーパースポーツを除き輸入車に全く興味の無かった20数年前、初めてイイなぁと思えた輸入車でした。
BMW JAPAN系列の会社に勤務する義弟が乗っていたE36 318iに試乗し、一発で惚れました。

日本の5ナンバー枠に余裕で収まるコンパクトボディーに無理矢理4リッターのV8エンジンを押し込んだ変態車がB8 4.0。当然ながら初めて見ました。
alt


そして本日のプチオフの本題、『ALPINA B5S』『BMW M6』の比較です。
alt
E60 5シリーズセダンとE63 6シリーズクーペがベースの同世代の両車、登場時には共に
なんじゃっ このデザインはっ!と思わせる特異な外観でした。
猛禽類を思わせる吊り目のE60に、涙目のようなE63。馴染むのにはかなりの時間を要しました。

『BMW M6』のエンジンは5リッターの超高回転型のV10エンジン。
スペックは、最高出力:507ps /7,750rpm、最大トルク:53.0kgm/6,100rpm
エンジンの存在感は凄いです。
alt

インテリアは意外にも高級感溢れる仕様。M5と違い、これが標準仕様だそうです。
alt
そしてそれぞれの車を試乗します。以前は私と同じアルピナグリーンのALPINA B5Sを探し求めていたというラガーあきさんには少々拍子抜けだったかもしれません。
B5Sは低回転からトップエンドまでのフィールを味わなければ魅力が判らないかもしれません。

対してM6の感想ですが、以前試乗したM5の印象があまりにも悪かったのでまるで違う車に乗ったような感覚です。あのM5は一体何だったのか?とても同じエンジンとは思えません。

特にフルパワーモードの4000rpmからの弾けたような盛り上がり。自然吸気エンジンの自然なフィールとは違う、何かスイッチが突然入ったような感覚は病み付きになりそうです。
高級そうな革張りながらホールドの良いシート、安心感のあるステアフィール、ALPINAとは求めているモノが違うと感じます。

逆にSMG(トランスミッション)はこんなだったかなぁ?と思わせる印象。
ガバッとアクセルを踏むと一瞬躊躇って減速Gを感じてからギアが繋がり加速開始する感じ。
M5試乗した時はトルコンATと何ら遜色無いと感じたと記憶してましたが、あの当時はAlfa147のselespeedに慣れていたからかもしれません。
Alfaと同様にこのミッションに合った乗り方を習得すると逆に魅力的になるのかもしれません。

今回の試乗は慣れない首都高で交通量も多かったのでM6の魅力のほんの一部しか味わえなかったように思えます。ラガーあきさん、機会がありましたらまたこんなオフ会を企画しましょう!

ラガーあきさんが用事があるとの事で、軽くランデブ~してお別れ。
alt

自宅に辿り着いたところでちょうどぞろ目となりました♪
alt
このプチオフの翌日から酷い風邪を発症。かと言って仕事は休めずつらい1週間を過ごし・・・

風邪も収まった1月20~22日は3連休を取り、蔵王温泉で連泊♪
alt

帰宅する22日は関東で大雪の予報。なるべく早く帰宅しようと朝から帰宅の途につくが、ちょっと寄り道したくなって喜連川早乙女温泉に寄り道。ココでは初めての貸切り♪
alt

こんな寄り道をしていたら東北道でベッタリの渋滞。千葉の東金道でもベッタリ。
雪ではなくなんとETCトラブルで料金所が封鎖状態だったらしい。(怒)
千葉の自宅付近では停電で暗闇・・・
alt

翌朝、4年前の大雪でもほとんど積もらなかった九十九里浜も白銀の世界。
海からは一面湯気が立ち込め幻想的な雰囲気。
alt

治ったと思っていた風邪が極寒の蔵王でぶり返してしまい、またも1週間辛い勤務。
やっと終わったと安心した26日金曜の夕方。客先回りを終え事務所まで2~300mの地点。
青信号に従い交差点に進入しようとすると、交差点すぐ手前の店舗駐車場から青信号だけ見ながら同じ方向に進もうとする車が飛び出してきたっ!
慌ててクラクションを鳴らしながらブレーキ。クラクションで初めてコチラに気付いた相手と目が合いながらスローモーションのように距離が詰まっていく・・・

  グシャっ  久々に感じる鉄と鉄がぶつかり潰れる感触。(涙)

相手は宿敵 日産キャラバン!(苦笑)
なので相手は同じ高さで目の前で口を開けている・・・
alt

        ったくよぉ~~~ (怒)
Posted at 2018/02/04 14:50:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | BMW / ALPINA | 日記
2017年12月25日 イイね!

クリスマスイブ♪

クリスマスイブ♪クリスマスイブのこの日、目の前を走る九十九里有料道路がリニューアルオープンしました。

何も変わって無い区間もありますが、我が家の前は3~5m嵩上げされ防潮堤も兼ねています。
津波が押し寄せても我が家への影響はありませんが、駐車場に停めてある車への被害はある程度抑えられるかもしれません。


工事前。 海岸に大量に停まっている車は『白子たまねぎ祭り』の日だったか。
alt


盛り土開始。
alt


盛り土完了。
alt


台風直撃で大量の土砂が流出しました。道路上に何やら建て始めました。
alt


舗装開始。新たに建てられたのは料金所でした。
alt


舗装完了、車線塗装準備。
alt


12/24。祝!開通式。料金所の先に数台停められるパーキングが造られました。
alt


テープカット。森田健作知事は居ませんでした・・・
alt


ちーばくんをはじめ、道路が通る5市町村のゆるキャラが勢揃い。
alt


来賓のお偉方を乗せたバスが走り初め。
alt
料金所がココに造られたという事は・・・?
どうしても確認したくて夜になって一宮側から走ってみました。
我が家に近い白子インターまでなんと無料でした! これは使えるっ♪



「クリスマスイブなんだからイルミネーションを見たい!」とツレが言い出しまして、夕方からお出掛けです。田舎者なので都会の喧騒と人混みだらけのイルミネーションなど見る気はありません。
ましてや房総の真ん中にありながら、『東京』の名を冠した東京ド○ツ村など行く気もおきず。

千葉が誇るローカル線 『小湊鉄道』のど田舎区間の駅を見て回ります。
こちらは里見駅。
alt


飯給駅。 駅の近くで宴会で盛り上がるおじさんに話を伺いましたが、小湊鉄道各駅のイルミネーションは全て地元住民有志の自費製作で小湊鉄道は電気代のみ負担との事。
alt

alt


月崎駅。 飯給と月崎の両無人駅は特に頑張っています。
alt

alt


養老渓谷駅。
alt



それでは皆様、         メリークリスマス♪
Posted at 2017/12/25 02:32:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行/風景 | 日記
2017年12月03日 イイね!

この秋の出来事

この秋の出来事みんカラを始めた頃は月に一度はブログを投稿しようと努力していましたが、もはや季節通信になりそうな予感・・・

8月末から同業者からの事業譲渡を受け、土日も祝祭日も無い多忙な日々を送っておりました。9月10月は過労死ラインとされる残業時間の3倍超。
軌道に乗って利益が出始めたら、その利益全てを自分の報酬に乗せてやるっ! ・・・と、それだけを楽しみに頑張っております。(疲)


そんな中、ちょっとした時間を作って「東京モーターショー」でも行くか、と思い立ったのは10月末。
せっかく有明まで行くならついでに台場で映画でも見るかとコレ↓を選択。

そこで目に留まったのが、『4DX』なる3Dの進化版?
価格は高いし時間的にモーターショーも諦めるしかないが、体感してきました。

う~む・・・・・  遊園地のアトラクションだな。(苦笑)
まさか映画館の中で風に吹かれ、雨に濡れ、雪は降るは、煙モクモクなんて事が起こるとは。
椅子はガクガクブルブルで居眠りもままならず、映画の内容も入ってこず。(沈)



別の日にはアルファロメオからジュリアの特別内覧会の知らせがあり見に行ってきました。


一度ブレラで訪問したディーラーですが、今回B5Sで行ってみると態度が豹変。(笑)
「トップグレードではないのですが、1台試乗できる車両があるんで乗ってみてください。」
内覧会と銘打ってるので試乗車は無いのかと。他の客も試乗してる人はいないが・・・
と言う事で、『SUPER』というグレード名の割にはベースグレードに近い車両を試乗。

印象に残ったのはブレーキ。遂にブレーキまでもがフライバイワイヤー化?との事。
走行モードによりタッチ、効きまで激変するんですね。今時の車なら当たり前なのか???



勢いでメルセデスディーラーも訪問。
「CのAMGを見に来たんですが・・・」と言うと、「申し訳ありません。通常モデルしかありません」
AMG無いならパンフだけ貰って帰るかと、軽く挨拶を交わしていると
「実車を御用意しますので少々お待ち下さい」と。通常モデルには興味無いんだけど・・・


・・・ん? これってAMGだよね? 通常モデルって最近出たらしいV6のAMGの事なのかな?
後ろに回ってみると、ツーリングボディのお尻には『C63』のエンブレム。

「通常モデルって・・・?」
「ハイパワーバージョンの『C63S』は本日御用意できなくて・・・大変申し訳ありません」
ALPINAで輸入車ディーラーに行くと、当然一番高いの買うんでしょ?的な対応になる不思議。(笑)

と言う事で、『AMG C63 WAGON』(476ps/66.3kg・m)に試乗。
恐らく先代のC63に試乗してなければそれなりの感動もあったでしょうが、やはりどうしても先代と比較してしまう。試乗しながらそんな事を考えていると、それを察したのか営業マンは510psの『S』モデルや同じエンジンながら600ps超の『E63』の話にシフト。
「近々AMGフェアを開催するので是非いらしてください」
「はい、伺います」と答えてメルセデスディーラーを後にするアルピニストでした。




多忙を極めた業務移管も少し落ち着いてきた11月3~5日の3連休は栃木の温泉です♪
1泊目は奥鬼怒温泉郷 『八丁湯』
女夫淵温泉跡から一般車通行禁止の奥鬼怒林道を送迎車で行く山の宿ですが、1時間半程早く到着してしまった。 「ならば1本逝っとく?」と近くの林道にALPINAで突入!
幸か不幸か? 路面崩壊により通行止!(笑)

そんな訳で無事辿り着いた『八丁湯』。連泊したかったのですが、1泊のみしか予約できず。

この滝の中腹の露天風呂がお気に入り♪

夜間のライトアップもなかなかの雰囲気でした。



翌日は那須に移動。お盆に入浴できなかった『那須の珍湯』にドボン♪
次々とマニア(変態?)が訪れるお気に入りの珍湯です。w


2泊目はツレのお気に入り、『北温泉旅館』
テルマエロマエ効果か? 変態さんばかりだった客層が子供連れの家族客も多くなってます。
それよりも驚いたのが上戸彩の上をいく(個人的見解)美人若女将(?)がっ!北温泉も安泰だな。w

それでも名物『天狗の湯』の不気味な雰囲気は健在でした。



             あ~・・・ イイ湯だな♪




 フォトギャラリー

      奥鬼怒温泉 八丁湯

     那須の珍湯 北温泉


Posted at 2017/12/03 14:14:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 温泉 | 日記
2017年09月03日 イイね!

この夏の出来事 2017

ALPINA B5Sでお盆休みに温泉旅行に行こう! と思い立ったのはお盆数日前。(苦笑)
『日本秘湯を守る会』で空き確認をするといい宿が空いているではないかっ!

姥湯温泉 桝形屋をすかさず予約しました♪
予約した後気付きました。桝形屋に向かう姥湯林道はALPINAでは無理!今回もパジェロかな・・・w
山形行くのに一泊では寂しいか? と前日になって那須湯元温泉 雲海閣も追加予約。

一泊目は雲海閣。 相変わらずの雰囲気と絶品湯を堪能♪



二泊目は桝形屋。 秘境感満点の露天風呂を堪能♪





翌週19日はB5Sコーティングの為、 『ポリッシュファクトリー』 さんに入庫。

こちらはコーティング前。
  


今回のメニューは
・下地処理 + プレミアムコーティング
・ウインドー撥水コーティング + 撥水ワイパーブレード
・アルミホイールコーティング
・メッキモール磨き + 小傷タッチアップ
・内装(前席側)クリーニング
・エンジンルームクリーニング

こちらがコーティング後。
  











かなり綺麗になりましたが、我が安物デジカメとポンコツな撮影技術では判りづらいですね・・・




温泉ツアーの帰路、仕事上の知人(同業者)から緊急着信。色々ありまして事業拡大が急遽決定。
何はともあれ、車が必要!という事で中古ハイエースを購入。8/19に契約、9/3納車でした。



もう1台の白のレジバン(3000ccディーゼルターボ)を昨年新車で購入した際にはディーゼル特有の音がうるさくイマイチな印象でしたが、2000kmも走ると全く気にならない程静かになってました。
前に使っていたガソリンエンジンより確実に静か。
その上余裕のトルクで荷物満載でもスルスル走るし燃費も良い。燃料費は4~5割減。

逆にスピード感の無さから、ついつい速度が上がりがちになり危険な事も。
ある時、空荷状態で高速をボーと走っていて気付くととんでもない速度が出ていました。
一体どこまで出るんだろう?とちょっと試してみると、何と国内自主規制まで出てしまう!!
高速でやたらと飛ばしているハイエースによく遭遇しますが、なるほど納得。
でもタイヤもブレーキもシャシーもそんな速度に対応していません。危ない危ない。

これ程の動力性能は必要無いので、今回は2500ccのディーゼルターボ(走行17.5万)にしました。
積荷の積載性を考え、もう1台と同じく平床タイプ(ジャストロー)を選択。
馬車馬以上に働いてもらいます。

ポンコツ営業車は購入しましたが、これ以上金は掛けられないので業務増分については私自身で廻していくしかありません。この夏から当面の間、激務確定です・・・・・



 フォトギャラリー

     170812~13 那須湯元温泉 雲海閣

     170813~14 姥湯温泉 桝形屋

     ALPINA B5S コーティング



Posted at 2017/09/03 13:22:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 温泉 | 日記
2017年07月31日 イイね!

飛び石傷・・・(涙)

飛び石傷・・・(涙)夢の車を入手して2ヶ月
嬉しさのあまりアホみたいに走り回ってると思いきや、公私共にイロエロありまして全然乗れていません。

ですが、ものの数百km走っただけで飛び石傷が7~8ヶ所。
画像では潮にまみれた汚いボディーで判りづらいですが、クッキリとした白い点が飛び石傷です。(号泣)

購入時に飛び石傷が全く無いB5Sの顔を見て、これはE39型から大幅に進化した空力ボディーの成せる業か? と感動したのですが・・・ やはり前オーナー様はとても大切に大切に乗っていたと思われ。
この手のクルマは諦めるしかないのだろうか?マスクや保護フィルムのような対策もあるらしいが。

コーティング屋で相談すると、コーティング時にタッチアップ補修してくれるとの事でニコルに発注。
価格も聞かず代引発注したのですが、結構高いですね~(沈)


あとイロイロ買い揃え始めてるのですが、クソ暑くて弄る気になれず。(苦笑)



B5Sを買ったらどこか温泉旅行でも、と考えていたのですが忙しくてどこにも行けず。
近場のチョコレート温泉で我慢です。




早く涼しくならないかな~
Posted at 2017/08/01 00:08:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | BMW / ALPINA | 日記

プロフィール

「万座~♪」
何シテル?   02/10 17:44
車と酒と動物をこよなく愛するオヤヂです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

ネット稼動時間は短いので、まったりとしたお付き合いですが、よろしくお願いします。
52 人のお友達がいます
ケンケン1028ケンケン1028 * ひで777ひで777 *
麺屋 魔裟維麺屋 魔裟維 * しょうたろう(michael-R4)しょうたろう(michael-R4) *
BNR32とBMWな人BNR32とBMWな人 とくいち1091とくいち1091

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

BMWアルピナ B5 S リムジン BMWアルピナ B5 S リムジン
8年間憧れ続けてようやく手に入れました。
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
1998年式(平成10年) PAJERO EVOLUTIONです。 今や絶滅危惧種でしょ ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
2000年式(平成12年) ターボ 4WD 4AT 小さいパジェロに惚れ込み、90年代 ...
アルファロメオ アルファブレラ アルファロメオ アルファブレラ
ツレの愛車ですが運転も弄りもほとんど私なので、所有形態『サブ』で登録します。 '05 A ...
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.