• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

(Green)^2の愛車 [プジョー 306 (ハッチバック)]

ドアストッパー(右前)の異音

カテゴリ : 内装 > その他 > その他
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間1時間以内
作業日 : 2016年05月15日
1
運転席のドアを開け閉めする度に、古いお屋敷の扉のような「ギー」という音がします。
あまりにも音が大きく恥かしいので、確かめてみました。

(最初、ドアヒンジと書いていましたが、ドアストッパーが正しいので直しました。(2016年12月25日))

<ドアストッパー1>
ストッパーの表面のグリスが切れているようです。
洗車後にドアの内側を拭く時に、グリスも少しずつ拭き取ってしまったのかもしれません。
2
ドアストッパーの動きを理解していないので、確かめてみます。

久しぶりに内装を外します。
(詳しくは整備手帳「パワーウィンドウ外れ(右前)1, 2」をご覧ください。)
そう言えば、以前あれだけ苦しんだパワーウィンドウは快調です。

<内装を外したところ>
相変わらず、ボロっちいですね…
3
ドアの内側を覗き、ドアの開け閉めを繰り返し、ストッパーの動きを確かめます。

<ドアストッパー2>
2つのローラーの間をストッパーが動きます。
右側のローラーにはストッパーを挟み込む方向にスプリングのテンションが掛かっていて、ストッパーの形に合わせて動きます。
だから、途中の固定位置やストッパーが働くのですね。
4
まず、ストッパーやローラーの汚れを拭き取ります。

<ストッパーの掃除>
ウエスでストッパーの汚れを拭き取ります。
ローラー部分も同じように拭き取りました。
5
<ストッパーのグリス付け>
ストッパーに固形のグリスを付けます。
グリスはローラーが触れる部分だけでOKです。
ローラーの表面にも付けます。

さらにローラーの軸にもグリスが行き渡るように、スプレー式の浸透性のあるグリスをローラーの上下に吹き付けました。
6
後はドアを数回動かし、グリスを馴染ませます。
今までの音が嘘であったかのように、静かになりました。

この整備、見違える程ドアの動きが上品になります。
是非お試しを。

今回の費用:0円
(材料・工具は持っているものを使用)

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ドアハンドル清掃(^-^)/

難易度:

アイドルステッパーモーター交換→失敗(149,474km)

難易度:

スロットル分解清掃

難易度:

エンジンオイル&エレメント交換(^-^)/☆(3回目)

難易度: ★★

スパークプラグ交換(2回目)

難易度:

エンジンオイル交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「@端っこのプジョー さん そうですか… 失礼しました。」
何シテル?   07/17 23:03
2008年よりプジョー306に乗っています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 306 (ハッチバック) プジョー 306 (ハッチバック)
17年前にそのルックスに一目ぼれ。 ずっと気になっていましたが、2008年に縁あって後期 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.