• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

みゅるてんちょう。のブログ一覧

2017年07月17日 イイね!

時速たった50キロのモータースポーツ

早起きして総合レジャーランド(FSW)に行ってきた。

あんまり早起きすると入り口のゲートで並ぶので、余分に30分寝たら並ばなくて済んだ。



パドック入り口とグランドスタンド裏に強固なバリケードで進入禁止してたからそもそも今日は混んでなかったのかもしれないが。
メーカー極秘テストかと思ったが、行きがけにBMW多いな。と思っていたら、どうやら封鎖の本コースはBMWのイベントをやっていたらしい

入場後、目的地はジムカーナ場。

G6ジムカーナという、初心者歓迎のいい意味で緩いジムカーナシリーズの、FSW開催の時だけ毎年1回、参加しているのだが、今年は開催日の都合やらなんやらで、G6ジムカーナのFSW開催が無い。

その代替え策?で、主催者ショップのT2さん独自で大会をやるっていうので、参加してきた。

ジムカーナと言うと、

・コースがややこしくて覚えられない。
・見てても誰が速いかわからん。
・待ってる間、退屈
・参加費に対して走行時間が短い
・サイドブレーキでくるくる回れないと勝負にならない
・専用の足回りや装備がないと速く走れない
・レギュレーションが細かすぎてオシャレにクルマをいじれない
・なんやらスポンサーシール貼ったクルマと神経質なオッサンオバハンしかいない

というイメージで、敷居が高い。

のですが、

今回の大会は、

・ごく簡単な短いコース(覚えやすい)
・ツインスラローム(2台並走同時走行なので見た目の競争要素が楽しめる)
・午前中は練習走行(午後計測、反省走行含め合計7本走行)
・サイドブレーキ(サイドターン)禁止(引けないもしくは引かない)クラスとサイドブレーキ引いてもOkクラス設定
・ナンバー付き範囲の改造ならおおむね自由
・参加歴が浅い人から深い人まで幅広い参加者

などなど、敷居が高いから走らないという言い訳は極力排除されて、非常に参加しやすいのです。

で、私はボクスター(ノーマル。買って5か月目)でサイドブレーキ使わない、リヤ駆動車のクラスにエントリー

パドックの様子。車種も様々。ガチっぽくなくて、パドックで場違い感を感じたり参加車見て必要以上にビビるような心配なしw




ボディライン、面構成が単調でゼッケンが貼りやすい!ボクスターのメリットw



RX-7で出て来いよ。という主催者からのプレッシャーの番号か?


ブリーフィング、完熟歩行、その他諸々工程は通常のジムカーナ大会と同じで、それぞれ頭に叩き込み、

午前は練習走行。



左右対称のコースをそれぞれ同時スタートで計測。というツインスラローム。

見た目に競争要素があってなかなか面白い。

実際の競争内容は、着順ではなく、通常のジムカーナと同じくタイムですが。

通常のジムカーナは、2本タイムアタックしてどちらか速いほうが決勝点。しかし今回は、2本走って2本の合計タイムが決勝点。

どちらか速いほうだと、まぐれ偶然で1本だけすんごいタイムが出てれば勝てることもありますが、今回のは2本ともそこそこのタイムで走ってこないと勝てませんw

そういう意味でもまた違った緊張感でなかなか新しい。

協賛各社の出店もあって、

MZレーシングさん
REグッズいろいろ売ってるんだね。いいんですけどね。既存廃盤車種のグッズで稼ぐんじゃなくてスポーツできるRE車売ってください。と少し思ってしまいますけどね。。





この掛け軸?は売り物なんだろうか>ちょっとほしいぞw


出店だけではなくMZレーシング杯と称して、速かったマツダ車、そうでもなかったマツダ車なるべくまんべんなく行きわたるように賞品を(今回参加車両60数台中32台がマツダ車だったとか。)用意しているそうで、マツダ車でエントリーの人はお得!

練習走行終わってお昼挟んで完熟歩行再び。



午後は計測、いわゆる本番。

練習走行とは基本は同じで少しだけコースが長くなりますが、基本同じなのでややこしさは皆無。


計測1本目


場所を左右入れ替えて

計測2本目



1本目も2本目もスタートの蹴りだしうまくいってないね。。

ホーンがプップ鳴ってるのは・・・・ホーンボタン(パッド)のレスポンスが良すぎて手のどこかで押してしまっているのか?と思ったが、試しに旋回中に手放してみたけど鳴る。
初期モノボクスター、持病でブレーキしたら鳴ったり、それが進むと鳴りっぱなしになる事があるらしい。発症か。。  見た目的にはホーン鳴りまくりでダサい。。。


インカー
計測1本目


計測2本目


GPSのサンプリング周期が長すぎてジムカーナだと全然追いついてないね。


この日左ハンドルは唯一で、「左ハンドルでジムカーナ?!しかもMT!!」って驚かれた(車幅感覚と右手シフトに難易度が高いと思われてるっぽい)けど、
今日のコース、1速しか使わないからギヤチェンジないし、サイド引かないクラスだし。
しいて言えば完熟歩行のラインがみんなより60センチぐらい左を歩いてたくらい。


結果は

N-2クラス(サイドなしリヤ駆動クラス) 2位!




優勝逃した運転手以外の敗因は、タイムアタック競技なら国産ハイグリップ履いてこいよ。
といういつも通りの。多分。

ミシュランPS4 頑張ったw


表彰式、リザルト


クルマとしては特別な部品や車高調がついてるわけでもなくノーマルパワー(200PS)、軽量化も一切なし(1270キロ)、LSDだってついてないノーマルのクルマで、走行会タイム狙いハイグリップタイヤでもないですけど十分楽しめます。

ポルシェだからってのは全然なくて、どのクルマも同じ事です。

走るのに敷居の高い特別小難しいうんちくも専用の部品もいらないって事。

何百キロもなん十分も走らないからクルマも傷まない。

車速なんて出てもたったの50キロ。行き帰りの道中のほうスピード出てるよw

速さがだいご味のモータースポーツなのにたったの50キロ?50キロじゃスリルも爽快感もないよ。と思うかもしれないけども、

そのたったの50キロしか出てないクルマを止めて曲げるのがいかに難しいか。

50キロでちゃんと出来ないことをいきなり100キロオーバーの車速でやれってもなかなか難しいでしょうね。

50キロしか出なくてもちゃんとモータースポーツです。

おすすめです。






おまけ

ショー会場ではいまいちと思ったけど、炎天下で現物見ると、なかなかいい感じ。クラシックレッド




Posted at 2017/07/17 03:58:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ参加 | クルマ
2017年06月16日 イイね!

たまには走ってみる

とりあえずブレーキが実用可能レベルになったのでコースに行ってみた。



平日だしガラガラ貸し切り状態かな?と思ったら。

週末なんかレースがあるらしくて

86レース車両たくさん。大混雑。怖え。。

ちょっと追い込んでスピンもやむなし、挙動確認したいな。

と思って来てみたが。

後ろから次々容赦なくまくられ、危なくてスピンなんてできない。


そして、水冷ポルシェ最小排気量とはいえ、

遅い!

いや、運転手が下手すぎる!




86にイモ洗いにされるポルシェ




15秒3ってスゲー遅い。MR-Sより遅いじゃん!

と思って過去動画見てみたら、ノーマルのMR-Sよりは微妙に速かった。

つまりやっぱり排気量が700㏄増えただけw


ノーマルMR-S 


チューニングMR-S 
この個体が今のところFSWでは一番乗りやすくてしっくり来てた


ホンダのお買い物車速ええ。 最高速がボクスターと10キロちょっとしか変わらん(ブレーキまで数十メートル直線長いし)Aコーナー~ヘアピンとか圧倒的に速い(どこのコーナーもなんだけど)


RX-7って速いな。プアマンズポルシェの方が安いポルシェより圧倒的に速いじゃんw
Z1でこれか。今どきのタイヤ履いたらもう少し楽だろうな。


それにしても7年経ってよくなったのはカメラの画質だけ

運転は退化してるね。

次は空いてるときに行こう。


走行後のタイヤ。





純正はフロント205、リヤ255が指定サイズなんだけど。

CR-Zの使いまわしをはかせてるからフロント215、リヤ245。

前後で5センチも幅違いってそんなことあるの?パワーで滑るほどでもないしピーキーな変なシャシーでもないのに。別にちょっと太けりゃいいじゃん。と思っていたが、

なぜそのサイズが必要か。走ればわかる、リヤの方が発熱が圧倒的に早くてなるほどそういう事かと。

ちゃんとバランスされてできてるんだな。そりゃそうか。伊達や酔狂でクルマ作ってないね。
Posted at 2017/06/16 03:43:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ参加 | クルマ
2017年06月09日 イイね!

古い外車は国産車に比べて維持費が余計にかかるのか?

ボクスターを買ってみて4か月たったわけだが。

その間ボチボチチマチマ少しずつ健康に戻す作業をしているのですが。

古い外車って壊れやすくてメンテナンス代が恐ろしくかかるんでしょ?と言われてるし実際に言われるが。

どうかね。

ちょうどタイムリーに見つけた記事

どちらも今100万円台の初代&2代目ポルシェ ボクスター。さて、選ぶべきはどちらでしょうか?


そうかー。

コメント欄をまとめると、ゴミを160万円で買って修理費をあほほど払うバカなやつが乗る車。
だったら倍出して国産の新車買うわ!

という結論か


まあ、一理あるw



さてメンテ
買って2日目、屋根開け4回目に早速ぶっ壊れた電動コンパチのリンク交換。



部品高いよ。。

汎用の金属のボールジョイント使えば安上がりに直るとは思うけど、なにか引っ掛かったとき樹脂が割れて力逃がしてくれないとモーターとか屋根の骨とかやっつけちゃうからあえて純正。



そして(6月にこれ書いてますが、作業自体は購入直後)

タッチ、フィーリング、効き方がポルシェのブレーキというにはどうにもこうにも詐欺レベルなのでとりあえずすり減ったパッドを新品にしてみる。



ローターもパッドセンサーも要交換レベルなのだが。キャリパーも開け時。。

用意した社外品のブレーキパッドにはパッドセンサーの穴がないので穴あけ加工して取り付け。



パッドセンサーつけなくても走れるからたいていのところは加工してつけたりはしないんだろうけど。せっかくついてるんだから利用しない手はない。

そして試走。変わらんw

ブースターとペダル生え方が違うから空冷911と同じタッチにはならないと思うけど。

それにしても戻し側のコントロールが全然だめ。

踏み側も踏んだところでペダルが止まらず奥に入って踏んだ以上に効いてしまう。

ペダル周りのフリクション大きすぎて操作に対して比例しない。

踏んだ以上に効くからさすがポルシェ、ブレーキがよく効く。ってか?

止まれるけども。止まるだけ。

ポルシェ以前にクルマとしてダメだろ。


ある日家から出掛けようとしたらブレーキ引きずりって言うか効きっぱなし。

無理矢理転がせばピストン戻るかと思って走り出すも効きっぱは変わらず無理矢理引きずりながら1速で通勤5分。

マスターのピストン戻ってないのかな?なんなんだ。。

としばらく放置して動かしたら普通に動く。会社行きたくない病か。。

電制介入してないグレードのだからメカニカルになにかおかしいのは間違いないが。


ネットで故障事例検索すると、何件か同じような症状が。

ペダルが戻らない持病があるから足の甲でブレーキペダル引っ張って戻すとか。

同じく効きっぱなしになって、修理屋さんが言うにはABSシステムが故障で効きっぱなしになるとか。

おい。。




そんなボロイクルマには乗りたくないので

原因を探ると





(左側がマスターバッグ、右側がペダルから伸びたプッシュロッド。ペダル踏むとプッシュロッドが右から左に動いて白い筒状の部分とともにマスターバッグに押し込まれる)

そりゃペダルも戻らんわけだ。

ブレーキペダルのフリクションの原因特定。

ブレーキマスターバッグってのはエンジン負圧と大気圧の差圧を利用して倍力する装置で、通常は内部の前側と後ろ側の部屋にエンジン負圧がかかって等圧。ペダルを踏むとプッシュロッドがバルブを押して前後の部屋を遮断し、後ろ側の部屋にだけに大気圧を入れる。すると、差圧でペダル踏んだ以上に力がかかり、その力がブレーキマスターシリンダーに作用して、油圧がかかり、キャリパーがパッドをディスクに押しつける。という作動なのだが。

遮断して大気圧。の大気圧は写真でいうところの白い筒状の内側からマスターバッグ内に入るのだが。

ブレーキマスターバッグ、普通のクルマはダッシュ裏のバルクヘッドについていて、ペダル側は室内。このクルマは、マスターバッグ本体はフロントのラゲッジ(防水されている)内にあるが、この吸い込み口がある部分は防水されていない”外”。 
ボンネットフードがあるので直接雨風にさらされることはないが、室内で作動している通常のクルマに比べれば、雨風さらされた条件で作動。湿気た空気をもろに吸い込んでいる。

そして、ペダル踏む一連動作と連動で白い筒部分も前後(写真向きでは左右)に動くわけだが。

ブーツがついているとはいえ、20年分の水分、ごみ、でグリス固着。スムーズに動くとは言えない状態。

そりゃペダルも戻らんって。

ブーツつけてるとは言え、ここ外なんだからもう少しゴミ対策しようや。。( ̄ー ̄)

同じ構造の996も同じ現象出てるのかもしれない。


分解して掃除してパッキンだけ交換しようかとも思うもパッキンだけの部品設定は無し。

つまりASSY交換。

国産車でもそこそこ値段する部品ですからねえ。

どうしたもんかと。


そのままじゃどうにもこうにもなので構造調べる用、解調査用、対策考え用で中古品買ってみた。



お買い得ポルシェで当時新車が結構出回ったみたいで中古部品が豊富。この条件だけでもボクスターに乗る意味があるよ。

新品の値段は調べてないけど(国産車で7万ぐらい)中古で4500円!安い!

2.7L用。ブーツ部分、対策されてる。

ということは不具合出るのは2.5Lの全部もしくは一部か。 



しかし構造上の問題なので程度は違うが傾向は同じ。

慎重に分解し(本来分解再使用不可だよ)各部掃除して作動の邪魔にならない程度に相応のグリスをたっぷり塗布。 

実用可能なので交換。



そして試走。

ああ、やっぱり。さっきまでのブレーキは偽物詐欺仕様だったわけだ。

正解知らずに、こんなもんだよ。といわれれば騙せるレベルだったが。(ペダル足で戻しながらだましだまし乗ってる人がいるらしいし)

ボクスターはポルシェだよ。と誰もが納得の特有のカッチリコントローラブルなタッチになった、というか戻った。

あまりにもブレーキタッチの激変っぷりにこれはこれで不正解なんじゃないかと心配になって来るレベル。

模範解答探さねば?

とはいえ、色々暫定(経たってる部分多数)だからまだ粗はあるけど。

やっぱりキャリパーも開けないとダメだね。ピストンが微妙に戻ってこないみたいパッドの引きずり(ローターとパッドの隙間が小さすぎ)が若干。


で、外したほうのマスターバッグを覗いてみたら



予想以上に惨状なので、3枚におろしてみた。



バルブ部分
 


これでよく止まれてたな?

いや、止まるけどおかしいからそういうことだろうとは思ったけど。

そりゃ無理だわ。

それでも車検ライン通るし走れちゃうからね。クルマって丈夫だ。

平成9年でコレだからコンディションにもよるけど見ちゃうとヤバイの多数なんだろうなw

通常配置の国産車でも経年による結露、マスタシリンダーからのフルード漏れでバッグ内さびさびとか水、ブレーキフルードたまっちゃってる個体はよく見かけます。作動部分が室内なのでフィーリングが激変しないからなかなか気が付かないけど。

本来、定期交換部品かもね。(ゴムのダイヤフラムだし)


それにしてもネットの同例故障事例で、個人クルマ屋ともにマスターバッグ替えた。っていう事例が出てこないんだけど。
みんな大丈夫?





さて、古い外車だから手がかかるのか?

ポルシェだから手間がかかるのか?


この例は個体の要素が強いだろうけど。

20年前の乗りっぱなし中古車だからね。(定期点検とか車検に合格するレベルの整備はされてきてはいるとは思うが)

新車の状態をしらないからこれが今どういうレベルかわからないけど、”正しくメンテされた”同世代の国産車の方が若干まとも(自称メンテしてます。で、ぐずぐずとかのもたまにあるけど)

それほど神経質にメンテしてなくてもなんとなくちゃんとしてる国産車って良くできてるよね。

とはいえ、国産車だからって軽微なメンテナンスだけで20年その先も費用かからず乗れるわけではないので、国産車と外国車で極端に維持費が違うわけではないと思う。

新品の部品の価格が外車のほうが若干高いとかそういうのもあるが。

手間と費用考えたら国産新車を定期的に乗り換えるのが正解かもしれないけど、それはそれで消耗品すぎるしね。







ポルシェと言えども20年前の中古車は痛んでるよ。メンテしないと宝の持ち腐れだね。という意図でダメ出しすると、

「ボクスターってそんなダメなクルマなの?」と思ってしまう人続出らしく。

いやいや、クルマとしては走りますよ過不足なくちゃんと。なんならけっこう高いレベルでw

ブランド期待値が高いから辛口に見えますけど。

ミッドシップだからって神経質だったりスロットルONOFFでリヤが暴れたりフロントが逃げたり接地感が激変したりもしませんし。

参考ドライブ映像

この時発見した事。
・車速が上がると巻き込み風少なくなる。
・5年も経ってるのにミシュランPSSが路面コンディションにかかわらずグリップもインフォメーションもちゃんとしてる
・シフトストロークが短くないからシフト操作終わってるつもりがストロークが余ってる(突き当たってない)(右シフト練習中)
・このカメラステーを窓貼り付けで使うといろんなものが振動して画像がブレブレ。

Posted at 2017/06/09 04:17:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 作業日記 | 日記
2017年06月04日 イイね!

マイナースポーツ

その分野ではすんごい事なんだけど。

ほかの国とかじゃ全然扱いが違うらしいんだけど。

暴走族の種としか思われてないのかね。

丸腰生身の必死悲壮感出てないとウケないんだろうね。

野球チームが負けてるとかテレビの人が捕まって降板とかその親父が自粛とかテニスの人がベスト16にいるとかはトップニュースに流れてるけど。

もう流れちゃったのかな?見つけられなかっただけ?


インディ500優勝もエアレース優勝もヤフーのトップニュースには出てこんねぇ。

タイヤメーカーと自動車メーカーが協賛でも宣伝効果ないね。


それでもこの国、自動車大国なんだってね。。
Posted at 2017/06/04 22:30:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | たわごと | 日記
2017年05月09日 イイね!

未だこういうレベルなら自動運転の到来を待つしかない

アクセルと踏み間違えない「左ブレーキ」が、普及しない理由




そりゃまあ、すでに踏み間違えちゃうような運転スキルのジジイババアが今から左足でブレーキ踏めったって、そりゃちゃんと操作できるまでに何人か死ぬだろうから無理にとはと思うけど。

だからって将来踏み間違えるかもしれない今なら上達まだ間に合う世代まで一概に扱うってのはどうかと思うよ。

サイドブレーキは左足で踏ませてるんだからMTとの混乱というのはでたらめだね。

そもそもMTだって左足ブレーキ使えたほうが運転の引き出しが増えてスムーズなんだし。


つまり、真剣にクルマの運転やら安全を考えてる奴なんて一人もいないって事だろうな。

運転手のスキルが上がって事故が減ると儲からないんだろうな。

そもそも運転しないやつらが牛耳ってるわけだし。

義務付けとかしなくてもいいからそういう運転方法もあるよと展開はすべきだと思うが。

50年前の教習内容まま止まってるからな。そりゃ発展もしないだろ。

政官民がこういう意識と状況であれば残念ながら自動運転の到来を待つしかないね。
Posted at 2017/05/09 23:59:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | たわごと | クルマ

プロフィール

「時速たった50キロのモータースポーツ http://cvw.jp/b/564484/40100860/
何シテル?   07/17 03:58
・・・・。 書くと利用規約違反になるらしい。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
パーツ開発中 FSW 2分15秒667(DL Z2☆β)(2014.12.13) F ...
マツダ ユーノスコスモ マツダ ユーノスコスモ
20B TYPE SX
マツダ RX-7 マツダ RX-7
FC3S 前期 FSW 2分00秒908 (Z1☆)111228 FSW-S 34秒6 ...
シトロエン 2CV シトロエン 2CV
2CV6

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.