車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月27日 イイね!
G350d 32000㎞走破!納車後15か月で32,000kmを走破しました!

最近、給油口とドアロックの連動が少々悪い以外は快調(^^)

次回点検時(40,000㎞)では有償となってしまいますが、『前後デフ+トランスファー+ATF』オイルを交換するつもりです。雪の坂道でLOWレンジへと切り替え、デフロックを使ったことも何度かありましたしね。

メーカーは10万キロ前後無交換で問題なし!と謳っていますが、抜いたオイルの汚れ具合には結構驚きますし、交換後はフィーリングが激変するものなのであります。

それと来月になったらアンダーカバーをすべて外して、念入りに洗浄し、もしも錆があれば補修する予定。

さらに今秋にでもコーティングの匠にお願いし内外装を徹底的に磨き上げて頂くつもりです(^^)

おそらく今年6月には2018年モデルのGクラスがどう変わるのかわかると思われますが、ボク自身はまったく買い替える予定はなく、このクルマで過走行一直線を突き進みます!

ところで先程までガレージ内の模様替えに引き続き勤しんでいたのですが、




Gクラスのコーナーをどう演出しようか思案中であります(^_-)

さて、先日の機内で観た映画『La La Land』で主人公のMiaがリクエストしたこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/03/27 00:15:11 | コメント(4) | G350d | 日記
2017年03月25日 イイね!
Monkey!3週間ぶりにBoxsterを走らせてみました!

この季節は花粉症なので幌オープンですとハクション大魔王になっちゃいますが、オープンは爽快!

実は数日前にF355challengeをコンディションチェックで小一時間ほどゆっくり走らせてみたのですが、981BoxsterとF355challengeを比較して大きな違いを感じたのがフロア剛性。



もちろんF355challengeの方が頼りないのですが妙にしなってバランスが取れており、これをさらに固めてしまうとピーキーなハンドリング特性になってしまうのではないかと。

思い出したのが30年近く前のハナシ。当時アメリカで半年間ほどカートにハマっていました。友人との共同で、アメリカ製新品のEmmickと3年落ちのKali Kartをそれぞれ購入。それらのシャーシーに載せたのが共に新品のYAMAHA KT100。

Emmickは剛性感で中古のKali Kartを圧倒し、新品のスリックを履かせてセッティングが決まった時は速かったのですが、グリップバランスが崩れたり、ドライバーの集中力が欠けてしまうとタイムが出ず、ハンドリングもピーキー。

一方、中古のKali Kartはここ一発のタイムはEmmickより劣るもののタイヤが摩耗しようがドライバーが二日酔いであろうがタイムの変動が少なく、しかもコントロール性は秀逸でした。

条件が揃えば良いタイムが出るEmmickとタイムがイマイチだけれども懐の深いKali Kartならば、ボクの好みは断然Kali Kartであり、友人が操るEmmickにKali Kartで迫ることがこの上なく楽しかったのです!(^^)!

おそらくKali Kartも新品だったらハナシは変わったと思われますが、ボクが申し上げたいことは旧いクルマに限っていえばフロアのしなりも決して悪いものではないということ。

フロアのみならず、このことはボディ補強にも通じます。エビスサーキット東コースで直ドリを決め、帝王ともてはやされた古口選手は愛車180SXを徹底的にボディ補強したところ、懐が深い挙動からピーキーになってしまい、相当苦労されたハナシを以前伺ったことがあります。

レース界を70年代に席巻したB110型TSサニーもボディを固めすぎてはダメ・・・というのが通説だったようです。

あれこれ書いて長くなってしまいましたが、、、ボクがF355challengeに求める方向性は、ボディ&シャーシー補強はこれ以上必要なく、足回りもヒルクライムがメインである用途を考えればこれでオッケー、エンジンはパワー云々よりも気持ちよく回るようなファインチューンで良いのではないかというのが結論でした。

閑話休題。

Boxsterで最近お気に入りの珈琲店へ寄りオーナーさんと雑談していたら、ホンダモンキーが今年8月末で生産終了する話題となり、ボクが『実は以前からモンキーを欲しいなぁ・・・と思っていたのですよ~』と話したら、『昨日の発表以来予約が殺到しているみたいですよ!私が信頼しているショップがあるのでご紹介しましょうか?』とのことなので、早速ご紹介頂き訪ねることにしました。

50周年記念モデルは今から注文しておそらく納車は7~8月頃。カワイイので注文しちゃいました!取りあえずナンバー取得せずコレクションとし、気が変わったら登録します。



7月頃に最終限定モデルが出る可能性もあるらしく、もしもそちらの方が好みならば変更可能と言ってくださったのでその時に考えます(^^)

・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/03/25 17:37:01 | コメント(7) | 981 Black Edition | 日記
2017年03月22日 イイね!
991.2GT3  Solid Valve Lifter,Central Oil Feeding,and Euro6cまずはPorsche GT Project DirectorのAndreas Preuninger氏による991.2GT3のエンジン解説をご紹介しましょう!

『今回のGT3はシリンダーヘッドを変更。新設計のバルブトレインを採用したことにより、油圧バルブアジャスターを廃止し、ソリッド化したよ。

そんなことしたらバルブクリアランスがズレて1,000㎞毎にシム調整せねばならないのでは?と思うかもしれないけど、300,000kmをベンチテストしたけどまったくズレなかった。しかも同テストは数回行ったんだ。

それとね、オイルポンプからクランクの中央へとオイル経路を設けることにより、油圧バルブアジャスターを廃止することと相まって油圧を下げることに成功したよ。

重量物を取っ払い、フリクションを減らし、オイル潤滑をよりスムースにして油圧を下げる、この仕組みは991GT3Rでテストし、さらに'17 Cupカーにも採用しているのだ。もちろんRSRにもさ!』

Preuninger氏のハナシに加筆しますと、リコール前の991.1GT3のエンジンをVersion 1とするならばリコール対策後がVer 1.5、4.0L化された991GT3RSと991RはVer. 2.0、そして今回の991.2GT3がVer. 2.5となるらしいです。

これでようやく9000rpmまで回しても信頼できるエンジンが完成したといえるでしょう!

ところでジュネーブでの発表時は9000rpmからレッドゾーンでしたが、



広報車は8500rpmからレッド??



991Rのレッドゾーンは8600rmでレブリミッターは8500rpmで作動、



んん??

伝え聞くところ、991.2GT3は通常8500rpmでリミッターが作動し、SPORTモードONでリミッターが9000rpmへと上げられるとか!?

ついでに6MT仕様の画像も↓







 





閑話休題。

991.2GT3と今秋発表の991GT2RSは2018年8月で生産終了との噂が流れています。

信憑性が高いかどうかはわかりませんが、継続生産車には2018年9月1日から適用される『Euro6c』に上記2台が適合するのは難しいのでは?というハナシみたいです。

この『Euro6c』で実路走行試験が導入され、排ガス規制はさらに厳格化される模様。

これだけではなく、、、通過騒音規制も厳しくなりますので、たとえ992型にもGT3が設定され、それがNAエンジンだったとしてもエキゾーストノートが大人しくならざる得ないかもしれません。

991が『Euro6c』をクリア出来ないようであれば2018年9月から992型の生産が始まるという説もあながちガセネタとも言い難いような気もいたします('◇')ゞ



自分であれこれ書いていたら、今回の991.2GT3がますます欲しくなっちゃいましたよ~(笑)

・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/03/22 19:46:22 | コメント(11) | 気になるクルマ | 日記
2017年03月21日 イイね!
2017ジュネーブショー 見学記 その3J先輩とPorscheへ。

Panamera Sport Turismoを見学。リアシートは3名乗車可ではありますが、実際には真ん中はチャイルドシート用かなと。



でもセダンよりも室内空間が広いのでこちらの方が寛げるかもしれません。

ステージ裏には『Porsche Bistro』があり、先輩の背中に隠れて突入!



シャンパンや赤ワインを飲んで、美味しい食事も頂いて、これでキレイな尾根遺産でもいれば竜宮城(笑)



その前にLamborghiniで既にシャンパンを飲んでいたので、




すっかりメートルが上がった酔っ払いモード('◇')ゞ


勢いに乗り、McLarenのステージに入り、Newモデルの720Sを見学!



記念撮影!



実はMcLarenの運転席に初めて座ったのですが、この類の宇宙船にしては視界がとても良いのです!812SuperfastやAventador Sは右斜め後方視界が絶望的でしたが、特に720Sはいいです!(^^)!

レーシングカーからのフィードバックがひしひしと伝わってきて、これは素晴らしい!!

奥座敷でマジョーラ系ワインレッドのオプションてんこ盛り仕様を見せて頂き、



ラウンジで客層を観察していると、FerrariやLamborghiniで見かけた中国・アラブの成金系はいなくて、Porscheに近いような雰囲気。つまり純粋なクルマ好き&運転好き。


個人的に好印象だったのがALPINE A110。



純粋にカッコいい~と思いましたね!(^^)!

軽量且つ高剛性!









いいなぁ~ MTもあればもっといいのになぁ~ でも愛嬌溢れるフロントマスクは何かに似ているような??と思ったら、、、




かっぱ寿司でした(笑)



ロシアのチューニングメーカーであるTOP CARによるカーボンボディの991.2turbo S。





ステージ内に座っていたオジサンはプーチン大統領の眼差しを連想させたので、視線を合わせないように(・_・;)

日本からはLiberty Walk。



意匠がイセッタを彷彿させる電気自動車はラブリー&チャーミー♡





・・・といった感じでありました!


ジュネーブショーは空港から会場が近く、おそらく空いている平日ならば3時間もあれば全体を見学できると思います。例えば午前中に着いて、夕刻の飛行機でロンドン、パリ、フランクフルト、チューリッヒ、ヘルシンキ等へ移動するのもアリかなと(ジュネーブは物価が高いですしね・・・)。

通貨はユーロではなくスイスフランですが、空港や会場でユーロを出してもスイスフランでお釣りをくれるので大丈夫です。

空港から会場へ歩いて向かう途中に駅があり、そこにコインロッカーが2箇所、



オジサンがいる荷物預り所も1箇所あります。

そこに荷物を預けてしまい、会場内は暑いので、Tシャツにパーカーみたいなカッコが楽です。

チケット(1日16スイスフラン)は現地でも買えますが、HPから購入しプリントアウトしたものをスキャンする方がスムース。

ちなみにPorscheのステージは空いている時であれば順番制で入れてくれますが、今回Porsche Centerの担当氏の名刺に書いて頂いたメッセージはこんな感じ↓

『To whom may concern,

Re:Geneva Show Access

Please let Mr.DORY to see 911GT3. He has placed an order through us.』

混雑時や融通が利かない人と遭遇してしまった時に備えて持参されると安心です。


閑話休題。

やはりネットで眺めるのと実際では印象も異なりますし、得るものも少なくないですね!

皆さまも機会がございましたら、是非海外のモーターショーを見学されることをおススメいたします(^_-)-☆

3回に亘る長~い見学記にお付き合い頂きまして有難うございました!!



Posted at 2017/03/21 22:07:08 | コメント(4) | 気になるクルマ | 日記
2017年03月20日 イイね!
2017ジュネーブショー 見学記 その2取りあえず軽~く全体を観てから空港へ戻ろうとしたら、ミニカーやグッズを売っているショップでガレージに飾ったら良さそうなブリキの看板を発見!

ショップのオジサンも親切だったので3枚購入(^^)



空港からタクシーで約20分のホテルへ移動。2年前もこのホテルだったので、フロントのオジサンがボクのことを憶えていました('◇')ゞ



2時間後に同ホテルのレストランでJ先輩と待ち合わせし、ディナーをば。





3月17日(金)

J先輩と会場入り。

前日はブース内に入れてもらえなかったところもVIPなJ先輩の背中に隠れて突入!

まずはFerrari。



812Superfastは大人気で柵の外からは撮影も至難の業だったのですが、中に入ってしまえばこっちのもの(笑)



まずは記念撮影。



運転席を順番待ちしつつ外回りをチェック。







ようやく運転席に座り、



ペダルレイアウトチェック、



前方視界チェック、



右斜め後方視界チェック、



大満足(笑)

次にLamborghiiniのブース内へ突入!

J先輩のイギリスでの担当営業氏から解説を受けながら宇宙船を見学。



少しずつ調子に乗り始め、モデル立ち(笑)





厚かましくAventador Sの運転席にも座り、



隠し部屋でなんだかよくわからない特別色のAventador Sや色見本等を見せて頂き、







個人的に気になるHuracan Performanteを見学。





・・・まだ帰国便まで9時間ちょっとあるのでその間に書いてみました('◇')ゞ

その3へ続きます(^_-)
Posted at 2017/03/20 14:54:47 | コメント(8) | 気になるクルマ | 日記
プロフィール
国産・輸入車を問わず運転して楽しいクルマが好きです 2001年から大井貴之選手にそれまでの自己流の滅茶苦茶なドライビングを修正して頂こうと基礎から習い始...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
198 人のファンがいます
愛車一覧
フェラーリ F355 (クーペ) 1号車 (フェラーリ F355 (クーペ))
'98 F355challenge 95年に一台目のF355berlinettaを新車 ...
日産 シルビア 2号車 (日産 シルビア)
'02 S15 Spec-R改(GT2871R)。かつてはPS13で富士フレッシュマンレ ...
ポルシェ ボクスター (オープン) 3号車 (ポルシェ ボクスター (オープン))
2台目となる981素Boxster。 718 Boxsterを試乗し確かに良いクルマだ ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) 4号車 (メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック))
'16 G350d。前車'15 G350BlueTECを8か月で22,000㎞走破し、と ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.