車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月21日 イイね!
Black Wheels !F355challengeのレースが開催されていた頃にレイン用スペアとして保管してあったホイールを譲って頂きました!(^^)!

当時レースで使用していたホイールは歪んでいたりしてコンディションがビミョーなものも中にはあるのですが、レイン用ならばレース時に縁石へは乗らなかっただろうから歪みはないかもしれない・・・との期待通りタイヤ組み換え時にもちゃんとバランスが取れ、試走時にそれなりの速度まで加速してから急制動させても大丈夫だったので歪みはなく良品でした(*´▽`*)

今回組み合わせたタイヤはDirezza ZⅢ。サイズは225/40R18 & 265/35R18。ヒルクライムで3速がより使えるようにと外径を小さくし、ローギアード化したのと同じ効果を狙いました。

これまで履かせていたA052の235/40R18 & 295/35R18のセットと比較するならば、軽快感があり、狙い通り加速は良くなったのですが、高速コーナーでの安定感ではやや劣る印象を受けました。

私見では、

サーキット用ならば 235/40R18 & 295/35R18

ヒルクライム用ならば 225/40R18 & 265/35R18

公道用ならば 225/40R18 & 265/40R18

がオススメの組み合わせであり、これまで何度かリアに275/35R18を試したこともありますがちょっと中途半端かもしれません。。。

ところで今回のホイールはハーフマットブラックに然るべき業者さんで剥離&パウダー塗装されたらしく、腐食し始めると出てくるブツブツもなく、ガリ傷も皆無でキレイな状態。

ストラトスを意識しイエローかゴールドに塗りなおそうかなぁ~とも考えていましたが、履かせてみたら意外によく似合っていたのでこのままにしておきます(^_-)



今後用途に合わせてブラックとホワイトのホイールセットを使い分けていくつもりです(^^)

・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/02/21 18:49:07 | コメント(3) | F355challenge | 日記
2017年02月15日 イイね!
Direzza ZⅢで袖森へ!午後から袖ヶ浦フォレストレースウェイへ出かけてきました!

履かせたばかりのDirezza ZⅢで14秒台へ突入!が本日の目標。

冷間1.8に4本合わせ、コースイン!

2周目でまだテキトーに流している時点で既に16秒フラット!

うーむ、気合と根性で走ったら14秒前半出ちゃうかもしれないにゃーと鼻の穴を膨らませながら、タイムアタック開始!

ところがZⅡ☆の2分山で出したこれまでのベスト1分15秒288を更新できず15秒3あたり(-_-;)

ベストを出した1月と比べれば気温が高く、冷たい空気を吸って突き抜けるように回っていくパワー感がないなぁ・・・と言い訳を考えつつも、、、念のため空気圧を測ると、左F&Rが2.4、右F&Rが2.3まで上昇していました。

ZⅡ☆ならばむしろこのあたりがちょうど良い塩梅なのですが、ZⅢはサイドウォールの剛性がアップしており、たわみを感じることがないので4輪とも2.1に下げました。

これが吉と出て、ベスト更新の1分14秒926!



その時の動画がこちらです↓ 最後の方は雄叫びをあげていますのでご注意ください(笑)



まだまだいけそうな気がしましたので、空気圧を温間2.05へと下げアタックしたところ、1分14秒894が出ました!!



さてさて気になるDirezza ZⅢの印象です。

ZⅡ☆と比べ温まりがさらに早く、例えばこれまでならばコースイン後2周目でタイムアタックを開始すると1コーナーのブレーキングでロック気味だったのが無くなりましたし、縦Gが上がっていることは確か。

袖森の2コーナーを度胸MAX全開で飛び込んでもタイヤがヨレる雰囲気はなく、空気圧を少し高めにしないと不安を感じたZⅡ☆との違いはここかなと。

しかしながら横方向のグリップは縦ほどの感動はなく、もしかしたらベストな状態でのグリップを比較したらA052の方が上なのかもしれません!?

タレはタイムアタックを10周くらい連続でやれば確実に感じます。その場合、1~2周クールダウンすればまたすぐにグリップが戻りますので、それほど気にする必要はないと思います。

8コーナーで一度タレてきた時に大きくテールアウトしましたが、滑り出しはやや唐突ながら適切なカウンターとアクセルコントロールで対処すればきっちり踏ん張る感じでした。

約90分ほど走行したフロントタイヤ(左)がこちら↓



それなりに溶けてはいますが、耐摩耗性は悪くないような気がいたします。

次に前後ガラスに施工した高弾性接着剤『Hamatite Hyper Sealant』に関してですが、



確かにピラーからルーフにかけて剛性を感じます。その反面、フロア剛性が以前よりも気になるようになり、ダンパーが抜けているのも伝わってきます。フロア剛性に関しては車種によってはメンバーブレースなどの社外強化パーツも出ていますから試してみるの一興かと。S15の場合はDo-Luckからサイドシル付近への補強バーが出ているので、挙動はややピーキーになるかもしれませんが、入れてみても良いような気もします。

つまり高弾性接着剤のみならず総合的な剛性アップを考える必要があり、そこまでやらず単純にガラス交換だけなら使わなくてもいいかもしれません(^_-)

さてさてベスト更新で気分が良いのでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/02/15 22:09:23 | コメント(3) | S15 Ⅱ | 日記
2017年02月13日 イイね!
ステアリングポジション再考 その2織戸さんのアドバイスに従い、WORKS BELLのボススペーサー(30mm)を取り寄せ装着してみました!

これまでのスペーサーは20㎜でしたから10㎜手前にきてステアリングを少し下げることも出来、まぁまぁステアリング上部まで手が届きやすくはなったのですが、、、



もう少し下げたいなぁ・・・と思い、ガレージ内のオブジェと化しているchallenge純正ステアリングを手に取ったところ、あまりの重さにびっくらぽっぽー(◎_◎;)



カーボンステアリングの軽さに慣れてしまうとダメですね。。。

それに欲を言えばもう少し手前にもしたいので、そうなるとディープコーンタイプにするかです。

例えばOMP CORSICA SUPERLEGGEROならば、95mmオフセットしており、軽量高剛性タイプ。

グリップの直径30mmを引くと65mmであり、スペーサーを外しても現状よりさらに35mm近くなるわけで、逆に近すぎないのか悩ましいところであります(^^ゞ



閑話休題。

現在装着しているA052(235/40R18 & 295/35R18)はFSW&鈴鹿用にして、今回譲り受けることになったchallengeホイールにはZⅢ(225/40R18 & 265/35R18)を履かせヒルクライム用にする予定です。

肝心のZⅢは近日袖森でS15を走らせる予定なので、そこで把握できると思います!

あっそうだ・・・ガラス屋さんから『Hamatite Hyper Sealantのテスト結果を教えてください!』と言われていたので、そのあたりもチェックしてきます(^_-)-☆

さて、これからこちらの曲↓を聴きながら夜の街を徘徊してまいります(笑)

Posted at 2017/02/13 19:34:24 | コメント(1) | F355challenge | 日記
2017年02月11日 イイね!
G350d 30000km走破!納車後約14か月で30,000kmを走破しました!

さてトヨタが特許出願したアルミテープチューニングを遅ればせながら試してみることにしました。

ホームセンターへ出かけたところ、一番安いアルミテープでも698円もします('◇')ゞ

その場でネット検索したら同じ698円でも『NITOMS SELF光沢アルミテープS』が接着剤面にも導電性があるらしいので購入。



さて、あちこちに貼ってどこが効いてるのかわからなくならないようまずは1箇所のみテストすることに。

それはステアリングポストの裏側であります。



早速動き始めたところ、『ん?ちょっとだけステアリングが重くなったかな?でも気のせいかな?』程度であり、速度を上げても中立付近が変わるわけでもなく、アイスバーンでカウンターを当ててもこれまでと同じであり、動き始めはプラシーボ効果だったのでしょうか??

ひとつだけ言えることはあれこれ検証しながら走っていたらお腹が空いてしまい、ラーメン屋さんで豚骨ラーメンを食べたので『プラス脂肪効果』があったことは確かです(笑)

でもまぁせっかく698円も出して普段使うことがないアルミテープを買ったわけですから、あらゆるところに貼りまくってマジカルな効果があるのか無いのかを次回の『31,000km走破!』時にご報告してみたいと思っておりますですばい(^_-)-☆



・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/02/11 15:41:24 | コメント(5) | G350d | 日記
2017年02月10日 イイね!
F152M V12Sport先日Fioranoで内覧会が開かれたF12の後期モデル。

参加されたオジサンのハナシが海外掲示板に出ていましたので、原文のまま下記にコピペいたします。

Introduction done inside Fiorano Race Track in a large and over heated tent. There were 7 cars on display prior to the preview - 125, 275 GTB, 365 GTB/4, Testarossa, 550, 599, and F12. All V12s.

Introduction by Enrico Galliera who called Fiorano the "Temple of Racing". F1 testing could be heard during the presentation. Whole performance revolved around the "12th Dimension". Not sure what that means.

Intro speech focused on reducing emissions but at the core and heartbeat the the NA V12.

Fabio Menegon introduced the technical aspects of the car.

V12 with 6.5 Liter
New SSC 5.0 software
Version 2.0 Parso Corto Virtuale (all wheel steering system)
800 HP
0-100 kmh under 3 sec. 0-200 kmh under 8 sec
Car was called F152M and V12 Sport
718 Torque
Triple injection
80% max torque at 3500 RPM
Upshifts 30% faster
Downshifts 40% faster
New passenger display - 8.8 inches wide with 1240 x 140 pixels
New electric steering rack
2 new wheels with normal wheel and sport wheel (really cool!!!)

2 cars - one model and one functional car. Functional car is painted in "Rosso 70 Anni"
Serial number of new car is #222990

Keyless Go

Lots of horizontal lines in the car and was a point mentioned running through the inside and outside of car.

Overall the front rocks. Very aggressive. New LED headlights.
Back seems plain to me.
Cockpit lacks the third center vent
Rear diffuser looks like it is floating off the back.

まずこのダウンサイジングな時代にV12 6.5L NA 800馬力というのがスゴイじゃないですかー(*´▽`*)

噂通り4輪ステアリングシステムを採用。

スペックだけ眺めるとF12 TDFよりキョーレツでありますが、将来的な価値は絶対F12 TDFの方が上ですからオーナー各位はご安心ください(^_-)

ところで個人的には現行F12のリア意匠がな~んか中途半端なコマネチみたいで好みではなかったのですが、



GT4Lussoと同じく丸4灯となり、



我らがF355の雰囲気が戻ってきているではないですかー キャー キャー (*´▽`*)



来月のジュネーブで実車を見学するのがとても楽しみであります!

本音ではちょっと憧れますし、ふと気づけば還暦まであと7年、、、こういうクルマを走らせても視力と体力が辛うじてついていけるのは今のうちかなぁ・・・と思わなくもないのですが、FRの800馬力はイマドキの優秀な電子制御があるからこそ走るのであり、電子制御に頼らず自分でコントロールすることにドライビングの楽しさを見出してきた不肖ワタクシメにとって、電子制御ONだと乗せられている感に包まれ、かといって電子制御OFFだと800馬力を御しきれないと思うのです(・_・;)

まだまだ修行であります。。。

それにこんな凄いクルマを万が一買ってしまったとしたら、、、優しかった亡き祖母が夢の中でボクの顔面に『この罰当たりがーっ』と牡丹餅を投げつけ、亡き祖父は床に剣山を並べ『この上で正座してなさい・・・』と、叱られるに違いありません(◎_◎;)

近日墓参りしてきますです。。。

そういえば少々日が経ってしまいましたが、、、こちらの曲↓を聴きながらJohn Wettonさんのご冥福をお祈りしたいと思います。

Posted at 2017/02/10 11:30:38 | コメント(2) | 気になるクルマ | 日記
プロフィール
国産・輸入車を問わず運転して楽しいクルマが好きです 2001年から大井貴之選手にそれまでの自己流の滅茶苦茶なドライビングを修正して頂こうと基礎から習い始...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
ファン
196 人のファンがいます
愛車一覧
フェラーリ F355 (クーペ) 1号車 (フェラーリ F355 (クーペ))
'98 F355challenge 95年に一台目のF355berlinettaを新車 ...
日産 シルビア 2号車 (日産 シルビア)
'02 S15 Spec-R改(GT2871R)。かつてはPS13で富士フレッシュマンレ ...
ポルシェ ボクスター (オープン) 3号車 (ポルシェ ボクスター (オープン))
2台目となる981素Boxster。 718 Boxsterを試乗し確かに良いクルマだ ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) 4号車 (メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック))
'16 G350d。前車'15 G350BlueTECを8か月で22,000㎞走破し、と ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.