• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

DORYのブログ一覧

2017年10月19日 イイね!

F355challenge 鈴鹿タイムアタック by 大井さん!

F355challenge 鈴鹿タイムアタック by 大井さん!先週末Global MX-5 CupのLaguna Seca決勝に日本代表として山野哲也選手と共に出場した大井クマゴロー貴之先生。

帰国されたその足でボクと一緒にG350dで鈴鹿へ移動!

途中凄まじい事故渋滞があり、鈴鹿のホテルに着いたのが午前3時(・_・;)



ボクはすぐに寝ましたが、クマゴロー先生は『久しぶりのジャパニーズフードを堪能してくる!』とコンビニへ(笑)

そして昨日、C.Factory主催の走行会へと出陣!

まずこの走行会の常連であり激速な『極悪インディアン連合』の皆さまへご挨拶させて頂いてから、



クマゴロー先生と作戦会議。

まず今回の最大目的はラジアルのA052(235/40ZR18 & 295/35ZR18 )を履かせ、足回りはヒルクライム仕様のセッティングのままで何秒出せるのかをクマゴロー先生に挑んで頂くこと。

空気圧を冷間前後1.7に合わせ、ボクも助手席に同乗しコースイン。

アタック開始1周目で2分29秒774。

3周目で2分28秒092を出したところにはオーバーステアが顕著になりピットイン。

空気圧は前2.4 後2.5まで上昇していましたので、クマゴロー先生の指示で前後2.2に調整。

ここからクマゴロー先生が単独アタック開始!ガソリン量は1/3。

クリアのタイミングを計りながらまずは2分25秒268を記録!!



車重を正確に測ったことはありませんが、純正エアコンを後付けしおそらく1400㎏前後でしょうし、マフラーはchallege純正直管と比較すると若干ピークパワーが落ちる伊藤レーシングでこの季節にこのタイムは凄い!!

さらなるタイムアップを目指したものの、130Rで前車に追いついてしまい断念。

クマゴロー先生曰く『完全クリアでA052の美味しいタイミングを逃さなければ23秒台は出たよ!』と。

ここでガソリンを40L足して、ボクに交代。

小雨がパラつき始め、クマゴロー先生から『これくらいの雨ならまだいけると思うけど、タイムを意識しすぎないでスムース&キレイに走ってきなさい!』と送り出されました。

徐々にペースを上げ、ヘアピン手前で前車に追いついてしまったものの2分32秒742が楽に出て、『よーし!ここから一気にタイムアップするのね!!』と鼻息荒く怒涛の5周連続タイムアタックをしたら、せっかくクリアが取れ始めたのにタイムダウンしていきました(-_-;)

ピットへ戻るとクマゴロー先生から『もっとタイムアタックする間合いとタイヤの状態を考えながら走っていたら確実に30秒を切れたのに~!』と。。。

でもまぁちょうど1年前のベストが2分37秒236であり、ZⅡ☆とA052の違いはありますが5秒近くタイムアップ出来たのでいいことにしちゃいました(笑)

さてクマゴロー先生からボクのクルマに関する印象を伺いました。

『そもそもヒルクライム仕様の足回りで車高が前下がりだから、ブレーキングで頑張ろうとするとフロント荷重が強すぎてリアが抜け気味になりオーバー傾向が強い。鈴鹿仕様にするならまず前後車高を水平にして前後共にもっと下げるべき。それからバネレートも前後2キロくらい上げたい。

ボディ剛性はF355にしてはとてもいい。純正ロールケージと相まって前後補強が効いている。

音もいい。

改善点を言うならばシートバックを若干寝かせ気味に調整すべき、前後ポジションはクラッチを奥まで踏んでた時に膝が伸びきらない方がいい。

それとシートベルトは交換した方がいい。FIAのシートベルト使用期限は5年。かれこれ20年近く使っているベルトは硬化して最悪の場合は切れることもある。』とのこと。

長年御世話になっている師匠だけに流石だなぁ~!帰ったら車載ビデオで研究しようっと!と思いきや、いつの間にかボクのビデオカメラが外され、大井さんのが装着されていました・・・。

貴重な走行動画はベストカーだかどこかのメディアで使う商売用にする魂胆らしく持っていっちゃいました(◎_◎;)

それはさておき、今回がF355challengeの鈴鹿ラストラン。来年から991.2GT3 6MTで走る予定でして、だからこそ生産枠確定の吉報を待ちわびている次第です。。。

もちろんF355challengeはヒルクライム専用として今後も走り続けますよ(^_-)

・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/10/19 12:16:22 | コメント(5) | F355challenge | 日記
2017年10月15日 イイね!

G350d 44000km走破!

G350d 44000km走破!納車後21カ月少々で44,000㎞を走破しました!

機関は好調であり、サンルーフを開けた時のカタカタ音は次回点検時までそのままにしている状況です。

さて、今回は現時点での買取価格について。

YANASEで参考までに出して頂いたところ、新車乗り出し価格の約70%という高額査定!

仮にこのままのペースだと車検時には7万キロを超えていると思われますが、それでも50~60%くらいにはなるでしょうとのこと。

買い替えるつもりはないものの、価値が下がりにくいのは万が一路頭に迷うことがあったとしても助かります('◇')ゞ

将来的な懸念があるとすればディーゼルであること。VWのディーゼル不正が端を発し、M.Benzまでも不正が今夏明らかになりましたが、ヨーロッパでは排ガス疑惑や税制優遇措置の縮小もあり、ディーゼルのシェアが下がってきているのは皆さまご存知の通り。

しかしながらボク自身はディーゼルならではの経済性やトルク溢れる力強い走りには魅力を感じているのでこのまま乗り続け、将来的には箱をそのままでパワーユニットだけEVやPHVへのコンバートする方法も必ずやあるでしょうからどうにかなるであろう~と楽観視しています(^^)

・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/10/15 22:27:30 | コメント(4) | G350d | 日記
2017年10月12日 イイね!

991R vs 991.2GT3 6MT

991R vs 991.2GT3 6MT今宵はクルマ趣味の大先輩とお寿司屋さんでクルマヲタ話をしておりました(笑)

先輩からイギリス土産として頂いた雑誌に『991R vs 991.2GT3 6MT』の記事があり、早速爆読してみたところ、、、

エンジンに関しては圧倒的に991.2GT3が優れており、特に7000rpmを超えてからのパンチ力に違いがあるとか。

またシャーシーセッティングは公道寄りな991Rに対し、991.2GT3は公道からサーキットまで幅広くカバー出来る仕様だそうです。

さらに70㎏差の車重も感じないそうで、昨年991R争奪戦に惨敗してガッカリしただけに、なんだかホッとした気分に(^^)

ところで先輩から『991.2GT3を公道寄りなTouring Packageにするのは良いと思うけど、もっとアナログで軽量なクルマを他に買ったら?例えばケーターハムとか。スズキのエンジンを搭載している160はセブン本来のテイストへ原点回帰していてバランスがとてもいいよ!』と。



先輩はケーターハムをつい先日オーダーされたそうで、それもキットの状態で、ご自身でこれから100時間掛けて組み上げるそうです。

例えばのハナシ、休日の早朝に近所の峠道へ気軽に出かけられる環境であればセブンライフを満喫できるハズ。

そういえば10年くらい前は休日の早朝はロングボードで海へ!な~んて暮らしに憧れていたはずなのに海から遠のくばかり(・_・;)

・・・というわけで気分だけでもサーファーDISCO系の曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/10/13 00:20:47 | コメント(3) | 気になるクルマ | 日記
2017年10月10日 イイね!

ガラスクリーナーの危険性

ガラスクリーナーの危険性関西へ先に到着しているF355challengeはオイル交換等を済ませ、来週の鈴鹿へ向け準備万端!

当日はドライであれば大井クマゴロー先生に単独タイムアタックして頂きます。

SタイヤではなくラジアルのA052(235/40ZR18 & 295/35ZR18 )で果たして何秒出るか興味深いですよね(^_-)

11月18~19日に兵庫県香美町で開催されるヒルクライムが昨年のように雨だとしても走ります('◇')ゞ

走行後にはアンダーパネルを外して下回りを念入りに掃除し、さらにコーティングの匠のところで仕上げて頂く段取りも組みました。

匠と電話で雑談しながら『そういえばガラスクリーナーをレザーシートのケアに薦めている記事をどこかで見かけたのですがどう思いますか?』と尋ねたら、



『絶対ダメです!!もちろん1~2回なら大丈夫でしょうが、ガラスクリーナーに含まれる有機溶剤がレザー表面のクリア層を溶かしてしまい、それが侵食しレザーを脱色させてしまうのです。某自動車ヒョーロンカ氏が推奨していたク○ックブ○イトも同様です。Ferrariのコノリーレザーはクリア層が薄く、有機溶剤はとにかくダメです!』とのこと(◎_◎;)

以前教えて頂いた究極のレザーケアは→こちら

・・・ですが、そこまでやる時間が無い時のお手軽な方法は、柔らかいマイクロファイバークロス(汚れ落ちがわかりやすいよう明るい色を選ぶ)をぬるま湯に浸し、やさしく何度も拭けば良いそうです。

巷でよく見かけるレザーケア商品の中には蝋を含んでおり、それがひび割れの原因になることもあるそうなので、ボク自身はどのクルマも普段は水拭きのみ。challengeは年1回ボディを匠に磨いて頂く時にコノリーレザーのケアもお願いしています。

ボク自身も長年間違ったレザーケアを信じていましたので偉そうなことは言えないのですが、、、ご参考になれば幸いです(^_-)

・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/10/10 20:31:03 | コメント(2) | F355challenge | 日記
2017年10月09日 イイね!

981Boxster ~ 991.2GT3 Touring Package

981Boxster ~ 991.2GT3 Touring Package秋深まる中を青春純愛爽やか系981素Boxsterでドライブしてきました!

特段速いわけでもなく、それなのに心地良さが際立ち、いいクルマだなぁ~と再認識した次第(^^)

しかしながらその一方で思ったことが、サーキットで純粋に腕を磨くのを引き続きS15かそれとも86Racing or NDロードスターNR-Aにして、またPorsche2台所有は贅沢なので981素Boxsterを手放し公道でも乗る機会が増えるならば、991.2GT3はリアウイング付である必要はなく、Touring Packageでも良いのでは・・・と('◇')ゞ

公道がメインでたま~にサーキット走行する程度ならば、シートはスポーツプラスで良いわけですしね。



現実問題としてTouring Packageは新たに申込を受け付けるのか、それとも既に6MTで並んでいる方々に選択可能なNewオプションとするのかが不明であり、まぁそのあたりはそのうちわかることでしょう(^_-) 今年の東京モーターショーでも展示されるとの噂もあるようですが、よくわかりません。。。



生産枠がなかなか決まらないからこそ991.2GT3の自分仕様が二転三転してしまうのですが、、、取りあえず今日時点ではストリート寄りです(笑)

・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2017/10/09 21:20:57 | コメント(2) | 981 Black Edition | 日記

プロフィール

国産・輸入車を問わず運転して楽しいクルマが好きです 2001年から大井貴之選手にそれまでの自己流の滅茶苦茶なドライビングを修正して頂こうと基礎から習い始...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

215 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) フェラーリ F355 (クーペ)
'98 F355challenge 95年に一台目のF355berlinettaを新車 ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
'16 G350d。前車'15 G350BlueTECを8か月で22,000㎞走破し、と ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
2台目となる981素Boxster。 718 Boxsterを試乗し確かに良いクルマだ ...
日産 シルビア 日産 シルビア
'02 S15 Spec-R改(GT2871R)。かつてはPS13で富士フレッシュマンレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.