• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TREK8000のブログ一覧

2014年10月25日 イイね!

決断

今日は仕事で東京にいま〜す
会議は嫌いで〜す^^;







さてさて
今日は空港に向かう前に車検に出していたTREK号を取りに行ったんですが、支払う時に「延長保証どうしましょう?」という事になったんです。

一回目の車検時の延長保証はお安いので、勿論お願いしました。
でもって
点検パックは?
って事になって暫し考えました。

今の愛機には、デザイン、性能、運転のしやすさ、信頼性、どこを突っついても不満は無いんです。
もちろん愛着は誰にも負けないだろうと思いますし(^ ^)

と言うわけで、点検パックは次回の車検費用込みのコースを申し込みました。
ちょっとやそっとで乗り換えはしない事に決めました!
今後ともTREK号をごひいきに^^;

決意表明の意味も込めて奥さんに、「しばらく乗り続ける事にしたから次回の車検含めてカード切ってきた」って報告したんですが
「どうやってそんなお金払うの!」って怒られました(汗
どうしよう(;゜0゜)


Posted at 2014/10/25 20:54:13 | コメント(8) | トラックバック(0)
2014年10月22日 イイね!

Laps GPS-Circuit logger 始動! 会わせてTETRAX NEW XWAY 導入しました

サーキットを走る時は少しでも次回への参考になるようにとGPSロガー 747 proを車の屋根に張り付けて走っているんです。家に帰ってPCにデータを読み込みタイムや最高速、ライン取りを確認する事は可能ですし、車載しているGoproの動画とリンクさせても愉しいんですが、唯一の不満はサーキットでタイムを確認する事が出来無い事でした。

実は1年ほど前からスマホにはLapsを入れていたんですが、使わずにいたんです。
理由としては、スマホを固定するホルダーに気に入ったものが無かったから。
そんなおり今回スマホ固定用にこの方が使っていたTETRAXを購入したので、実際にLapsを使ってみました。



一般的なスマホホルダーはスマホを装着していない時に無骨なホルダーが車内にカッコ悪く見えるのに対しTETRAX NEW XWAYは使っていない時もスタイリッシュ!僕の理想にぴったりのスマホホルダーなんです。しかもウレシイ?イタリア製ww
車内の雰囲気を壊す事無く、しかもただ者ならぬ存在感です。
少々お値段は高めですが、我慢するところが無い逸品です。

でもってLapsの方はというと



TETRAX NEW XWAYに装着した状態で写真に撮ったので少々醜いのは勘弁して下さい
走行中は周回したラップタイムが随時表示されるのですが、保存後呼び出すと、画像の様に
ラップタイム、軌線上の速度、走行軌跡、加速減速表示が上下二段で表示されます。

問題はその信頼性ですが、先日十勝のクラブマンコースを走った時の記録を747proと比べてみました。
GPSロガーを使った事のある方はご存じだと思いますが、スタート起点をが違うと当然のことながらラップタイムは変わってきます。全く同じ場所をスタートラインにすることは出来ないのであくまでも参考として考えて下さい

十勝スピードウェイ クラブマンコース
      747pro    Laps
1週目  2’01.095   2’01.169
2週目  1’45.392   1’45.301
3週目  1’52.256   1’52.379
4週目  1’45.859   1’45.848
5週目  1’48.895   1’48.716

まあ許せる範囲ではないでしょうか

ただ、データを後から見ると明らかにGPS補足が不十分な部分が有り走行軌跡が飛んでいる部分が有ります。そのため最高速度は全く当てになりません。
今回のデータでも2週目747が最高速199.8km/hに対してLapsは最高速度221km/hでした。走行している時の目視では絶対220km/hまで達していなかったので補足しきれていない所で時間が飛ぶので最高速に影響したと考えられます。

多少の誤差は有るにしてもその場でラップタイムを確認出来るのは便利ですし、仲間内で比べても愉しいですね♪


Posted at 2014/10/22 20:04:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2014年10月21日 イイね!

まっすぐ進む事は重要です

まっすぐ進む事は重要です18日に足回りを車高調から冬期のために純正ショックに戻したので、今日はTREK号を秘密基地に持ち込んでアライメントの調整をしてもらいました。






キャンバーは-0.5度に調整してもらいました(車高調はもっと付いてますけどね)
ココまでは見ていてもすぐにわかるのですが、問題はこの後です。




Maple gageを当てて.......
ハンドルのセンター出しをやって



トーの調整になると何をやっているのか全く分かりません
(GVBのトレッドは前後で10㎜の差が有るから片側の補正が5㎜。最終的にはトーはゼロになったのかな?見ていてもどこが落としどころか分からず(苦笑)

アライメントが自分でも調整出来れば楽しいだろうなぁと思うんですが、Maple A-ONE Gageの取説さえあれば出来るかと言うと、そんな簡単な話ではないと言うのが調整手順を見ると一目瞭然でした。
特に2柱リフトなかったらリアは厳しすぎます。

やっぱり僕は春と秋には秘密基地で調整してもらう事にしますww

調整した後ローターのお値段出していただき、あとはパッドをどうするかですね~
来年はこの部分だけで大きな出費になりそうです(汗
Posted at 2014/10/21 20:20:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | WRX STI | 日記
2014年10月18日 イイね!

秋深し だな~

峠では雪が降ったとテレビで流れるようになってきましたね
秋深しどころか 一足飛びで冬に向かっているのでしょうか....

TREK号は今年のサ走スケジュールが終わったことに加え、来週は車検が待っている事、あんまり寒くなると作業が億劫になる事から今日は仕事から帰ってきて直ぐにショックの交換をして仕舞いました。

毎年この季節はこのブログになりますが、お付き合い宜しくお願いしますw

先ずはウマに車を載せないと何も始まりませんね




先週十勝スピードウェイでつかったZIIのままだったので、ショック交換と共にタイヤも050に戻すことにしました。




ショックっ交換はいつもリアから始めます
たいして理由は無いのですが、リアの方がハブ?ローターとその仲間たち?にパンタジャッキかけて上げ下げすればフロントよりは簡単に交換出来ますしね(笑



あっ そうそうリアのアッパーマウントのナットなんですが、前側のナットをラチェットで回すと手元がぶれてナットが舐めそうになる事が有ったんですが、ラリホで買った貫通式のラチェットならそんな心配も御無用(笑




ちなみに、奥さんに「携帯する時のために巾着作って欲しいんだけど」って頼んだら、息子の靴袋作った時のあまりで作られちゃいました



まあ人に見せるもんじゃないから柄なんてなんでも良いけど(苦笑



写真は前側じゃなくってリアなんですが
ここはウルトのラチェットよりも、これまで使っているSIGNETのフレックスメガネギアレンチの方が便利です。ラチェット機構でありながら、コンビネーションレンチの規格トルク(メガネ部)をクリアしているので、コンビネーションレンチ同様に本締めも出来ますしね!



ちなみにこれです

でもってリアは完了




続いてフロントです

こちらは左右ともにショックを外しちゃった方が、スタビライザーの影響を受けない事を経験から学んだんですが、ビビりーなのでドラシャ抜けを極端に嫌います。

キャリパーにパンタジャッキ当てて、更にバケツひっくり返して、絶対ドラシャ抜けない様にしておいて反対側のショックを外しました。



でも、この状態で反対側のショックを抜くとバケツ抜くのが大変なんですよね~
なんかいい方法あるのかな?ってかそこまでドラシャ気にしなくて良いのかな?



でもってフロントもめでたく交換完了
外す時はアッパーマウントのナットは1つだけにしますが、装着する時は少なくとも2個付けといた方がナックルのボルトを通しやすい事に今回気がつきました(笑
そうそう、ブログの写真撮りながら個々の作業したもんで、ナックルボルトをトルクレンチで締めるのを忘れ、冬道で緩んだという恐ろしい経験を昨年したので、ここは慎重に作業しました(笑


タイヤも変えて完成です!
今年で今のパッドは終了なので、スタッドレスタイヤに交換するまではパッドも冬用に換えない事にしました。


パッドの作業分時間が短く済んだので、今年はショック交換に2時間かからず終わりました。
やりきった満足感は強いのですが、明日... いやいや 明後日から始まる筋肉痛が怖いです(笑
Posted at 2014/10/18 19:50:38 | コメント(6) | トラックバック(0) | メンテ | 日記
2014年10月14日 イイね!

久しぶりに走ってみて

昨日は十勝スピードウェイの4輪感謝祭に行って来たんですが、今日はじっくりと自分の走り、と言うか運転操作をビデオで確認しました。

とは言っても
詰めが甘いと言うか.....

1セクション20分が単純に5回 合計100分走るんですがGoproのバッテリーの持ちは少々不安なものが有るので予備のバッテリーも持って出かけたまでは良かったんですが、肝心のメディアの残量を確認して行かなかったために、結局クラブマンコースの1本目しかビデオを撮ることが出来ませんでした。
何ともお恥ずかしい有様です(滝汗

今回はビギナークラスで走ったのですが、ビギナークラスだけで30台くらい、しかも殆どサーキットを初めて走る方も結構いた様でした。
クラブマンでも最終コーナーを含めてクリアラップを取ることは出来ませんでした。
Jrコースに至っては最初から最後までカルガモ走行みたいなもんです。

そんなわけで今回はタイムは二の次
(タイムごまかすためにココまで言い訳並べるか!と言ういちゃもんは受け付けませんよ~(笑 )
久しぶりのクラブマンで1コーナーなんて手さぐりだったし(シツコイww
じっくり自分の操作を確認しました

ブログにアップした動画は、最終コーナーこそ前に車がいてスピードは乗せられなかったものの、あとは何とか他車に引っかからずにゴールラインを通過できた周回を載せました。




反省点
1.右コーナー侵入前のシフトダウンの後、左手が8時の位置を掴んでしまう。 
右コーナーの後にストレートの時はまだマシなんですが、コーナーを抜けた後左コーナーが続くときは左手を10時の位置に持ちかえる為に送りハンドルになってしまっていました。

確かに街乗りでもハンドル位置が高いな~と思っているんですが、10時10分の位置を掴むにはしんどいんですよ。もっと低い位置までステアリング下げられると良いのですが。
蛇足ですが、テレスコーピングも足りないですよね。僕は身長が有るためかペダルに合わせたシートポジションにするとステアリング遠いんですよ。

2.3⇔4のシフト前にガングリップでシフトを持っている
シフト直前までガングリップ、シフトでは何とか上から包むようにしているんですが、シフトミスを招きかねないですよね。違う周ですが、ホームストレートで1コーナー手前5から4にシフトダウンするのに間違えて6に入れちゃったんです。5から6ですよ 本当に死ぬかと思いました(滝汗 or 爆笑 ?

3.せっかく最終コーナーで抜けるのが判っているのなら、前に居た白い車(シビック?)ともう少し間隔をあけて走っておいて、最終コーナー立ち上がりで自分のトップスピードで抜き去るべきでした
REV speedのDVDで見たこと有る場面なのに悔しいな....


この2点があからさまに目につく感じでした。
次回のサ走では意識して走ろうと思いました
オシマイ


Posted at 2014/10/14 22:10:35 | コメント(5) | トラックバック(0) | サーキット | 日記

プロフィール

「@BBぶらぼー いいですねっ!」
何シテル?   08/28 14:30
四捨五入したら50のおじさんですが若いころと気持ちはあんまり変わっていないつもりです。 気力の続く限り時代に逆行したような相棒と走り続けようと思います。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

認定 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/21 08:36:00
HスバルT岡店 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/20 08:22:55
何かと続く時は続くね 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/17 07:44:00

お友達

突然のお友達申請はお断りします。コメントなどでお互いやり取りがあるとか、オフ会などで面識のある方とのお友達を考えています。
185 人のお友達がいます
田中 ミノル田中 ミノル *みんカラ公認 プロト オリジナルパーツプロト オリジナルパーツ *みんカラ公認
セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認 ヨッシー@猫幸組ヨッシー@猫幸組 *
澤 圭太澤 圭太 * ROWEN JAPANROWEN JAPAN *みんカラ公認

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
現時点ではオリジナルで乗ろうかと思っているのですが、手元にGVBのパーツがあるので今後ど ...
スバル WRX STI スバル WRX STI
家族の温かい後押しのおかげで乗りたい車に帰ってきました。 焦らずじっくり付き合っていこう ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
TREK積んで遊びに行くためGTVからレガシィTWに買い換えました。新しい世界が広がって ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる