• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おっくnのブログ一覧

2017年12月15日 イイね!

面白いなー

この手のクルマを買う人に積載とか求めている人が案外いることにびくっりしました。(S660にはセカンドバックしか乗らないと思ったほうがいいよ)

走行性能(もしくはルックス?)以外を期待して購入した人もいるんですね。

あれば嬉しいですけど、それを捨て去ったからこそ得られたフィーリングがある事を喜んでもらいたい

S660は走る事だけに特化したクルマです!そう思ってから触れていただければ不満は生じません

ただし!軽です。雰囲気を楽しむクルマということをお忘れなく!

操れない1000馬力と操れる64馬力、どちらが楽しいですか?





Posted at 2017/12/15 23:54:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月07日 イイね!

後輩の運転で大分の山道をツーリング

大学時代の後輩(かつては86やカプチーノを所有)の運転で大分市周辺の山道をツーリングしてきました(約200Km)以後後輩のインプレ

・全然軽自動車とは思えない剛性感

・パワー感も十分。過不足ない(つかもっと欲しい)

・質感も上々でチープな感じがしない

・積載製を全く無視した全てを「走り」にふっている潔さがイイ

・折角ここまでしたなら100馬力ぐらいで出せばよかったのに

・ドアの剛性感と重量感はワークスはもとよりスズキバレーノよりダンチです

・ホンダは相変わらずいかれたメーカーで、それを買うユーザーを育てている

とのコメントをいただきました!

まあ後輩のコメントですからとはいえニヤニヤしてしまいます。

やっぱオープンスポーツは楽しいやろ!!!!????

しかも一般人の操れる範囲のパワーだから(ココが重要だと思うんですよ)

操れるパワー、気持ちよくさせてくれますよねー(十分操れてはないけどね)

S660、これからも俺を熱くしてくれるマシンだと確信しています!












Posted at 2017/12/07 23:58:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月07日 イイね!

高速道路走行時のガムテープ作戦

Aピラーと幌の段差で風切り音や、隙間からの風の流入が起こるのでは?との仮説に基づいて「はちまきスポイラー」を購入する財力のない俺がビンボーカスタム?を実験してみました

方法はAピラーと幌の部分にガムテープを貼って段差を無くすという単純なもの

さて結果はいかに?・・・・・・

100Kmまでは「おお!明らかに風切り音が減少している!!」と感激していたのですが、105Kmを過ぎた辺りから、貼ったガムテープがばたつき幌が共振して太鼓の連打状態!!

てっきりガムテープが剥がれかけてそのような状態になっていると思い剥がれ掛けているであろうガムテープを剥がす為に更に加速!しかし状態は悪化するばかり・・・・

停車して確認するとガムテープは全く剥がれておらずただ単に、幌側の密着していないガムテープが暴れていただけ(Aピラー側のガムテープは全く剥がれていませんでした)僅か5Cm程の幌側のガムテープがあんな爆音を発するなんてビックリしました。(太鼓の連打を想像してください。ちなみに幌を手で押さえると止みます)

爆音は激しいですけど風の流入はほぼ完全にシャットできます。復路はガムテープ剥がしてみましたが、100Km以上での急激な車内温度の低下が物語っています。(幌の部分に手を当てれば風の進入をすぐ体感出来ます)

Aピラーを幌より数センチ高く設計していれば防げていたのでは?と思うと残念でなりません。前述した若いPLにオープンカーを熟知したサブを付けて欲しかった。(つーか車内のテスト走行で誰も気が付かなかったの?走行性能のみに特化したのか!と思うくらいすぐ気が付きますよね)

ミッドモードも暖かいけど、シートヒーターの方が500%くらい暖かさを実感できるから!!!

オープンカーの本当に快適なのは本番前の冬だよ!!

カラダは暖かいけど顔に当たる風が冷たいのがいいんだけどな・・・

温泉と似てますね









Posted at 2017/12/07 23:24:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月02日 イイね!

だってこんなクルマないもん

実用性がないよねー

家庭持ちは無理よねー

よく言われます。

まあ俺の場合嫁も仕事をしていて2台持ちなんで好きなクルマを選ばせてもらえる立場だから許されてるんですが(嫁も運転好きで時々S660と交換しろとせまる)

クルマを単なる移動手段や道具と感じている方々には絶対満足できないありえないクルマです。

しかし運転することを「特別なコト」「楽しいコト」と思える人には一部のクルマはとてつもない魔力を纏っています

それが自分にとっては「S660」なんです

表題の「だってこんなクルマないもん」が購入を決意した一番の理由です

クルマを運転するのは楽しかよー

スマホ弄っていても、絶対に味わえんよー!〔笑〕



Posted at 2017/12/02 21:59:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月02日 イイね!

プチ改造行いました!

作業工程を画像で残すのを忘れましたので文章での報告です・・・スミマセン

まずホーンの交換

色々な先人の方々のサイトを見ましたが、やっぱりフロントバンパーを外して行うのがラクチン。(作業をお願いしたいじり好きな同僚の意見です)
実際外す所要時間は10分程度でした。(養生のためにヘッドライト下部にマスキングテープ状の粘着力の弱いテープを貼りました。工具を突っ込むことが予想されるための同僚の意見です)

自分はPIAAのスレンダーホンを選んだのですがやはり空間が狭いためあまり大きいものは設置困難と思われます。一つはもともとあった純正ホーンの場所に設置。もう一つは正面向かって右側に牽引フック用の大きな螺子穴の更に右に(進行方向に対して左側にちょうどいいボルトがあります)設置。しかしそのボルトでボディアースは取れませんでしたので、純正ホーンまでアース配線を伸ばしてみるとOKでした。

これでがっかりなホーン交換は終了です。ちなみに達人同僚のおかげで作業時間は1時間かかっていません。慣れた人と事前学習でポイントを抑えておけばこんなもんと同僚に言われました。

続いては夜間走行時の後続車のヘッドライトの眩しさを軽減するすることが出来るという謳い文句のSPOON製にドアミラーとルームミラーに交換作業(っちゅーか純正の上に付属の3Mの両面テープで貼り付けるだけですが)

事前準備として純正ドアミラーと追加SPOONの裏面の脱脂作業(アルコール綿で拭きあげればいいとの達人のアドバイス)

その後位置決めをして圧着して出来れば最低8時間振動を与えない(要はクルマ動かすな!ってこと

で、一番重要なレポにいきます

PIAAスレンダーホーンは純正とのあまりの違いに満足しています。事前にPIAAのサイトで音色確認していたので当たり前ですが(ビートの時はミツバのホーンでしたがこれもよかったです)

続いてSPOONのサイド&ルームミラーですがめっちゃいいです!ギラギラ感が軽減され手で遮るとかという必要がなくなりました。無限も同じコンセプトの商品を発売していますがコスパがダンチです!(約20000円でサイドミラーだけ)SPOONならルーム&サイドセット送料込みで13000円弱でゲット出来ました。嘘みたいに眩しくないです

次回バックヤードスペシャル様のウインドプロクテターをインプレします








Posted at 2017/12/02 20:42:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「面白いなー http://cvw.jp/b/580773/40854030/
何シテル?   12/15 23:54
ついにS660に乗り換えてしまいました!平成29年10月29日納車です。またこいつとながーい付き合いをしていきます。新車の特権の慣らし運転を楽しんでいます。とり...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

おっくnさんのホンダ ビート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/22 22:48:33

お友達

愛車一覧

ホンダ S660 ホンダ S660
あの赤に惚れてしまいました。ビートは黄色しかないと思い18年乗りましたが、Sは赤でいきま ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
18年乗りました。ミッション交換、ECU修理やエアコン15年間なしなど結構過酷でしたが ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる