車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年05月17日
第101回インディ500:2日目も琢磨は6番手と好調。アロンソは最多117周を走行
オートスポーツ



 インディアナポリス・モータースピードウェイで開催されている伝統のレースのインディ500。走行2日目となる16日は、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が224.656mphでトップスピードをマークした。

 佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)は、前日のスピードには及ばないものの223.556mphで6番手。フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)は、この日最多となる117周を走行し24番手のスピードを記録している。

 晴天には恵まれたものの風の強い1日となったプラクティス2日目。32人のドライバーが走行を行った。大きなクラッシュなどなかったが、風速25㎞/hの突風が吹くなど各車はスピードを抑えての走行となったようだ。


 この日トップに立ったのは、ウィル・パワー。いいトウ(ドラフディング)を得て、総合では5番手となる224.656mphを記録。トウなしの記録でも4番手とバランスのいいマシンを得ている。

「グリップがとてもいいね。コース上はたくさんのラバーが重ねられているよ。クルマはかなりいい感じだし、トラフィックでも問題ないよ」とパワー。

 2番手にはチームメイトのエリオ・カストロネベスが224.287mphで続き、残り10分でギャリー・チャベス(ハーディング・レーシング)が3番手に入った。


 ホンダ勢トップは、ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)の4番手。セージ・カラム(ドレイヤー&レインボールド)が続き、佐藤琢磨は106周と積極的に走行を重ね6番手で2日目を終えた。

 前日はリヤサスペンションに問題を抱えていたフェルナンド・アロンソだが、2日目は順調に走行を重ね、この日最多となる117周を走行。終盤には、時折3ワイドとなるような大きなパック走行(集団走行)も経験するなど、着実にオーバル走行の経験を積んでいるようだ。


アロンソは、スピードこそ221.029mphの24番手だったが、トウなしの走行ではチームメイトたちよりも上の14番手を記録している。


 トウなしの単独走行では、エド・カーペンター・レーシングが速さを見せ、オーナードライバーのエド・カーペンターはトップとなる222.842mphを記録。チームメイトのJR.ヒルデブランドもトウなしでは3番手につけている。

 プラクティス3日目となる17日も、12時から6時間の走行が予定されている。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/05/17 13:30:27

イイね!0件



タグ
今、あなたにおすすめ
この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「テスラのアホドライバー 強引な割り込みするわ、マクド
の出口側から進入するわ ぺーパードライバーかよ。」
何シテル?   04/26 12:48
モータースポーツの結果をメインにアップしています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ファン
26 人のファンがいます
愛車一覧
フェラーリ 348 フェラーリ 348
諸事情により手放すことになりました。
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
M Power堪能しました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
・・・。
日産 テラノ 日産 テラノ
オールモード4×4は重宝しました。
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.