• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月20日

F1 Topic:F1直下のF2で戦う松下信治とGP3暫定3位の福住仁嶺、2018年の去就は?

オートスポーツ


 F1直下のカテゴリーF2選手権は、先日シャルル・ルクレールの戴冠が確定した。まだ11月末の最終戦アブダビが残っているが、すでに水面下では来季に向けての激しいシート争奪戦が始まっている。
 そんな中、『F1に最も近い日本人ドライバー』である松下信治と福住仁嶺は、現在どんな状況に置かれているのか。 

 F2を戦う松下は先月のへレスで0ポイントに終わり、目標とした選手権3位以内の成績は不可能となった。その結果、スーパーライセンス獲得に必要なポイント数に達せず、ヨーロッパでの3年間の挑戦はひとまず終止符を打つ。

 来季は日本に戻り、スーパーフォーミュラ、スーパーGTに参戦することになりそうだ。ただし本人は、「F1参戦の夢はまだ全然あきらめてないし、かならず成し遂げます」と、強い決意を語っていた。


 一方、2年目のGP3選手権で現在暫定3位につけている福住は、来季はF2へステップアップする予定。普通に考えれば、松下の後任としてARTに行くはずだが、同チームにはGP3でチャンピオンになったばかりのジョージ・ラッセルの昇格がほぼ確定した。そしてチームメイトには、「ランド・ノリスがいい」とラッセル自身がラブコールを送っている。
 来月18歳になるノリスはマクラーレンジュニアチームに所属し、今季の欧州F3を制した逸材だ。しかしホンダとARTとの交渉も大詰めの模様で、ARTが福住とノリスのどちらを取るのか、予断を許さない。

 一方、今季のチャンピオンチームであるプレマには、インドネシアの実業家の息子でトロロッソの金曜ドライバーも務めるショーン・ゲラエルの名前が挙がっているのみ。ホンダはここに今季の欧州F3を戦った牧野任祐を入れたい意向のようだ。

 いずれにしても来季のF2選手権は、車体エンジンともに大幅に規約変更される。その混乱の中では総合力に優れるART、プレマ、DAMSといったチームに所属することが、F1への近道となりそうである。


ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/10/20 17:56:52

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

仕方ないっすよねぇ(o´_`o)ハ ...
ライチュウ@滋賀さん

ルーキーテストに参加すると思ってた ...
ライチュウ@滋賀さん

この漢なら、やるかも?
ライチュウ@滋賀さん

意気込みは認めるが・・・
ライチュウ@滋賀さん

ランド・ノリスとジョージ・ラッセル ...
ライチュウ@滋賀さん

負けられる相手が!
ライチュウ@滋賀さん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

モータースポーツの結果をメインにアップしています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

その他 17バイシクル その他 17バイシクル
アルミフレームの神、ここに降臨。
フェラーリ 348 フェラーリ 348
諸事情により手放すことになりました。
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
M Power堪能しました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
・・・。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.