• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Toshirb25deのブログ一覧

2013年11月30日 イイね!

無免許運転、懲役3年=改正道交法、1日施行

時事通信



改正道路交通法の一部が1日に施行され、無免許運転や同乗者の罰則が強化される。自転車についても、路側帯の通行を車道と同じ左側に統一し、ブレーキがない場合には、警察官が整備や運転中止を命じるようになる。
 無免許で運転した者と命令・容認した者の罰則はこれまで「1年以下の懲役か30万円以下の罰金」だったが、1日からは「3年以下か50万円以下」となる。替え玉受験など免許証の不正取得も同様に引き上げる。
 免許がないと知りながら車を貸した者も、運転者と同罰とし、同乗した者は「2年以下か30万円以下」とする。これまで道交法に禁止規定がなく、刑法の「ほう助犯」(罰則は運転者の半分)にしか問えなかったため新設した。
 罰則強化に合わせ無免許運転の行政処分も重くなる。基礎点数を19点から25点に、免許を取得できない欠格期間は1年から2年に引き上げる。



朝日新聞


無免許運転の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法が12月1日、施行される。京都府亀岡市で昨年4月、無免許の少年が運転する車が集団登校中の小学生の列に突っ込み、3人が死亡した事故などが改正のきっかけ。自転車事故の対策も拡充する。

 主な改正点は、無免許運転とその命令・容認、免許証の不正取得の罰則がこれまでの「懲役1年以下か罰金30万円以下」から「懲役3年以下か罰金50万円以下」に引き上げられる。

 無免許と知りながら車を貸したり同乗したりして、無免許運転を助長する行為についても、これまでは刑法の幇助(ほうじょ)犯規定で運転者の半分の罰則を科してきたが、より厳しい罰則を改正道交法に新設した。

 自転車対策では、自転車が通行できる路側帯を左側だけに限った。これまでは右側通行も認めていた。事故が多発している競技用の「ピストバイク」など、ブレーキがなかったり整備不良だったりする自転車を警察官が検査し、整備や運転禁止を命じられる規定も新設。命令に違反すると5万円以下の罰金を科せる。

■12月1日施行の改正道交法の主な内容

・無免許運転やその命令、免許の不正取得などの罰則を1年以下の懲役か30万円以下の罰金から、3年以下の懲役か50万円以下の罰金に引き上げ

・無免許運転者への車の提供に3年以下の懲役か50万円以下の罰金、同乗に2年以下の懲役か30万円以下の罰金を新設

・ブレーキのない自転車の運転について警察官が検査したりブレーキ整備や運転継続の禁止を命じたりできる。命令違反に5万円以下の罰金

・自転車などの軽車両の路側帯通行を車道左側に限定



千葉日報


歩行者との事故を防ぐため、幅3メートル未満の歩道の走行を原則禁止とするなど、自転車に関する新たなルールが警察庁によって示された。今まで以上に車道通行が徹底されるが、県内の利用者やドライバーからは「車道は怖い」「事故が増えるのでは」と懸念の声が上がる。一方では「ルールを守れば安全。むしろ歩道の方が危ない」との指摘もある。携帯電話使用など違反運転が目立つ状態での車道走行は危険といえ、まずは交通ルールの順守とマナーの向上が求められている。

 県警によると、現在、県内にある自転車が走行可能な歩道の総延長は約1700キロ。新ルールが適用されれば、この距離は少なくなり、今まで以上に車道を走る自転車が増えることになる。

 新たな方針は、県民にも不安や懸念を抱かせている。買い物で自転車を利用する千葉市中央区の女性(65)は「車道は怖い。買い物の荷物をかごに入れるとふらつきやすいし…。人の少ない歩道は走らせてほしい」と要望する。

 接触事故の増加を心配するのは、主に千葉市内で営業するタクシー運転手の男性(65)。「後ろを見ないで突然右折したり、夜間無灯火の自転車が多く危ない。ルールを守ってくれれば良いが」と注文。別のタクシー運転手の男性(65)は「脇に電柱があると車道側に膨らんで来る。もっと自転車専用レーンがあれば安心して走れる」と道路整備の必要性を訴える。




R25



震災後の見直しや健康志向から増える自転車愛好家。そんななか、12月1日に改正道路交通法が施行され、自転車のルールが変わることになった。取り締まりの対象とならないため、そして何よりも自分の身を守るために、改めて改正点を確認しておこう。


今回の道交法改正では、自動車の無免許運転や、無免許運転ほう助に対する罰則が強化されたほか、自転車の新たなルールとしては、主に下記2点が加わった。

〇ブレーキの検査拒否で、5万円以下の罰金
ブレーキがついていない、ブレーキに不備のある自転車について、警察官による検査を拒否、または応急措置命令に違反すると罰金が生じる

〇路側帯通行を左側に限定。逆走すると3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
自転車で車道を逆走することを禁ずるもので、原則として自転車が走ってよいのは、進行方向左側の路側帯だけ(構造上車道を走れない道路や、自転車通行可の標識がある歩道などは例外)。これに違反すると、懲役や罰金に処せられる

なぜ今、このようなルールが導入されたのか? それは、従来のルールが交通状況の実情にそぐわなかったからといえる。これまで、「車道の逆走」はたびたび問題視されてきたものの、一部の路側帯では、対面通行(≒逆走)が許されていた。しかしとりわけ交通量の多い都市部では、車道での逆走は命取り。それゆえ今回新ルールを取り入れることにより、事故の発生を未然に防ごうというねらいがあるのだ。

気になるのは、いったいどれだけ取り締まりは厳しいのかという点。今回のルール改正に際し、この秋編集部は警察庁広報局に問い合わせたが、取り締まり方法や基準については、現状と同じく個々の事例での判断となるとのことで、改正法が厳密に施行されるのかは現時点では未知数だった。しかし、11月11日には、ブレーキのない自転車に乗って2度にわたって違反切符を切られ、なおかつ出頭に応じなかった都内の男性が逮捕される事件も発生している。

あいまいだったルールが整理される今回の法改正を機に、ルールの周知が重要と語る人もいる。老舗の自転車専門誌『サイクルスポーツ』編集長の岩田淳雄氏は、この秋の編集部の取材に対して、厳罰で取り締まるべきというよりも、『安全に走るためには左側を通行するべきだ』と運転者自身が自然と意識できるようなルールの周知が重要だというだと回答している。手痛いしっぺ返しに遭わないためにも、いま一度安全に走るための心構えから見直していきたい。
Posted at 2013/11/30 21:47:20 | 日記
2013年11月30日 イイね!

WEC Rd.8 バーレーン 決勝 LIVE

関連情報URL : http://live.fiawec.com/
Posted at 2013/11/30 21:25:14 | 日記
2013年11月30日 イイね!

日本と比べて不公平…韓国の「F-35A戦闘機」の導入条件、韓国議員が見直し求める

ニュースサイト


日本と比べて不公平…韓国の「F-35A戦闘機」の導入条件、韓国議員が見直し求める―中国メディア
2013年11月30日

中国紙・環球時報は、韓国メディアの報道として、F-35A戦闘機の導入問題で、
韓国の与党セヌリ党議員が「日本と比べて条件が不公平だ」と指摘していると報じた。

27日付韓国聯合ニュースによると、セヌリ党の李仁済議員は同党幹部議員らが出席
する会議の席で、「韓国政府がF-35Aを選んだのは正しいが、導入の条件が日本
と比べて明らかに不公平だ。韓国が導入する40機はすべて完成品だが、日本が導入
した完成品はわずか4機。残りの38機はライセンス生産で、技術移転されるそうだ」
と指摘。

その上で、「これは無視できない問題だ。米ロッキード・マーチン社ともう1度、
協議する必要がある。日本と同じように技術移転の条件を手に入れるべきだ」と訴えた。

また、同党の兪奇濬議員もこの問題について、「韓国には随意契約を要求したが、
日本は開発が完全に終わっていない段階のF35を公開入札で購入した。しかも、
米国から集団的自衛権行使に関する同意も得た。ところが韓国は随意契約のため、
価格も性能も保障されていない。韓国は技術移転と公開入札を全力で求めるべきだ」
との見解を示した。
Posted at 2013/11/30 21:17:00 | 日記
2013年11月30日 イイね!

1998 JGTC Rd.2 All Japan Fuji GT Race

Posted at 2013/11/30 21:05:06 | 日記
2013年11月30日 イイね!

The new Porsche Macan - Chassis

Posted at 2013/11/30 20:57:11 | 日記

プロフィール

モータースポーツの結果をメインにアップしています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

その他 17バイシクル その他 17バイシクル
アルミフレームの神、ここに降臨。
フェラーリ 348 フェラーリ 348
諸事情により手放すことになりました。
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
M Power堪能しました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
・・・。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.