• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Toshirb25deのブログ一覧

2015年08月31日 イイね!

主催者発表12万人なのに警察調べ3万人 デモ参加者数、なぜこんなに違うのか

J-CASTニュース


国会議事堂周辺で2015年8月30日に行われた抗議行動は、安全保障関連法案に反対する運動としては過去最大規模になった。「最大規模」なのは確かだが、参加者数を見出しに取った新聞は皆無だ。主催者発表と警察の調べとで大きな差があるためだ。

ネット上では、早くも「検証」を試みる画像も出回り始めている。


「SEALDs」はツイッターで「35万人説」を唱える

デモを主催した「戦争させない・9条壊すな!総がかり運動実行委員会」は、参加者数を約12万人と発表した。警視庁は警備の人員配置の参考にするために参加人数を集計・把握しているが、発表はしていない。各社は「警察関係者によると、国会周辺だけで参加者は約3万3000人」(朝日新聞)といった具合に、警視庁調べの参加者数を3万~3万3000人程度だと報じている。

それ以外に、都内の大学生らでつくる団体「SEALDs(シールズ)」は、ツイッターのアカウントで「今日の国会前抗議、のべ人数35万人だそうです!!!!!」と「35万人説」を唱えた。

代々木公園や日比谷公園で行われるイベントでは、主催者側は会場をいくつかのブロックにわけてイベント開始時点の数を計測。イベント開始後に増えたとみられる人数を足して参加者数として発表している。

今回のデモの実行委員会を構成する団体の事務局担当者は、

“「行動(デモ)に参加した人がいたエリアを足していって計算しているのでは」

と、同様の方法で参加者数を推計しているとみるが、詳しい推計の方法ははっきりしない。

菅義偉官房長官は8月31日午前の会見で、デモの参加者数について

“「(主催者発表と警視庁調べとで)だいぶ開きがあるなあと思いますね...」

と苦笑い。その真意を聞かれると、

“「政府としてコメントは控えたいが、通常より、はるかに開きがあるような感じがしている」

と答えた。


他の10万人規模集会の写真と比較すると...?

ネット上でも、推計の妥当性を疑問視する声が早くも相次いでいる。とりわけ目立つのが、過去に韓国やスペインで行われた10万人規模の集会や1999年8月にGLAYが千葉・幕張で行った20万人規模のコンサートの写真と今回のデモの写真を比較すると、今回のデモは10万人には満たないのではないかと指摘する声だ。それ以外にも、1人が1平方メートルを占有するとした場合、仮に道路だけでなく森の中に人が入ったとしても、国会前のスペースには4万人しか収容できないとする試算を披露する人もいる。

もっとも、過去に国会周辺で行われた大規模デモでも、主催者発表と警視庁調べの数字は大きかった。12年7月29日に行われた原発再稼働に反対するデモ「脱原発国会大包囲」では、主催者が発表した参加者数は20万人。これに対して、各紙は警視庁関係者の話として1万2000~1万2500人といった数字を伝えている。東京新聞によると、18時30分時点で主催者のスタッフが参加人数をカウンターで数えたところ、5000~5500人がいたといい、その後に人波の長さが伸びた分をかけて「約20万」という数字が出たという。



アホですな・・・こいつら。
Posted at 2015/08/31 23:14:59 | 日記
2015年08月31日 イイね!

Loeb says WRC return not in his plans

WRC



Sebastien Loeb says that a return to the WRC is not part of his plans, suggesting he will continue in the WTCC if Citroen abandons its touring car programme in 2017.

Citroen Racing team principal Yves Matton confirmed in July that it would decide which of the two championships to continue competing in from 2017 onwards by the end of this year.

With the motorsport departments of PSA Peugeot Citroen aligning, Peugeot Sport is faced with a similar decision, while the French manufacturer has also spun off its DS sub-brand as a separate entity, which will compete in the second season of the Formula E Championship in a tie-up with Virgin Racing.

Citroen’s decision will have no bearing on Loeb’s programme however, with the nine-time World Rally champion ruling out a return to the category, stating he’d continue with his own team if Citroen were to withdraw from the WTCC.

“I like my current life. I do not care [what Citroen does],” he told Belgium's La Derniere Heure. “If Citroen leaves the WTCC, nothing would prevent me from continuing with my team as a privateer.”

Loeb gave up his full-time rallying career at the end of 2012, making selected appearances the following year before joining Citroen's WTCC programme in 2014.

His most recent WRC outing came at Monte Carlo this year, where he finished eighth having led during the early stages before suffering a spin and then hitting a rock.
Posted at 2015/08/31 23:07:49 | 日記
2015年08月31日 イイね!

WEC 2015年 第4戦 ニュルブルクリンク6時間レース 決勝

トヨタ


TOYOTA GAZOO Racing、
WEC第4戦 ニュルブルクリンクで5位、6位フィニッシュ

FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦ニュルブルクリンク6時間レースは、8月30日(日)に決勝レースを行い、TOYOTA GAZOO Racingのアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴の乗るTS040 HYBRID#1号車が5位、アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイの#2号車が6位に入賞しました。

ニュルブルクリンクを走行するTS040 HYBRID 2号車 今回のレースは、TOYOTA GAZOO Racingの本拠地ケルンのTMGから僅か90km南に位置する伝統のサーキットで、3日間延べ6万2000人の観衆を迎えて行われました。ニュルブルクリンクでLMP1が走るレースが行われたのは2009年以来のことです。

ニュルブルクリンク6時間レースの結果、2014年のWECチャンピオンチームであるTOYOTA GAZOO Racingは、ポルシェから95点引き離されてマニュファクチャラーズ選手権3位に付けています。ドライバーズ選手権では#2号車に乗るブルツ、サラザン、コンウェイの3人が7位に付けています。

決勝レースは好天に恵まれ、気温も30度を記録する真夏のような気候の中で行われました。スタートは#1号車を中嶋、#2号車をコンウェイが担当、2台は3列目のグリッドから6時間に及ぶ長い戦いを始めました。1周5.137kmのグランプリコースはコース幅が狭く、LMP1クラスの戦いではコース上の混雑が最大の問題点でした。遅い先行車を巧みなリズムで抜き去るには、高次元の車両バランスが要求されました。

ピットストップを行うTS040 HYBRID 1号車 レースでは色々な事が起こりますが、3時間を経過した時点でアクシデントによりコース上に散乱した部品を片付けるために2度のフルコースイエローが出されましたが、2台のTS040 HYBRIDには大きな影響はなく、5位と6位から上位を目指し着実に走行しました。レースはそのまま進行し、6時間を終えた時点で#1号車はデビッドソンが、#2号車はブルツがステアリングを握り5位と6位でチェッカーフラッグを受けました。優勝はポルシェ#17号車でした。

WECは今シーズン全8戦を折り返し、第5戦は9月19日(土)に米国テキサス州オースティンにあるCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)で行われる6時間レースが舞台となります。そのアメリカのレースを皮切りにWECはヨーロッパを離れ、ホームレースとなる日本でのWEC富士6時間レース(10月11日決勝)、中国、バーレーンと長い旅に出ます。

TOYOTA GAZOO Racingへの皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。

佐藤俊男 チーム代表:
今日は暑さの中ではありますが、的確なピットストップ作業とレースマネジメント、そして確実なドライビングと、チームはプロの仕事をしてくれたと思います。 しなしながら結果は満足出来るものではありませんでした。ライバルに対して十分な速さが無かったと思います。 WECは耐久レースですが、どのチームにも大きなトラブルはなく、LMP1のそのレベルの高さをここでも確認することが出来ました。 今日は、非常に大勢のトヨタファンの皆さんと、ドイツトヨタやトヨタヨーロッパからのゲストにグランドスタンドで応援いただき、とても感謝しております。 シーズンの欧州ラウンドは終わりますが、残る4戦に向けてケルンと日本にて引き続き改良に傾注して行きます。

アンソニー・デビッドソン:
TS040 HYBRID 1号車に乗り込むアンソニー・デビッドソン 我々は今日、これ以上はない完璧な仕事をしたと思います。何のトラブルもなく、チームのエンジニアとメカニックの仕事ぶりには、感謝しています。我々は今後のレースに向け更なるチャンスを見つけようとしており、決して諦めてはいません。出来ることを全てやった今日、この挑戦は楽しいものでした。


セバスチャン・ブエミ:
チームメンバー全員が本当に良くやってくれました。我々は全力を尽くし、集中も切らさず、最善を尽くし、技術的問題もありませんでしたから、今日の戦いには満足しています。レース結果は満足行くものではありませんが、まだまだやれます。気持ちを次のレースに切り替え、やるべきことへまい進します。

中嶋一貴:
今日は少々物足りないレースでした。というのも、現実的には2台のTS040 HYBRIDでお互いに競いあう以外、バトルが無かったからです。我々は決して諦めず、持てる力を出し切ったと思います。自分のスティントでの走りとラップタイムには満足しています。これからも更にプッシュし、全力で戦い続けます。

アレックス・ブルツ:
アレックス・ブルツ ドイツでWECのレースが戦えたのは素晴らしいことで、信じられないほど多くの観客が訪れてくれた最高のイベントでした。我々にとってのレース自体は完璧とは言えず、何故タイムを失ったのか詳細を調べる必要があります。我々は感覚を研ぎ澄まし、常に自分たちのパッケージを最適化し続けなくてはなりません。それが今季残りのレースへ向けた我々の使命です。


ステファン・サラザン:
最大の努力をし、常にチャンスをうかがって、可能な限りベストなレースを戦いました。ハードにプッシュし、一切ミスなく全力を尽くしました。結果は望んだものではありませんが、時にはそういうこともあります。私はイベントを楽しみましたし、非常に多くのファンが来てくれたことは本当に素晴らしいことでした。

マイク・コンウェイ:
初めてのサーキットで良いスタートが切れたことには満足しています。最初のスティントでは、TS040 HYBRIDのバランスの面で若干苦戦しましたが、レース後半で再びドライブした時にはとても良くなっていました。最後までずっとプッシュを続け、可能な限り最速のタイムを刻むべく集中しました。その点では上手く行ったと言えますが、もちろん次戦アメリカではもっと良い結果を望んでいます。

WEC 2015年 第4戦 ニュルブルクリンク6時間レース 決勝レース結果



順位

No.

クラス

チーム名

車名

ドライバー

所要時間/差

周回

ベストラップ

タイヤ


1 17 LMP1 ポルシェ チーム ポルシェ 919 Hybrid ティモ・ベルンハルト
マーク・ウェバー
ブレンドン・ハートレー 6:01'16.966 203 1'38.307 MI
2 18 LMP1 ポルシェ チーム ポルシェ 919 Hybrid ロマン・デュマ
ニール・ジャニ
マルク・リーブ 1 Laps 202 1'37.955 MI
3 7 LMP1 アウディ スポーツ チームヨースト アウディ R18 e-tron quattro マルセル・ファスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ 1 Laps 202 1'38.611 MI
4 8 LMP1 アウディ スポーツ チームヨースト アウディ R18 e-tron quattro ルーカス・ディ・グラッシ
ロイック・デュバル
オリバー・ジャービス 1 Laps 202 1'38.608 MI
5 1 LMP1 TOYOTA GAZOO Racing トヨタ TS040 HYBRID アンソニー・デビッドソン
セバスチャン・ブエミ
中嶋 一貴 3 Laps 200 1'40.207 MI
6 2 LMP1 TOYOTA GAZOO Racing トヨタ TS040 HYBRID アレックス・ブルツ
ステファン・サラザン
マイク・コンウェイ 4 Laps 199 1'40.738 MI
7 47 LMP2 KCMG オレカ 05 - ニッサン マシュー・ホーソン
リチャード・ブラッドレー
ニック・タンディ 18 Laps 185 1'47.290 DL
8 26 LMP2 G-ドライブ レーシング リジェ JS P2 - ニッサン ロマン・ルシノフ
ジュリアン・キャナル
サム・バード 18 Laps 185 1'47.579 DL
9 28 LMP2 G-ドライブ レーシング リジェ JS P2 - ニッサン グスターボ・ヤカマン
ルイス・フェリペ・デラーニ
リカルド・ゴンザレス 19 Laps 184 1'47.859 DL
10 43 LMP2 チームサード・モーランド モーガンEvo - サード ピエール・ラギュ
オリバー・ウェッブ
アーチー・ハミルトン 19 Laps 184 1'48.672 DL
11 36 LMP2 シグナテック アルピーヌ アルピーヌ A450b - ニッサン ネルソン・パンチアティシ
ポール-ループ・シャタン
ヴィンセント・キャピレー 20 Laps 183 1'48.522 DL
12 30 LMP2 エクストリーム スピード モータースポーツ リジェ JS P2 - HPD スコット・シャープ
ライアン・ダルジール
デビッド・ハイネマイヤー・ハンソン 20 Laps 183 1'48.879 DL
13 42 LMP2 ストラッカ レーシング ギブソン 015S - ニッサン ニック・レベンティス
ダニー・ワッツ
ジョニー・ケイン 22 Laps 181 1'48.515 DL
14 31 LMP2 エクストリーム スピード モータースポーツ リジェ JS P2 - HPD エド・ブラウン
ヨハネス・バン・オーバービーク
ジョン・フォガティー 26 Laps 177 1'49.352 DL
15 91 LMGTE Pro ポルシェ チーム・マンタイ ポルシェ 911 RSR リヒャルト・リエツ
マイケル・クリステンセン 27 Laps 176 1'55.798 MI
16 92 LMGTE Pro ポルシェ チーム・マンタイ ポルシェ 911 RSR パトリック・ピレ
フレデリック・マコヴィッキィ 28 Laps 175 1'55.777 MI
17 71 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ F458 イタリア ダビデ・リゴン
ジェームス・カラド 28 Laps 175 1'55.544 MI
18 4 LMP1 チーム バイコレス CLM P1/01 - AER シモン・トリュンマー
ピエール・カッファー 28 Laps 175 1'45.364 MI
19 95 LMGTE Pro アストンマーチン・レーシング アストンマーチン ヴァンテージ V8 クリストファー・ニゴール
マルコ・ソーレンセン 28 Laps 175 1'56.910 MI
20 99 LMGTE Pro アストンマーチン・レーシング アストンマーチン ヴァンテージ V8 アレックス・マックドウォル
フェルナンド・リース
リッチー・スタナウェイ 29 Laps 174 1'56.686 MI
21 97 LMGTE Pro アストンマーチン・レーシング アストンマーチン ヴァンテージ V8 ダレン・ターナー
ステファン・ミュッケ
ジョニー・アダム 30 Laps 173 1'57.218 MI
22 12 LMP1 レベリオン・レーシング レベリオン R-ONE - AER ニコラ・プロスト
マティアス・ベシェ
ニック・ハイドフェルド 30 Laps 173 1'43.760 MI
23 72 LMGTE Am SMP レーシング フェラーリ F458 イタリア ヴィクトール・シェイタル
アンドレア・ベルトリーニ
アレクセイ・バソフ 30 Laps 173 1'56.986 MI
24 98 LMGTE Am アストンマーチン・レーシング アストンマーチン ヴァンテージ V8 ポール・ダラ・ラナ
ペドロ・ラミー
マティアス・ラウダ 31 Laps 172 1'57.672 MI
25 83 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ F458 イタリア フランソワ・ペロード
エマニュエル・コラール
ルイ・アグアス 31 Laps 172 1'57.319 MI
26 77 LMGTE Am デンプシー レーシング プロトン ポルシェ 911 RSR パトリック・デンプシー
パトリック・ロング
マルコ・ゼーフリート 31 Laps 172 1'56.859 MI
27 50 LMGTE Am ラルブル コンペティション シボレー コルベット C7 ジャンルカ・ローダ
パオロ・ルベルティ
クリスティアン・ポウルセン 32 Laps 171 1'56.440 MI
28 88 LMGTE Am アブダビ レーシング プロトン ポルシェ 911 RSR クリスチャン・リエド
ハレド・アル・クバイシ
アール・バンバー 33 Laps 170 1'56.672 MI
29 96 LMGTE Am アストンマーチン・レーシング アストンマーチン ヴァンテージ V8 フランチェスコ・カスタネッリ
ロアルド・ゲーテ
スチュワート・ホール 34 Laps 169 1'57.839 MI
30 51 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ F458 イタリア ジャンマリア・ブルーニ
トニ・ヴァイランダー 35 Laps 168 1'55.191 MI
31 13 LMP1 レベリオン・レーシング レベリオン R-ONE - AER アレキサンドレ・インペラトーリ
ドミニク・クライハマー
ダニエル・アプト 202 Laps 1 MI
Posted at 2015/08/31 23:05:15 | 日記
2015年08月31日 イイね!

HPD Trackside -- Sonoma IndyCar Honda Qualifying

Posted at 2015/08/31 23:02:40 | 日記

プロフィール

「今日は天気が良かったので嵐山までロングライドしてきました。 行きはアベレージ30km//hでしたが、帰りはヘロヘロでした。」
何シテル?   10/09 21:04
モータースポーツの結果をメインにアップしています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

その他 17バイシクル その他 17バイシクル
アルミフレームの神、ここに降臨。
フェラーリ 348 フェラーリ 348
諸事情により手放すことになりました。
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
M Power堪能しました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
・・・。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.