• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Toshirb25deのブログ一覧

2018年01月20日 イイね!

Test Kris Meeke C3 WRC Monte Carlo 2018

Posted at 2018/01/20 20:04:45 | 日記
2018年01月20日 イイね!

Highlights | Stage 5 | Santos Tour Down Under

Posted at 2018/01/20 17:38:34 | 日記
2018年01月20日 イイね!

全日本F3参戦の笹原右京「F1にたどり着くため、躓くわけにはいかない」

motorsport.com



スリーボンドから全日本F3に参戦することになった笹原右京に、今シーズンにかける意気込みを訊いた。



昨年のFIA F4選手権でランキング2位となった笹原右京は、今季スリーボンド・レーシングに加入し、全日本F3選手権を走ることになった。

 笹原は今、シーズン開幕に向けて、グアムで厳しいトレーニングに挑んでいる。F3に挑むための筋力と持久力、そしてメンタルを鍛えるために。

「昨年が終わった時点で、ヨーロッパに戻りたいという想いも正直ありました」

 そう笹原は語る。

 彼は単身渡欧し、フォーミュラ・ルノーやF3ヨーロッパ選手権などに挑んできた。しかし彼の目標であるF1には届かず、帰国してSRS-F(鈴鹿サーキット・レーシングスクール-フォーミュラ)の門を叩き、そして昨年はF4に挑戦したわけだ。シーズン前半から強さを見せ、連戦表彰台を獲得していた笹原だったが、後半宮田莉朋(トムス)の猛追を受け、7ポイント差でタイトルを逃してしまった。

「現実は崖っぷちでしたが、そんな中でもホンダさんと、スリーボンドさんに声をかけていただき、F3に出ることができるようになりました。どんなときも応援を続けていただいてるスポンサー様やサポーターの皆さんと、今シーズンも一緒にレースを楽しんでもらえる場所をいただけたことに感謝しながら、スリーボンド・レーシングで全力でF3に挑むというやる気に満ち溢れています」

 そう今季への意気込みを笹原は語る。

 なお笹原がスリーボンドと仕事をするのは、今回が初めてではない。F3ヨーロッパ選手権に参戦した際のマシンにも、スリーボンド製エンジンが搭載されていた。また、昨年もシェイクダウンなどでスリーボンドのマシンを走らせている。

「ヨーロッパでF3に乗った時には、イギリスのT-スポーツの運営だったので、100%現状と同じチーム構成ではありませんでした。その後スリーボンドさんが国内に活動の場を移した昨シーズンにシェイクダウンで走らせてもらったり、シーズン中にF3のレースに帯同させてもらったこともあり、今のチームの人たちと接する機会に恵まれました」

「仕事の進め方を把握していたり知っている人が多いというのは、僕にとってはやりやすいチームです」

 そしてその勝利を目指す姿勢に、笹原は共感を覚えていると語る。

「このチームの皆さんは、勝ちたいという気持ちがものすごく強いんですが、それに加えてその過程をとても楽しんでいると感じます。ピリピリしているのではなく、和気藹々、その中で真剣に勝利を目指しているんです。そういうところに、僕は共感しています」

 笹原が全日本F3に挑戦するのは今年が初めてのこと。このシリーズの印象について尋ねると、笹原は次のように語った。

「層の厚さは、特に台数の面を考えるとヨーロッパの方が厚いかもしれません。でも、全日本でトップ争いをしている人は速い人たちばかり。勝つのは簡単ではないと思います」

「でも、目標であるF1にたどり着くためには、相手が誰であろうと倒していかなきゃいけない。躓くわけにはいきません。まずは自分たちの立ち位置を確認して、一から立ち上げていきたいと思います」

 なおインタビューに答えた笹原は、いつもに比べて暗い声をしていたように感じた。その理由について尋ねると、厳しいトレーニングのせいだと明かした。

「2016年と2017年は自分の体格とカテゴリーを考慮するとどちらかといえば減量を優先せざるを得なくて、それはそれで辛かったんですが、今シーズンはパワーアップを優先できるので、今回のトレーニングキャンプは水泳とか、1kmのランニングを10本とか、ウエイトトレーニングとか、たくさんのトレーニングをしています。全部挙げたら大変なくらいに……。持久力だったり筋力はもちろんですが、それを全てこなすことで、メンタルも鍛えられていると思います」

 そう笹原は語る。

「実は、僕は走るのが苦手なんです。とてもしんどかった。でも、それをやり切るのが大切だと思って頑張っています」
Posted at 2018/01/20 17:03:16 | 日記
2018年01月20日 イイね!

Sebastien Bourdais hits back at Haas F1 claims about American drivers

IndyCar racer and ex-grand prix driver Sebastien Bourdais has hit back at claims by the Haas team that there are no American drivers ready to compete in Formula 1 at the moment.

American team Haas joined the F1 grid in 2016, but so far the only driver from its home country to try its F1 machinery has been teenager Santino Ferrucci in four test days.

Team boss Gunther Steiner told Autosport recently that finding an American F1 driver was "not on top of our list", adding "at the moment there is nobody ready for F1 in the United States in my opinion".

Bourdais, a four-time Champ Car title winner who made 27 F1 starts for Toro Rosso before being dropped during the 2009 season, said it was understandable for American drivers to be upset by those claims.

"Clearly, there is just no consideration," Bourdais told the IndyCar website. "They [F1] are in their little bubble on their own island.

"Either you play their game and are rated on their game or you are just not rated at all.

"I completely understand that the American drivers take it personal because it's not fair, but since when is F1 fair? It's never been fair.

"You can't deny that the pinnacle of open-wheel racing is F1, and you can't blame anyone for wanting a chance and wanting to try."

Bourdais acknowledged that the disappointing F1 careers of US-racing champions such as himself and Alex Zanardi didn't help the perception of drivers from Amercian series.


"It took me four championships in the US and the Formula 3000 championship to finally get an opportunity," he said.

"And obviously, I didn't really help the Americans, because I failed!

"You see the way people can perceive Indycar drivers, and [Alex] Zanardi was before me [scoring 0 points with Williams in 1999 after back-to-back CART titles] and stuff like that - it didn't turn into a fairytale."

'Bring Alonso to Belle Isle'

Fernando Alonso's decision to skip the Monaco Grand Prix to contest the Indianapolis 500 last year shone a brighter spotlight on IndyCar, however series regular Graham Rahal believes the amount of preparation the Spaniard had made it inevitable that he would be a frontrunner.

"Everybody in Formula 1 repeatedly says Fernando Alonso is the best, you hear that a lot," said Rahal.


"Name me one rookie that ever got a full day of testing by themselves to run around the Speedway. Never happens.

"Now put him in an Andretti car, which the last five years, have been the cars to beat.

"You've got a special talent in the best car with a lot of testing. Put those pieces together and you're going to be successful.

"Bring [Lewis] Hamilton over, he'll do that too. Bring [Sebastian] Vettel over, he'll do that too.

"Fernando, he's awesome. I love the guy. His approach is all racer, and we need more of those guys in this world.

"But bring him to Belle Isle and give him no testing like the rest of us - different story."
Posted at 2018/01/20 07:54:58 | 日記
2018年01月20日 イイね!

Test Day Rallye Monte Carlo 2018 ( KRIS MEEKE C3 WRC)

Posted at 2018/01/20 07:30:34 | 日記

プロフィール

「毎年恒例の天満宮に初詣。

御神籤は大吉でした。」
何シテル?   01/01 14:49
モータースポーツの結果をメインにアップしています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

その他 17バイシクル その他 17バイシクル
アルミフレームの神、ここに降臨。
フェラーリ 348 フェラーリ 348
諸事情により手放すことになりました。
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
M Power堪能しました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
・・・。

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.