• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たつじゅんのブログ一覧

2010年12月20日 イイね!

車検終了と4可変FFB取り付けと初期インプレ

Dにて車検受けてきました。

当然異常なし、またオイル交換しましたのでそちらのインプレですがやはりSpeedHeartはいいです。

オイルにGRP添加済み。

しかし、ケンドルもいいのが確認できましたが若干のトルクUPとエンジン音の質が変わったくらいで済んだことがケンドルが良かったと思えたところです。
でも確実にうえをいったことがSHがいい証拠です。

さて気になるFFBですが、予想通りいいですが個人的にあのヴィッツのでたらめレスポンスとまでいかなかったことはちょっと残念でしたが、これがエンジンの質の違いというのが理解できた気がします。

当然といえば当然なんですが1NZと2ZR違って当たり前ですが、FFBとEM/Sを付ける前はどちらもかったるく差など感じませんでしたが、これがトヨタ車どれも一緒みたいな感じですがエンジンに特性っていうのか癖っていうのか違いがくっきりしました。
1NZはシンプルでフケ上りが軽く回転が滑らかで思ったよりパワフルといった感じですが、2ZRはパワフルというよりトルクフルに始まってトルクフルに終わるみたいな感じのエンジンです。

個人的には2ZRのほうが好きです、以上が簡単なエンジンの特性ってな感じです。

では今回来た4可変FFBの初期インプレを書き込みしましょう。

簡単にはアイドリングからトルクフルでアイドリング時の音が大きくなりました。 っというのは冗談の話で、
どこまでトルクフルかといいますと、1000rpm付近でのアクセルに足を乗っけた状態で~45km/Hまで緩やかに加速していきました。
また、粟粒ほどに力を入れて1200rpmにしますと~60km/H位まで走れます。
解りやすく言いますと街乗りでは粟粒ほどの踏み方で普通に走れます。
またエンブレも試しましたがしっかりさらに効きません、気持ちのいいくらい減速しないのでさらなる注意が必要です。
これに関しては他でも乗りにくいと表現される方もおられるようですが、個人的には乗りやすいの一言でありました。
踏まなくて走るなんてなんて楽。

アクセルをベタ踏みした場合には、あれ思った以上にレスポンスは良くないな~(ヴィッツFFBと比べて)がどこまでもトルクフルでいってしまった…てな感じです。
感覚的に3可変よりパワー感を感じませんが上でのつくりは一緒のはずで足りなく感じるのが下側が補強された証拠ですので味付けってことかな~と思います。
ちなみによくあるスポーツマフラーはこれを利用して上だけでるようになっているものがすごくいいと勘違いしている人が多いようですが、本物は全て出すんで味なしの面白みに欠けるが実際早いが普通なんですよ~・・・・。
・・・自分の感覚すら冷静に分析するくらいでないと判別は難しいんで注意が必要です・・・

音に関してはアイドリング時の音が大きくなりました っといっても排気の空気の抜ける音の話ですが、今回のつくりはアイドリングからゴーですので、アイドリングの排気圧が適正に抜けるようにされてますから力強く抜けてますのでその証拠が確認できましたといったところです。
また、ベタ踏みした時の音は適正化されたため、かえって静かになっており、しっかり静かに磨きがかかっていました。
以上が簡単でありますが初期インプレてな感じです。

個人的には普通に走るには3可変でも一般人には十分すぎますのでAコースBコースっていうのもありかな~なんて思いますが燃費に関しては今回の走りから4可変に尽きると思いますので微妙なところがあります。
ちなみにどちらもノーマルとは比べられないほどトルクが出て別の車みたいになってますので、理解できんだろうな~・・・・。

後はかみさんの通常での燃費向上が楽しみなんで、それは後日にて・・・。


Posted at 2010/12/20 03:51:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーリス | クルマ
2010年12月09日 イイね!

オーリス用FFBの可変器を注文しました

 う~んと悩んだ挙句しっかり発注してしまいました。
たぶん年内には装着可能かな~・・・・・。

今回の変更は3可変基準○×~縮径△□から4可変基準○×~縮径▲■(2Φ縮径)となります(企業秘密につき伏字にて・・・)
もう昨日のことになりますが今回の分であっていると思うが縮径の決まり事が今までのデータからどの車でも一緒だそうで今回はその数値で設計したとのこと。
前回のものは実は私からの情報でオーリスの低速トルクが強いようなのでちょっとずらしたとのこと、このため低速側が今一つ(十分普通以上であるが・・)、私のようなあほ向き(病気持ち)にはピタリがいいようです。
これでアイドリングからシビアなアクセルワークを要求されるきちがいレスポンスカーが誕生するはずです。(かみさんに何と言われるやら・・・)

製作者とお話ししていて、うちのかみさんのほうが優秀なのでは・・・・というのも私の場合(普通の方)はいじった場合にアクセルの踏む感覚を変えないためパワーUPを確認できますが、かみさんは変更に即座に反応し感覚的にアクセルを緩めいつものように走ってしまうのでは・・・、その右足操作のほうが優秀ではないのかというお話になりました。(う~んなんか納得)

内緒話を少し公表しますと、今回のことと今まで集めたFFB製作に関するデータから可変器の基準管径と縮径側(低速側とも)がエンジンスペックからきれいに計算でき、ある一定の決まり事や法則に従ってできているとの確信を得たそうです。
自然界には黄金律というものがあって私達の住む世界のいろいろな物や形のきれいだったりする理想形というものが存在してますが、エンジンという人が作り出す物も結局は人が自然界の生き物ですのでその生き物が作り出すものは皆ある一定の法則に従っていることが見えてきたそうで、黄金律ってエンジンにもあるんですね~なんてお話をしてました・・・。(縮径(低速側)算出のネタを聞かせていただきましたが企業秘密につき記載できません)。

製作者のほうも物創りよりもこの黄金律の算出を求めていたようですので、これにて終了ということになるそうです。
(うちの怪しいトヨタ車もかなり貢献したらしいとか・・・、まともなホンダじゃ基礎は構築できてもでたらめなトヨタでないと確証はつかめなかったかも・・・)

私なりの解釈ですがFFBを車のエンジンに例えるとエンジンが可変器、ターボが異径一体式パンチングでエキパイがエアフィルターのイメージが湧きました。
この表現は適切ではないかもしれませんがエンジン(可変器)をパワーUPさせるのに効果的な順番みたいなものととらえていただければ・・・。

さて可変器、異径一体式パンチング、エキパイのすべてが理想的な形にそろったものがどんなものなのか何となく感じ取ってはいますが楽しみは後日にて・・・。
(たぶん超怖いだろうな~・・・、癖になるとヴィッツのエキパイに手を出しそうで怖い気がします・・・)
Posted at 2010/12/09 03:18:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | オーリス | クルマ
2010年12月06日 イイね!

オーリスのFFBについて

 もう一昨日のことになりますが、今回の設定でパワーは出ていますがレスポンスにもうちょっと感があることから3可変よりやはり4可変のほうが合っているような気がしていたところ、製作者とのお話でもレスポンスが足りないようで燃費UPがこの程度であればちょっと外れていて、さらなる縮径が必要でそれに対応するには4可変がいるようです。

その差わずか2Φほどですが、ぴったりとしているものとちょっとずれの性能差はかなり大きいので変更するかもしれません。

解りやすく言うと縮径が足りないせいでアイドリングからゴーの部分でのレスポンスにでたらめ感がありません、ただし踏み込むと(中回転域以上になると)パワーが出るので必要十分以上の加速をこなしますが、燃費UPにはこの部分の詰めが重要です。(この辺に関してはCVTなので判別しにくいものがありますが、前のヴィッツFFB製作で得た感覚がものを言います・・・)

・・・その分アイドリングから戦闘モードですので、発進がシビアになるので危険度MAX化になります・・・

はたしてスーパーど素人のうちのかみさん(下手に付け加えて運転嫌い)が耐えられるのかがキーワードとなりそうです。
・・・素人にはこのくらいずれてたほうが安全安心なので悩んでいます・・・俺のマイカーなら即決断するところですけど

それにちょうど今月はオーリスの初車検で、Dがうるさいのでマフラーを外しちゃいますので余計やりやすいんですけど・・・。

もう二、三日考えてから結論を出しますか・・・。

ちなみに7.8km/Lくらいを10km/Lにしたぐらいじゃ納得いかないって贅沢なコメントですけどFFBの最終バージョンじゃ当たり前か・・・。
普通に走るんなら24~5km/L位は楽に行ってもらわないと困るってどんな会話でしょう・・・。

では・・・。
Posted at 2010/12/06 02:23:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーリス | クルマ
2010年12月03日 イイね!

オーリスの燃費

 ようやく今朝ほど平均燃費をリセットし(スマートキーの電池交換中でリセット忘れが続いていました)、先ほど帰宅後に確認すると、10.2km/Lでした。
かみさんの通園での片道2kmない往復での燃費です。
7km/L後半代のものを9km/L前半(EM/Sで)まで持って行き、ついに念願の10km/L代が出たようです。

用心深いのでさらに追跡調査いたしますが、いい感じです。

しかもこれって、私のようにFFB向きのアクセルワークなど使っていないはずのかみさんのいつもの運転ですのでなかなかのものです。
私ならこの悪条件でも12km/Lは余裕で狙えそうです。
あと一週間もすればスタッドレスへの切り替えがあって燃費比較は無理になるのでここ数日が勝負かと・・・・。

では・・・・。
Posted at 2010/12/03 22:18:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーリス | クルマ
2010年11月28日 イイね!

音を計測してきましたが・・・。

 今日は目からうろこと言おうか何と表現していいものやらあまりの凄さに呆れ果ててしまいました。

音の計測って意味はほとんどなさないのを理解しましたのであきれ果てて帰ってきました。

というか今時のトヨタのDのサービスマンではマニュアル化されすぎて基本的なことまで忘れているのかそれとももともと決めた基準がでたらめなのかあほらしくなりました。

と大げさに書き込みますがただ(サービス)で計測してくれたので大きな声では言えませんが、あれではエンジン音の計測をしているだけなのでマフラーの音の計測って意味ないと思います。

また一般的に90㏈以上計測するので計測器のレンジを90以上で測っていては下など測れるはずもないではないかと思います。
あほなマニュアルは止めてほしいと思いました。
最初に測ってもらった時はアイドリングで88㏈ふかして92dbほどでした、これは何って確認したらレンジだというのが解って再度計測するとアイドリング68.2㏈で吹かした時は92.5㏈でした。
でもこれってほとんどエンジン音をそのまま拾ってるのでマフラー音の計測ではないのであまりのことにあっけにとられて戻ってきました。
こんなバカな計測方法をしながらマフラーの消音を考えているのが国内最大手の製造会社の系列ではレベルの低さに呆れ果てました。(日本の保安基準すら疑ってしまいます・・・・)
一応これでも大学で電子工学科を出て、授業で実験をし、レポートを書かされた身としてはあまりのことにあきれ果てました。

意味ね~・・・・・・・・・・・・・・・

こんなあほなことをしているのであればインナーサイレンサーも取っ払って爆音で走りましょう。。。。。。。。

ちなみに自分の耳を信じるならば40㏈はエアコンの室外機で聞いてますのでそれよちょっとうるさい程度でしたので50近いものが出ると思いきや、こんなあほな計測方法では、あ~あばかばかしい。

またサービスマンはマニュアル通りで悪くないかもしれませんが、機械の使い方すらマニュアル通りで他を試さないとはレベルが低いにもほどがありすぎ…。

ということで意味がないのが解りましたので、皆様もあまり音を気にしないほうがいいかも。
Posted at 2010/11/28 17:02:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | オーリス | クルマ

プロフィール

燃費がらみで車いじりはじめた、おじさんですが 燃費重視の通勤快適から気が付いたら戦闘機へ仕様変更中 どんなになるやらです。 どうせならゼロ戦のような航...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

なにかいいものはないでしょうか。
紹介してくださいね。
10 人のお友達がいます
♪そのさん♪♪そのさん♪ * ナンバーズやまちゃんナンバーズやまちゃん *
おりじなるおりじなる トレ猫トレ猫
kagaminkagamin LuteLute

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
転勤による通勤距離の延長に伴い、燃費良化と楽しく転がせることを願い2008年3月新車購入 ...
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
妻の買い物車、ラウムの年数が経ったのと燃費の悪さに2008年1月に新車購入。7.5km/ ...
トヨタ アルファードV トヨタ アルファードV
 03年式3.0 MZ Gエディションだと思う。 新車で購入後全くの遠出専用機となり、ガ ...
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
妹の家のファミリーカー エンジンオイル管理が悪いので私がみることにしました。 オイルを ...

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.