• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たつじゅんのブログ一覧

2011年08月14日 イイね!

ごぶさたしとります

近頃まったりとして、UPしてませんでした

最近あったことではバッテリーの交換をば致しまして、ついでに腰をば痛めたという情けない事態であります。

六か月点検だけは出しており、その際にDにメンテしてもらうだけで充分と思っていたら3年ちょっとで逝ってしまいました。
電源補強にかなりいろいろとぶち込んでおり、日ごろの走行距離も充分あるんで5年はもつものと思っていたら情けない事態に陥りました。

まあ寿命と言えばそうなんでしょうが、充電制御による過酷な扱いも影響してるのではと推測しております。
と言っても昔の過充電による寿命の縮まり方とどちらが正解かう~んわかりません。

また盆休みに入ってかみさんの車を運転するとなんて運転のしにくい車か、私のヴィッツもかなりレスポンスがいいはずなのに(初めて乗る人がなにこれ気持ちいいと感じるくらいですが・・・)、残念なことにかみさんの車のほうがレスポンスに加えトルクが大きく出るようで同じアクセルの踏み方だと危ない加速をするんでその差にがっくりきている今日この頃です。
排気系に同じような細工を施しているつもりではあるが、かみさんのオーリスのほうが最終バージョンでかつ最適化されているんでその差を歴然と感じがっくりしているところであります。
これでこの排気系に合わせた燃調のチューンを施したら多分事故ること間違いなさそうだし、オーリスのそれ系のチューンがないようですので(ついでに金も根性もなくなっていますが)こんなもんかな~・・・。
近頃この排気系をぶち込んだ発電機があるようでその結果がすこぶる上々らしいのでそれをば楽しみに徘徊している今日この頃であります。

では、また暇なときにまたUPでもしますね。


Posted at 2011/08/14 21:20:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2011年02月03日 イイね!

ここのところまったりとしています

 なんかちょっとまったりとしてブログのUPをしてませんでしたが、アルにスタッドレスを新調して走らせています。
雪が多い今年の道路事情ではヴィッツの出番はほとんどありません。

アルの新スタッドレスは純正サイズのクムホのアイスキング、乗り心地、制動力、コントロール性は十分に兼ね備えており、こんなもんてな感じです。
(クムホのスペック、タイヤの作りの方向性が自分の方向性にあっています)
まだ本格的なアイスバーンは経験してませんが一部凍結路に近いぬれた路面の時にかなりいい滑りをしましたがオーバーワイドなヴィッツのブリザックのREVO2よりはるかにましでした(車が違うので比較になりませんけど・・・)。

今のところはそのコントロール性が自分と相性がいいので滑るときに滑り、食いつくときに食いついてますので個人的には◎です。

また、ヴィッツ用夏タイヤとして195/55R15とインチダウンを用意しましたが、しっかりクムホのKU27を用意しましたがアルミは適当なものを選びましたので履けるか否かを含めて冒険です。
そのうち冬の環境が終わり次第履き替えると思いますのでそれまで寝かせておきます。
まあ、アルでKU27のスペックは読めてますので燃費UP、乗り心地の大幅UPは間違いがないはず。

オーリス用のFFBはかみさんから車をほとんど借りれていませんので全くコメントできずで申し訳ない状況が続いています。

が、前に装着したアルのEM/Sは雪道にはかなりナーバスな一品でパワーありすぎ、スタッドレスがかわいそうです。
また、今日は路面が出たので久しぶりにヴィッツで出勤すると行きはちょっとうるさめでなれるのが大変でしたが(アルに比べてですよ)、戻りは馴染んでパワーが出たのかいい走りができましたが、エンブレの効かなさはかなりのものだったのがしっかり再認識させられました。

では、また・・・。
Posted at 2011/02/03 21:22:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | | クルマ
2010年11月23日 イイね!

素人が素人のためのFFBマフラーについて

 FFBマフラーについて簡単に述べておきます。

FFBマフラーはストレート構造のリアマフでエキパイ、消音器(303)、FFB(可変器)から構成されておりそのすべての部品を信頼性の高いSUS304で構成しています。

まずは可変器から
エンジンスペック、燃調の濃さ、排気バルブ径、エキパイの太さ、排気量、バルブ数などから基準管径を求め、その基準管径から排出径を決めて、そのきめられた管径から数段階に分け縮径させ排出される排気のエネルギーに合わせ変化させるように作用する機構であります。
この可変器は何段階かの段数を持って変化していきますが、たとえば3回変わるのであれば3可変、4であれば4可変、レアな疑似可変などがあり、車(エンジン)の特性に合わせて決められています。
可変器自体は段数の少ないほうがポテンシャルが大きく性能も上というのが基本なようで、ちなみにヴィッツは4可変、オーリスは3可変です。

消音器はグラスウールなどの経年劣化物は使用せず、異形パンチングされたパイプと仕切り板を効率よく配置し吸音や共鳴をさせ低減させるものです。
こちらも朽ちにくいSUS304を用いてますので朽ちるまで使用でき、排気物質(わかりやすく言うとすすなど)などの付着の具合でわずかに変化しますが、ほぼ朽ちるまでその性能を維持し続けるものと思われます。
今までのパンチングパイプは穴径の異なる同径パイプをつなぎ合わせて構成してましたが、パンチング穴のバリや溶接部のふくらみ等が音の発生および排気の抵抗となっているため、製作者のこだわりからついに平板に異形穴を並べてあけたものを筒状に作り直し、バリを外に出すことで内部を流れる排気の抵抗低減と音の低減に大きく寄与しています。
この考えは消音器はもともとその存在自体が単なる抵抗でしかありませんが、その抵抗器を少しでも小さなものにしたいという考えから作られていますが、効果のほどはとんでもない代物でした。
これを行うのに手間(コスト)がかかるのは素人でもわかるかと思いますが、コストのかからないことをよしとする純正品ではこんなことをするはずがなく、多少コストをかけてもいいものを作らなければと考えてもよさそうな社外品でもやっているとは思えませんが・・・。

エキパイは先に求めた基準管径に+αしたものが理想だそうで、オーリスの場合この基準を満たして純正自体もできてましたので、製作者のやりたいリアマフ候補に挙げられたようで(純正自体が理想的なのでこれをFFB 化するとどんなになるのか・・・)今回の製作につながりました。
今はまだ初期段階ですが、ヴィッツFFBとは比較できないほどのレベルに仕上がっています。
また、このパイプの構成自体がJIS規格に左右されるためぴったりとしたものを選びにくく、これを行うには肉厚の厚いものを使わざるを得ず(コスト大幅UP)躊躇していたようですが、この秋以降肉厚を上げてでも理想化したものをフィットとビートで制作したようです(性能確認も兼ねているようですが・・・)。
この理想化の効果としては可変器の隠れたポテンシャルをさらに引っ張りだし、パワーUPに成功したようです。

余談な書き込み・・・
ステンレスといえば錆びないものと思われがちですが錆びにくいの間違いです、この言葉の違いをよく理解してください。
ステンレスはその名前だけでは意味がなく、この後に続く304などの番号が重要です。
304はステンレスの代名詞的なもので極めて錆びにくく高価なのが特徴ですが、反面加工がしにくいのでマフラー加工に使っていない場合もありますので購入の際はよく確認したほうが良いと思います。
錆びやすく耐久性の極めて低いステンレスを用いて、素人相手にステンレスマフラーと言って販売しているケースがありますが、あまりに短い寿命から超高額商品をつかまれかねませんのでご注意を・・・。
・・・FFBは同じSUS304ステンレスマフラーでも製作者の好みから肉厚の厚いものを使用しており、例え錆びても朽ちるのに時間がかかりそうですが、反面とても重いので取付の際には腕力を鍛えてからにしてください(冗談です・・・)。

また書き込むこともあるかもしれませんが今回はここまでということで。
では・・・。



Posted at 2010/11/23 15:41:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2010年07月30日 イイね!

KUMHO KU27について

 今まで記載してませんがKU27を私はお勧めしてますが、もうひとつと言うか一番おいしいコメントを載せておきます。

実はKU27はオールシーズンタイヤです。
良くパターンをみますとスノーサイプを持っています、これがオールシーズンタイヤの証です。
私のような降雪地方に住む者にとってこれはありがたい保険のようなもの・・・。
スタッドレスにかなうはずもありませんが、履き替え時期に悩むのが降雪地方の悩みのひとつです。
こういった場合に通常のサマータイヤでは恐ろしいが、オールシーズンタイヤでは我慢が効きます。
急に降って来たがまだ履き替えてないよ~はこちらではよくあること、また降り始めの雪はそんなでもないので、会社にいるときに降ってこられた場合の帰りに安心感がもてます。

それにしてもアレだけ上質なパフォーマンス(サマータイヤに引けは取りませんと言うかそれ以上です)を持っていてオールシーズンタイヤとは恐れ入りましたと言うのが本音です。
ちなみにBSのレグノ程度では私の基準ではKU27に勝てません。
オールシーズン、速度基準のランク違いこれだけで圧倒的ではないかと言った感じです。
ましてや価格にいたってはそんなあほな・・・の世界。

ちなみに私はクムホとは関係が有りません。
ただの一般人です。

では・・・・。
Posted at 2010/07/30 06:04:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2010年07月19日 イイね!

クムホ エコスタ KU27について

 先日購入したステップワゴン用KU27のパーツレビューを追記しましたので興味のある方はどうぞ・・。

インチUPして乗り心地悪化なし(改善と感じることも)でしたのでコンフォートでは充分高性能なタイヤでした。
Posted at 2010/07/19 01:08:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ

プロフィール

燃費がらみで車いじりはじめた、おじさんですが 燃費重視の通勤快適から気が付いたら戦闘機へ仕様変更中 どんなになるやらです。 どうせならゼロ戦のような航...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

なにかいいものはないでしょうか。
紹介してくださいね。
10 人のお友達がいます
ナンバーズやまちゃんナンバーズやまちゃん * ♪そのさん♪♪そのさん♪
kagaminkagamin トレ猫トレ猫
おりじなるおりじなる LuteLute

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
転勤による通勤距離の延長に伴い、燃費良化と楽しく転がせることを願い2008年3月新車購入 ...
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
妻の買い物車、ラウムの年数が経ったのと燃費の悪さに2008年1月に新車購入。7.5km/ ...
トヨタ アルファードV トヨタ アルファードV
 03年式3.0 MZ Gエディションだと思う。 新車で購入後全くの遠出専用機となり、ガ ...
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
妹の家のファミリーカー エンジンオイル管理が悪いので私がみることにしました。 オイルを ...

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.