• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

watariのブログ一覧

2017年10月26日 イイね!

VIZIV PERFORMANCE CONCEPT

VIZIV PERFORMANCE CONCEPT東京モーターショー2017でSUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTが発表されました。
素直にカッコイイです。

6角形のモチーフはフロントグリルだけではなくフェンダーアーチやフロントバンパー両サイド、リアのマフラー廻りにもデザインし、コの字イメージもヘッドライトはより鋭く、テールライトはよりシャープに提案されています。
フェンダーやドアのプレスラインも大胆且つ流麗でイイですね。

WRXに採用が予想されるそうですが、モデルカーなのでいつもと同じように(笑)市販車では変わっていくと思います。全体のフォルムは素晴らしいので極力踏襲してもらいたいものです。

Posted at 2017/10/26 10:03:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月22日 イイね!

リアランプデザイン

GK型インプレッサのリアランプですが、昼間は横長のデザインで気に入っていますが夜間点灯するとイメージが変わりシャープさが薄れます。
個人的にはフロントのスモールランプと同様 コの字の上を伸ばした方がデザイン上の整合性がとれ、又コンセプトカーと同じようにより精悍な感じが出ると思いますがどうなんでしょうか。

法的な問題の有無は別にして、LEDを追加し、リアランプから電源を分岐すればいける気がしますが先細りで綺麗に光らすのは構造や技術を含めてDIYでは難しい感じがしています。

年次改良での変更か、どこかサードパーティで出してもらえたらイイなと思っています。

Posted at 2017/10/22 04:27:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年10月12日 イイね!

橋最近車ネタがないので、今までドライブで訪れ、個人的に印象に残っている西日本の橋をまとめてみました。

場所は下記の通りです。


舞鶴クレインブリッジ(京都府舞鶴市)

舞鶴湾に架けられた斜張橋です。主塔は鶴(クレイン)のくちばしを、ケーブルは羽をモチーフにデザインされたそうです。

由良川鉄橋(京都府宮津市)

宮津市と舞鶴市を結ぶ京都丹後鉄道宮舞線ですが、由良川に架かるこの低い鉄橋は素朴でどこか懐かしい感じがしてとても印象的でした。

渡月橋(京都市)

嵐山の脇を流れる桂川に架かる橋。京都といえばこの橋ですが2000年当初の欄干改修後に撮影した為、風情がありませんでした。現在は色も落ち着き違和感は無くなっています。

南禅寺水路閣(京都市)

琵琶湖の湖水を京都の街へ運ぶための水路橋で、当然人は渡れません。風化したレンガの表情が素晴らしいと思います。

谷瀬の吊り橋(奈良県吉野郡十津川村)

先日も行きましたが、細い部材で構成されていて糸を張ったような美しさがあります。

明石海峡大橋

兵庫県と淡路島を結ぶ世界最長の吊り橋で、全長3,911 m、中央支間1,991 m、主塔高さは海面上298.3 m。
開通直後走りましたが、その巨大さに圧倒され、じっくり味わうため最低速度制限ぎりぎりで渡った記憶があります。

大鳴門橋

淡路島と徳島市をつないでいます。下は渦潮で有名な鳴門海峡ですが、写真は遊覧船から撮影したものです。
渦を巻く時間帯は季節、日、時間帯によって違うので確認してから乗船しました。

祖谷のかずら橋(徳島県三好市)

山深い谷合いにあり「シラクチカズラ」を編み連ねて造られた人専用の吊り橋で日本三奇橋のひとつとされています。3年毎に架け替えが行なわれるとの事です。

南備讃瀬戸大橋

岡山県と香川県を結ぶ道路、鉄道併用橋で、吊り橋、斜張橋、トラス橋と構造が異なった橋を島づたいに架け、総称として瀬戸大橋となっています。
写真は瀬戸大橋記念館から撮影したものですが鋼材とコンクリートのボリュームが半端なかったです。

多々羅大橋

広島県と愛媛県に島づたいに架かる橋梁郡(通称しまなみ海道)の一つで生口島と大三島をつなぐ長さ1,480mの斜張橋です。
路面の薄さとケーブルのバランスが素晴らしく、しまなみ海道で一番美しい橋だと思います。

錦帯橋(山口県岩国市)

日本三名橋に数えられる全長193mの木造アーチ橋。1673年にかけられたそうですが、下を流れる錦川の洪水によりたびたび再建を繰り返したとのことです。

角島大橋(山口県下関市)

豊北町と角島間に架かる2000年開通の橋。車メーカーのコマーシャル映像にも使われ、是非走ってみたかった橋です。
景観を配慮し、小島を迂回する伸びやかなラインと、船の航行の為一部を持ち上げた巧みな形状は、島や海面と見事に調和し、まさに美しい海の道でした。2003年の土木学会デザイン賞を受賞しています。

関門橋

関門海峡をまたぎ下関と門司を結ぶ1973年に開通した鋼製吊り橋。開通時点では日本および東洋最長だったそうです。
福岡県生まれのため、関門海峡の響きは懐かしいものがあります。経年劣化のため大規模補修を行っていたそうですが、終了したようです。

眼鏡橋(長崎市)

中島川に架かる石造二連アーチ橋で、日本三名橋に数えられ、国の重要文化財に指定されています。1634年に架けられ、1983年に前年の水害で崩壊した一部を復元したそうです。
アア長崎は今日も雨でした♪
Posted at 2017/10/12 04:49:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年10月01日 イイね!

紀伊エリアドライブ

紀伊エリアドライブ10月1日最適な気候となったので嫁さんと2人で紀伊半島を巡ってきました。
朝8時半に大阪を出発し、330km走り午後6時半に帰ってきました。ルートは下記のとおりです。


道の駅「杉の湯川上」

国道169号線にある道の駅で休憩。
隣接して川上村役場、湯盛温泉杉の湯、近くに大滝ダムがあります。

下北山きなり郷

適度なワインディングが続く169号線を1時間弱走ると池原貯水池が現れます。
ここの傍に、公園、キャンプ場、温泉があり2回目の休憩。
日曜にもかかわらず人影はまばらです。

熊野灘

169号線→309号線→42号線を経由すると海に出て熊野灘が拡がってきます。
砂浜には降りられますが、誰も居ません。

熊野倶楽部

お腹がすいたので熊野市の中腹にある「熊野倶楽部」の「馳走庵」で昼食としました。バイキング形式でしたが珈琲は非常においしかったです。
このエリアは宿泊施設、レストラン、温泉、工房などがあり、自然の中の癒し空間として創られたようです。

熊野倶楽部 民芸品展示室


丸山千枚田

白倉山の斜面に拡がる数千枚の棚田。日本でも有数の広さが有名で、川崎ナンバーのバイクの人々や、関東から見えた女性達がいました。地元の人はほとんどいません。
ただここへのアプローチは道が狭く、混雑時にはちょっと大変な思いをすると思います。

熊野本宮大社

入口と参道。

熊野本宮大社

熊野速玉大社、熊野那智大社を含めた熊野三山の一つです。本殿(上)と神門(下)
尚、本殿の写真撮影は社務所にて許可が必要です。

十二滝

国道168号線を北上していくと十二滝が見えてきます。
横幅があまりないので結構高く見えます。滝の音は涼やかで癒されました。
駐車スペースは1台分しかなくたまたま空いていました。

谷瀬の吊り橋

十津川に架かる1954年に完成した長さ297 mの歩道吊り橋で日本一の長さでしたが、現在では6番目の長さのようです。
子供が幼少のころ背負って渡ったことがありますが、揺れて怖い思いをしました。

南阪奈道路以外はすべて一般道(国道)でした。国道といっても曲がりくねった箇所が多く、そこそこの速さで走りましたが、インプレッサのハンドリングは正確で気持ちよかったです。嫁さんも横Gには平気な性格なのでいつも助かっています(笑)。
Posted at 2017/10/02 13:43:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年09月02日 イイね!

エンジンオイル高かった

エンジンオイル高かった新点検パックにより、1ヶ月(4月の1,200km時点)、半年(6月の10,500km時点)のエンジンオイル交換は既に終了しましたが、現在総走行距離が16,400kmとなり、1年点検時までに20,000kmは軽く越えそうなのでディーラーへオイル交換に行ってきました。

パック内容外の為実費となり、技術料+オイル代(スバルモーターオイルSN 0W20 4.2L)+消費税で7.400円でした。高くてびっくりです。前車のアテンザは4,000円程度でしたが、水平対向エンジンはこれが普通なんですかね。

作業中展示車(XV)や試乗車を見たり乗り込んだりして暇つぶし。XVやフォレスターの着座位置の違いを実感しました。
1ヶ月前に底を擦ったのでオイル交換終了後リフトアップしてもらい確認しましたが、幸いアンダーカバーの擦り傷だけで本体には影響が無く一安心です。

トイレにフィギュアが並んでいましたが、店長の趣味なのかなア。
Posted at 2017/09/03 01:06:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT http://cvw.jp/b/589720/40626112/
何シテル?   10/26 10:03
みんカラは以前の車のDIYで「パーツレビュー」や「整備手帳」をよく参考にさせていただいていました。 今回の車の乗替えを機会に積極的に参加したいと思っております...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
スバル インプレッサ G4に乗っています。 前車GHアテンザセダン25EXの後継車として ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる