車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月25日 イイね!
PSAグループによるオペル&ヴォクスホール買収に思うこと今月上旬の3月6日のこと。PSAグループ(プジョー・シトロエン・DS)グループがGM傘下のオペルやヴォクスホールブランドを買収するというニュースが報道されました。

ネットで調べてみたら、買収関連のさまざまな媒体のニュースが見つかりました。その中からMONOistという媒体のニュース(3月7日付)から一部引用します。(リンク先は下に)


PSAがGMからオペルなど欧州事業を買収、2020年に黒字化達成へ
                                     2017年03月07日 06時00分 更新

GM(General Motors)とPSAグループは2017年3月6日(欧州時間)、GM傘下の欧州ブランドであるドイツのオペル(Opel)と英国のボクスホール(Vauxhall)を、PSAグループに譲渡することで合意したと発表した。

譲渡金額はオペルとボクスホールが合わせて約13億ユーロ(約1570億円)、欧州の金融事業が約9億ユーロ(約1080億円)で、合計22億ユーロ(約2650億円)となる。2016年のオペルとボクスホールを合わせた売上高は約177億ユーロ(約2兆1350億円)であり、PSAグループは両ブランドを傘下に収めることで、欧州の自動車市場におけるシェアは17%となり、フォルクスワーゲン(Volkswagen)グループに次ぐ第2位となる。譲渡は2017年内に完了する予定だ。

PSAグループは、プジョー(Peugeot)やシトロエン(Citroen)とのシナジー効果により、オペルとボクスホールの製造や研究開発のコストを削減したい考え。2026年までに約17億ユーロ(約2040億円)のコスト削減を見込む。その上で、現在赤字のオペルとボクスホールの営業利益率を2020年時点で2%、2026年時点で6%まで高めるとしている。

(引用終了)


 左:メアリー・バーラ GMグループCEO   中:カルロス・タバレス PSAグループCEO
 右:カール・トーマス・ニューマン OPELグループCEO


2012年2月にはPSAとGMが資本提携を前提にした提携をすでに締結していました。そのことが今回の買収劇の伏線だったとの見方は、今振り返ると十分考えられるでしょうね。

記事にあるとおり、PSA側が2,650億円もの巨額の投資をしてまでもオペル&ヴォクスホールの製造と研究開発の大幅なコスト削減が見込まれるとあるのは、すでに資本提携によるノウハウがあるからかもしれません。

また別の記事によると、今回のオペル&ヴォクスホールの売買について、GMとPSAの企業グループ間で交渉が行われたとのこと。

オペルのトップはその事情を知っていても、取締役以下には何も知らせなかったというのは、如何にも欧米らしいやり方に映ります。おそらく企業トップ側から一切の箝口令が敷かれていたのかもしれませんね。

ところでテーマから少し逸れますが、オペルと言えば最近では、1994年からヤナセが輸入販売を開始したことは記憶に新しいところ。

ヤナセ時代に取扱っていたオペル車といえば・・・


アストラ。ヤナセが取扱った一番最初のモデルでした。1994年から1998年まで販売。


ヴィータ(日本名)。日本では1995年から2000年頃まで販売されました。


スピードスター。日本では2003年に80台限定で販売されました。

取扱ったオペル車はこれら以外にたくさんありました。輸入販売の最大手のヤナセがオペルを日本で販売ことしたによって、オペル車が日本でよりメジャーになったように思います。

しかし、1994年から始まったオペル車の販売は、2006年に終了。以降、オペルを輸入するインポーターは現在までにないため、日本からオペルはすっかり見かけなくなりました。

日本で販売を取り止めてからすでに10年ほど。最近のオペルの事情がまったくわからなくなってしまいました。


コルサ


アストラ


インシグニア


モッカ


カスケーダ


ザフィーラ


アダム

魅力的なモデルがこんなにもいっぱいあったとはまったく知りませんでした! ザフィーラは将来的にC4ピカソとプラットフォームを共有化するのかもしれませんね。

アダムは心惹かれました。こんな可愛らしいスタイリッシュなモデルは日本にも正規で販売してくれたらいいですね。マジョレットでも見かけますね♪

ところで、自動車業界を取り巻く環境は年を追うごとに厳しくなっています。業界再編が珍しくない昨今にあって、PSAグループとしても生き残りを掛けて打って出たのでしょう。

アジア(中国)やフランスに留まらず、ドイツやイギリスを足掛かりにヨーロッパ、果ては世界規模で戦略を練っていると言えるでしょうか。オペル&ヴォクスホールの買収はPSAグループにとってあくまで通過点に過ぎないのかもしれませんね。

※ヴィータとティグラのヤナセのTVCFを見つけたのでご覧ください。
Posted at 2017/03/25 18:36:18 | コメント(6) | トラックバック(0) | PSAプジョー&シトロエン | 日記
2017年03月23日 イイね!
かつて306(N5)を所有していました。306は初めてのフランス車ということもあり、私にとってフランス車に触れるきっかけをつくってくれた思い入れのあるモデル。

  ≪画像は拝借しました。画像は前期型(N3)です。≫
306もたくさんモデルがありましたが、私が所有していたのは5ドアハッチバックのXSiというグレード。脚は硬めに仕上げられたスポーティに振ったキャラクターの持ち主。

Styleというベーシックな仕様もありましたが、当時の私はXSi のスタイリッシュなところが好みだったので、脚なんて硬かろうとも気にしませんでした。でも、今選ぶなら断然“Style”(^_^;)

306を次のオーナーに手渡した時にSpeedline“ULTIMO”だったか社外品を着けたままだったので、我が家のガレージには、306純正アロイホイールが残されています。

それがこちら↓


5本スポークの何の変哲のないシンプルなデザイン。当時このホイールはXSiやカブリオレなどにも採用されていました。ちなみに、一番始めの306写真のホイールがまさにそうです。

これはセンターキャップ裏側。

“LASER”と記載ありますが、調べてみたら、このホイールのネーミングであることがわかりました。

さて、このホイールの素性を調べてみているところ。ただし、すでに20年近いため錆が発生して刻印が読み取れないのが現状。


UK と読める?


MR と読める? 97・98の記載は製造年月からすると、おそらく西暦か。


7206-Bと読める? あとは残念ながら判読不能。


6J×15 CH?-19 と読める? おそらくホイールのサイズとオフセット数値のよう。

ということで、またまたわからないことだらけ。UKとあるのはイギリスのメーカーなのか、生産国を表しているのか。

今となっては306を所有したことを証明する唯一の置き土産なんですが、素性が謎だらけのホイール。何だかスッキリしません。どなたかおわかりの方いらっしゃいましたら、ご教示くださいませ(^_^;)
Posted at 2017/03/23 22:24:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | プジョー | 日記
2017年03月20日 イイね!
先日3月6日に、306にちなんでプジョー306のボディカラーについてブログに取り上げました。
(参照: 306の日なので306のボディカラーについて考えてみる

その中で私が好きな306のボディカラーについて取り上げたのですが、そのうちの一つが「ニューポートオレンジ」であることを記しました。

「ニューポートオレンジ」は306カブリオレの後期型(N5)にのみ採用されていました。

306カタログをご紹介します。

これは1999年6月発行カタログ。実は私が306を購入したときに検討し、穴の開くほど眺めた思い入れのあるカタログです(^_^.)

これはカブリオレのカラーラインナップ↓↓

この頃はカブリオレだけでも7とおりから選べたんですね。選び甲斐があるというもの。

チャイナブルー/ルシファーレッド/スカーレットレッド/レフレックスグリーン/
サンダンスイエロー/コスモスグレー

これら6つのカラーはどこかで見かけた記憶がありますが、ほとんど見かけたことの記憶がないのが、「ニューポートオレンジ」。

「ニューポートオレンジ」について、さらにもう少し掘り下げて調べてみたところ、1998年10月と1999年6月発行にしか載っていないボディカラーであることがわかりました。

それが本当であれば、わずか一年程度しかラインナップになかった、極めて希少で貴重なボディカラーということになります。

この「ニューポートオレンジ」について、先のブログに取り上げたところ、お友達のロボ部長さんからメールとともに写真を寄せていただきました。以下、一部引用します。

>私も以前から306シリーズが好きで、カブリオレでこの色は
>それまで見た記憶が無かったのと、とてもきれいだったので
>撮影していたものです。
>今回、Gentaさんのブログを拝見して、おそらくこれが
>ニューポート・オレンジではないかな?と思い出しました。

(引用終了)

メールとともに送られた写真というのがこちらです↓↓


  ≪画像は一部処理を施しています。≫
ロボ部長さんにはたいへん貴重な写真をお送りいただき、また写真の使用許可をいただきました。この場をお借りして感謝を申し上げますm(__)m

で、紛れもなくこれこそが「ニューポートオレンジ」! 206に設定のあった「タンジェリンオレンジ」にもどこか似た印象を受ける美しいボディカラーです。

とある住宅街の一角にさりげなく停められているという306カブリオレ。凛とした佇まいは大きな存在感を放っています。この車両が17~18年経つ個体とは到底思えません。オーナーさんが大切に所有なさっていることがこの写真から伝わります。

ピニンファリーナが手掛けた306カブリオレの流麗なデザインに品のあるオレンジカラーはとても映えていると感じられます。

306カブリオレは丁寧に扱われている車両が多いように感じます。もともとの販売個体数も少なく、中古車市場にもあまり流通することのないモデル。

資料的価値の観点からしても意義のある「ニューポートオレンジ」の306カブリオレ。件のオーナーさんには、末永く維持していただきたいものです。
Posted at 2017/03/20 07:25:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | プジョー | 日記
2017年03月18日 イイね!
DS4に乗り替える前まではC4ピカソを所有していましたが、トラブルに見舞われて2回目の車検を前に乗り続けることを断念。

その後選んだクルマが今のDS4なのですが、このたび諸事情により降りることとなりました。そして、数あるクルマの中から次に選んだクルマがグランドC4ピカソ。

フェイスリフト版のPh.2です。

昨年暮れ発売のFEELは安全装備が簡略化されていて、万一の事故の際は不安が残ります。昨年暮れの時点で2017年春には安全装備満載のSHINEがデビューすることのアナウンスがあったので、FEELとSHINEとの装備比較をしました。
(参照:【緊急企画】グランドC4ピカソBlue HDi のFEELとSHINEはどちらが買いか

やはり、FEELを購入する意義を見出すことができず、乗り替え候補とはなり得ません。数ヶ月待てばSHINEが発売されるので、やはりそちらを待った方が賢明であると判断しました。

で、購入したのがグランドC4ピカソSHINE BlueHDi。先日納車したばかり。

先代C4ピカソを所有した者として、やはり気になるのが世代が代わって進化(深化)しているのかということ。

これは1stシート背面にあるテーブル。

先代はテーブルを開けるとLED照明が備わっていましたが、2代目には装備すらありません。コストカットなのでしょうかね。

あと、リアのエアコン操作が先代はボタン式だったのが、2代目になるとダイヤル式に。こちらもコストカットの感が否めません。

一番驚いたのが・・・

ついに日本語表記へと変わりました! 先代どころかつい最近までのシトロエンには見られなかったもの。これは日本市場を重視していることの表れなのでしょう。

でも納車の時点で唯一残念だったのが、取説が間に合っていないこと!

謎すぎます。というか、インポーターの怠慢では。これだけギミックな装備満載のC4ピカソは、いくらある程度のことがわかっているとしても、やはり取説が頼みの綱なのに、、、 クルマが良いのになんともお粗末(*_*)

C4ピカソとのカーライフは第二幕の始まり。これから堪能していきたいです。追ってインプレッションについて記していきたいと思います。あぁ、取説早く届かないかな(涙

※追記(3/22)
後日取説は無事に手元に届きました(^_^;)
Posted at 2017/03/18 23:15:00 | コメント(9) | トラックバック(0) | 我が家のクルマ | 日記
2017年03月14日 イイね!
ルノーのインポーターと言えば、旧くは日英自動車社、キャピタル企業社、ジヤクス、フランスモーターズ、ルノージャポンなどが挙げられます。

インポーターの変遷を見ればわかるとおり、ルノーのインポーターは永く安定しない時期が続きました。

1973年の日英自動車社以降についてルノーのインポーターの取扱期間について調べてみました。

 ・日英自動車(株)      1973年-1985年(12年間)
 ・キャピタル企業(株)    1976年-1988年(12年間)
 ・(株)ジヤクス        1987年-1993年(6年間)
 ・(株)フランスモーターズ  1993年-2000年(7年間)
 ・ルノー・ジャポン(株)    2000年-2006年(6年間)
 ・日産トレーディング(株)  2006年-2012年(6年間)
 ・ルノー・ジャポン(株)   2012年-

ルノー・ジャポンが社名が同じものが2つもありますが、厳密に言うと違っていてややこしいです。いずれも日産が関係していることに違いはありませんが。

さて、今回取り上げたいのは、フランスモーターズ社。上にもあるとおり、2000年から2006年までの6年間に亘ってルノーを取り扱ったインポーター。

ご存じ、輸入車販売の大手ヤナセが100%出資した子会社。ジヤクス社がルノーの輸入販売から撤退し、その後を引き継いだわけです。

ヤナセについてヤナセのWebサイトで調べ物をしていたときに、フランスモーターズに関する興味深い記事を見つけたのでご紹介します。

この時代(1994年頃)にはルノーの販売も開始している。端緒は日本でルノーを販売していた会社が輸入販売権を放棄して以来、輸入元不在の状況が続いていたことであった。ルノーのオーナーがアフターサービスを受けられなくなっており、このままでは輸入車全体のイメージ悪化を招きかねないと考えていた。フランスのルノー公団からも強い販売要請が寄せられたため、当社で販売を開始することを決めたのである。

1993(平成5)年10月7日、当社の全額出資により、ルノーの輸入販売元となる株式会社フランス・モーターズを設立した。同社は1994(平成6)年5 月9 日にルノー公団と一手輸入販売契約を締結するとともに、販売ルートの確保に努めた。

(引用終了)

ジヤクスが撤退した後に、あのヤナセがルノーの輸入販売を手掛けると聞けば、当時のルノーオーナーにとっては安心したことでしょう。

Wikiには興味深い記載がありました。見やすくするため一部改変してます。

(販売網は)ヤナセ自身のものでなく、独自の販売網で販売する事が条件だった。
(引用終了)

つまり、当時のメルセデスやGM系を取り扱うヤナセのショールームにルノーが収まるのではなくて、ルノーのために専売の販売網を新たに設けるというもの。

ルノー販売のために新たに地区の販売店と代理店契約を結ぶ必要があったわけですね。ヤナセとしてはメルセデスやGM系などと一緒にルノーを取り扱えば負担は軽減できるはず。

再び、ヤナセのWebサイトから引用します。

このようにルノーの拡販に力を注いできたが、2000(平成12)年5 月、輸入業務をルノー・ジャポンに移管することとなった。その後もディストリビューターと販売を続けたが、ルノー公団本社と提携した日産自動車も、ルノーの販売に参加しており、日産系列店の拠点数がフランス・モーターズの拠点数を上回るようになった。そのため、フランス・モーターズは役目を終えたと判断し、ディストリビューター契約が切れた2001(平成13)年4 月末日をもって車両供給契約を解約したのである。
(引用終了)

ルノーと日産が提携したことによって、ヤナセが輸入販売をするメリットがなくなってしまったわけです。ヤナセとしてもメルセデス他のモデルを集中して販売できるようになりました。

さらに調べていたら、フランスモーターズが取扱っていた当時のルノーの販売台数が載っていました。次のとおりです。

   1994     43台
   1995    298台
   1996    617台
   1997    665台
   1998    809台
   1999  1,363台
   2000    588台
   2001    472台
   2002     28台

実質、1995年からがルノー販売の本格化と言ったところでしょう。1999年までは年を追うごとに着実に伸びていますね。

1996年に前年比2倍の販売台数となっているのは、メガーヌ1の販売が開始したからでしょう。

クーペ16Vは好きだったなぁ。

1998年に少し伸びたのはメガーヌセニックが販売開始したことによるものかな。

初代セニックは好みのモデルです。

さて、1999年に激増したのは・・・

1998年11月にクリオ2が日本でも販売開始となったからでしょう。すごい伸びです!

ところで、フランスモーターズは意外なモデルも取扱いました。

ルノー・スポール・スピダー。

パラブリーズと呼ばれるフロントウィンドウが備わる仕様を100台程度輸入販売していました。1998年から1999年にかけて。

さらには・・・

クリオ・ウィリアムズ。

なんと正規仕様のウィリアムズが10台こっそり試験的に販売していたそうです!
(参照: クリオ・ウィリアムズの真実

1999年には日産とアライアンスの関係になったことにより、ルノーの輸入販売は日産が行うことになりました。2000年以降は一応販売してはいましたが。

ヤナセがルノーの輸入販売を始めた頃は、VWとアウディの輸入販売から撤退した少し後のことで、オペルを手掛けたばかりでした。さらにもう一(いち)ブランドを手掛けたかったのでしょう。それがルノーだったと。

フランスモーターズはラグナやサフランなども取扱っていました。今のルノージャポンにはない販売戦略で、輸入販売の大手でもあるヤナセらしさがあったのかもしれません。
Posted at 2017/03/14 21:49:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
プロフィール
「きのう見かけたけど、このテールライトのデザインセンスがたまらない(^^)」
何シテル?   03/26 19:31
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
悩んだ!(笑) シトロエンC6中古車 何とブランバンキーズ! BLANC BANQUISE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/24 20:49:15
大都会 PARTⅢってシトロエン好き?(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/11 21:48:44
BuzzFeed Japan  グッジョブ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/03 21:16:08
お友達
フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
159 人のお友達がいます
yos3yos3 * susp2susp2 *
さくまろさくまろ * 鷹キチ鷹キチ *
Gris BorealGris Boreal * ボッちボッち *
ファン
101 人のファンがいます
愛車一覧
シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
乗りたいクルマとして選んだDS4 SportChicでしたが、諸事情により手放すこととな ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
プジョー 308SW (ワゴン) プジョー 308SW (ワゴン)
家族が所有していたC4ピカソ(前所有車)がこのたび退役。代わってやってきたのが308SW ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.