• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年02月26日

西武自動車販売社の歴史をカタログから紐解いてみる・・・その3

西武自動車販売社の歴史をカタログから紐解いてみる・・・その3 西武自動車販売社が輸入していたプジョーは、604・504・505の3モデル。その2 でプジョーネタはすべて記したところです。

したがって、プジョーネタはこれにて終わりにしようと思いましたが、解決できていないことがあったのでプジョー編の続編として記しておきます。

解決できていなかったこと。それは、本国で1979年にデビューした505の日本国内への輸入販売時期がいつ頃なのかということ。その辺りのことをブログで問い掛けてみたところ、西武+自動車さんからコメントが寄せられました。以下引用。

>505がいつから日本で販売されたか、私も手元の資料を見てもわかりませんが、CG誌では2.3リッター・ディーゼルのSRDが81年5月号、2リッター・ガソリンのTIが82年8月号でテストされているので、そのくらいの時期が導入時期かもしれませんね!

まずは情報提供誠にありがとうございます(^^)  アカデミックな西武+自動車さんがわからないとのことであれば、もはや諦めるしかないのかと思いました。

念のため、持ち合わせのプジョー関連の本で調べてみることに。

ネコ・パブリッシング社のワールド・カー・ガイドシリーズ。

この本の505の項を見てみると、


『日本では1981年より505の導入が始まっている。当初輸入されたモデルはTIとSTIの2タイプだったが、エンジンは排ガス対策を考えて、PRVの4気筒SOHCではなく、旧い4気筒OHVの圧縮比を9.2:1から8.3:1へ下げた対北米輸出仕様をベースとし、それに右ハンドルの英国仕様のボディが組合わせられた、日本専用モデルとして造られたものであった。』

ということで、1981年の導入(何月かは不明)の際にTIとSTIの2つのグレードの4気筒OHVガソリン仕様が輸入されたというのが正しい見方のようです。これで解決しました!

ところで、ここで一つ話が合わないのが、西武+自動車さんのこの件。

>CG誌では2.3リッター・ディーゼルのSRDが81年5月号、2リッター・ガソリンのTIが82年8月号でテストされているので、

そうなんです。2.3リッターのディーゼルエンジンのこと。ここで思い出したのが、以前 こちらのブログ をご紹介した際にコブラエフさんから寄せられたコメントです。以下引用します。

>極初期に 並行扱いで 右ハン ディーゼルの505SRD サンルーフ付きの 3速A/Tが2台
次に正規で 右ハン TI STIの2種 装備の違い 2リッターOHV 3速A/T


あくまでも推察にしか過ぎませんがお二人の情報を総合すると、CG誌1981年5月号でテストされているという2.3リッターディーゼルのSRDは、西武自動車販売社が並行扱いで日本国内へ導入した右ハンドル仕様の2台のうちの1台だったのではないでしょうか。

  ≪画像は拝借しました。≫ 
つまり、1981年1月から3月頃までの間に2.3リッターディーゼルのSRDサンルーフ付きの3ATが2台西武自動車販売社の手によって日本国内へ導入されたということでしょうね。

その後は、先ほどご紹介したプジョー本にあったとおりの、2リッターガソリンのTIとSTIの3ATが国内へ導入されたということでしょう。プジョー本には続けて・・・

『正規代理店である西武自動車販売での価格はTIが413万円、STIが453万円となっていた。』

との記載がありました。1980年代初頭としてはやはり高額なクルマだったのですね。国産車ではクラウンもこれほどまで高くはなかったのかもしれませんね。

プジョー本には505について続けて・・・(一部改)

『その後わが国での505は、まずTIが姿を消し、次のGTIの輸入開始をもってSTIも輸入を終了している。このGTIは基本的に本国仕様そのままで日本に導入された。よって左ハンドルのみである。価格は485万円と設定された。』

右ハンドル仕様の505は3~4年程度で日本国内の販売は終了したようです。特にロアグレードのTIはSTIよりももっと以前に消滅したようですから、TIは希少グレードだったのかもしれません。

  ≪画像は拝借しました。≫
その後、GTIは1987年にマイナーチェンジが実施され、同年に505V6の輸入も開始されました。プジョー本の505の項では次のように締め括っています。

『505の生産は1990年をもって終了した。次にこのクラスの役を担うべく登場したトップ・モデルの605にはFWDが採用されており、505は事実上のプジョー最後のRWDモデルとなったのである。』

プジョーにとってFR最後のモデルたる505。ピニンファリーナが手掛けたシンプルでありながら普遍的なデザインは飽きが来ないのは最大のメリット。未だにファンが多いのも大いに頷けますね(^^)

  つづく

 ※505GTI のTVCMを見つけたのでご覧ください。
ブログ一覧 | 西武自動車販売社関連 | 日記
Posted at 2015/02/26 22:05:40

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

2017紅葉狩り⑥ 椛・もみじ・モ ...
アガサさん

気になる車・・・(^^)302
よっさん63さん

[Lab]ゲストルームの秘密。
シュアラスターさん

前廻りの修理です(>_<
ラッシュモータースポーツさん

昨日は札幌出張でしたぁ~(^O^)
atrai 1さん

20171119 teamG's関 ...
ペリー2011さん

この記事へのコメント

2015/02/26 23:08:43
 こんにちは。

 いつもながら丁寧な検証によるブログに感嘆いたします。(私の思いつくままのダラダラした文章とは大違いです・・・。)

> エンジンは排ガス対策を考えて、PRVの4気筒SOHCではなく
 PRVの4気筒があったのですね。V6はよく聞きますが、4気筒は初めて知りました。

 前のブログにも書きましたが、一度でいいですから505に乗ってみたかったですね~。

 しかし、80年代初頭にして400万円超とは!当時なら、クラウンでも4気筒の廉価版なら2台買えたかも?というぐらいの価格なのではないでしょうか!
 少なくとも、ボディサイズ的に近かったであろうブルーバードやコロナなら間違いなく200万を切っていたでしょうから、その倍以上!
 バブル前に、あえて505に乗っていた方ってどんな方たちだったのでしょう?
コメントへの返答
2015/02/27 19:22:50
コメントありがとうございます。

気になったら調べて解決しないと気が済まないので(^_^;)  グループCさんのブログについては、いつも勉強させていただいております。

>PRVの4気筒があったのですね。
このプジョー本を改めて見て、私も知りました。それにこだわらず、OHVを採用したというのは興味深いですよね(^_^;)

80年代初頭に400万円とは今に換算したら相当の価値なのでしょうね。

>バブル前に、あえて505に乗っていた方ってどんな方たちだったのでしょう?
この当時はまだ「ガイシャ」は高嶺の花ですね。400万円も支払って購入されるオーナーとは、人と同じものが嫌いでこだわりのある方であるのは間違いないでしょうね(^_^;)
2015/02/26 23:17:02
505というとV6かGTIのイメージが強いですが、導入初期にはこんな経緯があったんですね。
シンプルでクリーンなデザイン、そしてFRであるということ、あらためて一度味わってみたいと感じました。
最後のCM、脚がよく動いているのが見てとれますね。
気持ち良さそう~♪
コメントへの返答
2015/02/27 19:24:03
コメントありがとうございます。

以前のブログにも記しましたが、1982年の西武自動車総合カタログに記載あったTI&STIグレードが当時としては珍しく右ハンドル仕様で日本へ導入されたということは興味深いですね(^^)

端正なデザインは決して凝ったものではなく、シンプルなものですね。

しなやかな足廻りは興味を覚えます。FRプジョーにも触れてみたいものですね♪
2015/02/27 01:03:54
こんばんは!
いつも興味深いブログをありがとうございます。

プジョー505は大好きなクルマなのですが、初期型に関しての資料が全く無く未知の状態です・・・。
2.2リッターSOHCエンジンになったGTIと、その後、3速→4速ATやダッシュボード、テールランプが変わった後期型GTI、V6などはカタログがありますが、初期型は持ってません・・・。

ディーゼルエンジンのSRDに関しては、先回のブログの様に504Dが思っていた程売れず、長期在庫になっていたため、導入を見送ったのかもしれませんね。この時期、西武自動車はシトロエンCXも正規でディーゼル車のCX2500ディーゼルをセダン、ファミリアールで導入していましたが、505と同様途中からガソリンエンジンのGTIがメインになり、いつの間にか無くなってしまいましたね。3ナンバーの高級外車に経済性は不要だったのでしょうかねぇ。

初期のTIは83年のカタログには載っていないようなので、導入された台数はかなり少ないのではないでしょうか?STIに関しても、過去にカーマガジンで北海道のお店の物件が504SRDと共に載っていましたが、他に見かけたことがありません。84年頃の初期GTIも含めて、後期型と較べて西武自販の広告の出稿もシトロエンやサーブと較べて少ない様に感じます。モデル末期に近いV6の登場の時期のほうが、205の導入でプジョーの知名度が上がったためか、バブル景気に突入したためか広告の露出度が高い気がします。

Genta様のブログにもあるようにTIやSTIの対米輸出仕様の2.0リッターOHVエンジンは96馬力しかなく、しかも3ナンバー幅のボディのため、当時の禁止税的な自動車税にも合致してしまうため、初期の505を買った人は、よっぽどの通な方だったのかもしれませんね!

そういえば、後継車の605も最初は右ハンドルの導入があったにも関らず、中期型の途中から左ハンドルだけになり、ES9型DOHC24バルブになった後期型も左ハンドルだけでしたね!
輸入車に限らず、こういう遍歴って繰り返すことがあって、それもまた面白いですね!

かなり話が脱線しましたが、いつも興味深い話題をありがとうございます。

コメントへの返答
2015/02/27 19:51:47
コメントありがとうございます。

>プジョー505は大好きなクルマなのですが、初期型に関しての資料が全く無く未知の状態です・・・。
505がメジャーになったのは、ちょうどバブル期に差し掛かった頃にマイナーチェンジしたGTI&V6なのは間違いないでしょうね。

>初期型は持ってません・・・。
私も持っていません。探してみたらこんなところに行きつきました。↓
http://car-cm.jp/brochure/peugeot/505_1983_jp.html

>この時期、西武自動車はシトロエンCXも正規でディーゼル車のCX2500ディーゼルをセダン、ファミリアールで導入していましたが、505と同様途中からガソリンエンジンのGTIがメインになり、いつの間にか無くなってしまいましたね。3ナンバーの高級外車に経済性は不要だったのでしょうかねぇ。
当時のいきさつは今となっては知る由もありませんが、高級な「ガイシャ」にディーゼルエンジンを求める方は決して多くはなかったのでしょうね。この価格帯のクルマを買い求めるオーナーにとっては燃費を気にするという発想がなかったのかもしれませんね(^_^;)

>初期のTIは83年のカタログには載っていないようなので、導入された台数はかなり少ないのではないでしょうか?
まず始めにロアグレードのTIがカタログ落ちしたようなので、TIの販売台数は極めて少なかったでしょうね。

>84年頃の初期GTIも含めて、後期型と較べて西武自販の広告の出稿もシトロエンやサーブと較べて少ない様に感じます。
西武自販取扱いモデルで最多販売ブランドはサーブだと思います。総合カタログの取り上げ方一つとってもページの割き方が明らかに違いますね(^_^;)

>モデル末期に近いV6の登場の時期のほうが、205の導入でプジョーの知名度が上がったためか、バブル景気に突入したためか広告の露出度が高い気がします。
205の日本導入によって、日本のプジョーのイメージは飛躍的に向上したでしょうね。V6の日本販売開始はバブル期だったので、たくさん売れたのでしょうね^^;

>当時の禁止税的な自動車税にも合致してしまうため、初期の505を買った人は、よっぽどの通な方だったのかもしれませんね!
まだ「ガイシャ」と呼ばれていた時代ですから、よほどのクルマ好きでないと注目はしなかったでしょうね。購入された方は間違いなく通な方でしょうね(^^)v

>後継車の605も最初は右ハンドルの導入があったにも関らず、中期型の途中から左ハンドルだけになり、ES9型DOHC24バルブになった後期型も左ハンドルだけでしたね!
調べが足りませんでした(*_*)  605は505の販売事情と似ているのですね! 

いつも興味深い話をありがとうございます!(^^)!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「C4ピカソに続いて、2008もタッチスクリーンが表示しなくなった。共通するのはいずれも日本語表示タイプだけど、何かイマイチ、、、」
何シテル?   11/08 21:23
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ちょっと昔のカタログ(フランス車) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/05 21:58:45
2030年の「販売台数」の9割はガソリン車という予測 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/26 07:28:14
Theホットハッチ。クリオ2RSという車。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/25 22:45:29

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
167 人のお友達がいます
susp2susp2 * 鷹キチ鷹キチ *
わんどらわんどら * hiko206hiko206 *
ミルクマンミルクマン * 役年役年 *

ファン

122 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
乗りたいクルマとして選んだDS4 SportChicでしたが、諸事情により手放すこととな ...
プジョー 2008 プジョー 2008
乗り替えに際して、候補には国内外多数のモデルが挙がりました。最終的に乗降性の良さや取り回 ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.