• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年05月07日

中国発シトロエンC6に思うこと

中国発シトロエンC6に思うこと 先だって4月25日から5月4日まで開催されていた、上海モーターショー2016でシトロエンC6が発表されました。

その前に、先代C6の発売のいきさつについて簡単に触れておきましょう。

C6はご存じXMの後継モデルとして2005年に発表発売されました。2005年はDS誕生50周年という記念すべき年だったこともあり、ニューフラッグシップモデルを発売するには絶好の年だったことでしょう。

XMは2000年にすでに生産を終了しており、つまりシトロエンフラッグシップモデルとしては5年の時を経てC6はデビューしたわけです。

C6は2012年12月に生産を終了。2005年のデビューから7年間に亘ってシトロエンのフラッグシップとして君臨していました。

ここで歴代のシトロエンフラッグシップモデルの生産台数を挙げてみましょう。バイブルでもある「シトロエンの一世紀」から。

  DS・ID  145万6,115台(1955~1975)  @72,805台/年
  CX     104万1,560台(1974~1991)  @61,268台/年
  XM     33万3,405台(1989~2000)  @30,309台/年

一番右端に記載しているのはざっくりとした年間の生産台数を表したもの。以前記したブログによると、C6の生産台数は2005年から2012年までの7年間でおよそ2万台強だったとか。
(参照: C6生産終了に思うこと

C6の公式生産台数が見当たらないのですが、ざっと計算しても年間の販売台数は2,859台。C6の生産台数がいかに少なく留まっていたか一目瞭然ですね。

こうして振り返ると、DSはベストセラーとでも言い切れるくらいの生産台数。C6の販売期は世界的な不況の煽りや多くのライバルたちとの競合などさまざまな要因が複合的に絡んだのかもしれません。

さて、満を持して発表された中国発C6。今やシトロエンの全生産台数の25%は中国で販売されているそうで、中国をワールドプレミアの場として選んだのは、重要なマーケットと捉えている証でしょう。

中国にはすでにC4LやC5などのシトロエンセダンがラインナップにあります。


東風シトロエンとしては、シトロエンセダンの最上級グレードが欲しいと考えるのは当然のこと。フランス本国側に強く要望して実現したのでしょう。

さまざまな記事を読んでみると、このC6のデザインはパリのスタイリングセンターと上海のデザイン部門との共作なんだとか。ノッチバックセダンとなってしまい、シトロエンらしさが若干薄れたような気がします。

開発もデザイン同様に両デザイン部門による共同で進められたそうです。フランス本国サイドも中国側の意見を決して無視できなくなり、チームを組んで進めているようですね。

先代とこの中国発C6のそもそものデザインが異なるので、両者を比べること自体ナンセンスであることは十分理解していますが、一応比べてみることにしましょう。
■フロント


■リア


■サイド


■インテリア


特にコメントすることはありませんが、ただ一つ言うならば先代はやっぱりアヴァンギャルドだということでしょうか(^_^;)

以下、ディメンション比較です。(全長×全幅×全高)mm

  C6Ⅰ(2005-2012) 4,910×1,860×1,465
  C6Ⅱ(2016-  )   4,960×1,840×1,470

全長はさらに延びてしまいました。デザインが異なるとかなり印象が異なって同じクルマのモデルチェンジとはちょっと考えにくいですね。

先代C6の生産終了から3年余りの時を経てC6が復活するわけです。中国はノッチバックセダンが好まれるお国柄なので、このC6はきっと安泰なのでしょう。

ただし、これまでのシトロエンファンにとってはかなり異質な存在と捉えられるのかもしれません。今後、シトロエンはどこへ向かってしまうのかと少し憂えてしまうのも事実です。

※中国発C6のイメージ動画を見つけたのでどうぞご覧ください。


*5月8日追記
今回中国で発表されたC6は先代の純粋な後継モデルと捉えるには早計と考えます。なので、ブログタイトルは一部替えることとしました。
ブログ一覧 | シトロエン | 日記
Posted at 2016/05/07 15:06:59

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

フランス車はデザインはいいのだが
仁政さん

シトロエンが中国にて「C6」投入準 ...
intensive911(JUN)さん

607の日なのでプジョー607につ ...
Gentaさん

3代目のシトロエンC5が新発売
悠太郎Mさん

背に腹は代えられん シトロエン中 ...
Vie et vmvさん

チャイニーズシトロエンのマルとバツ
わんどらさん

この記事へのコメント

2016/05/07 16:47:19
きっと何処かへ行ってしまうのでしょう(涙
戻って来る時を首を長くして待ちたいと思います。
コメントへの返答
2016/05/07 20:40:07
中国を重要視するようになってから、PSAグループの戦略が変わってきたように感じられます。今後どのようになるのか注視していきたいですね。
2016/05/07 17:17:31
カクタスが素敵なだけに、この落差に驚かされました。

でも、売れてなんぼの世界なので、旧C6が売れなかった以上、
私(達)変態の感覚から外れてしまうのも致し方無いのかなぁ
って思います。
コメントへの返答
2016/05/07 20:49:26
カクタスやC4ピカソにも採用となったLEDライトは新しいC6でも共通項となっていますね。これは今後のシトロエンのアイデンティティなのかもしれませんね。

今後シトロエンとしては中国市場を重要マーケットと捉えているので、中国人に好まれる仕様となるのは必然でしょうね。

そうなると、私たちが愛したこれまでの歴代の名シトロエンとは大きくかけ離れていくのかもしれませんね。
2016/05/07 17:33:51
動画見たらシトロエンらしさちょっとあるかなと思ってしまいましたが、「乗ってどうか」ですね。

中国資本やインド資本が入ったことでかえって素晴らしくなったジャガーやボルボのような展開をシトロエンには期待できないのでしょうか。
コメントへの返答
2016/05/07 21:13:05
明らかに中国人が好みそうなシトロエンですが、先代C6でも採用された曲面のリアウィドウなんかはやっぱりシトロエンですね。

おっしゃるように、シトロエンにも他の資本が入ったら何か変化が起きるかもしれませんね。
2016/05/07 17:52:48
シトロエンである意味が既にわかりませんな
コメントへの返答
2016/05/07 21:23:53
これまでのフラッグシップとは一線を画すモデルに見えますね。
2016/05/07 18:09:32
市場の要望に合わせたデザインとグレード
プラットフォームはEMP2のようですね。
基本的に中国市場向けの専売モデルではないかなと思います。
コメントへの返答
2016/05/07 21:29:24
調べていたら、新しいC6はEMP2を採用しているようで、発展性があるのでしょうね。

>基本的に中国市場向けの専売モデルではないかなと思います。
中国人が好みそうなデザインを取り入れているので、専売モデルの可能性が高そうですね。そうなると、本来のC6後継モデルは別に存在するのかもしれませんね。
2016/05/07 20:56:22
こんばんは(^ ^)

いつもながら大変興味深い内容でした。

Gentaさんのおっしゃる通り、この二車をデザイン的に比べるのはナンセンスかもしれませんが、新C6はシトロエンらしさという点で見るとかなり微妙と言うしかないですね(汗)
特に新C6のダブルシェブロンとヘッドライトとの位置関係がすごく気になります。
ヘッドライトよりも上にダブルシェブロンを持ってくるのであればグリルから独立させたエンブレムのみをボンネット上に配置して欲しかったですね。そのほうがまだシトロエンらしさが出たと思います。
グリルとひと続きの上にヘッドライトよりも上に来てしまっていることで、なんとも間の抜けた小鬼の角のような感じに見えてしまいます。
コメントへの返答
2016/05/07 21:47:35
新しいC6は特にフロントマスクはこれまでのシトロエンファンにとっては微妙に映るのかもしれませんが、中国人には好まれやすいギラギラしたものを取り入れていますね。

フロントマスクはC4ピカソやC4カクタスに共通したもののようにも感じられます。

従来の考え方だと「シトロエンらしさ」からはほど遠いのかもしれませんが、今後はこのマスクが主流になっていくのかもしれません。結局は好みの問題なのでしょうけどね(^_^;)
2016/05/08 06:03:09
某国で稼いだ利益で、先進国向け(敢えてそう書きます…)に真のシトロエンラインナップを構築して貰えれば両者幸せです…ね;^_^A
コメントへの返答
2016/05/08 07:14:58
不景気と言われていますが、それでもまだまだ勢いはありそうです。おそらく専売モデルと考えられますが、真のシトロエンファンのために心ときめかせるフラッグシップに期待したいものです^^;
2016/05/08 08:13:03
おはようございます。

新C6を見て、内外装ともに、1970年代あたりの日本の高級車を思い出したのは私だけではないのではないでしょうか。

中国がいい、悪い、ではもちろんなくて、現在の中国の経済的な発展途上段階がそのあたり、ということなのかもしれません。

いずれにしても、日本の、シトロエンの旧来からのファンが期待しているのは、欧州的、ラテン的、しかも時には文明が進み過ぎた退廃的な香りなんだと思いますので(これも、フランス人さんには理解できないようで、あちらに行って、シトロエンに乗っている、と嬉しそうに言ったら、何でトヨタやホンダに乗らないんだ、変な奴だな、と言われたことは一度や二度ではありません)、可能性はかなり低いと思いますが、欧州発のC6が、今回のとは別に出ることに期待したいと思います。
コメントへの返答
2016/05/08 11:00:41
コメントありがとうございます。

新しいC6の外観や内装を見ても、特段目新しさは感じられませんね。ということはやはりかつて私たちがすでに慣れ親しんだ日本車のようなのかもしれません。

これまで目にしてきたDSやCX、XM、そして初代C6はもちろんフランス発祥です。しかも広く一般に迎合しようとしているのではなく、あくまでもシトロエンらしさ溢れる前衛的なモデル。良さがわかる人には自然と受け入れられてきたのだと思います。

個人的な推測に過ぎませんが、今回中国で発表したC6はあくまでも中国専売モデルで、本来のC6後継モデルはまた別にデビューするのではないかという気がしてなりません。
2016/05/08 16:12:23
あぁ 右側と下側のクルマ なんてカッコイイんでしょう!(笑)
特に 真後ろからの姿!

確か総生産台数は 23000台強だった気がします?
最終車両がラインオフした時に 何処かが記事にした時に読んだと思いました
コメントへの返答
2016/05/08 18:42:52
先代C6とあえて比べるまでもありませんが、C6繋がりで並べてみました。こうしてみると、先代は前衛的なデザインで唯一無二の存在ですよね。

改めて総生産台数について調べてみました。7年間で23,384台だったそうで、改めて歴代のフラッグシップモデルの中では少なかったのですね。C6Ⅰは名車でしょうね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Citro%C3%ABn_C6
2016/05/10 18:08:35
こんにちは、
どちらかというと東風がフラッグシップ欲しいから作った、ついでだからグリルだけ変えた、という形に近いのかなと思います。
http://chinaautoweb.com/car-models/dongfeng-a9/?pid=46552
コメントへの返答
2016/05/10 20:41:57
このクルマを眺めていると、所々に中国で好まれる印象を強く受けます。東風にとってもシトロエンにとっても好都合だったのでしょうね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「きのうゴルフ7GTI 見かけたけど、以前から一度は見たかったアトランティックブルーメタリックというシブいボディカラー。GTI 乗るなら絶対このカラーだね! …って、乗るのか!?」
何シテル?   09/24 09:00
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ちょっと昔のカタログ(フランス車) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/05 21:58:45
2030年の「販売台数」の9割はガソリン車という予測 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/26 07:28:14
Theホットハッチ。クリオ2RSという車。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/25 22:45:29

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
161 人のお友達がいます
hiko206hiko206 * ぶらかつぶらかつ *
気まぐれムッシュ気まぐれムッシュ * Gris BorealGris Boreal *
ボッちボッち * YAMA(YY11)YAMA(YY11) *

ファン

121 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
乗りたいクルマとして選んだDS4 SportChicでしたが、諸事情により手放すこととな ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
プジョー 308SW (ワゴン) プジョー 308SW (ワゴン)
家族が所有していたC4ピカソ(前所有車)がこのたび退役。代わってやってきたのが308SW ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.