車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月15日
市場に出回るのは極めて珍しいC5 by Carlsson
いつものようにネットをぶらりとさまよっていたら、出逢ってしまいました!


  ≪画像は拝借しました。≫
ごくごく見かけるC5ブレークではありません。これは“C5 by Carlsson(カールソン)”というモデル。

ちなみにプロモーション用フォトはこちら↓


ご存じの方が多いと思いますが、初代C5をベースにドイツ名門チューナーCarlsson(カールソン)が手掛けたモデル。言うなれば、“C5 by Carlsson”はシトロエンとCarlsoonとの異色コラボモデルというわけです。

発売は2004年7月のこと。今から12年も前のことになるのですね。当時、「あのカールソンが!」と驚いたもの。だって、カールソンってメルセデス・ベンツのイメージが強いですし。

当時のプレスリリースによると・・・

『シトロエン C5 ブレークをベースに、ドイツ有数のチューニングメーカー、カールソン社とオートモビル・シトロエンがドイツ市場に向けて共同開発した高性能スペシャルチューンモデル「C5 by Carlsoon(カールソン)」を日本のエンスージアスト向けに20台限定輸入し、欧州以外で初めて販売いたします。』

ヨーロッパ以外では日本が初めての販売だったようですね。国内販売の台数はたったの20台! かなり希少性が高いですよね。

ところで、“C5 by Carlsson”の凄いのは、ドイツのチューニングメーカーが手掛けたということ。当時のプレスリリースには・・・

・「C5 by Carlsson」の概要
≪エクステリア≫
・ボディ同色のフロントリップ/リアリップスポイラー/サイドスカート/ルーフレール
・ブラックにペイントされたドアミラー
・メッシュ仕上げのフロントバンパーインテーク
・フロントバンパーにビルトインされたドライビングランプ
・17 インチ・5 本スポークの専用アルミホイール
・クローム仕上げのツインエキゾーストパイプ
・"by Carlsson"専用バッジ(リア)




  ≪画像は拝借しました。≫
“C5 by Carlsson”で特に目を惹くのが派手なスポイラー等のエクステリア! 大人しいC5がグッと精悍に見えるから不思議。5本スポークの専用ホイールと相まって、タダモノではない印象を受けます。

≪インテリア≫
・ブラック/ブルーの 2 トーンカラーのレザーシート/トリム
・革巻スポーツステアリング(2 トーン)
・カーボン調トリム(ダッシュボード/ドア)
・JBL スピーカー採用の高音質オーディオ、6 連奏 CD オートチェンジャー




  ≪画像は拝借しました。≫
インテリアではブルーとブラックの2つのカラーを巧く取り入れたレザーシート。嫌みがなく品良くまとめられています。

さて、“C5 by Carlsson”の醍醐味は何と言っても専用に開発されたパフォーマンス。

≪パフォーマンス≫
・インテーク、エアフィルター、エンジンコントロールソフトウェアの変更
・高トルク化に対応したオートマチックトランスミッションのチューニング
・ステンレス製サイレンサー
・フロントで 15mm、リアで 12mm ローダウンされたスポーツサスペンション
・225/45 タイヤ、17 インチアルミホイール



  ≪画像は拝借しました。≫

「C5 by Carlsson」パフォーマンス(メーカー発表値)
エンジン形式       水冷 V 型 6 気筒 DOHC
総排気量 cc        2,946 cc
最高出力 kW(PS)/rpm  173(235)/5,900(ベースモデル:152(210)/6,000)
最大トルク Nm/rpm    320/3,650(ベースモデル:285/3,750)
トランスミッション    電子制御 4 速オートマチック(高出力対応チューニング済)
最高速度         235 km/h(ベースモデル:226km/h)
0-100km/h        8.9 sec.(ベースモデル:10.6 sec.)


単にエクステリアだけ手が加えられるモデルは数多存在します。でも、この“C5 by Carlsson”の凄いところはエンジンやトランスミッションにまでさらに手が加えられたこと。さすが、Carlsson。一切妥協のない仕事ですよね。

当時日本へやってきたのはたったの20台という希少性も手伝って、見かけることがないと思っていたら、さすがはFBM。2014年のFBMで見つけてしまいました!

精悍でシブいノアール・オブシディアンのボディカラー。凛としたその佇まい。たまたま撮った写真の中から見つけたもので、実際にはじっくり眺めてはいません。もっとよく見ておけば良かったと後悔。

こうして、レアなモデルが中古車として市場に出回るのはほとんどないのかもしれません。「検討中」の方が多数いらっしゃるのもうなづけます。

発売当時の販売価格は595万円! 特別に仕立てたモデルなだけにそれなりにしました。現在のプライスタグは100万円を切る買い求めやすいものとなっています。でも、引き合いがあるからこれだけの値付けをしても売れるのでしょうね。Carlssonというブランドは伊達ではなさそう。

“C5 by Carlsson”については以前ブログに記したことがあります。
(参照: シトロエンとドイツ名門チューナーとのコラボモデル

記した当時思ったことがありました。当時のブログから引用すると・・・ 

>今のPSAの経営状況から鑑みると、今後このようなモデルがデビューするとはおそらく考えにくいでしょうか。よい時代だったかもしれませんね。
(引用終了)

シトロエンがドイツ名門チューナーとタッグを組んでコラボモデルを生み出したことは今では絶対考えられませんが、当時、そんなレアモデルを日本へ輸出したこと自体も今考えれば凄いことだったと言えるでしょうね。

発売からすでに12年は経っているので現存する車両は減っているかもしれません。それを考えると、貴重で希少な一台に間違いはなさそうです^^;
ブログ一覧 | シトロエン | 日記
Posted at 2016/10/15 09:20:43

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/15 13:01:46
初代C5ブレークのテールランプって好きで、
今でも見かけると良いなぁって思います。

昔、ディーラーでカールソンを見かけ、
カールソンを中古で購入することも考えていました。
結局、見つけられず断念しました。

実は私もこのカールソンをネットで見かけていました(^^)
年式的に色々メンテが大変そうなので手は出せませんが・・・。
コメントへの返答
2016/10/15 20:04:35
ようこそお越しくださいました。コメントありがとうございます。

初代C5ブレークの最大の特長は縦長のテールレンズなのでしょうね。C4ピカソにも通ずる個性的なもの。良いですよね^^;

C5byCarlssonはたった20台という希少性の高さからほとんど見かけることはありませんが、イベントで見られるのは嬉しいことです。

>年式的に色々メンテが大変そうなので手は出せませんが・・・。

12年も経てばさまざま不具合が出てくるでしょう。手が出しづらいですよね(^_^;)
2016/10/15 16:23:40
昔、FTPのピクニックラリーに出ていたのを見たのが最初で最後です。
貴重な車ですね~。
維持するのが大変になるお年頃な車ということで、好きな方にはということでしょうね~。
コメントへの返答
2016/10/15 20:06:52
たった20台しか日本に輸入されなかったのでかなり貴重ですよね。

少なくとも車齢は12年なので維持は大変そうです。所有するにはそれなりの覚悟は必要でしょうね(^_^;)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「交差点で赤信号待ちしていたら、右折レーンをすり抜けて交差点を突破するワ○ンR発見! 幸い衝突事故は起こらなかったけど、気忙しい年の瀬、変な輩がいるもんだ(*_*)」
何シテル?   12/02 20:06
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
新古車を出す施策は間違いだと思う 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/20 14:19:48
日産 プリンス ホーマー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 09:23:02
サスペンション(ダンパー)考、koni FSD 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/18 20:57:54
お友達
フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
170 人のお友達がいます
マルサンタマルサンタ * TipoVELOCETipoVELOCE *
ミッコグッチャンミッコグッチャン * ボッちボッち *
Gris BorealGris Boreal * YAMA(YY11)YAMA(YY11) *
ファン
95 人のファンがいます
愛車一覧
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
プジョー 308SW (ワゴン) プジョー 308SW (ワゴン)
家族が所有していたC4ピカソ(前所有車)がこのたび退役。代わってやってきたのが308SW ...
プジョー その他 プジョチャリ (プジョー その他)
10数年ガレージにしまっていましたが、このたびメインテナンスして再び乗ることになりました ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.