• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月16日

スバルディーラーにてインプレッサ&XVに触れる【2017.9】

スバルディーラーにてインプレッサ&XVに触れる【2017.9】 昨年2016年10月にフルモデルチェンジしたインプレッサは、代を重ねることついに第5世代へと変わりました。

もともと欧米も強く意識したグローバルなブランドなだけに、ずっと以前から安全性に対してはこだわりを持っています。

今やレガシィは北米をターゲットにしたモデルになってしまい、ボディサイズはかなり大柄になってしまいました。そうなると、注目したくなるのがインプレッサ。

ボディサイズの面で従来のレガシィの役割をも担うので、モデルチェンジによってどのように変わったのかというのは興味を持つ最大のポイント。

インプレッサのフルモデルチェンジから間もなく一年という、いささか旬を過ぎたタイミング。これまでずっと観ておきたいという思いを持ち続けていましたが、なかなか叶いませんでした。

過日、ようやくタイミングが合い、スバルディーラーを訪れました。(この日は国産輸入車5ディーラー訪問しました。)

さすがに最新モデルではないので、ショールームに展示車両は置いていません。今スバルイチオシのレヴォーグSTIが入口の一番目立つところを占めていました。

相手をしてくれたセールスマン氏にインプレッサとXVを観に来たと伝えたところ、外に試乗車が両モデルともあるのでそちらをどうぞと案内されました。

たまたま両モデルが並んでいたのですが、車高の明確な違いがわかります。XVは見た目やキャラクターからもわかるとおり、SUVモデルに位置付けられるためインプレッサよりも95mm車高が上げられているそうです。

XVのロードクリアランスは200mm。四駆システムと相まって悪路や積雪地も難なく走ることができるでしょう。頼れるモデルですね。

ちなみに、セールスマン氏によると、XVの日本仕様はタワーパーキング駐車を考慮してロードクリアランスが200mmだそうですが、日本を除く海外仕様は220mmなんだそうです。

日本特有の駐車場事情は決して無視できず、仕向地ごとに設定を変えるスバルの妥協のないクルマづくりを見た思いです。

ところで、従来のインプレッサ(とXV)と大きく違うのが、“SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)”と呼ばれる新世代プラットフォームへと刷新されたこと。採用はインプレッサが初で、XVが二番手。

  ≪画像は拝借しました。≫
SGPは今後のスバルモデルに順次採用となるプラットフォーム。調べてみたら、重量級のSUVにも対応でき、また、将来の電気自動車などのEV化にも対応できるとのこと。期待が掛かります。

さて実際に試乗。XV・インプレッサとも2Lエンジンかつ四駆モデル。両モデルとも1.6Lエンジンも用意ありますが、売れ筋は2Lの方だそうで。

XVはSUVを名乗るだけに車高を高められるだけあって乗降性は良好。95mm車高の高さは、その分だけアイポイントも高いということですが、目線の高さは安心感にも繋がることは試乗してみて改めてわかります。

インプレッサ(2L)は最上級グレードで18インチタイヤを履いていたせいか、少々硬い印象は否めないかな。

試乗して感じたことは、真面目につくられたクルマというのが率直な印象。新しいプラットフォームの採用によってスバルの新たな方向性が示されたと言えるでしょう。

また、安全性については前席サイドウィンドウの三角窓を通して視認性を高めたとセールスマン氏から説明を受けました。

  ≪画像は拝借しました。≫
ただデザイン上のアクセントではなく、明確な理由があったとは知りませんでした。

ボンネットには万一の歩行者や二輪車との接触によるエアバッグを採用したことも知りました。

  ≪画像は拝借しました。≫
他にも前席両側エアバッグ・サイドエアバッグ・サイドカーテンエアバッグ・運転席ニーエアバッグまでをも全グレードに標準装備。

  ≪画像は拝借しました。≫
スバルは常に安全性に対しても真摯に取り組んでいることを知りました。

ということで、セールスマン氏の説明や実際の試乗から乗降性やアイポイントの高さから来る安心感、そして高い安全性。これらでXVに対してかなり好印象を持ちました。

冬期にゲレンデへ出掛けるとすれば、こうしたクルマが一台あればいいなぁと思います。

※JNCAPによるインプレッサのオフセット前面衝突試験と側面衝突試験の画像を見つけたのでご覧ください。


ブログ一覧 | 日本車 | 日記
Posted at 2017/09/16 23:29:04

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

今回はタンジェリオレンジを辞めちゃ ...
ウッkeyさん

[フルモデルチェンジ]スバル・イン ...
ezoflatさん

差別化する気は無いけど派生では無い ...
ウッkeyさん

コンパクト・クロスオーバー・スポー ...
ウッkeyさん

コンセプトどおりのデザインにはなら ...
ウッkeyさん

[フルモデルチェンジ]スバル・XV ...
ezoflatさん

この記事へのコメント

2017/09/16 23:38:35
私も現行インプは硬いかなと印象でした。
XVは先代しか知りませんが、好印象でした。
個人的には次期フォレスターだと動力性能面で、モアパワーと思うこともなく、気持ち良く乗れるのではと思っています。現行フォレスターは試乗したことありでの感想です。
コメントへの返答
2017/09/17 06:10:55
こんにちは^^;

18インチを履いている割には、それほど硬いという印象ではありませんでした。このクルマであればせいぜい17インチで十分だと感じました。

むしろXVの方が良い印象を持ちました。こういうキャラクターのクルマが一台あれば、カーライフはまた違った楽しみがあるのだと思います。

次期型フォレスターのモデルチェンジは近いうちに実施されるようですが、おそらくSGPの採用によってどのくらい変わるのかが興味あるところですね^^;
2017/09/16 23:46:20
こんにちは。

現行インプレッサは、親父が購入したので帰省の度にちょこちょこ乗っています。
足がすごくしなやかに動き、また、安全性への配慮も素晴らしいと感じました。
年齢的に親父の最後のクルマになると思いますが、いいクルマを買ったと思います。
コメントへの返答
2017/09/17 06:18:11
こんにちは^^;

インプレッサは18インチ仕様しか試乗していませんが、つくり方がしっかりとしていて、グローバルな視点でつくられていることに好感を持ちました。やはり安全性について妥協のないつくりは感心です。

今回ディーラーでインプレッサ&XVについて情報を教えてもらったり、試乗して感じたことは、このクルマを選ぶことは賢明な選択だと思いました。

国産車でクルマを選ぶのであれば、インプレッサ&XVは選択肢になり得ます^^;
2017/09/17 12:54:21
こんにちは。私も見に行ってきました。残念ながら試乗は出来なかったのですが、スタイルは中々カッコいいですね。
歩行者エアバックは万が一開いたとしても、ワイパーの付け根から交換するだけなので、低コストで済むそうです。
これがボルボとなるとボンネットから交換なんで、120万程かかるそうです。蛇足ながら。(^^)
コメントへの返答
2017/09/17 22:17:32
こんにちは^^;

デザインは先代を踏襲しながら巧く刷新されたと思います。とても良いデザインですね。

歩行者用エアバッグについて詳しい説明は聞いてはいませんが、このクラスに採用した意義は大きいですね。そのため、交換に要するコストは抑えたということなのでしょうね。

それにしてもボルボですが、ネームバリューってわけではないと信じたいですがやはり高く感じますね! 
2017/09/17 22:07:56
嫁がB4からインプレッサG4(1.6)に箱替えすることになりました。

納期は来月末ごろになりそうなのですが、新しいスバルのプラットフォームの評判はなかなかに良さそうなので期待してます。

試乗した嫁も「めっちゃいい感じやった」と言ってましたし・・・
コメントへの返答
2017/09/17 22:24:37
こんにちは^^;

ご契約されたと知り、事の経緯を眺めています。納車が待ち遠しいですね。

SGPは将来性と可能性があって、スバル渾身の作のようです。期待できそうです。
2017/09/18 19:35:28
こんばんは
私もXVは試乗しました。
インプレッサをフルモデルチェンジしたときCVTを辞めていたら大いに評価したのですが、スバルとしても自覚はしているけど新世代のトランスミッションが間に合わなかったというのが本音でしょうね。
スバルがいつCVTを辞めるのか楽しみです。
XVはレヴォーグのツーリングアシストが追加されたら評価が上がります。
(燃費の延びが期待できない伝達効率が悪いCVTである限り疑問符が付きますが)
コメントへの返答
2017/09/18 21:52:29
こんにちは^^;

おっしゃるように、新世代のトランスミッションの開発に時間が掛かっているのでしょうね。世界戦略車としてそこのところも何とかしてほしいところです。

ツーリングアシスト機能はなぜ採用を見送ってのでしょうかね。コスト面かとも考えられますが、安全性を謳うスバルなだけに残念でなりませんね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「C4ピカソに続いて、2008もタッチスクリーンが表示しなくなった。共通するのはいずれも日本語表示タイプだけど、何かイマイチ、、、」
何シテル?   11/08 21:23
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ちょっと昔のカタログ(フランス車) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/05 21:58:45
2030年の「販売台数」の9割はガソリン車という予測 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/26 07:28:14
Theホットハッチ。クリオ2RSという車。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/25 22:45:29

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
167 人のお友達がいます
気まぐれムッシュ気まぐれムッシュ * ケイピカケイピカ *
28mikan28mikan * ボッちボッち *
Disco-4@東京Disco-4@東京 * マルサンタマルサンタ *

ファン

122 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
乗りたいクルマとして選んだDS4 SportChicでしたが、諸事情により手放すこととな ...
プジョー 2008 プジョー 2008
乗り替えに際して、候補には国内外多数のモデルが挙がりました。最終的に乗降性の良さや取り回 ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.