• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月09日

シトロエン・ジャポンのシトロエン総合カタログ【2007年10月頃発行】

シトロエン・ジャポンのシトロエン総合カタログ【2007年10月頃発行】 新西武自動車販売社から入れ替わる形で、本国フランスのシトロエン・オートモビルズ社の100%出資の日本法人として2002年にシトロエン・ジャポン社を設立。

シトロエンブランドを明確に確立し、と同時に、同じグループのプジョーとの棲み分けのため、赤を基調にしたブランドイメージを推し進めていました。

今回はシトロエン・ジャポン社設立から5年後の2007年10月頃発行のシトロエン総合カタログをご紹介します。

冒頭はカタログ表紙。先述したように、表紙はブランドイメージの赤を基調にしたもので、当時のシトロエンが積極的に取り入れていたフロントグリルのダブルシェブロンを模したもの。

シンプルな中にもしっかりとした存在を示すカタログであり、シトロエンカタログの中でも好きなカタログの一つです。

見開き2ページのカタログを開くと・・・

当時のラインナップだったC6やC5、C4ピカソ、C4といったフルラインが登場!


フラッグシップたる堂々とした存在感。当時の販売価格は689万円。


C5はフェイスリフト後のPh.2。2L直4&3L V6エンジンの2つのパワートレーン搭載。それぞれグレードが2つの構成となっているのは、セダンも同様。


個人的に名車だと思っている先代C4ピカソ。第二世代に乗り替えましたが、今でも忘れられない思い入れのあるモデル。


先代C4こそ名車。このデザインは好みがハッキリとわかれる個性の強いモノ。別の見方をすれば、シトロエンらしさ溢れるモデルと言えるでしょう。


C4クーペはセダンと同じコンポーネンツを使っていながら、ただドアを2枚にしただけでなく、ボディ後半部のデザインをまったく変えてしまったのは驚きです。この個性がまたイイですよね。VTSは欲しかった一台。

見開きページには収まりきらなかったシトロエンラインナップももちろんあります。最終ページを見てみると・・・


C3はフェイスリフト後のPh.2。価格だけをみると、現代のC3とほとんど変わっていませんね。価格が高いと販売にも影響するので、絶妙な価格設定ながら上げられない事情がありそうですね。


C3プルリエルのようなオープンエアを楽しめるモデルは今やDSにしか存在しませんが、プルリエルの場合は5とおりも楽しめるのが最大のメリット。


「小粋なホットハッチ」のキャッチコピーのとおり、C2はその役目を受け持つ重要な役割を担っていました。

現代のシトロエンを取扱うインポーターは、複合的にブランドを取扱っているため、10年前のラインナップと比較するのはナンセンスなのかもしれません。

しかし、ブランドを単独で取扱っていたインポーターとは異なり、シトロエンに専念して輸入販売に取り組めたことがラインナップから読み取ることができます。面白い時代だったのかもしれませんね。

ブログ一覧 | フランス車カタログ | 日記
Posted at 2017/10/09 11:18:50

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

西武自販のシトロエン総合カタログ【 ...
Gentaさん

第30回東京モーターショーで配布し ...
Gentaさん

東京モーターショー2015 シトロ ...
Gris Borealさん

やっぱり発売されたC4ピカソ発売一 ...
Gentaさん

西武自動車販売社の歴史をカタログか ...
Gentaさん

西武自動車販売社の歴史をカタログか ...
Gentaさん

この記事へのコメント

2017/10/11 13:09:12
こんにちは。
この時代はシトロエン単独の日本法人だったのですね。
ほぼフルラインに近い陣容ではないでしょうか。
C6はジャガーXJと並んで、今でも憧れの1台です。中古車価格は2極化しているみたいですが。
コメントへの返答
2017/10/11 19:50:26
こんにちは^^;

シトロエン・ジャポンは2002年から2008年までの6年間なので、この総合カタログは単独法人としては晩年です。

C2からC6までフルラインナップですよね! 残念ながら日本にはC1やC-ZEROは入ってきませんでしたが、それでも幅広いと思います。

C6もXJも気品高くて憧れます。中古車市場ではこなれて買いやすいようですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「トヨタの最高級ミニバンがM/Cしたというので観に行ってきました。展示車両は500万円超のグレード! いやぁ勉強になります(^_^;)」
何シテル?   01/20 17:54
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

憂うMPVの未来⁈ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/06 09:28:52
NewC3試乗、そしてあの1台にも! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/21 20:25:58
キャップ装着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/07 20:33:01

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
163 人のお友達がいます
Disco-4@東京Disco-4@東京 * よっちゃんピカソよっちゃんピカソ *
ケイピカケイピカ * hiko206hiko206 *
ミッコグッチャンミッコグッチャン * Gris BorealGris Boreal *

ファン

124 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
乗りたいクルマとして選んだDS4 SportChicでしたが、諸事情により手放すこととな ...
プジョー 2008 プジョー 2008
乗り替えに際して、候補には国内外多数のモデルが挙がりました。最終的に乗降性の良さや取り回 ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.