車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

■スーパーオートバックス
浜松 インフォメーション■



☆HKS PREMIUM DAYに出展致します。

◆日程:1月29日(日)
◆場所:富士スピードウェイ
◆展示車両:Z34   S660








SA浜松 Z33・34用 オリジナルパーツはこちらから→HP 






☆100PSオーバー  
S660用【HKS GT100Rタービン交換】パッケージ♪

◆SUBARU WRX STI用 SA浜松Spec

*GRB用も設定あります。
*SPORTS  ECUに関するお問合せはSA浜松 鈴木までお問合せ下さい。



☆★☆ 店舗インフォメーション ☆★☆ 
友だち追加数
公式アカウントにて<LINE>始めました!! 
登録宜しくお願い致します!!
2017年01月24日 イイね!

Z33 A/Tオーナー様の車両に【SA浜松 SPORTS ECU】の書換え作業を行わせて頂きました。
ECUインストール前には【プラグ交換・エンジンリフレッシュ】とメンテナンスメニューを行わせて頂き、SA浜松 SPORTS ECU基準データを車両に書き込みました。
車両毎の個体差が大きなZではシャシダイパワー測定を行いながら燃料・点火時期・バルタイ等の現車補正を1台毎に行わせて頂いております。

大変コンディションの良いZ33で点火時期の進角幅も多くありました。
ECUプログラムを変更した再には都度パワー測定を行う事で、変更したポイントに対する変化を確認しております。
この度はありがとうございました。

◆SA浜松 SPORTS ECU ¥79,800【税込み】
*ECUデータインストール・シャシダイ現車セッティング・パワーシートまで含まれております。



Posted at 2017/01/24 15:50:18 | トラックバック(0) | SAH Racingカスタムblog | イベント・キャンペーン
2017年01月23日 イイね!

TRUSTさんより【S660用 GReddyインタークーラー SPEC-K】が発売されました。
S660  S07Aエンジン本来のポテンシャルを発揮する為に重要な【吸気温度】を下げる為に開発されましたGReddyインタークーラーは、圧力損失と冷却性能を最適化し高効率の冷却性能を誇るオフセットインナーフィンが採用された製品です。

一般的な前置きTypeのインタークーラーに比べ、S660ではレイアウト上どうしても吸気温度が高い状態です。
エンジン回転数が上がるに伴い吸気温度が高くなる為、特に中・高回転域にかけてはノッキングが起こり易い状況となり高回転域でのパワーキープが厳しい状況となります。
GReddyインタークーラーは純正レイアウトのまま装着でき、インタークーラーコアサイズを最大限にまで大型化された為、実際にシャシダイでテストをしてみても吸気温度が抑えられています。

車両への装着はボルトオン♪純正のエアーダクトを一部加工致しますが取付けも容易に行えます。

当店のデモカーS660【GT100Rタービン交換仕様】に実際に取付け現車チェックを行ってみました。

☆上の写真は【HKS FlashEditor】のロガー画面で【エンジン回転数・吸気温度・Time】の3種類が出ています。

◆【左側→純正インタークーラー】【右側→GReddyインタークーラー】

スタートエンジン回転数は2,000rpm・吸気温度は純正インタークーラー【28℃】GReddyインタークーラー【30℃】からスタートしました。


*シャシダイ計測はインタークーラーエアーガイドへ冷却用ファンで風をあて、5速全開で計測しております。

☆2枚目の写真データはエンジン回転数が7,200rpm時の比較データです。

◆【左側→純正インタークーラー】【右側→GReddyインタークーラー】

エンジン回転数は7,200rpm・吸気温度は純正インタークーラー【52℃】GReddyインタークーラー【41℃】と、純正インタークーラーでは1回のシャシダイ計測で【24℃】吸気温度が上がっていますが、GReddyインタークーラーでは【11℃】の吸気温度変化で抑えられました。

左右で比較してみても、エンジン回転数→赤ラインに対して、吸気温度→緑ラインの傾きが緩やかなのが、はっきりと分かります。

GReddyインタークーラーを装着した状態で改めて【HKS  FlashEditor  SA浜松Spec】にてECU現車セッティングを行ってみると、これまで6,000rpm以降では吸気温度が高くなる為、点火時期や過給圧を抑えていた部分が改善され5〜10PSの出力向上を実現する事ができました。
実際の走行でも吸気温度が抑えられる事で、パワーの安定感にも繋がりより良いエンジンコンディションで走行して頂く事ができます。
インタークーラーを大型化した事による圧損もパワーチェック上では見られず、過給圧の立上がりも純正インタークーラーの時と同じラインでした。

◆TRUST GReddyインタークーラー SPEC-K ¥58,000【税別】

*同時にECUリセッティングを行う事でパーツ本来の効果を引出せます。
*1月23日現在【在庫1】次回は2月末の入荷予定です。

Posted at 2017/01/23 17:27:47 | トラックバック(0) | SAH Racingデモカー開発日記 | イベント・キャンペーン
2017年01月20日 イイね!

86後期用 HKS  FlashEditor  SA浜松Spec開発テスト2日目です。
昨日までに純正のデータ取りが終わり【HKS GT-SPECエキゾーストマニホールド】の装着・HKS基準データの確認を終え、SA浜松Specデータ基準データをインストール。
現車セッティングを進める中で前期モデルと異なるポイントがあるかの確認を行いながら各MAP補正を進めて行きました。

車両には【空燃比計】【ノックアンプ】を取付け車両に装着されているA/Fセンサーとのズレ幅の確認・ノッキングの有無を常に確認します。

☆純正ECU・エキマニ仕様 出力データ↑↑
後期モデルからはファイナルギアがこれまでの【4.1→4.3】に変更された事で、走行フィーリングは純正の状態でも前期モデルに比べ向上していますが実際にパワー計測をしてみると3,500rpm以降でトルクがダウンし4,500rpm付近まで出力ラインが上がらない領域があります。
これは前期モデルでも同様で、このトルクの谷をなくす為には【エキゾースとマニホールド】の交換プラス【ECUデータ書き換え】が必要となります。

アクセル全開領域のセットアップに続き各スロットル開度に対した補正を行います。前期・後期モデル共にスロットル開度に適した出力値が出ていない為、スロットルにリニアなエンジン特性を体感する事ができません。
SA浜松Specでは各スロットル開度に適した出力値になるようトルクMAP補正まで行っておりますので同じ200PSの車両で乗り比べても走る楽しさ・扱い易さは異なって来ると考えています。

全開域で測定しました【純正 】と【 エキマニ/ECU】を比較したパワーラインです。 

☆赤ライン→エキマニ交換後 + SA浜松Specデータ。
☆紫ライン→純正スピードリミッターカットのみ。

トルクが落込み始める3,000rpm〜5,000rpm付近では最大【25 PS】の出力向上しトップエンド付近では【10〜15 PS】の向上を実現する事ができました。
パワーラインも整いトップエンドに掛けての伸びも高フィーリングな仕様です。

シャシダイセッティング後には実走でのチェックを行い86後期モデル用の【SA浜松オリジナルSpecデータ】が完成致しました。
発売に向け最終チェックを行います^^


◆HKS  GT−SPEC  ECU SA浜松Specセット    1月末〜発売予定です。





*ECU書換えについてのお問合せは、SA浜松 鈴木まで。
Posted at 2017/01/20 12:10:16 | トラックバック(0) | SAH Racingデモカー開発日記 | イベント・キャンペーン
2017年01月19日 イイね!

本日より86後期用の【HKS  FlashEditor   SA浜松Spec】の開発テストを行っております。
前期型に続き【HKS GT-SPECエキゾーストマニホールド】を装着し【HKS FlashEditor】にSA浜松オリジナルデータをインストールできよう開発して参ります。


まずは純正状態でのパワー計測・データチェックを行い、HKSエキマニ交換→HKS  FlashEditorの基準データでのパワー計測を行った後に、SA浜松Specの基準データ開発テストへ進めて行きます。
Posted at 2017/01/19 16:48:16 | トラックバック(0) | SAH Racingデモカー開発日記 | イベント・キャンペーン
2017年01月11日 イイね!

Z34オーナー様の車両に【brembo  MONOブロック 6POTキャリパー SA浜松Spec】の装着作業を行わせて頂きました。
このKITはbrembo製 MONOブロック6POTキャリパーに【SA浜松  2ピースTypeブレーキローター・ブレーキパッド・ステンメッシュブレーキライン・取付けブラケット】がSETになっております。
組合せるブレーキパッドはストリート走行をターゲットとした【低ダストType】サーキット走行まで対応できる【SPORTS  Type】よりご選択頂けます。
今回はオーナー様からご依頼頂き【SAHロゴ入れ・塗装】まで行わせて頂きました。

■ステップ1 ¥289,000(税込) 
brembo モノブロック6POTキャリパー/Fステンメッシュブレーキライン/キャリパーブラケット/SA浜松SPORTSパッド または SA浜松 低ダストパッド
*純正ローター355mmに装着可能となっております/ブラックも設定あり。


■ステップ2 ¥419,000(税込)
ステップ1+SA浜松 2ピースTypeフロントブレーキローター


☆Z34用 bremboキャリパー SA浜松Specテスト→HP



リアは純正の2POTキャリパーをフロント同様に【ロゴ入れ・ペイント】を行わせて頂き、ブレーキローターは【SA浜松 スリットローター】を装着致しました。
ローターには優れた耐久性が特徴の【ガンコート塗装】を施している為、スポーツ走行等でブレーキローター温度が上がっても、塗装が剥がれる事なくご使用頂けます。
セットアップは当店のオリジナルパーツ開発ドライバー【木下みつひろ氏】と行う事で、優れたコントロール性能を実現したブレーキシステムとなっております。

■リアブレーキ オプションメニュー
・リアキャリパーペイント済み(brembo赤)キャリパー ¥46,000
*純正2POTキャリパー下取り価格となります/ロゴ変更可能です。
・SA浜松 リアローター ¥59,800
*スリット入り/センターハブ部ハイグレード塗装済み
・リアパッド SPORTS  or  低ダストType  ¥20,000
・リアステンメッシュブレーキライン  ¥29,800




同時に作業致しました【NARDIステアリング】ブラックスエード・ブラックスポークType【340mm】です。
以前に装着しましたRECARO RS-Gのシート位置を動かす事なく乗り降りが行えるように【Works Bell ラフィックスGTC】を取付け、ステアリングがチルトアップできるようセットアップしました。


外装では【FujimuraAutoボンネット・リアアンダーディフューザー カーボンType】の装着を行わせて頂きました。
エアロボンネットの装着により開口部の大きなバンパーより入ったフレッシュエアーがボンネットダクトより排出され冷却効率が向上します。

この度もありがとうございました。
*こちらのオーナー様のZ34は、1月29日に富士スピードウェイで開催されます【HKSプレミアムDAY】に展示致します。


☆HKS PREMIUM DAYに出展致します。

◆日程:1月29日(日)
◆場所:富士スピードウェイ
◆展示車両:Z34   S660
Posted at 2017/01/11 12:01:48 | トラックバック(0) | SAH Racingカスタムblog | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「Z34 × SACLAMサイレンサー http://cvw.jp/b/592092/35597855/
何シテル?   05/04 12:16
静岡県浜松市にあります大型量販店<SUPERAUTOBACS浜松>のGTチューニング&オーディオカスタマイズをメインにおくる、カスタム担当の日常ブログです。 ...
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
BEWITH 新製品 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/12/14 01:02:54
UK日産 ブーツコンソール 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/30 08:02:24
ファン
678 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ マークIIブリット トヨタ マークIIブリット
SuperAUTOBACS浜松オーディオカスタムチームのTOPデモカーです。 搭載オーデ ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
スーパーオートバックス浜松×木下 みつひろ氏とのコラボ企画にてZ33・34パーツを開発し ...
トヨタ 86 トヨタ 86
SA浜松×木下みつひろコラボ【Z33・34企画】と並行して、86企画が新たにスタートする ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
SuperAutobacs浜松 カスタム部門BeachPineが制作した当店のハイファイ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.