• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

そっくのブログ一覧

2017年11月06日 イイね!

チューニングフェスタ2017

チューニングフェスタ2017マイスターカップ頂上決戦に参戦してきました。

長文になるので結果から書きますが
表紙の通り優勝しました!


実は先月もRd.2に参戦したのですが、配管破裂により予選もまともに走れずに惨敗。
今回は雪辱を果たすべく、KIAIが入ってました。
以下かなり長文ですが当日の様子を時系列で


1.走行前
現地へ到着すると、既にyori7110氏の一団が陣を構えておられました。

マイスタークラスにはピットが無いので、プロクラスのピットの後ろ側にお邪魔させて頂けないか伺ったところ、出入りの邪魔になるからと敢え無くお断り

「キミは100秒切ってないからピットが無いんだ、甘えたこと言ってないで100秒切りなさい」とのコメントを頂きました。←伏線w

速い人は言うことが違いますね。

当日は快晴だったので露天でも問題なく、対面が空いていたのでそこに陣取り

早速準備を進めて走行に臨みますが、マイスタークラスは走行順が遅いため10時過ぎからフリー走行スタート。やきもきしながら待っていると気温が17℃まで上がってしまいました。



2.フリー走行
デフやタイヤを替えてから初めてということで、車両テストのつもりで2周だけ全開で踏むと決めて走行、その後車両の状態確認といった流れ

今回投入したデフはいい仕事してくれました。アトウッドの立ち上がりなど、アンダーが酷くて踏めなかったところがガンガン踏んで登れます。多少暴れますがクリップから先は全開で踏めます。

その他のコーナーもリズムが掴み易く、足のセットとタイヤの相性、乗り方の相性がキマって「乗れてる感」アリ。タイヤも性格は違えどMコンと同等に食いつく。

コース上は大混雑していましたが、間を読んで2周目にまぁまぁクリアが取れたので、100秒を切った手ごたえがありました。

事務局にリザルトを見に行くと・・・

おぉ!1分38秒台!思わずガッツポーズ!

丁度事務局にyori7110氏も登場、私のタイムが気になって見に来たそうです。「38秒か~、来年は自分のピットがあるね!」と、わざわざ伏線を拾いに来てくれた?w「100秒切れぬ者にピット無し」という汚名を即日返上致しましたw



3.予選
フリー走行では思ったよりも空気圧が上がり、2.4まで上がってしまっていたので、適正値まで下げて出撃!

とにかくクリアを取らなければ勝負にならないので、1周温めたのちコース上で間を読みます。他車に引っかかっても言い訳できません、間を読むのも勝負なのです。

台数が多い中、それなりのクリアが取れそうなので渾身のアタック!・・・バックストレートエンド辺りで車外から「バサバサバサ」っと音が・・・何が起こったか分かりませんが、計測ラインまで全開で踏みました。

そのホームストレートでバサバサ音が大きくなり、その後オレンジボール提示
ピットインするとフロントのアンダーパネルが一部脱落してました。

このままでは走れないので、撤去作業開始

車体下に潜らないと撤去出来ないが、まともなジャッキやウマを持っておらず・・・目の前に居られたアルテックスさんにお願いするとジャッキ一式を貸して頂けました。また観戦に来ていたレヴィさんが工具を探してきてくれました。皆さま助けて頂きありがとうございます。

撤去作業後、予選結果を見に行くとギリギリでポールポジションをゲット(上位5台は100秒切り、ヒェー!)
決勝はアンパネ無しなので、厳しい戦いが強いられます。



4.決勝


見ていた方々は排気音で分かったと思いますが、スタート直後から失火の嵐。
エンジンを労わるためにブースト下げたり、シフトタイミングを早くしたり、アクセル戻したりと、いろいろトライしましたがブーストが掛かるとどの回転域でも失火が出る・・・
この症状はおそらくバッテリーカットオフスイッチの接触不良、つまりバッテリーレスで走っている。

パワーが出ないのでトップ快走は不可能、ここからはクラス優勝を拾うことに集中して、マイスターFR勢とのバトルは避けました。

スタートで離したFR勢に徐々に抜かれ、気付けばバックミラーに黒いGT-R nismoの姿が・・・「ヤバイ、あと1周逃げ切らなきゃ」私には35が黒い怪鳥に見えましたヨ

パワーが出ない以上ブレーキとコーナーを詰めるしかない。
迫る35R、逃げる33R、限界一杯まで攻め込んで、ギリギリトップチェッカー!

こんなに1周が長いと感じたことはありません。もう1周あったら負けてます。チェッカーを受けた瞬間我に返ると、アドレナリンが出まくってました。シビれるってヤツです。

その後、表彰式と写真撮影を終えて帰路につきました。



5.まとめ
前回出場から2年間、いろいろやってきましたが、やっと結果が出ました。
持ちタイムを大幅更新、予選ポールで決勝も勝った。ここ数年で最高の1日になりました。


常々周りに話していた「純正の外観を崩さず、GSコンやドラガスを使わずに100秒を切るのが目標。そのレベルに達しないとマイスターでは勝てない」今回この目標が全て達成できました。自分のドライビングやチューニングが間違ってなかったと証明され、正直ホッとしてます。


先のことはまだ決めてませんが、また新たな目標を立ててモータースポーツを続けて行きたいですね。
Posted at 2017/11/06 21:22:57 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月18日 イイね!

一般整備は自宅で

一般整備は自宅で涼しくなってきたので久しぶりにガレージ作業
何年もブログやってますが、オイル交換ブログは初めて書いたかも

お店任せのイメージがあるかもしれませんが、重整備以外の一般整備は大抵自分でやるんですよ?

全部お店任せでもいいけど、多少は作業しないと車両の状態に対して気づきも無くなるしね

N-WGNに至っては重整備が無いので、新車から3万キロ乗りましたが、今まで一度もお店で整備は受けてませんw




画像は来週PCMで走るので、AWのオイル交換とブレーキフルード交換を実施
&下にもぐったついでに、エキゾースト周りのボルト緩みのチェックの図



ブレーキフルード交換はいつも2人掛かりでしたが、今回バキュームブリーダーを買ったので久しぶりにコンプレッサー回して早速テスト

Yショッピングで5K円でしたが、コレいいですね!早く買えばよかった
これからは一人でも躊躇無くフルード交換できるのはイイ

「バキュームブリーダーはブリーダーバルブのネジ部からエアを吸うから嫌い!」という意見をたまに拝見しますが、正しく使えば全然エア噛みしませんよ

但し、エアの消費量が結構多く、1.5馬力のコンプレッサーでは400kPaくらいまで圧が下がってしまいました
常用する方は2馬力以上のコンプレッサーをオススメします



@エンジンオイルは今回某メーカの60番をテスト
エンジンオイルは皆様いろいろと拘りが見られるのでおもしろいのですが、どれがイチバンと決めづらい話題ですのでメーカは伏せます


オイル業界の営業の方と話すと、どこのメーカも他社を否定するコメントしかしないのが謎
成分を公開出来ないからそうなるのか、コノ業界の特徴なのか?誰も真実を語らないですね


真実は自分で調べて試すしかありませんね。トライボロジーも触りだけならジュンツウネット21などで十分知識が得られますから調べてみると面白いです


ある程度知識が出来てきたら、自動車メーカの技報や大学の論文集などが面白く読めますよ
Posted at 2017/09/18 19:38:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月28日 イイね!

サーキットで偏差値?

サーキットで偏差値?しばらく走る予定が無いので、土日はガレージでRのサーキット復帰作業。
その作業も一段落ついてヒマになって来たので、トップ画像のものを作ってみました。


タカタのタイムランキングを全部集めてグラフ化。割ときれいな山形を描いていますね。

これを作ったキッカケは「○○秒くらいなら結構速いね」とか「まずは○○秒くらいを目指そう」とかよく聞くんですが、感覚の域を出てないなと

だったら度数分布図とそこに偏差値を表示してやれば、一目で分かるじゃん?

案外誰もやってないので、自分でやってみた次第
因みに標準偏差=4.12 平均65.016秒 n=1,567です。


グラフを見ていくと、タカタで一般的に言われる「初心者はまずは70秒切りを目指そう」は偏差値38を目指そうということ・・・今のコースではちょっと目標が低すぎますね。

シケインがあった頃から70秒切りが脱初心者のボーダーラインと言われていたので、今のコースに換算すると68.5秒辺り、偏差値で言うと41.5

一般論としてやっぱり偏差値40を超えてないと、脱初心者とは言えないでしょうね。



次に「64秒~65秒なら普通だね」という話をよく聞きますが、これは的を得ています。64秒後半でちょうど偏差値50です。

偏差値50が基準タイムと考えられるので、統計的にはタカタは1分のコースではなく、65秒のコースと言った方が良さそうですね。
また、64.5~65.0秒が突出して多く90人も居ることから、64.5秒に「中級の壁」があると言っても良さそうです。



続いて偏差値60は60.5秒、「速いですね」と言われるのはこの辺りからでしょう。

偏差値60と言えば、出来る人なイメージ。要は上級ですね。

グラフを見ると上級にもまた、「壁」があることがわかります。
一般的には「1分切り」が一つの区切りと言われてますが、壁はその0.5秒手前にあるようですよw



如何でしたでしょうか?データで見るといろいろと新たに見えることがあって個人的には面白いです。

皆さまも、これをきっかけに目標設定を見直してみるのも、面白いかもしれませんよ



※ここで言うタイムは「クルマの速さ+腕前」なので、遅い車でも腕がいい人が居ることや、速い車でも腕の無い人などは考慮していません。
サーキットにおける唯一ブレない指標は「タイム」しかありませんから、速くなる手段は「クルマ」であっても「腕」であっても同じと扱うしかありません。尚、75秒以上はコースも覚えられてない人ってことで省きました。
Posted at 2017/06/28 12:26:35 | コメント(6) | トラックバック(0)
2017年05月03日 イイね!

構造等変更検査

構造等変更検査やっとRの車検が完了しました


サーキットを走る時の仕様は除くとして、予備検査付き車両を買ったといっても、叩けばホコリが出そうだったので、今回は継続検査は不可能だろうと考え、陸運局へ持ち込んで変更登録してきました
※予備検査は陸運局でしか発行できないため、法的には買ったときから合法車両ですが・・・


現在のユーザー車検は事前にID登録とWEBからの予約が必要です

月末や週末は検査ラインが混むため、時間の掛かる変更登録ということもあり、月頭の月曜日(ディーラーが休み)を狙って行ってきました


検査当日は検査員の指示で計測コースから開始

外寸を計測した結果、純正外装なのに全長、全幅、全高すべてに変更ありで、構造変更が必要に。特に全長は50mmも長くなっているそうです(謎

また、燃料装置は法的には問題ないが、破壊試験をしていないので記載変更となりました


計測コースで細かく検査したのち、更に通常の検査コースを通るよう指示され、通常の検査コースへ

事前にテスターに掛けて、サイドスリップや光軸等を調整しておいたので
一発で通ると思いきや・・・サイドブレーキの引きずりアリとのことでNG


実際にはサイドブレーキは引きずっていないのですが、自動検査機が常時直結AWDに対応していないことが判明

検査コースでは判断できないため、ジャッキアップして個別に検査することに

無事引きずりが無いことを確認して貰えたので、総合判定へ


コースの最後にある部屋へ検査結果を持っていき、総合判定で合格を頂きました


後は事務所へ行って変更登録だけ。構造変更を伴っていたので、型式に「改」が付くか?と思ったら、類別が無くなっていたのと、車台番号のハイフンが無いだけで、「改」はありませんでした

という訳で、初めてのユーザー車検は無事完了
また2年間堂々と公道を走れます


今回車検を受けるに当たり、半年ほど掛けて法令等を調べまくったので、車検にはかなり詳しくなりました

みんトモさん限定ですが、車検に不安のある方は相談に乗りますよ
正しい知識があれば、恐れることはありません



追記
最近流行り?の「忖度」があったと思われてはいけないので書いておきますが、総合判定までに複数人(5,6人)の検査員に囲まれ、徹底的に検査されましたが、叩いてもホコリは出ませんでしたよ
Posted at 2017/05/04 00:14:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月11日 イイね!

広島初上陸?早速乗ってみました

広島初上陸?早速乗ってみました金曜日休みを取ったので、午前中にやるべき事をこなして、午後からシミュレータ乗ってきました

何やら当日からタイムアタックイベントを開催しているようでした


イベントは指定コース&指定車種で、コースとクルマの習熟のために10分練習後、一発勝負のワンラップのみというルール

事前に指定コースを別の車種で走る事も、指定車種で別のコースを走る事も禁止、という徹底ぶり(笑

結果は1分50秒

初めての筐体、初めてのコース、初めてのクルマなんでコースに留まるので精一杯でした

1日1回チャレンジ出来るらしいので、通える人が有利だけど、仲間内で一発勝負なら楽しめそうです



@岡山国際も収録されているとのことで、458イタリアのレース仕様?で走らせて貰いました
タイムは1分33秒・・・速すぎですね(笑

ホンモノ乗ったってこんなタイム出そうにないですよw


また、ドライビングアシストのレベルが選べるので、今回は2回とも一番難しい設定でお願いしました。それでもABSとTCSは強力に効いてましたよ






























ココから先は個人的な感想文です

営業妨害と言われても困りますので、イチ個人の正直な感想ということを念頭においてご覧願います


①筐体について
筐体はアクセス製だそうです。以前タカタに置いてあったものを一回り大きくしたような感じでした。

全般的な作りは悪くはありませんが、シートがカート用?のように肩の部分が無く、若干ホールドが悪いように感じました。

ステアリングは遠めでチルトやテレスコはありません、変更には工具が必要なようです。

現在の設定では足を合わせるとステアが遠いです。モータースポーツをあまりやった経験の無い方に合わせると、遠めになるのは仕方が無いのかな?またロックtoロックは1回転くらいですので、箱車っぽくないです。

クラッチ付き、Hパターンシフトは中々面白いですが、シフトノブにはフィードバックが無いのでスイッチ感満点です。



②シミュレータソフトについて
基本的なシミュレートは出来ていると思いますし、減速Gの表現などはリアルに感じます。
ソフトは以前タカタに置いてあったものとは違うようです。


面白いとは思いますが、実車の練習の換わりと考えると、不満な点も

まずスピード感がありません。画面が小さい割りに視界が広すぎるのが原因です。
もっと大きなスクリーン(100インチくらい)で使う事が前提の設定に思いました。

正面の画面が小さいので、視界を小さくする設定が出来れば、かなり改善すると思います。
その辺り細かい設定があるはずなんですが・・・

次にクルマの挙動や筐体のアクションがイマイチ・・・
前後の横Gのバランス変化が伝わってこないので、画面を凝視して挙動を掴む必要があります。
グランツーリスモをやってる人なら備わっているスキルですが、本来シミュレータでは不要なスキル?

また最近のゲーム機に慣れていると、グラフィックがイマイチと感じますが、60FPSなのが救いです。


③まとめ
基本的な運転スキルを習得するために使うのであれば、効果があると思います。
クラッシュしても損害はありませんし、借りる側には消耗品も無いので、安価に練習できます。
シミュレータの目的は達成できていると思います。

一方、基本的なクルマの挙動を覚えるだけならグランツーリスモで事足りるとも。

私の感覚、感想としては、実車である程度の腕がある人が、コレで練習して速く走れても、実車で速く走れるかは疑問ですね。


※不満な点も書きましたが、広島には今まで無かったものですから、新しい試みとして大歓迎です。まだ設置されたばかりですので、いろいろと改善していけば、実車の運転スキル向上に役立てられるように成ると思います。長く続けられるように運営を頑張って貰いたいです。応援してます!
Posted at 2017/03/11 12:21:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「日曜日までにアンパネ作り直さなきゃ」
何シテル?   11/20 19:39
週末はサーキット マイスターカップに参戦しています 2017年チューニングフェスタ マイスター4WD優勝! 2015年リザルト 第1戦マスター...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

Rでタカタ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/29 18:51:39

お友達

サーキットランナー募集中
59 人のお友達がいます
117@クバツ117@クバツ * はな!はな! *
りあー(Lear)りあー(Lear) * @yori7110@yori7110 *
バンノバンノ ワンダーキャロワンダーキャロ

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R S耐33R (日産 スカイラインGT‐R)
TTSススキレーシングGT-R R33 SUPER-N1 元ススキレーシングのレースカ ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
ターボやで! [仕様] ・車内  メルシート剥がし(カーペットは残し)  リヤ隔壁断熱 ...
ホンダ N-WGN カスタム ホンダ N-WGN カスタム
カスタムターボ クルーズコントロールでラクチン 高速走っても静かで燃費もイイ 坂道で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.