• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ginaのブログ一覧

2017年07月29日 イイね!

Liberation of the heart

Liberation of the heart なんか、うちのグループにも “スーパースポーツの波” が到来していて・・・メンバーさんの一人がLamborghini Huracán LP580-2 Spyder、もう一方もMcLaren 570S Coupéが納車された。

 “おめでたいから、みんなで伊豆スカにでもいこーか?” という流れから開催となったのが、今回の伊豆スカTRG。

 流石のスーパースポーツ2台、集合場所でもやっぱり注目度が高くて…遠巻きにチラチラみていた坊やを、Huracánのオーナーさんはドライバーズシートに招き入れていた。前回のブログでも書いたけれど、こういうのってやっぱり良いよなぁ…と、個人的には思っている。

 サンデさんが渋滞でちょい遅れ、ただ集合場所もムシムシ暑くて…ターンパイクの御所の入駐車場までエスケープすることに。移動中の小田厚では、スーパースポーツ2台にがっちりマークされ…その加速力に舌を巻く。(笑)


御所の入駐車場にて
御所の入駐車場にて posted by (C)ginapoolholic


 McLaren 570Sの隣に乗せていただくことに。で、発進したのだけれど…

 “ナニコレ?はえぇよーーー!?(汗)”

 ターンパイク頂上方向に走ってもらったのだけれど、登りを登りにしない加速。ぼくはカート経験があるので、クビ自体はそれなりに強い方だと思うけれども…市販車で “クビをもっていかれるんじゃないの?” と思ったのは初めてかも。それもそのはず、V型8気筒 3.8L ツインターボでトルク61.2kgmだもんな…。

 で、なんと下りはぼくがステアリングを握らせていただくことに!

 流石に2500万オーバーのクルマを運転するのは緊張。だって壊したら…ねぇ。試乗車じゃないもん…ねぇ。とはいえど、折角なので、緩めに楽しませていただいた。

 ただ、緩めであろうと570Sの凄さは垣間見える。操舵感がフロントに寄っているのは、以前に試乗させていただいた650Sと一緒。また、650Sに装着されているプロアクティブシャシーコントロールが570Sには装着されていないのだけれど、なくても別に問題なし。というか、むしろ、ないほうが自然な動きかも!?ちょっと硬めではあるのだけれど、ショックはちゃんと吸収、リバンプも非常に速い脚周りで好ましい動きと感じた。

 ステアリングの重さも丁度良く、情報量が多い。カーボンセラミックブレーキだけは慣れなかったけれど、これ良いなぁ…と思った。でも、2500万のクルマ買ったら、間違えなく怒られちゃうな。怒られないレベルになるまで頑張って働こっと。(笑)


McLarenに乗せていただく
McLarenに乗せていただく posted by (C)ginapoolholic


 ターンパイクから伊豆スカイラインに移動、いつもの滝知山駐車場へ。

 車種はバラバラだけれども、これだけ並ぶと壮観!


滝知山にて
滝知山にて posted by (C)ginapoolholic


 滝知山から終点 天城高原までは一気に走り抜ける。

 BGMは、この辺のアゲアゲで行こうかと思っていたのだけれど…なんか曲を換える余裕がなくて、ずっーーとコチラを聴いていた。

 “はぁるぅのうぅーたぁーーー!”

 天候も良く、ご機嫌に口ずさみながらも、アクセルは深々と。だって、後方からは(↓)なクルマが容赦なく…。(笑)


滝知山~天城高原
滝知山~天城高原 posted by (C)ginapoolholic


 モードをSports plusに、PSESを解放、“make a good exit!” と唱えながら、コーナー脱出までの組み立てを考える。あるコーナーは鋭角気味に、あるコーナーはLift and Coastしながらのインベタラインで。クリッピングポイントをどこに作るか考えながら、ブレーキを適宜調整。

 トラフィックを千切っては投げ、千切っては投げながら、2台でランデブーしていると…40kmなんてホントあっという間。

 早めに到着してしまった2人で談笑していると、程なくして他のメンバーも到着。しかしまぁ、Good7さんの718 Boxsterはお洒落な色の組み合わせだなぁ…ほんと “大人な配色”。


天城高原 到着
天城高原 到着 posted by (C)ginapoolholic


 メンバーが集合したところで、ゲート出口に移動。

 ぼくがいつもいつも言い出すからか…ここで記念写真を撮るのが恒例となった。写真を撮り終えると、はらおさんが “フロントガラスに鳥うんちがついてた…(汗)” と。

 位置的に…コンマ数秒遅れればアタマ直撃コース。危なかったねぇ。(笑)


天城高原
天城高原 posted by (C)ginapoolholic


 向かった場所は “いつものレストラン&温泉”。

 レストランは相変わらず美味しかったのだけれど、先月も行った=ちょっと飽きてきたので…次回は開拓してみよっかな。温泉は鉄板。変わらぬ気持ちよさ。次回もココで!(しかし、今回の温泉はオモシロかった!:笑)


漁師の漬け丼&温泉
漁師の漬け丼&温泉 posted by (C)ginapoolholic


 入浴後は “昼寝 → 寝過ごす → long-ageさんに起こしていただく” という失態をやらかし(苦笑)…慌てて帰路につく。

 復路ももちろん、伊豆スカイライン。復路は往路よりもトラフィックなし、その状況でMcl 570S+997GT3×2を引き連れて。そらぁ、必然的にハイペースになる。ただ、いきなりテンポを上げるのは、クルマにもドライバーにも良くないので…タイヤを少しずつ暖めるように。

 納車から1年。ぼくも981 Spyderにだんだん慣れてきた。

 Spyderは、ノーズがインに入り込みたがるモデル。ぼくにこの感覚を抱かせているということは、それなりにテールが流れていないとそうはならない。ただ、そんな際どいシチュエーションでも “じゃじゃ馬感” をドライバーに感じさせないのは余程ポテンシャルがあるんだろうなぁ…なんて思う。

 おそらくだけれども、それが実現できているのは “車重が軽い” から。987 Cayman Sよりも100kg軽いボディの恩恵は大きい。やっぱり “軽さは正義” だね。


天城高原~玄岳駐車場
天城高原~玄岳駐車場 posted by (C)ginapoolholic


 現時点でSpyderとのシンクロ率はおよそ80%くらいかな?

 初のLHDということもあって、当初はおっかなびっくりだったけれども、今はかなり “イメージに近い動き” を実現できるようになってきた。先日装着したワイドミラーもその一助になりそうだし、好みではなかったExhaustのバリバリ音もすっかり息を潜め、澄んだ共鳴音になってきたので、かなり楽しい!

 そうそう。“帰りはGood7さんに玄岳駐車場からの景色を見ていって欲しい!” と思って、玄岳駐車場に停車したのだけれど…復路はガスがかっていて視界ほぼゼロ。ちなみに見て欲しかった景色はこんな感じ

 これは “また伊豆スカに来なさい” って山の神からの伝言なんじゃ?(笑)


天城高原~大観山
天城高原~大観山 posted by (C)ginapoolholic


 玄岳を過ぎると、程なく終点 熱海峠。ということで、今回の伊豆スカランはここで終了!

 走りのテンポがあっているのか、難度もリピートしたくなるのは伊豆スカなんだよなぁ…。

 この後は希望者で横浜の焼肉屋さんへ。


いつもの焼肉屋さんにて
いつもの焼肉屋さんにて posted by (C)ginapoolholic


 メンバーがちょっと入れ替わり、今日の出来事を話しながらの夕食。

 いろいろな話しをしたけれども、やはりメインはクルマの話題。なーんか次は(↓)のような!? Lの話しもあったしなぁ…。まぁ、他人様のおクルマながら、対面させていただける日を楽しみにしていよう。(笑)



 

 しかしまぁ、最近、メンバーの皆様が凄いクルマのグループになってきていて…ちょっとビビるなぁ。滅多に見られないクルマを見せてもらうのはオモシロイけれどね。(笑)
 
 ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。秋口にでもまた!(^^)/
 
Posted at 2017/07/29 21:49:38 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月30日 イイね!

Dream maker

Dream maker 991 4Sをお借りして、突如、伊豆に行った日の翌日。つまり、991 4Sをディーラーさんに返却しに行った際の話し。

 この日はDr.Pさんが迎えに来てくれていて、一緒にディーラーへ。

 久々、987 CaymanRに乗ってみたかったので…Dr.Pさんにお願いして、991 4SとSwitchしてもらった。ぼくのLHD MT技術も多少は向上したことだし、この時よりかはCayman Rの真価がわかるようになったかなぁ…?と。

 この日は何か用事があって(忘れた(汗))、普段はあまり使用しない港北ICから第三京浜にアクセスしようと思ったら、昨年末に入口が変更になっていたらしく、乗り損ねてしまった。ミスコースしたことをDr.Pさんに告げると “首都高の乗り口ならわかるよ” というので、案内してもらうことに。Dr.Pさん、地元民じゃないのにねぇ、どういうことよ…。(笑)

 で、首都高 横浜北線に初めてアクセス。

 久々に運転させていただいたCaymanR、やっぱり動きが軽い。そして、Eng以外はSpyderと良く似ている印象。両車ともに “PASM未装着モデル” なのだけれど…個人的には未装着モデルのほうが好きかも。上手く表現するのは難しいのだけれど、PASM装着モデルに比べて “曖昧さがない” と言えば良いのかな。

 Porscheによって煮詰められた純正脚、かなりレベルが高いので・・・987caymanRにしろ、981Spyderにしろ、 “PASM未装着モデル” は変に弄ってしまうと “クルマのバランスを崩してしまう事になる” だろう。

 ディーラーさんと約束した時間まで余裕があったので、大黒PAに立ち寄ることに。


大黒PAにて-1
大黒PAにて-1 posted by (C)ginapoolholic


 パーキングスペースにcaymanRを滑り込ませた途端、ひとりの少年が駆け寄ってきた。

少年: おぉーー、caymanRだぁ。カッコ良いなぁ…
じな: 君、良くわかるねー!?(驚&笑)
少年: 好きなんです、caymanR!
じな: んじゃ、乗ってみる?(チラリとDr.Pさんを見ながら...)
Dr.P: 別に構わんよ(笑)

 という流れで…


大黒PAにて-2
大黒PAにて-2 posted by (C)ginapoolholic


 ほんとに良い笑顔!(笑)

 よくよく考えてみると…Spyderに乗っている時も、NC3 Roadsterに乗っている時も、子供に見られていることは結構多い。特に幼稚園〜小学校低学年くらいの子は “指を指してこちらを見てる” こともしばしば。

 で、最近は…ぼくもそのような子達に “手を振ってあげる” ようにしている。(笑)

 むかしむかーし、ぼくが子供の頃の話しだけれど…父親の車に乗っていて、その後ろにいたリトラクタブル・ヘッドライトのクルマが “ライトをパカパカして遊んでくれた思い出” が未だに残っている(初代のRX-7かな…?)。乗っていたのは若めのカップル、表情までは思い出せないけれども、凄く楽しそうな雰囲気だったのは鮮明に覚えている。

 件から数十年後、ぼくはこのようなクルマ好きになった。

 今回の大黒PAで出会った子、手を振ってあげた子達のみんながみんな、そのようになるわけではないだろうけれど…このような事を少しずつ行っていくことで、“彼らがクルマ好きになるきっかけ” になってくれれば嬉しい。大袈裟かもしれないけれども、“自動車文化を守ること” にも繋がっていくだろうと思うから。

 最後に…caymanRのドライバーズシートを快く貸してくれたDr.Pさんに感謝。そういう事をサクっと了承できるのは素晴らしいと思う!
 
Posted at 2017/06/30 14:10:26 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月12日 イイね!

“刺激の良さ”と“安楽の良さ”

“刺激の良さ”と“安楽の良さ” ぼくのBoxster Spyderも納車1年。1年点検のためディーラーさんに入庫したら、その間、991.2 carrera4Sを貸与いただけることに。

 991後期から搭載された3.0L Turboは420ps/500 N・mを生成、そしてそれを制御するのは7速PDK。“うわー、最新の991.2ってどんな感じなんだろうか?” と考えつつ、湾岸線をひた走る。

 “ターボじゃなくて、NAのほうが良いんじゃないの・・・?”

 Boxster最後のNAを手に入れた身としては、正直そのような気持ちがある。乗り換えた瞬間は差が分かり易いため、高回転まで廻りたがらないEng、そしてそのように躾けられたPDKが目についた。

 “やっぱり、こんなもんか・・・?”

 辰巳PAで珈琲を飲みながら、4Sを舐めるように眺めてみる。伝統的に受け継がれたエクステリアと4S特有のリアガーニッシュ、総じてネオクラシカルな印象。“Spyderとは異なるけれど、これも格好良いよな” そう思いながらも・・・はたと気づく。

 “あれ?あれだけ運転したにも関わらず・・・全然疲れてなくない!?”


伊豆スカイライン@玄岳駐車場
伊豆スカイライン@玄岳駐車場 posted by (C)ginapoolholic


 気がつくと・・・伊豆スカイラインまで足を伸ばしていた。

 3.0L Turboの湧き出るトルク、そしてドライバーに負担をかけないPDKは・・・遠距離を近距離に変えてしまう力がある。渋滞が皆無だったことも相まって、現地まではあっという間だった。

 久々の伊豆スカだったのだけれど、のんが同伴していたので、いつもの7割程度のペースで。ただし、5連メーター内にあるG-force indicatorと睨めっこしながら、前後左右にGを転がす練習を。(笑)


伊豆スカイラインを駆け抜けて
伊豆スカイラインを駆け抜けて posted by (C)ginapoolholic


 これまたあっという間に伊豆スカを駆け抜けてしまったが・・・この日は思いつきで訪れた伊豆だったので “目的地らしい目的地” も存在しない。(苦笑)

 “うーん、困ったな” と思ったが、ふと思い出した場所がひとつ。その場所は東伊豆風力発電所

 Google mapに案内してもらいながら現地へ向かったのだけれど、なかなかに細い&急勾配の道。“コレ、本当にあってるの?” と思いつつも登っていった先には・・・


東伊豆風力発電所-1
東伊豆風力発電所-1 posted by (C)ginapoolholic


 見渡す限り 海が広がる、素敵な風景がひろがっていた!


東伊豆風力発電所-2
東伊豆風力発電所-2 posted by (C)ginapoolholic


 ひとしきり遊んだ後、夕食はいつもの伊豆高原ビール本店で “漁師の漬け丼” をいただき・・・

 (時々無性に食べたくなるんだよね、“漁師の漬け丼”。何故かよくわからないんだけれど・・・(笑))


漁師の漬け丼膳@伊豆高原ビール
漁師の漬け丼膳@伊豆高原ビール posted by (C)ginapoolholic


 帰りももちろん、伊豆スカイラインで。

 横Gが0.4〜0.5Gに収まるよう、摩擦円を意識しながらコーナリングしていく。odd 2000kmにも達していないMy Spyderと比べてはいけないかもしれないが、4Sは脚の動きが非常に滑らかで綺麗にロールしていく。最初の入力に渋さがないのが特に好印象。(PASMのON, Offスイッチはなかったのだけれど、装着していたのかな?コチラには標準装備とある) 

 そして、驚くべき事に “4駆っぽさ” が全く感じられない。

 多少追い込んでいくと、ステアリングにトルクステアの違和感が生じるのが普通だと思うのだけれど、そんな素振りはいちども感じられなかった。また、この世代からはリアアクスルステア、要は4WSがオプション装着できるはずなのだけれど・・・もし、お借りした4Sにそれが装着されていて、ぼくが全く気がついていなかったとしたら・・・それはそれで恐ろしい。(汗)

 しかし、今回の伊豆スカ走行中 “電子制御による違和感” は、本当に感じられなかった。まぁ、ぼくが鈍いだけかもしれないけれど。そして、借りた当初に色濃く感じていた “ターボの違和感” も、ほぼ消失。こちらは完全に慣れちゃった。(笑)


復路の伊豆スカイライン
復路の伊豆スカイライン posted by (C)ginapoolholic


 翌日、991.2 carrera4Sを返却、Spyderと入れ替え。

 Spyderに乗り換えてみると・・・Exhaust soundはでかいし、オープンで風はわしゃわしゃ言ってるし、操作はMTだし、“いま、ぼくはスポーツカーを運転しています!!” という刺激が満載。

 Boxster/Caymanと911系の比較だと “MR vs RRの話し” になりがちだけれど・・・丸一日、991.2 carrera4Sをお借りして思ったのは “これらは目的が全く異なる乗り物” なんじゃないの?と。つまり、“ビジネスは911で快適に、ウィークエンドはBoxsterで楽しんだら?” というのが、ひとつの答えなんじゃないのかな?(GT3系はまた別だけれどね・・・(笑))


Spyder@辰巳PA
Spyder@辰巳PA posted by (C)ginapoolholic


 “刺激のBoxster Spyder vs 安楽の991 Carrera4S”。

 今回は、991.2 carrera4Sを通して “スポーツカーの異なった一面” を垣間見せてもらった。“クルマと格闘するのではなく、クルマに寄り添ってもらう” スタイル。そういうのはRange Roverとかの専売特許かと思っていたのだけれども、991.2 carrera4Sからもそのような趣を感じられた。

 あれ、これって担当営業さんの罠・・・!?(笑)

 ほんとはね、上記2台を “同時所有できれば良い” のだけれど・・・そうは甘くないお値段なんですよねぇ。(笑)
 
Posted at 2017/06/12 20:50:03 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月02日 イイね!

必要な瞬間に必要なだけ

必要な瞬間に必要なだけ 仕事に行く際に通るワインディングロードがある。

 時間にして5分ほどの短区間だが、意外とツイスティで “前方がクリアになっている際にはついついアクセルを踏み込んでしまう” ような楽しい道だ。

 そのような道なので、一般車に蓋をされてしまうことも多いのだが…今朝、自分の前方に現われた “あるクルマ” のペースは気持ちの良いペースで、ぼくも引き寄せられるよう後追いすることに。

 その “あるクルマ”、直線部分でアクセルをベタ踏みするわけではないものの、進入部分での余計なブレーキングがないため、それなりに速い速度でコーナーに進入。そして、その速度を利用しながら車体を緩やかにロール、余計な舵角変化がないために “コンパスで描いた弧のようなコーナリング” を目の前で展開させていく。

 後ろから見ていても、無駄な挙動がない、穏やかながらも荷重をしっかり乗せることができているのがわかる、“惚れぼれするようなドライビング” だった。

 ここまでお読みいただいた方の脳裏には “あぁ、じなさん、また朝に何処かのスポーツカーと追いかけっこしたのかぁ” と思われているのでは?と予想しているが…ぼくの前方に現われたそのクルマはなんとトヨタ パッソ

 とても実用的なクルマではあるが、その形からも想像できるように “スポーツドライビングに適しているか?” という問いには、イエスと答える方が少ないと思われるクルマ。けれども、そんな至ってノーマルのパッソであろうと “必要な瞬間に必要なだけ” のドライビングができる方ならば、ここまでちゃんと走らせる事ができるんだよね…ということを再確認。

 歳を重ねてきたせいもあるのか、“クルマの限界性能に挑戦するようなドライビング” をしたいとは思わなくなってきた。それよりも “荷重移動はしっかりしているけれども、荷重変動が小さい” ドライビング、“コーナーを何事もなかったようにスルっと駆け抜けていくドライビング” が素敵と思えるようになりつつある。

 ぼくが今後取り組んでいきたいドライビングスタイルはこれなのかもなぁ。久々にG-bowlアプリでも起動させてみようかな。(笑)
Posted at 2017/06/02 09:38:42 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月20日 イイね!

こんな休日も良いもんだ...

こんな休日も良いもんだ... 遂に、後輩の986 BoxsterとMorning cruiseに出かけた。(後輩に関してはコチラを参照)

 実は一ヶ月ほど前に納車されていたのだが・・・納車されてすぐ、ウォーターポンププーリーのベアリング破損 → 煙モクモク → 再度工場入りとなり、修理に時間を要していた。再納車後は完調、互いの休みがあったので、朝の辰巳PAまで出かけることにした。

 いろいろと相談させてもらったタイヤは結局Neovaになっていた。ぼくはPS3を推奨したのだが・・・どうやら、ぼくのNC3においていかれるのが嫌だったようで。(苦笑)

 この日は3号線が工事渋滞だったので、2号線→C1外→レインボーブリッジ→湾岸線→辰巳PAのコース。

 NC3の後ろを走っていた彼、飛び石を懸念したのか、ストレートでは距離をとっていたが・・・コーナーではなかなかの駿足。いままで乗っていたFRのBMWとは走らせ方が根本的に異なるので、まだまだ手こずっているようだが、それでもそれなりに追走してくる。

 “まるで親ガモ子ガモだなぁ” なんて思いつつ、2号線を駆け抜けていく。


with 986 Boxster-2
with 986 Boxster-2 posted by (C)ginapoolholic


 晴天の辰巳PAは大盛況。Porを初めとして、Fer、Lambなどが多数集まっていて、後輩は “日本にもこんなに沢山の高級車がいるんですね” と驚いていた。この日は珍しいのがホント多かった。

 なかでも印象的だったのは、R35GT-Rの綺麗な共鳴音(何年式なんだろう?)、興味を惹かれたのは、McLaren MP4-12C GT3(ウイング&カナードあり、GT3レプリカ?)、ZENOS E10ロードスター(ぼくは名前も知らなかったが、後輩が知っていた(笑))に、Toyota 2000GTなど。2000GTは凄く綺麗な個体だったけれど、あれはレプリカだったのかな?(それでも十分格好良かった!)

 そんなクルマ達を拝見させてもらいながら珈琲片手に談笑、公園でひなたぼっこしているようで楽しい。(笑)


with 986 Boxster-3
with 986 Boxster-3 posted by (C)ginapoolholic


 お昼が近づいてきたので、都内へランチをしに。

 仕事の愚痴を聞いてみたら、まぁ、いろいろと。そうそう、そんなもんだよねぇ、ぼくもそうだった。たまには彼らのガス抜きしてあげないとねぇ。(笑)


with 986 Boxster-4
with 986 Boxster-4 posted by (C)ginapoolholic


 こんな感じで、近距離ながらも986 Boxsterと初ランデブー。

 彼にとっては、初LHD、初MR、初Porに久々のMTであり、986 Boxsterから楽しさを享受するにはもう少し時間が必要かもしれない。けれども、ともに時間を過ごしていくうち “クルマの楽しさはパワーだけじゃないんだ” ということを、986 Boxsterから学んでくれれば嬉しいな。

 一昔前まで “後輩と出かけるようになる” なんて考えもしたことがなかったけれども・・・たまにはこういう休日も良いもんだね。(笑)
 
Posted at 2017/04/20 20:53:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「Amazon、なんで宅配ボックスを使用してくれないのかと思ったら…ちゃんと理由が。で、住所内に“不在時宅配ボックス希望”と追記すればクリアできるらしい。ビックリ。 >> http://mashironote.com/2016/11/03/amazon-delivery-box/
何シテル?   08/16 18:49
Porsche Boxster Spyder(MY2016 LHD MT)& Mazda NCEC Roadstar NR-A(MY2012 RHD MT)乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

サーキット遊びのススメ2 クルマの準備 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/07 17:03:24
WORLDS NEUROSES 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/08 17:10:32
 
WEB上のマナー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/15 12:42:17

お友達

ファン登録→交流で良いのでは?と思っていますが、“気があうようであれば”お友達登録で。

ただし・・・

・初コメで挨拶できない
・モラルに欠け、他人を不快にさせる
・ブログを書かれていない
・長期間、交流が途絶

上記のような方は申請お断り/登録解除としています。ゴメンなさい!
127 人のお友達がいます
ひでエリひでエリ * DocteurPleiadesDocteurPleiades *
としみち@山悟飯としみち@山悟飯 * 桜空桜空 *
iicyan3iicyan3 * 黒蜂71号車黒蜂71号車 *

ファン

132 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ ボクスタースパイダー ポルシェ ボクスタースパイダー
Porsche Boxster Spyder(MY2016 LHD MT)。My担当さん ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3 Roadster NR-A(MY2012 RHD MT)。名前はJFのSさんから ...
その他 自転車 OX-FB03 (その他 自転車)
しばさんの “東急号” に負けじとBlog up!まぁ、値段で完敗してるけどね。(爆)( ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
念願のPor cayman Sです(MY2010 RHD PDK)。 納車から2年経過 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.