• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

プロテクタの全国セキュリティーネットワーク
 マップ札幌千葉市川東京湘南静岡愛知京都九州


カーセキュリティー・ホームセキュリティーのプロショップ プロテクタPRO-TECTA



車種別の弱点を克服するオススメセキュリティー



最新の手口に対応する唯一の方法



見た目は純正、音だけグレードアップするカーオーディオ



信頼の空気圧モニタートップブランド



車種別専用ワンタッチ装着サンシェード



ジャンプスターターとポータブル電源のブランド



車載用リチウムイオンバッテリー 軽くて放電特性に優れる







イイね!
2017年01月18日

信号待ちでの停止線や車間距離についてふと・・・ プロテクタ

信号待ちでの停止線や車間距離についてふと・・・ プロテクタ

みなさん、こんにちは。プロテクタ愛知本店の上條です。

今日は午前中健康診断があり市内の施設に行って来ました。

バリウムを飲む胸部レントゲン検査が最後にありました。

最初に手に取るとずっしりとくるバリウムを飲んで、検査台の上を言われるがままぐるぐると動き回り検査するのですが、過去に何度か受けているのスムーズでした。

身長・体重は前年とほぼ同じでしたが、運動不足であることは事実なので健康に注意して今年も頑張ります。



さて、最近ちょっと気になったことがありました。

それは、

信号待ちの時の停止線との距離と、前車との車間距離です。

停止線ピッタリで止まっている車はあまりいません。普通そうです。


これは運転席から停止線がギリギリ見えなくなったくらいで停止するからだと思います。

中には車1台分くらい停止線から離れて止まっている車もありますね。


今度信号待ちの先頭で停止したら横や対向車の距離を見て下さい。

停止線オーバーはNGですが、離れすぎもどうかな?

流れの良い時はいいですが、混雑時などはこういう距離の積み重ねで渋滞がなかなか解消されなかったりするのではないかと思います。

でもあまりピタッと近づけ過ぎるとちょっと嫌な気分ですよね。

ということで自分の停止位置を確認してみてはいかがでしょうか。



【お問合せ先】
プロテクタ愛知本店
電話 0564-65-8410
住所 愛知県岡崎大樹寺2-19-2
    (愛知環状鉄道 大門駅前)
営業時間 9時30分~18時
定休日 毎週月曜日


http://www.pro-tecta.com/aichi/ 
  
    
こちらもチェック↓↓↓

コーティングブログ
も月曜以外ほぼほぼ更新中です(^^)
関連情報URL : http://www.pro-tecta.com
ブログ一覧 | プロテクタ愛知本店関係 | イベント・キャンペーン
Posted at 2017/01/18 16:44:22

イイね!0件



タグ

関連コンテンツ( 大阪府 の関連コンテンツ )

この記事へのコメント

2017/01/18 19:19:41
こんばんは。私の場合は、フロントにカメラを取付していますので、ピッタリを心掛けて停まっていますよ。
コメントへの返答
2017/01/19 08:56:38
はぁぁぁちゃんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
フロントカメラがあればピッタリですね。
私はボンネットがない車なので、ピッタリ停めやすいです。
2017/01/18 19:25:19
停止線をオーバーするより、余裕を持って止まった方が良いと思います。
コメントへの返答
2017/01/19 08:56:49
まぁたん0204さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
オーバーは良くないですね。余裕も大切ですね。以前タクシーの運転手さんが、横に並んだ車が停止線をオーバーしていて、そのことについて客の私にいろいろ話してくれたことがありました。それ以来自分も停止線オーバーには特に気をつけるようになりました。
2017/01/18 20:32:26
車校で習ったのは・・・自分のボンネットで前車のタイヤとタイヤの接地した地点が見えなく成った位って習ったので先頭なら停止線が視界から消えた辺りかな?って思ってます!

まぁ乗ってる人の座高や運転姿勢で変わりますけど(あくまでも車校の時の運転姿勢の事ですが)・・・こんなもんでしょうか?
コメントへの返答
2017/01/19 08:56:24
桃chanさんこんにちは。
コメントありがとうございます。
自動車学校で教えてくれるはずですね。自分が教習所に通っていた時、停止線だと思って止まった位置を、車から降りて確認したら思った位置よりかなり手前だった事を覚えています。そのことで感覚がわかってきました。
運転席からの視界はおっしゃる通り人によって特に座高によって変わりますね。
2017/01/18 20:57:24
教習所では、車両感覚を身に付けなさいと教わり、停止線のところには車のバンパーを揃えなさいと、何度も反復練習させられました。色々な車両を乗ることで身に付く感覚でもありますが、ずっと同じ車を乗り続けていらっしゃるのなら運転席から見える範囲で自分の車がどのような位置にあるかは判断できるようになるよう練習や確認をすることが良いのではないかなと思いますがね…((((;゜Д゜)))
コメントへの返答
2017/01/19 09:38:02
3ダイヤ-LIFEさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
教習所で何度も反復練習したのですね。同じ車だと一度感覚身につけたらあとは大丈夫ですね。おっしゃる通りまずは確認して練習するのが良いですね。
2017/01/18 21:17:42
停止線ピッタリを意識してます。
たまにオーバーしちゃいます。∑(゚Д゚)

あとは横のクルマがなんかコッチを見てきそうな時はあえてちょい手前で、ピラーで横のクルマの運転席ガードしてみたり。笑
コメントへの返答
2017/01/19 09:43:03
元ちゃん。さんこんにちは。
コメントありがとうございます。
意識されてるんですね。
ピッタリと思っているとオーバーもあるかもしれませんので、少し手前で止まるくらいがいいかもしれません。何しろ教習所では停止線オーバーしたら即検定中止になってしまうほど重大事項でしたから。
横の車をピラーでガードの件、気持ちわかります。信号待ちも意外と長い時間に感じますからね。
2017/01/18 22:00:27
私は、前の車がエンストなどで動けなくなってもいいように、ある程度距離をあけてとまってます(今までで2回こういう場面に遭遇しました)
また、店などに入るために反対車線の車が右折することになっても、少し前に進んでスペースをあけることができるので、ぴったりとめるよりは良いと思ってます(車の列が長くなるのは確かですが)

バックミラーで後ろの車がぴったりとめているのをみると、おれの車が動けなくなったらどうするんだろうといつも思ってます(古い車なのでそろそろ急にエンストしそう(笑))
コメントへの返答
2017/01/19 10:09:27
ねこ好きおじさまさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
エンストで動けないという事があったのですね。ぎゅうぎゅうに詰めると何かあると動けないから適度な車間が必要です。
おっしゃるように道路に面して店があるような場合はそのあたりの考慮も必要ですね。
バックミラーに写る後続車がすごく近いと少しいや~な気分になりますから、そのあたりは気をつけなくちゃいけないですね。
でもねこ好きおじさまはエンストが心配とは・・・(^^;
2017/01/18 22:13:23
仰る通りと思います。

停止線をオーバーしている(気にしていない)だけでなく、平気で横断歩道にはみ出して止まっている車もよく見かけます。

やたらと車間を空けて止めている車も気になりますよね。
混雑していなければ、さほど問題はありませんが、右折レーンの直前だったり店舗の駐車場出入り口の前だったり。
こういう車に限って、他人への配慮が無い気がします。

「他人の振り見て我が振り直せ」ですね、私も気を付けたいと思います。
コメントへの返答
2017/01/19 10:14:44
kenkenmasaeさんこんにちは。
コメントありがとうございます。
渋滞時などどうしても流れで横断歩道にかかってということもあるかもしれませんが、基本はルールですので守らないといけないですね。
周り見ていてもだいたいは大丈夫ですが、もう一台入るのではというくらい空けすぎっていうのを見てふと思いました。
周りを見て自分も気になることは気をつけたいですね。
2017/01/19 10:56:17
上り坂の交差点でMTに乗ってるとき、ぴったり付けられるとヒヤヒヤしますねー。 「クラッチ繋ぐの失敗して下がったらどーすんだ」みたいな。ATばかり乗ってる方はそんな事思わないでしょうけどw わざと空ぶかしして、後ろの車に気付かせるようにしてます。
コメントへの返答
2017/01/19 19:11:18
7GのOPさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
AT車ばっかりで最近MT車がないので、乗る機会ないですが、その状況だったらかなり冷や汗ですね。免許取り立ての頃を思い出します。
空ぶかしのところ、想像しちゃいました(^^)
2017/01/19 12:26:36
数年前は競技やったりしてその時の車なら車格気にしたが今は全然気にしない
車に興味なくなるととりあえず安全運転
停止線は越えることはまずないです
信号赤でも停止線超えてたら信号無視になるとか
コメントへの返答
2017/01/19 19:15:20
さったん(^^)さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
安全運転は何があっても一番です。自動車事故の場合、物損で済めばいいですが思わぬ悲劇になる可能性も高いですからね。
今日ラジオでポケモンGoしてて、小学生をひいて死亡させてしまった事故の裁判のニュース耳にしました。
停止線超えで信号無視扱いとなれば、なおさら注意ですね。
2017/01/19 16:54:49
はじめまして。
私もこれずっと気になってます。
思うに「自動車を運転している」意識が希薄なんではないかと。
横断歩道で赤信号待ってる人が最前列じゃなく各々適当な(好きな)位置で立ってるのと同じなんではないかと。
それと最近のクルマのブレーキの制動力の出し方。踏力でなくストロークで効くのと、ハイブリッドカーの回生ブレーキのコントロールのし難さもあるかしれません。
あとついでに言うと、左折どころか右折で左に膨らむクルマの多さにも閉口します。
コメントへの返答
2017/01/19 19:21:40
太巻きさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
太巻きさんも気になっていたんですね。私は少し前に、停止線から車1台分以上も離れて止まっている車を見かけて「あれっ」と感じ、それから信号待ちの時にはそうならないように気をつけています。
ブレーキの加減も車によって違いますね。マイカーなら自然と慣れて感覚が身につくはずですので停止線ははみ出さず適切に停止して欲しいですね。
2017/01/19 20:47:46
停止線ピタッと止まると違反になるらしいです。車体より少し離れて停止するのがいいそうです。車にもよりますが2メートルぐらいなら🆗‼範囲です。
駐車場の区画線に(車がいないかの確認して)止まる練習してみてください。
ランクルはキノコミラーが付いてるので分かりますが、最近の車はフロントカメラがありますのでそちらで役に立つと思いますよ。
コメントへの返答
2017/01/20 10:01:20
コースター2ndさん、こんにちは。
コメントいつもありがとうございます。
ピタッと止まると違反?なんですか。線にかからないほうがいいということですかね。
自分も左前のミラーがあるのでそれを見て停止線を超えてないか、距離は適正か確認しています。かっこわるいけど実用的なミラーです。
2017/01/20 08:08:14
昨年末に愛知入りして感じた事なんですが、スラロームのような走行している人が多いいように感じました。それはまだかわいい方で流れに乗った集団が60~70km/hとよい流れから赤信号になって制動距離の見極めに入ってる前車の前に入る行為は危ないな〜と感じましたね。停止位置の件でふと思い出したのでコメントしてみました^ ^
コメントへの返答
2017/01/20 10:10:39
Ryo_chanさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
スラローム走行とはウィンカーも出さずに車線を頻繁に移動して前へ進む車の事ですかね。たしかにたまに見かけます。走っている車の台数も多いので、マナーの悪い車の絶対数が多くなり目立っているんでしょうね。愛知県民としては少々悲しいです。
あと緊急車両が近づいて来た時の動きも良くするべきだと感じています(なかなか前へ勧めない状況を見かけます)。

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

日本で唯一、カーセキュリティーで単独の国内ネットワークサービスを持っているプロテクタグループのスタッフブログです! セキュリティーシステムに関しては取り付...

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

猫バンバン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/20 19:38:17
希望ナンバーにしてる、してないどっちが多い? プロテクタ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/02 16:23:58
【プレゼント】モニターキャンペーン! ぐるっと360度録画「ぐるドラ360」 プロテクタ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/29 10:41:03

ファン

788 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ ブラック (スバル レヴォーグ)
ブラック
トヨタ プリウス ライムグリーン (トヨタ プリウス)
プロテクタ愛知本店のデモカー 新型プリウス サーモプロテクトライムグリーンです。
トヨタ ハイラックス トヨタ ハイラックス
プロテクタ愛知本店のデモカーです。
トヨタ ヴェルファイア ホワイトカスタム (トヨタ ヴェルファイア)
愛知本店のデモカーです
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.