• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月07日

山梨ぬるま湯旅(その2)(H29/10/07_08)

山梨ぬるま湯旅(その2)(H29/10/07_08) 「半地下の霊湯」って何処??

浴室に源泉浴槽もあったので、初めは気にならなかったのですが、”タオルを巻いて”のくだりに疑問符。

しかし、浴室や脱衣所に他の入り口もなく、服を着て通路に出ると…



【男湯!?】
廊下を挟んだ反対側に「男湯」の文字。
もしや、間違えて女湯に入っていたかと振り返ると、そちらも「男湯」

なんと、廊下を挟んだ、反対側の地下に


【霊湯】
半地下の浴室がありました。
しかも、先ほどの浴室より圧倒的に広い!
でも、ここには着替える場所は無く、壁にバスタオルをかける為であろうフックが有るのみ。
という事は、先ほどの浴室からバスタオルを巻いて、往来のある廊下を通ってこちらに来るしかない…(^_^;)

客は私しかいませんが、日帰り客だし普段バスタオルのレンタル借りないし…(宿の人、最初に説明しようよ)…脱衣かご持って行って、そこで着替えて入りました(靴下ベトベトだよ)


【フチ子さん再び】
後で解ったんですが、この霊泉、以前は間の壁が無くて男女混浴状態だったようです。
廊下渡って入りに行くこと自体、今でもかなりハードルが高いですが。

折角山梨に来たので、パフェでも…と考えたんですが、スマホの使い方が良く解らずお店探しを断念(毎度の事ですが、やはり飲食店もきちんと調べてこないと駄目だなぁ)。15時前ですが早々に宿にチェックインすることに。

本日の宿は

【日の出温泉旅館】
笛吹市の石和温泉街の北側にある、自家源泉(地名から春日居温泉になるのかな)のお宿です。

宿についたら、まずは温泉へGO!
ありがたいことに、部屋は浴室のある旧館(上の写真の左側の建物・右側は新館)だったので、近い近い(^^)


【浴室】
広い浴槽のと小さな浴槽。
普通なら、小さい方が源泉…なんですが、ここは左側の広い方が源泉浴槽。
泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)のかけ流し。


【源泉投入口】
泉温が36度の”ぬる湯”です。
もう、何時間でも浸かっていられます。
飲んでみても無味無臭の柔らか温泉。

ちなみに、小さい方は石和温泉(アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・高温泉))からの引き湯なので、2ヶ所の温泉を1つの宿で楽しめるんです。
石和温泉は、46度の高温泉ですが、引き湯の間に泉温が下がるので加温してるそうです。

たっぷり温泉を堪能したら


【湯上りの1杯】
満足じゃ~

布団が引いてあるので横になってウトウトしてると、気づけば飯の時間前。
もう一度チャポンしてから晩御飯へ!


【夕食】
山梨県のはずなのに、刺身、煮魚、海鮮鍋にカキフライと魚介満載で山梨色無し(笑)


【たにざくら】
本日のお酒は、北杜市の谷櫻酒造の”たにざくら本醸造生”。
すっきり飲みやすい。


【ほろ酔い気分】
山梨だと、”ほうとう”イメージだったんですが、家庭的な料理でホッとしました。穀類が多いとお腹膨れて飲めなくなるからねぇ。

食後は、何時ものようにバタンキュー。
夜中に起きてちゃぽん(入浴時間書いてなかったので、宿の方に聞いたら夜中でも入浴OKだった)。

10/8

朝起きたら、またちゃぽん。

ちゃぽんの後は、

【朝食】
シンプル。
温泉定番の”生卵・温玉”も”のり”も無し。
TKG好きの方には物足りないかな?

いつもよりノンビリチェックアウトした後、甲府昭和インターから高速に乗る前にもう1軒立ち寄り。


【甲府昭和温泉】
中巨摩郡昭和町にあるビジネスホテルですが、温泉好きには有名な所です。
だから、客も途切れず写真は無し。


【浴室】拾い画像
こんな感じで、浴槽の中央から湧き出す飲めるかけ流し天然温泉。
ナトリウム-炭酸水素塩-塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
旅の最後に、やっと”熱い”温泉に入りましたな。

今回の旅は、有名な所や住民の方に根付いた所で、お客さんが多かったので殆どフチ子さん無しの拾い画像になってしまいました。
その分、自分もゆっくり温泉を楽しめた気がします。


BGM:Walk This Way

帰り道、東名高速に向かい南下する途中、下部温泉や、佐野川温泉の近くを通ります。
山梨県って、意外と”冷泉”や”ぬる湯”が多いんだなぁ。
今回食べれなかった桃のシーズンもあるし、やはりこちらに来るのは夏が良いなと改めて思った訳であります。


【旅の余韻】
今回食べれなかった山梨のB級グルメと小さな酒造のお酒で旅の余韻に浸りますか~


【19度!】
日本酒にしては、度数高くないかい!?


さて、次の温泉旅は今年最後の3連休の11月。
それまで、頑張ってお仕事お仕事。

ブログ一覧 | 旅・温泉・グルメ | 日記
Posted at 2017/10/09 11:12:46

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

山梨ぬるま湯旅(その1)(H29/ ...
JOE(Ver.F)さん

「神話」と「自虐」の国の温泉旅(1 ...
JOE(Ver.F)さん

みちのく秘湯紀行(1日目:宮城・山 ...
JOE(Ver.F)さん

長野県 初谷温泉
GE6.kenichiさん

火の国ぬる湯ツーリング2017秋  ...
知 -kazu- @VM4さん

群馬県 金島温泉
GE6.kenichiさん

この記事へのコメント

2017/10/09 17:51:48
ネコちゃんのタオルの巻き方が
変だなぁ と思っていたら
そんな大冒険が! (笑)

28度はちょっとムリかな と思いましたが
36度なら 長く 入れそうですね~
コメントへの返答
2017/10/09 19:01:32
いや~猫の案内図見なければ、肝心の霊湯に入らず帰るところでした(^_^;)

地元の榊原や安濃なんかも、かなり冷たいので慣れてますし、晴れの日には丁度いいですよ~
36度の温泉は、そのまま寝そうで危険です。
2017/10/09 19:03:29
あ~、いいないいな。

MINI時代のときに初めて山梨~長野に行ったんですが、その時に入ったと思う温泉(温泉名を公表せずにブログ化するとダメね)もあったりで、懐かしい~。

今月に長野に行くのですが… こうなったら富山界隈はやめて、岐阜界隈もやめて、ゆったり山梨に立ち寄るのもいいかなぁ。もうちょっと悩もう。
コメントへの返答
2017/10/09 19:19:50
こばわ~

長野も山梨も良い温泉満載ですしね。
ただ、冷泉は冬場辛いので、比較的あたたかな温泉が良いですよ(笑)

意外と安い宿も多いし、ゆっくり悩んで下さいまし~
2017/10/10 09:36:09
コメ失礼します、半地下の霊湯って岩下温泉旅館ですよね。私も1度行きましたが、同じ様に迷い「どこ入ったら良いんだ~」と思いましたが結局廊下を挟んだ向こう側には行けず(この日は日帰り入浴のお客さんが他にも何人かいて、私が入っている時にも後から来る状態でしたので)


宿の夕食については、山梨の人はマグロ大好きですので、海鮮物が多かったのではないかと、思われますよ。静岡県の清水が2時間以内で行ける事も有るのではないかと。
でも山の中で海鮮物が沢山出てもちょっとガッカリしますよね。
佐野川温泉は沸かし湯ですが温かいお湯も有りますよ(^o^)
コメントへの返答
2017/10/11 04:36:56
コメントありがとうございます。
イグニス乗りの方から初コメだ~(ひげさんは500友なので)
岩下温泉旅館は、宿の方が最初に説明してもらえたら迷うことも無いんですけどね。
鮪好きは、初めて聞きました(驚)
今回のメニューは、驚きましたが酒飲としてはOKですよ。
佐野川温泉(良い湯でした)含め、冷泉の宿は、殆ど加温浴槽がありますよね。でないと冬場営業出来ない(^_^;)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「F LIMITED(H29/12/14) http://cvw.jp/b/605567/40850128/
何シテル?   12/14 20:04
愛車と温泉巡り、美味しいもの巡りを楽しんでます。 このブログに、車ネタを求めるのは無駄です。 個人のダラダラした温泉旅や、飲み食いや、アニメ、漫画ネタが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

同じ車に乗ってる方や、趣味が合う方で、コメントのやり取りがある方や、直接イベントなどでお会いした方だと嬉しいです。
※趣向の違いや営業、数集め的なお誘いと思った場合はお断りします。
その際はご容赦のほどを<(_ _)>
214 人のお友達がいます
max_max_ * のじまのじま *
ピロリンちゃんピロリンちゃん * コスナー11コスナー11 *
gymks@み~ちゃんママgymks@み~ちゃんママ * のりガエルのりガエル *

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ イグニス 吉田くん (スズキ イグニス)
別名:吉田くん 納車されました。 通勤&温泉旅メイン…というか、これ1台。 【購入時オ ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) 紅ジャンニ号 (フィアット フィアット500 (ハッチバック))
別名:紅ジャンニ号 初めての外車。 運転が楽しくなる車でした。 8年、約22万キロ。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる