• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年08月21日

『オーバーレブ!』第1巻

『オーバーレブ!』第1巻 ←1巻冒頭より。
それにしても、おっかない模様のTシャツですこと。
どこかの年代に流行っていたブランドでしょうか?

それはそうと、早速1巻から追っていこう。

この巻ではまだ、
峠が、
どこの峠であるのか、は確定的には描かれない。

この巻で明確に読み取れたのは、
志濃涼子氏は、昭和53年11月18日生まれ。

思ったより最近の人の設定だ。一巻冒頭近辺の服装や、会話などからは、
涼子氏や徹氏は昭和48年生まれくらいの人かな、と思われたが、
「プリクラ」とか言ってるんだから、昭和53年生まれでいいのだろう。
昭和53年(1978年)生まれとなると、
1巻は1997年という設定になる。単行本出版年に同じ。
「峠の走りの年代」と対比するに、少し、最近過ぎるかな?
(これよりさらに10年ほど前なんじゃないかな?)
という思いがするけど、
まあ、そういうことらしい。
フィクションだから、その辺は寛容になりましょう。

ちなみに、
涼子氏は六頭身ほどで描かれているが、身長は165cm以上と思われる。
サワコ氏よりも、
アイカ氏よりも、背が高い。
ひょっとすると、175cm以上ある可能性も否定できない。
漫画のヒロインにしては珍しい設定な気がする。
推定座高は、90cm以上。
そのため、アイポイントがサワコ氏より、随分高い。
「涼子氏が、アイポイントが高い人である」、というこの設定自体が、
ラリードライバーとなる31巻の結末を、
1巻の時点で織り込み済みなのかもしれない。

1巻の「(狭い意味での)主な走りの舞台(峠とか)」について、
ざっと言えば、
①.8月の終わり、箱根の「桑原峠」。
②.埠頭(ドリフト)(横浜。レインボーブリッジ近辺らしい)
③.どこかの峠(サワコ氏VSアイカ氏)
の3箇所。(他にも、相模原市街とかがあるが)

これを踏まえて、
一巻の概要を少しみてゆくと、

①8月の終わり、箱根の「桑原峠」にて。
涼子氏らは、
ツタヤ店長(←タカオ氏)のR32GT-R  VS サワコ氏のS13シルビア
の「バトル」に遭遇。
(この二人は、ざっと読んだだけだと、「涼子氏より少しだけ年上くらいかな?」と思ったが、タカオ氏は店長である上、サワコ氏が「元お立ち台クイーン」である、ということを考えると、涼子氏よりもかなり年上である可能性が高い。
少なく見積もっても、この時点で二十代中頃か?)

②その後、奇遇にも、「埠頭ドリフト」で、涼子氏、サワコ氏と再会。
ここに、サワコ氏と涼子氏、二人の天才が並び立つ。
その結果、S13は「溺死」。
ストーリーの世界で、S13が走ることは二度となかった。
水泳部ではなく陸上部の涼子氏であるが、
(たぶん)ツタヤ店長(←タカオ氏)の決死の努力により?サワコ氏と共に水没車両から生還。

このときのサワコ氏の
「・・・走り屋失格だけどねっ」のセリフは、このブログのタイトルを変更させることとなった。
(↑コメント 「ちッ。カブってんじゃねーよ」←どっちが!?オーバーレブ1997年~、このブログ2009~・・・汗)
余計な話たが、
聞くところによると、
この水没シルビアは、保険会社による「残存物代位」の対象であるらしく、保険発動の時点で、サワコ氏のものではなく、保険会社のものとなっているらしい。
とは言っても、この絵を見る限り、引き揚げ後に使えそうなのは、バンパー類とBBSっぽいホイールくらいな気がするが。

ちなみに、埠頭ドリフトの、
関連サイト 「限界を超えた状態の車をコントロールする喜び」
http://minkara.carview.co.jp/userid/650955/blog/16014402/




その後、
教習生の涼子氏、
教官らの補助ブレーキに加え、
トラックドライバー(←アイカ氏)による「お仕置きと称したイジメ」にまでも苦しめられるも、免許取得。
(↑「安全」を軽視することを憎むアイカ氏なのだが、あの「くくくっ、アワ食ってやんのっ。」は謎。この人、相当、矛盾してる・・・汗)


③涼子氏ら、「どこかの峠」へ行く。
そこでアイカ氏に「再会」してしまう。
アイカ氏、シビックにて再登場。
しかし、
このとき、読者(私)は、アイカ氏のシビックに、

ドキッ。

とした。
EG6シビックSir。
RSRと思われる社外マフラーを装着し、
ホイールはたぶん、RAYSのCE28。

ここで、サワコ氏とアイカ氏、トラブルとなり、
「バトル」開始。
(コレは「バトル」というより「ケンカ」といえなくもない。が、そのあたりの話は、置いておこう)

でも、
ここまでのことよりも、
この巻で猛――――烈に気になったのが、
「ハザードの2回点滅・・・
アニキ、アレってバトルサインなんじゃないの?」
と。

むむむ?
サインは地域によって違うけれども、
東京、神奈川、埼玉のエリアでは、
「ハザード」は、その名の通り、
異常事態発生とか、
対向車接近とか、
バトルの停止・終了とか、
ともかく「バトル終了系のサイン」なんじゃないか・・・と。

どうなんでしょうね?
とまあ、詳しくは、
あと未読の方は、是非、
『オーバーレブ!』第一巻をお読みになって下さいませ。
(殆んど、本の宣伝ですな。このカテゴリーは・・・汗)

それと、
最近は「埠頭ドリフト」とか、公道外でのドリフトにも取り締まりが厳しくなってきているらしいのと、
公道外での運転でも、一巻の埠頭ドリフトみたいなケースだと、「無免許運転」ということで取り締まられる恐れもあります。
↑何が言いたいのかといえば、サワコ氏が「保険金でS14(新車?)購入」というのは困難だろう、と。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/58638282.html

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「omnes viae Romam ducunt」
何シテル?   09/26 04:50
今を、近未来を、速く!上手く!美しく!走りたい。どこの歴史上の、どこの伝説の誰よりも。 「数の世界」を愛する者のひとりとして、いつの日にか「私」が「最速」の象...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

本日の復旧作業はここまで… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/02/04 19:31:14
今日の測定結果@静岡 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/02/04 19:27:31
群馬県測定教育施設線量マップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/02/04 19:24:25

お友達

刮目せよ!走りを愛する者たち。
集え!我と同じ種族の鉄馬を駆る騎士たち。
叫べ!汝自身に誇りを持つ者たち。
(上記文章の口語訳:車での走りがメインテーマですので、走り好きの方は必見です。コルトやランサーなど三菱車にお乗りの方、歓迎です。また、どんな方でも気軽に訪問してメッセージを下さいね)
16 人のお友達がいます
ちょこば(旧chocovanilla)ちょこば(旧chocovanilla) macモフモフmacモフモフ
七寿七寿 くらちゃん@20DTくらちゃん@20DT
kousuke1122kousuke1122 渦流渦流

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 その他 三菱 その他
Ob's stürmt oder schneit, Ob die Sonne uns l ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.