車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月04日 イイね!
3日は、雪景色が見たくなって御嶽山方面へ。
下の写真は2014年6月29日のもの。



ここが真冬になったらぜんぜん違う風景なんだろうな~、などと思い、スキーもしないのに「おんたけ2240スキー場」を目指して上がって行きます。


ダメでしたw

仕方ないので昨年も通った所へ移動。岐阜r463~r435~r441。御嶽山の北側山麓を横切るこのルートには、チャオ御岳スノーリゾートと濁河温泉が途中にあるため、標高1800m前後に達するにも関わらず毎日除雪車が働いており冬季通行止がありません。夜間は通行止めになります。
あとチャオのほうから進むと途中で有人式のゲートがあります。スタッドレスタイヤかどうかをチェックしているようです。


この時季としては-5℃でも暖かいほうでしょうね~。


いつかドリフトで駆け抜けられるようになりたいものですw

そのうち母を濁河温泉にでも連れてきて親孝行するかな…
でも温泉って何にもすることなくて暇なんだよな~。

--------------------------------------------------------------------------------

今日(4日)はあまり時間が取れず、なんとなく知ってる道のパトロール(なんだそれは)。
三重県のKM峠(Z家)へ。わりと久しぶりですけど前と変わりありませんでした。
しかしその途中から伸びるわき道は…。



三重r677。なんだか、えらく執拗な警告看板が出ております。でもゲートなどは置かれてませんねえ。
余談ですが、ここから出てきたトラックにW氏が危ない思いをしたという噂がw


今回はこのときの動画とは逆に進みます。


ロドスタが強行突破できるくらいですので、エクストレイルなら余裕だろ~とナメておりましたが、サイズがでかいせいで道幅が…こんなに狭かったっけという思いが否めません。


亀山市と伊賀市の市境となる、名無しの峠。


4つ光らせると森林警備隊っぽく思えるのは何故だろう。


この険道の最狭区間。両脇にはアルミホイール殺しがガイドレールのように…。こんな余計なモン要らないのに(泣)


あちこちから作業林道が伸びてます。オフロードバイクが3台くらいチャレンジしてはコケたりしてました。いいな~。

この次は、国道1号の鈴鹿峠へ上がっていって…


上り下りが分かれるこの信号「沓掛」で右折。


「鈴鹿南林道」の入口があります。
鈴鹿越えの道路で冬になっても通行止めにならないのは、R421石榑峠トンネルとR1鈴鹿峠だけではありません。他に2つ、土山と石水渓を結ぶ「安楽越林道」と、この鈴鹿南林道があるのです。
安楽越はちょくちょく通ってたけどこっちは何年ぶりだろうな~。


道幅はまあまあ、カーブミラーの設置率も高めでペース上げて走れます。でも路面はこの有様なのでブレーキ要注意。



何度めかのピーク、標高330mほどからの眺め。新名神が見下ろせます。

そんなこんなで、どれもこれも知ってる道を繰り返してるばかりでありまして、どうにも新鮮味に欠けておりますな。明日は奈良県方面の新規開拓、ツーリングの下調べに行くぞ! 朝に起きられれば。
Posted at 2017/01/04 23:22:16 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月01日 イイね!
まずはこちら。昨日、空気抜けたまま高速道路も走らせてしまったタイヤの様子。



写真だと分かりにくいですが、トレッド面の内側に全周にわたって大きく段がついており、サイドウォールもあちこち異常なふくらみが見られます。終わってます。たった一度でもALTのタイムに貢献して、最低限の仕事はしてくれたと思うことにします…。づがん。

代わりのタイヤが来るのは年始休み明けですから、それまでロドスタに乗れなくなってしまいました。エクストレイルで遊ぶしかないですね。

お昼過ぎからおでかけ。米原ICで降りて比婆神社を目指します。
廃村や神社が、白銀の世界に包まれた光景を見たかったのです。
でもたぶん、積雪が多すぎて途中で引き返さざるを得ないだろうな~と予想してしました。滝谷武奈林道さえ走れるかどうか…。ぎりぎり比婆神社に上がれる程度のちょうどいい雪の量だと理想的なのですが、そううまくいくでしょうか。



滝谷武奈林道にはまったく雪が見られません。でもまだこれから先ですよ。



あれっ。あっけなく到着。雪なんかぜんぜん無いよ~。それはそれでつまらんよ~。
まあ初詣と言うことになりました。何を祈願しましょうかね。こないだ奈良の大神神社ではロードスターのお祓いをしてもらいましたし、たぶんここの神様にロードスターの交通安全を祈っても苦手カテゴリーに違いないと思うので、山間の狭隘路やダート林道での安全に特化してくれていいからお願いね~と祈願して500円玉をフンパツしておきました。

多賀神社の前を通ろうとしたら大渋滞! そうか普通の人たちの初詣はこっちか。やむをえず、どえらい狭い橋や集落内の道でショートカットして県道34号へ。でもこの道も冬季通行止めでゲート閉まってるはず。御池林道なら雪が積もってるんじゃないかな~と進入。



しかしこちらもまだボチボチでした。ミノガ峠でもこんなもん。



大杉林道(仮称)には降りていきませんが、例の鹿が捕まってた檻だけどうなったか見に行きました。ところが檻ごと無くなってました。

君ヶ畑へ降りていく途中、キャンプ場みたいになっててよくクルマが駐車してある広場あたりを散策。



川にまっさかさまに見えますが、途中から坂が急になってるだけです。ちょっとこれは行く気になれません。



こんなの上り下りして、さらに渡河していくなんてやろうとするのは事実上ジムニーだけでしょうね。



別の場所では、渡河した先に山へ入っていく林道がありました。水深50cmくらいかな? 道連れがいないとちょっと勇気ありませんわ。



そう言えばまだこの写真載せてなかったですね。ハイパールーフレールの先端にある「ドライビングランプ」を点灯させたところです。法令上、なんだか微妙な案件のように思えますが、ハイビームランプがいっぱい付いてるだけなんだよ! ってことらしいです。




オートランド作手 冬季限定割引貸切
2月いっぱいまで、日曜日に3時間で10万円。これは安いなー。3月でも15万円とな。いつもなら19万円ですよ。
問題は言うまでもなく雪。たとえコース上がなんとかなっても、スタッドレスでないと辿りつくことさえ難しい、そういうケースが多発するのがALTの宿命でございます。いちおう雪の場合は日程をズラしてくれるなど気が利いてますが、やっぱ参加者の予定ってもんがありますからねえ。あと当たり前ですが雨だと走るしかないのも予約貸切の宿命です。
Posted at 2017/01/01 23:57:14 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月31日 イイね!
12月22日、NCロドスタのショックのオーバーホール、および新タイヤ装着が完了。


いま話題の(?)ゼスティノ・グレッジであります。07RR、235/40R17。
このタイヤ、乱丸さんからも続々と良い知らせがもたらされております。少なくともZII★と同レベルは期待して良さそうな気配です。

下ろしたて一発目は、やはりオートランド作手のタイム出しに使いたい。
しかしながら23日(祝)や25日(日)は天候不順や貸切走行会があり、見送っておりました。そして満を持しての大晦日。年末年始大感謝祭で計測器無料ですしw ただしバッジ期間は元旦からなので、ここでプレミアムバッジラインを切ってもバッジもらえません。そこは承知の上。


乱丸さんも同じ07RR履いて登場。各地のサーキットで立て続けに自己ベスト更新中、ついにALTも更新でありましょうか。

朝イチの9時枠は1コーナーがお決まりの凍結パターンかな~と思いきや、見た感じ大丈夫っぽい。これはベストコンディションなのでは。さあ果たして…

空気圧はよく分からないので、まずは高め、冷間2.2キロでスタート。
ウォームアップは早く済んだ感じ? ちょっとずつペースアップしていって、走行開始8周目…



29.658 が出ました! やったプレミアムバッジライン越えた~!
でもその後はやっぱり落ちていって、セカンドベストが29.799。そこからはもう29.8を切るタイムさえ一度も出ませんでしたw 最初のうちはていねいにラインをたどっていく走りで…とかやってるのが案外速いんですよね。そこでいいタイム出ちゃうと、次からはもっと気合入れて踏むぞ! とかブレーキ奥にするぞ! とかやっちゃって結局ダメなんですよね。まあいつものパターンですわ。
これはもしや車種別1位ゲットも夢ではない…!? なんて思っちゃうからダメなんですよねw あと0.047秒が遠いのです。おっとエンジン大きいくせにとかは禁句ですよ。

ベストが出てから2回アタック周を挟んでピットイン、空気圧は2.5くらいまで上昇。そこから2.0に落としたのですがイマイチよく分かりません。違いの分からない男です。

でも出てるタイム見ると、前シーズンの71Rで29.826でしたから、07RRは同等かそれ以上と考えるべきなんでしょうか? 私の買った頃の71Rはハズレのロットだとかも聞きましたが…。その他の条件もいろいろ変わるので、我々アマチュアドライバーのレベルではなかなか正しい答えにたどりつけませんね。

乱丸さんは遂に念願の29秒切りを達成! やはりALTでも自己ベスト更新となりました。
さて気分良く帰ろうと思ったら、そんな乱丸さんに煽られたのでw 11時枠もおかわりすることに。まあ、もう新品下ろしたてではないのでタイムアップは無理だろうなと思ってましたが、もうちょっと安定させられるよう練習もしたかったですし。
結果はやっぱり、序盤の29.873秒がベストで撃沈でありました。
後になって、RS500Kさんのお仲間さんたちに私のNCロドスタ乗ってもらえば良かったな~と。

で、後半になるとますます食わず、タイヤがズルズル滑るようになってきて…。1コーナーと2コーナーのあいだでもこれまでに経験したことがないくらいに滑り、30.9秒前後にまでタイムが落ちてしまいました。
なんだこれ~、熱ダレすると一気に食わなくなるのがこのタイヤの特性なのか~??? なんて訝しんでおりましたが、ところが…

帰り道、なんだかクルマがフラフラする? タイヤにまたカスが着いたせいかな、それとも縁石乗り上げたりでアライメントが狂っちゃったのか? と疑いつつ刈谷PAに到着。


左フロントタイヤ。そんなに大きなカスはついてませんでした。
71Rあたりに比べるとあまり溶けてませんね。このタイヤ意外とよくもってくれるかも?


左リアタイヤ。はああ~~~!?!?!? またパンクかよ!
史上最悪だった今年のカーライフを気持ちよく締めくくれたと思ってたらこれですよ。うわーどこからパンクしてたんだろ…思いっきり高速道路走ってきちゃったんですけど。あっ、もしや、2枠目の終わり際に一気にタイムダウンしたのこれが原因か? ありうる…。そんなでもタイヤもげないもんなんだなあと変に感心。

刈谷PAのGSではパンク修理してくれないと冷たいお返事。次の豊明PAで降りて最初のGSで見てもらいました。
ところがトレッド面から空気が漏れてるところは見つけられず。どうやらエアバルブキャップの中のゴムがずれてて虫を押してしまっていた可能性大、と。そんなあ~。こないだの595RS-Rのときもそんなだったかも…。やっぱふつうのゴムキャップのが良いの? そういう問題じゃない?

タイヤのほうは内側の変形が甚だしく、えらいことになってました。とてももう使える状態ではありません。デジカメで写真撮るの忘れました…。とりあえず空気入れてもらって帰宅しましたけど、1本だけ発注しないといけません。通販ショップは正月休みですし、またロドスタ乗れなくなっちゃいました。

通販ショップ見たらびっくり! ヤフーのサイトで見てたらゼスティノ・グレッジはどのサイズも軒並み在庫切れ! 07RSだけじゃなくて07RRも、07Rもなのか? いったいどうなっているのか…、これは1本だけ別銘柄もやむなしかと、念のため楽天のほうで見たら、なぜかこっちだとサイズによってはまだ若干在庫が残ってまして、幸運にも235/40R17もありました。同じショップなのに変なの。正月開けたらやっぱり無いとか言われたりしないだろうな~、心配です。

あと水温がこれまでと違ってきて、未明の湾岸高速で水温が75度を切らず、その一方ではALT走行中に90度に達しませんでした。
以前は冬季には70度くらいまで下がってたのが、ローテンプサーモスタットに変えたのに75度くらいになるということは、やはり純正サーモスタットが壊れかかってたのかも。
逆に、本当の厳冬期でもないのに90度まで達しなかったのは、クラッシュ後の修理のついでにラジエターファンのモーターを新品に換えたのが正解だったのかも? NCのは経年で弱りやすいとか雑誌で見たので…。
Posted at 2016/12/31 21:32:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月19日 イイね!
先日、Wさんの所でエクストレイルのタイヤをスタッドレスに交換しました。
タイヤは前のデュアリスで使ってたダンロップのWINTER MAXX SJ8、サイズは215/60R17。ホイールはデュアリス純正でリム幅6.5のインセット+40。タイヤもホイールもT30エクストレイルにはそのままピッタンコであります。クルマ選びの際にコレが念頭にあったのは言うまでもありません。

ついでに前輪のアライメントもいじってもらいました。トーインを強めたかったのです。と言ってもトーしか調整できない足ですが。
ステージアの人によると現状はトーゼロに合わせてあるとのこと。しかし直進状態でもハンドルがフラフラする感じがあり、ショックを交換しても変わりなく、これを簡単に改善する手法としてトー調整を試みようかと。

で、一気にトータルトーイン4mmくらいに。かなりきつい数字のように思われますが、乗ってみるとそんなすごいクイックなハンドリングになったようでもありません。高扁平なタイヤだとそんなもんなんでしょうか。肝心の直進安定性は…、んん? お? フラフラ感が抑えられた感じあるな…。数字のきつさは気がかりですけどしばらくこれで乗ってみることにします。

まあタイヤがスタッドレスになったり、ホイールが16インチから17インチになったりしてるのでどの影響か判然としませんが。
とりあえずロードノイズが大幅に改善されました。中古車として購入したときのままのファイアストンとかいうブランドのタイヤ、だいぶうるさかったようですね。製造年は2年前のようなのにもうひび割れしてますし。
乗り心地は悪化しましたねえ。段差を乗り越えたときの衝撃がガツンとくるようになりました。たとえスタッドレスのふにゃふにゃさでも、17インチでは16インチにかなわないようです。


ロドスタはまだショックOHから戻らないので、週末はたとえ猟期であってもエクストレイルで山を目指しますw
でも今回はサラッと、前から気になっていた「天空の茶畑」を目指すことに。
あとはついでに周辺の林道の位置を調べておこうと。

大垣方面から、揖斐高原スキー場へ続くあのMK林道へ行くとします。するとそこまでの途中の県道に「かすがモリモリ村」がありますが、それより手前で右手に山を上がっていく分岐があります。その登った先にあるらしいです。何回もその県道を通過しているのにそんな存在にはまったく気付かなかったので、ちょっと気になるのです。

今度は岐阜だ!日本のマチュピチュ「天空の茶畑」への行き方
地図によっては「岐阜のマチュピチュ」と表示されますね。モネの池と言い、近頃の岐阜県では前からあったものが再発見されるのがブームなのでしょうか。

とりあえず茶畑までは舗装されてますので、シャコタンのスポ車でも平気です。


なんかネットでよく見る写真と違う…。理由のひとつは、冬なので日が傾くのが早く、茶畑の多くが山の陰に入ってしまっていること。でも最大の理由は撮影ポイントがぜんぜん違うw 実は「天空の遊歩道」を徒歩で上がっていった先の絶景ポイントからでないとああは見えないのでありました。
今回は歩くつもりがないのでパスです。でもこんな時季の午後3時ごろでもちょろちょろと人が来てまして、そこそこ有名スポットになりつつあるようですよ。

集落を貫く道路に戻ってとりあえず行けるところまで行くかと進むと、おや? 道が地図にないところまで伸びていきます。そして舗装が途切れ、ダートだ! これは進まないといけませんね(謎の使命感)。


しかしダートとは言えかなり整備されてまして、間もなく舗装される予感。どうやら「三倉~上ヶ流林道」という名前みたいです。
道路わきの谷川は、狭いながら巨岩も転がるダイナミックな渓谷の様相。


帰り道に撮影したので車が後ろ向いてますが、ここで舗装が復活。なぜ??? 写真右手にある分岐路は後で地図で確認したらなかなか面白そう…


舗装復活はしましたが落石もゴロゴロ。

やがて墓地が見えてきまして、もしやと思えば…集落を発見! どうやら「谷山」という集落で、今は廃村化しているようです。へえ~知らなかった。しかも石碑を見ればなんとびっくりする記述がありました。
小椋姓が多く、1190年に滋賀の君ヶ畑からここへ移住したと…。君ヶ畑ってこないだデュアリスで皆さんと通過した集落ですよ~。

今回は元住民の方らしき姿とクルマを少々見かけたので散策はせず、そのまま進もうとすると…


いきなり剣呑な未舗装路に。今回はやめときましたが次回はリベンジしたいところです。でもネットの情報をまさぐってみると、わりとすぐに通行不能になってるみたい?

次は天空の茶畑に戻り、さらに奥地へと進んでいきました。こっちも意外と長いぞ…


舗装はされてますが、か細くなってきました。


やがてダート化。もちろん直進ですw なかなかイイ雰囲気の林道です。


山側からちょっと崩落。なんとか進めそうですけどここで中止。スタッドレスタイヤだというのがどうしてもブレーキになります。来年はオールテレーンタイヤぐらい履いてやる! と決意を新たにしました。


デュアリスの形見のホイール。まあそんなに違和感ないですね。

他にも進めそうなダート路をいくつか目星をつけまして、来年の楽しみに取っておきました。地図や航空写真を眺めていると揖斐川町には他にもあちこち候補が挙がってきます。鈴鹿山脈もたいがい行き尽くしたので、これからはこっち方面ですかね~。

日が暮れる前にMK林道の状況も確かめておきました。


うわっと! 長い路線のほんの一部ではありますが、既にこんなになってる箇所もありました。

北端の工事箇所は無くなってました。しかし路面を見てもどこを修繕したのか分からないのが不思議。

今回のドライブで改めて思ったのは、とにかくシートがダメ!


カブロンシートは汚れにくいはいいのでしょうけど私にはほぼ関係なく、ただ滑りやすく、そしてサポートが全くと言って無いのでコーナーでは体を自力で支えないといけません。これはやはり交換必須か。するとレカロで言えばSR-7Fとか、もっと乗降性重視のやつ。べつにデュアリス純正シート程度のサポート性でじゅうぶんなんですがねえ。そんなにお金かけたくないよ…

あとマッドガードも要るな~。サイドが汚れまくりです。
Posted at 2016/12/19 22:35:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月11日 イイね!

先週の林道アタック(不発)のすぐ翌日、エクストレイルはステージアの人に引き取られて再びクルマ屋さんの元に出戻りしていきました。
また壊した、のではありません。純正ショックを社外品に交換してもらうためです。誤解なきよう。

ついでに純正オーディオのヘッドユニットも社外品に交換してもらいます。純正品はさすが13年前だけあってMDが付いてますw しかしいまどきUSB端子も無いのでは不便極まりありません。こういうときナビとオーディオ(1DIN)が別々だと簡単でいいですね。バックモニターの映像はナビの画面に映りますし。

で、土曜日の夜に帰ってきましたので、本日はあれこれテストがてらドライブであります。
まずは新オーディオの使い方を学ばねば。私はちゃんとマニュアル読む派です。




ヘッドユニットはケンウッドの約1.3万円の安物。
ブルートゥースって何ぞや? ペアリング??? なんとかiPhone6SでYouTube視聴してカーオーディオで鳴らせるようになりました。
あとマイクが付いてます。えっ何するのこれ? 電話ができるそうです。文明やのう。

なんつーか旧式化しつつある兵器を、電子装備などの更新で近代化改修を計るみたいな感。
ちなみに艦これはやったことありませんw

あ、ナビの十字キーのノブは初めから取れてましたw これのナビは使わないのでいいです別に。

さて肝心の走りのほうはいかに…。



ショックアブソーバーはテネコのモンロー・アドベンチャー、いわゆる純正形状タイプ。
バネは純正のまま。

当初はアッパーマウントのゴム類も交換の予定だったのですが、実物見たところまったく問題なかったそうなので未交換。バンプラバーとブーツは一体式になってて、これはダメだったので純正品に交換、と。
ショックは特に左リアが完全に終わってて、ロッドを上にして立てるとケースの中にスコンと落ちるくらいだったとか。他3本は縮めてからの戻りは遅いけど、まあ13年経過してるなりでしょう、と。

ちょっと走ってみると…静かだ! これまでやたらガチャガチャ鳴ってた音が消えました。あれはショックが原因だったのか。こうなるとロードノイズのうるささがかえって引き立ちますなw
ギャップ越えたときのリアタイヤの収まりの悪さ、バタタタンッ! となってたのが、バタン、で済むようになりました。これは見込み通り、やったぜ!
上記だけでじゅうぶんコストなりの満足感アリ。

ハンドル切ったときにちょっと重く感じるようになりました。良く言えばしっとり上質に。
しかし直進時のハンドル中立のフラフラ感は変化なし…。なんで? ショックが原因じゃないのか。パワステの特性なのかも…。

ブレーキ時のハンドルガクガクも変わらず。恐らくローターとのこと。いつかディクセルとかに換えるか。


ドライブの行き先は先週と同じようなところへw しかしまだまだ猟期なので…、まあ深入りしないようにして、これまで気になっていた場所をいくつか、その入口あたりをあちこちチェックする作業に充てることと致しました。


ここから奥へ伸びる道ありましたよね? 地図によると、遠くに見えてる採石場へ向かうだけのようですが…、ええい、入っちゃえ。




ふつうタイヤなのでぬかるみだけは怖いですが歩いてみて安全確認。
途中にあった分岐、帰宅後に航空写真で見るとちょっと怪しいかも…。次回のネタですな。



良い子は来てはいけませんよ。

来た道を戻ってフラールに出る直前のところで、軽トラが数台で道を塞いでおりました。そのかたわらには、お揃いのオレンジ色のジャケットを着込んだ爺様たちがお弁当食べてます。
あちゃー、やっぱ猟師の人たち、ここにも来るんだ…。軽トラどかしてもらって、その路上に横たえた撃たれてホヤホヤの鹿の死骸もどかしてもらって脱出しました。道幅ギリギリすぎて鹿を踏みそうでしたw

すこしかわいそうですが、がんばって駆除してもらわないと我々も安心して走れませんので、がんばってほしいところです。なんか公的な扶助とかもらって活動してるんですかね?


あとは、他にも目星をつけた侵入路のゲートに錠がかかってないことを確かめて来春が待ち遠しいわいとニヤリとしたり、かと思えばまたもオレンジ色のジャケット来て猟銃携えた爺様たちとでくわして撤収したりして。



そう言えばここの存在を忘れてました。KKT入口を過ぎてR365をちょっと北上して左折、昨年開店したというお蕎麦屋さん。看板見て思い出して初入店。十割蕎麦はモチッとした食感、ただもうちょっと量があってもいいか。そしてツユが美味しい! なかなかの高評価とさせていただきます。

ただ残念だったのはこのお店じゃなくて、もっと北上したところにある喫喰庵が今年の9月ごろに閉店していたということ…。



国道を下ってマックスバリュとかある付近の洗車場で汚れ落とし。5分500円で時間足りませんでした。


さてロードスターはと言いますと、ショックがOHから帰ってくるのがクリスマスイブのプレゼントとなりそうなタイミングだそうですので、まあ年末年始休みまで首を長くして待つしかありませんな。
Posted at 2016/12/11 23:05:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「@イチカワR477 某所のゲートが開いてるか見てきてくださいw」
何シテル?   01/16 21:45
マツダNCロードスターと日産デュアリスに乗っています。 くたびれた中年男です。 以前はよくニコニコ動画に車載動画を投稿してました。 http://ww...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
ファン
15 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ツーリングやサーキット走行に活躍中。 2006年10月、新車で購入。NC1です。色はス ...
日産 デュアリス 日産 デュアリス
ホンダHR-Vの後継車として2015年10月、中古で購入。8年落ち7.3万キロがコミコミ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.