車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月19日 イイね!
先週のもろまえ走行会で、一瞬だけ油温が120度近くになってるのを見ました。いつも110度くらいにはなっちゃいますがここまで上がったのは初めてかも。だいたいそれより先に水温が100度越えてクーリングに入るので油温がそこまで上がったことなかったんですよね。
ところが昨年のクラッシュ修理の後、なぜか水温が上がりにくくなりまして。ラジエターのファンモーターを新品にしたおかげか、それともNC2バンパーが効いているのか? まあたぶん後者だと思われます。



NC1はグリルに樹脂の網状のパーツがはまっているのに対し、NC2バンパーはフィン状のものが水平に1本、縦に4本あるだけでスカスカ。これで走行風がよく入るんじゃないのかな? まさか修理したクルマ屋さんが何かパーツを付け忘れてるなんてことはないと思うんですけどw ちゃんとしたNC2をまじまじと見たことがないので…。

で、エンジンオイル交換。いつものモービル1の0W-30。ボトルキープならぬペール缶キープ状態です。
しかし水温が上がらなくなったぶん余計に走ってしまうので、気付くと油温だけどんどん上がってしまいます。水温90度で油温110度越えとか。

これで0W-30はヤバイんじゃないかと思えてきました。となるとやっぱり、いよいよオイルクーラー導入ですかね。もっと固いオイル入れりゃーいいのかもしれませんけど、前に同じモービル1の0W-40入れたら体感できるくらいモッサリしたのであまり気が進まないのでありました。

わりと評判いいみたいなNOPROのキットにしようかな…、あっ! もしかしてインテグラル神戸のインテークラムでかダクトと干渉しないか…? もし問題なく取り付けられたとしてもオイルクーラーの前に多少かぶさるのは避けられないか?

外したブレーキパッド(エンドレスMX72)はこんなになってました。


フロントのです。いやー、やっちゃった感ありますね。リアはまだぜんぜん残ってるようでした。
新しいブレーキパッドは何にしようか、MX72よりちょっとだけ利くやつにしたいな~。


などと思いつつも、在庫がすぐあるのと安さにつられてアクレ700Cにしました。前に使った800Cは初期制動すごくて、ただしダストもすごかった…ので700Cならどうかなと。たぶんMX72と同じくらいでしょう?
お値段は通販だと前後セットで2万円ほど。やっす!


こないだ高速道路で塩カル散布車の後ろについてしまい、足回りや下回りがえらいことに…。塩カルまみれだ! 後で洗車場で高圧噴射の水を吹きましたけど、なんでかその日はお湯じゃなくて水になってました。くそー、絶対サビるわ~。



本日は朝から美浜サーキットへ。鉄は熱いうちに打つのです。先週の記憶が消えないうちに、あれこれ考えてきたことを試したいのです。
ところが…日曜日のフリー走行が珍しいせいか何なのか、どうやら走行台数めちゃくちゃ多いみたいでして。午前中ほとんどどの枠も満席。確かMAX13台でしたっけ。まあ自分もそのうちの1台なので仕方ありません。これも経験と思って走ることにしました。

ここのフリー走行のシステムも不慣れで焦ります。ALTなどと違って1枠が20分。受付で貰ったあのチケット(3枠分)に希望の走行枠を記してもらって、走行10分前にもう一度受付でハンコ押してもらう、と。なるほど。

まずは9B。うお~、まったくクリアが取れない! これだけ台数多いと、抜いても待ってもどうしようもありません。ほとんどダンゴになってるだけで終了w しかし1ラップだけなんとかクリアが取れて、タイムは46.171。先週のベストが46.455だったので0.3秒くらいマシになりました。そしてこれが本日のベストとなってしまいました…。

次はちょっと空けて11A。でもやっぱり状況は変わらず、終盤で3周クリアが取れたものの46.261。なんとなく減衰を1コ上げてみましたけど意味ないかな~。

最後は11C。この枠は9台に減った上にペースの近いクルマが多く、やっとふつうに走れました…が、なんだかもうタイヤかエンジンがタレてしまったようでタイムが出ません。いちばんはドライバーの集中力がタレたのだと思いますが。確かやっぱり46.2秒台だった気がします。

ブレーキですけど、これMX72のが止まりますわw 初期制動がゆるいです。でもフルブレーキングでの制動距離はあんがい大差なかったりするんですかね?
ただし裏ストレートの後のブレーキングでスーッと進んじゃう現象は起きなかったように思うので、やっぱ前のは使いすぎでしたね。

次回以降の攻略ポイントとしては、やはり裏ストレートの後の右コーナーでいかにびびらずに車速を落とさずに入れるか、かな~。



がんばってまだ走ります。メシ食ってガソリン補給してALTへ! 3時枠になんとか間に合いました。ここまで相当使ったタイヤなのでもうプレミアムバッジ狙いは無理ですが、ここでどれだけのタイムが出るかでMLSや美浜のタイムがどんな状態のタイヤで出たタイムなのか判断がつくでしょう。

徐々にペースを上げていき、序盤で29.937が出て本日のベストとなりました。ひょっとすると体感と違って30.5がやっとだったりして、という予想もあったのですが、いい意味で裏切られました。このゼスティノ・グレッジ07RRの新品おろしたてで出たタイムが29.658なので0.3秒くらい落ちてはいますけど、むしろその程度しか落ちていないと言ったほうがいいでしょう。

その後、減衰最弱から1コ上げてみたりもしましたがタイムアップはならず。1コーナーはやっぱり硬くしたいですね。本当は減衰よりバネでするべきなんでしょうけど。
いちばん酷使される左前タイヤだけは他タイヤよりうんと熱くなり、こうなるとピットで休んでててもなかなか冷えません。これが冷めないことにはもうタイムは出ないよって感じでしょうか。


ALT走行後の左前タイヤ。やっとここまで減りました。

他のサーキットのスケジュールを見ますと、日曜日のフリー走行って少ないんですねえ…。走行会もいいのですが参加予約して雨が降っちゃうと悲しいですし。うーん。
Posted at 2017/02/19 22:42:37 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ
2017年02月12日 イイね!
昨日の土曜日(祝日)は、RS500Kさんに誘われて初めて美浜サーキットを走ってきました。
よく耳にするもろまえ走行会です。お昼のカレーライスが有名らしいですw
これまでもお誘いを受けていたのですが、土曜日はほぼ仕事の身ですので残念ながら参加できずにいました。ところが今月の土曜日は祝日。なんとか仕事を無理やり休むことができました。そんな我が身がつらい。

天気予報は数日前から大雪の予報を出しており、気を揉んでおりました。当日の早朝、家を出るときはまわりが雪でうっすら白くなってました。でも美浜サーキットって知多半島のわりと先のほうだし暖かい地域のはず…なんとかなりそう?

あともうひとつ心配事が。こないだのMLSでの走行会の前後で、なんだかブレーキが利きにくくなった気がしたのです。クルマに乗って最初のブレーキで違和感が起こりやすく、でもすぐに治るのか、それとも感覚が慣れてしまうのか、分からなくなってしまいます。
この日の朝も最初のブレーキでは予想よりもスーッとクルマが進んでしまう感じがしました。でもやっぱりすぐ分からなくなってしまう…。朝イチは冷えてるから仕方ないだけ? 気のせい? うーん、どうでしょう…。
仕事が忙しすぎて前日までにはガソリン補給するだけでやっとでありました。体力ギリギリです。

初めてなので早めにおでかけ。朝7時前に到着してしまいました。知多半島道路のICからそんなに遠くなく、東名阪のような渋滞の心配もなく、ウチからだとアクセスは良好ですね~。




ここはALTやMLSに比べると施設がキレイで高級な感じがしますw
RS500Kさんが風を遮られる場所を取っておいてくれました。それにしても寒い、北風がびゅーびゅーと吹き荒れる日でした。
私の隣の黒いNAロドスタはM2-1001。とても希少なクルマだそうで、私も名前は見聞きしたことあるのですが、この当時の私はゲームに夢中でクルマにはまったく関心ありませんでした…。中古車ではかなり高額になるそうです。しかしオーナー様はそれでも飾っておくのではなくサーキット走行等に使うべしとの考えをお持ちとのこと。その心意気を尊敬します。

走行会の参加者は速さごとに6~0までの7段階に振り分けられて走行、1ヒート約15分くらいだったでしょうか。それを1日で5ヒート走ります。こないだのMLSのK-SPIRITS走行会と同じような感じ。
私は初参加なので下から3段目の「2」クラスでスタートです。

1ヒート目、事前にYouTubeで予習してきた成果を生かして? ベストは47.050秒でした。
ホームストレートが微妙に上りになってて、1コーナーは水平なのか、ストレートからは1コーナーが坂の向こうになってて見えない! 上り坂なのだからブレーキには余裕があるはずなのに怖くて詰められません。
逆に、裏ストレートは下り坂になってて、次のコーナーへ向けてのブレーキは止まらない感じがありましてこれも怖い。

2ヒート目の前にクラス換えの案内があり、私は「4」に上げられました。今度のベストは46.509秒。
あれこれ試行錯誤してますが、何が成果で何がハズレなのか分かりません。ここは電光掲示板があってタイムが毎周確かめられるにも関わらず、怖い怖い1コーナーへのブレーキングの最中なのでとても見てられません…。

そしてお昼は名物のカレーライス。写真撮り忘れましたw マイルドなALTカレーに比べるとピリッと辛口ですね! あとお肉がおいしい。

3ヒート目は逆走。この前にさらにクラス換えされて、いちばん上の「6」になっちゃいました。
これもなかなか面白いかも。1コーナー(順走の最終コーナー)手前にコーンが置かれてシケインとなってます。最初、コーンに当たりに行きそうになって焦りました。タイムは47秒いくつだった覚えがありますが紙がどっか行っちゃいました。

そして自分の走行後、猛吹雪が…


こうだったのが、


ブオオオオ!!!


どんどんウェットに…。

しかし徐々に雪の勢いは弱まり、皆さんの熱い走りもあってどうにかドライに戻った…かな? まだちょっと降ったりやんだりですけど…。

4ヒート目からは再び順走。ここからどう攻略したものか攻めあぐねておりました。
そしたら、あれ? スピーン。



「ラディカル」という、すんごい速いナンバー付きレーシングカーみたいなクルマがスピンしてまして、そこをパスした直後に、なんでそんな? みたいなスピンを喫してしまいました。再び降り出した雪のせいにしたいところですw 後ろで追っていたRS500Kさんも不思議だったことでしょう。
タイムは46.574で前より落ちてしまいました。がっくし。

最後となる5ヒート目は路面も乾き、気合いを入れて臨みます。でもけっきょく何をどうすればいいやら、ちょっぴりタイムアップの46.455秒で終わりました。
とりあえず1コーナーは早くインに付きすぎてると思ったのでもっとアウト寄りから回るようにしたとか、それくらいか…。
上手な人たちの動画と見比べると、まあ操作の行き当たりばったりさもありますが、全体的にコーナーの通過スピードが遅すぎる感がありますね。そこまで減速しなくても曲がれるのでは? と。
同じNCで、2リッターエンジンで45.5秒まで出してる方がいらっしゃいますので、まだ1秒も遅い! 2.3リッターのくせに! 修行が足りません。

いちおうベスト周の動画。



RS500Kさんがカプチーノを追いつつ先導してくださっております。ストレートスピードはあまり違わない気がしますね~。でもコーナーがこちらがぜんぜん遅い。もっと強めに減速しながらクリップを目指したほうが速いのかな~。
減衰は前後とも最弱のままにしてましたが、リアだけ1個上げるとか試してみれば良かったかも。

走行後のタイヤ、ゼスティノ・グレッジ07RR。


右フロント。やっと使い込んだ感が出てきました。


左リア。フロントより残ってますね。本当になんでこんなに減らないんだこのタイヤ…


カレーの写真は撮り忘れましたが、オヤツの写真は撮りました。
あとベトナムのフォー・ガーとか言う米粉ヌードル? のスープの余りも頂きましたw

写真と言えば…この走行会ではプロの方が走行中の各車を撮影しておりまして、希望者には後にCD-Rで写真を送付してくださるサービスがあります。今回はデータでなく本の体裁で送ってくれるサービスを試しにやってみるとのことで、4千円しましたけど記念に注文してみました。あー、でもだったら洗車しておけば良かったw めちゃ汚い状態でしたよ…


こちらは当日無料でもらえた写真。シールになっております。試供品でしょうか。

と言うわけで、RS500Kさんや皆さんのお世話になりまして、無事に走行会を終えられました。今回の結果はちょっと悔しいのでもうすこし頑張ってみたいですね! 次回のもろまえ走行会は大量のRX-8の参加で既に満席のようですが…。

さて美浜サーキットを後にして…という段になって、また例のブレーキがちょっと止まらない感が出ました。さすがにこれは冷えてるせいではないし、こないだのMLSと今回の美浜でハードブレーキングしすぎてエア噛みでもしたのか? 実はエア噛みって体験したことなくて、なんか伝え聞く症状とは違うけど…。

で、エンジンオイルの交換もしたいので、雪の吹くなか、いなべ市のWさんのところへ。


フロントのブレーキパッドが…、あ、あれ? もうそんなに?
卑しくもサーキット走行など嗜む者が自分でこれをチェックしてないなんて、相当問題アリですな…。なぜか、まだまだもつだろうと思い込んでて、いちばん基本的なところを考えもしなかったという。
だいたいブレーキ液が減って警告灯が点いて気付くんですけど、昨年のクラッシュ後の修理で注ぎ足したの忘れてました。


Wさんによるとリアはまだあるとのことですけど、これどうなってんだ? 

さて次のブレーキパッドを何にするか考えないといけません。いま使ってるエンドレスMX72より、もうちょっと利くヤツがいいかな~。でもダストの少ないのがいいな~。そんな調子のいいの無いか。
アクレ800Cはすごい利いたけどダスト凄かった…
Posted at 2017/02/12 19:31:28 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月30日 イイね!
昨日の日曜日は、乱丸さんに誘われてK-SPIRIT走行会に参加してきました。
場所はモーターランド鈴鹿(MLS)。私には初走行のコースです。
東名阪の鈴鹿ICから国道306号を南下していくだけ。すごく分かりにくいところにあるイメージだったのですが実際は簡単でしたw 鈴鹿ツインサーキットもすぐそばなんですねえ。

天気予報は数日前まで雨だったのがだんだん晴れに変わって、朝は寒かったですがだんだん陽も差してきて暖かくなりました。


乱丸さんはいつものランエボのメンテが長期化してしまって動かせず、メインカー(?)のミニで参加されました。

私はこれまでどこのサーキットでもフリー走行でしか走ったことがなく、走行会というのも初めて。
しかし予想外に参加台数が少ない! ぜんぶで17台だけ。いつもはもっと多いそうですが。

おおまかな速さごとに4クラスに分けられ、1クラスあたり15分間走行で次のクラスと交代。これまたいつも50分枠で自分で休憩時間を作りながらの走行しか経験がありませんので、なんか忙しそうだなと思ってましたが、走ってみると案外これはこれで理に適ってますね。
なお、いつもはもっと台数多くて5クラスなので1枠12分とのこと。そうするとぎりぎり物足りなく感じるのかな?

1枠目、正回り、おそるおそる走行開始。同じ枠の車は自分入れて3台だけ、快適です。
ダンパーの減衰は前後とも最弱、タイヤの空気圧は温間2.0キロとしました。

前もってYouTubeであれこれ見てコースの勉強はしてきました。



他の動画見てて、とにかく外周がコワイ、下手なことすると大クラッシュやで~と恐れてたので、この方の説明のように最初のコーナー(30R)のインをかすめてまっすぐ走ってブレーキング、というのをマネすることにしました。安心感高そうなので…。

走り出して思ったのは、思ったより路面のグリップが良いように感じること。特に恐れていた外周が思ったより食うのでほっとしました。ほとんどオートランド作手(ALT)ばかりの私、こういう高速コーナーは過剰なほど怖いのです。とっちらかったら無事で済む自信がまったくありません。

また、3速からフルブレーキングして2速に落としてからヘアピンを曲がる、というのが2ヶ所ありまして、これまたALTには無いシチュエーションです。これやってると、ああこれが普通のサーキットだよなあとか思いますw
しかしどうしてもブレーキ踏んでからヒール&トーでシフトダウンするタイミングが早すぎて…この日だけでかなりミッション傷めたんじゃないかと…。

1枠目のベストは47.764秒。思いのほかいい数字のような。実は内心、48秒切りが目標でした。最低ラインは越えたということで一安心。



直後に次のクラスの枠で走り出した乱丸さんのミニ。流し撮りにチャレンジするつもりが、自分のコンデジでシャッタースピード遅くする方法を忘れてて出来ませんでしたw
それにしても、直線は確かに遅いですがコーナーがみょうに速そうに見えましたよ。

2枠目も正回り、ちょっとずつ慣れてきて、すこし更新の47.578秒。

この次の枠は、逆回りの1枠目。こっちは予習してこなかったので要領を得ません…。この枠でのベストは47.151。事前の説明通り、正回りより速くなるようです。

外周から最終コーナーまでが、より速度が乗るようになって気持ちはいいですね。おかげで3速のままだと、ブレーキングポイントでぎりぎりレブリミットに当たるようになりました。時速130kmちょいでしょうか。
ところが、そのせいで一瞬アタマが混乱して、4速に入れようとかしちゃったんですね。何やってんだ俺!? となっても時既に遅し、ブレーキが完全に遅れて…


いや~、あそこからよく止まれたもんですわ。パニックブレーキでも曲がってくれたABS様に感謝w 車体のほうはノーダメージでした。

お昼ごはんタイムの後、逆回りはこれで終了となる2枠目。



逆回りベストの周です。46.867でした。
なんと第1コーナー手前で3速に入れ損ねてますw あまり影響ないのか?

次は正回り3枠目。ここで減衰を1コ上げようとしてそのまま忘れて最弱のまま走行。まああまり問題を感じてないというのもありますが。
そうそう、先日のダンパーオーバーホールから戻ってきたら、なぜかシュッ、フィシュッ、みたいな作動音が大きくなってしまいました(泣)



47.364が出て、これが本日の正回りベストタイムとなりました。
わりと早い周で出てたようですが本人には分からず。このサーキットはピットのモニターにはタイムが表示されますが、コース上には電光掲示板などがありません。ただし磁石は埋め込まれてるので、自前の計測器を付けておけば分かるはず…なのですが、何故か私のは反応してくれませんでした。乱丸さんのと同じ機種なのにおかしいなー。まあ今回は初走行ですのでそこまで気にして走るようなものでもありません。

これは第1コーナーはうまくいってる気がします。ちょっと突っ込みすぎかな、という感じですが強めのブレーキ踏みながらでも曲がってくれるので一応クリップにつけられてますし、立ち上がりポイントも早めのような…。もっと丸いラインでボトムスピードを上げていくやり方もあると思いますけど、恐怖心との戦いになりそう。

外周は怖いので適当ですw 皆さんの動画を見てると、最初の30Rではインを付かずに大回りでいくやり方もあるようですね。そのほうが次の20Rはなだらかなカーブで曲がれるからでしょう。
絶対壊したくないのでびびりまくってますが、ブレーキングとコーナリングスピードはともかく、せめて立ち上がりはもっと踏めるのかな? うーむ。

次の2つ目のヘアピンはクリップを付けず、失敗気味。単純にブレーキが緩い? 恐怖に負けてブレーキングポイントが手前になってしまっており、そのせいでブレーキ緩めて結果足りないという…。ハンドル切り出すのが遅いってのもありそう。
もっと早めにハンドル切り出してV字状のライン取りとしたほうが私のマシンでは安全で速いかも。低回転域のトルクに助けられてます。

次の右コーナーも恐怖なのでゆるゆるでございます。
インフィールドは最初の15Rから2個目の15Rへ移るときのラインが大回りすぎるかも。もっと直線的にいけばいいだけ?


残りの正回り2枠は雨が降ってしまいまして、ゼスティノのウェット性能を確かめるべくなんとか走ってみました。特に問題なく、ふつうだったのではないでしょうか、たぶん。耐ハイドロは期待できないでしょうけど、路面がただ濡れてるだけならば。いちおうウェットでのベストは50.880でした。


…という感じで、もしもこれらの反省ポイントが的確であり、改善できたとしたら47秒切れるかな~?
いつものALTとだいぶ違って新鮮味がありまして、まあまあ気に入りましたのでもうちょっと頑張ってみたいですね~。

1日終わってタイヤの状態はこんな感じ。


右前輪。


右後輪。

ゼスティノ・グレッジ07RR、やっと内減りが明らかになってきましたが、全体的には…減りませんねこのタイヤ…不思議です。中央の縦ミゾの横にあるZマーク、これが消えると2mm磨耗って話ですが。このままグリップ力も持続するなら、少々値上がりしても許すしかないとなりそうですが、果たして?
Posted at 2017/01/30 23:38:18 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月22日 イイね!

今日はオートランド作手にプレミアムバッジを獲りに行きました。
すでにボーダーラインを切るタイムを出してますが、それはバッジ認定期間直前の大晦日のことでした。このまま心のプレミアムでもいいのですけど、やはり物理的なバッジをもらって以前のように左フェンダーに貼って飾りたいと思います。

そうそう、こないだ空気漏れしたまま走って壊したゼスティノ・グレッジ07RRですが、内側を見たら…



何コレ!? 内部のゴムが剥がれて粉末状になって底にたまってる…。怖っ! こんな状態で走らせていたとは。トレッド面とサイドウォールの接ぎ目のあたりが剥がれてたみたいです。

で、1本だけ新品を購入。この時点で各サイズとも在庫切れ状態でしたが、ラッキーなことに我が235/40R17はまだありました。
その後、皆さんご存知のように一気に値上げが行われてしまいました。特に17インチは元から高かったのが、さらに高額化。同じ幅・同じ扁平率の18インチのとほぼ同じ値段になっちゃいました。それでもなお買う価値があるかもしれないと思えるのが恐ろしいところです。でもたぶんダンロップのZIIIのが安くなりそう…。
18インチはまだお値打ちと思えるので羨ましいですね~。



しかしこのところ寒いですね! 尾張地方も先週は大雪で、我が家のカーポートの下のロドスタもこの有様でした。かなり大きめのカーポートにしたのですがだいぶ横から吹き付けたみたいです。

当然ALT周辺はもっと降りますので、たどりつくまでの道路がかなり厳しくなっていることが予想され、今日はエクストレイルで近場で雪遊びに興じてしまおうかと迷っておりました。
しかしALTに電話してみますと、道中もまず大丈夫とのお言葉をいただき、思い切って向かうことにしました。




コース上は見たところドライと言えそう。駐車場は一部が凍ってます。
駐車場の屋根の先の木の棒は、廃止になったのかと思ってたら今回復活してました。それでやっとその存在理由に気づきました。雪の重さに耐えるためだったんですね…今までアレ何のためにあるんだろうと不思議に思っておりました。
私が以前、ロドスタのケツでへし折ってしまったので廃止にしたのかなと勝手に思ってましたw

2時枠で走行開始。とにかく寒くて路面温度の低いことが予想されます。パワーは出るのかな~?
タイヤの空気圧は冷間1.8キロでスタート。車高調の減衰はいちばん弱めで。

ところがタイムが出ねえ! こないだ29.658まで行ったってのに30.1~30.2あたりをウロウロ。えー、もうゼスティノ劣化しちゃったの? でも体感的にはよく食ってるんだけど…。なんで? プレミアムのボーダーは29.8なのでちょっと届きそうにないぞ~。

休んでから減衰を中間あたりに上げてみたらすぐ29.851が出て、これがけっきょく本日のベストに。
うーん、減衰上げると1コーナーはやっぱ安心感あるかな~。でもそれ以外のコーナーは車体の動きが小さくなって挙動が分かりにくいと言うか…。

また休んでから、気合いをゆるめて走ったら29.8台がぽろぽろ出るように。理由は走らせ方。気合いと共にブレーキングもゆるくしたってだけです。
前から同じことばっかり言ってますし、そのほうが安定して速く走れるのは分かってました。でもやっぱギリギリまで加速していって、ブレーキングポイントを遅らせてギュッと短く・強く減速したほうが速いに決まってる…はず…。タイミングとかいろいろ技術的に難しくなって再現性が落ちるけど、タイムを突き詰めるなら理想を求めるべきだろうと考え、最近は強くブレーキ踏んでました。タイヤがギャッって鳴くくらいに。

あと、しょせん素人の遊びレベルなので自分の走らせ方とタイムとの相関関係がなかなか見えないという問題があります。走るたびにあらゆる要素が変動しちゃうので、タイムが上がっても落ちてもどれが原因だったのやらよく分かりません。ロガー使うと分かりやすくはなるのかもしれませんが…

でも今回は相当はっきりした感じがします。やっぱこのコースでこのクルマで急ブレーキはダメなんだろうと。1コーナーから最終コーナーまで、すべてユルめのブレーキングのほうが速いと見て良さそう。1コーナーでさえ、やる気なさそうなふんわりブレーキングで行ってもあまりタイム落ちないような…

最終前の左コーナーだけは未だにどう走っていいか分かりません。現状ではブレーキ強すぎでしょっちゅうアンダー出してるのでやっぱあそこもユルくしていったほうがいいのか。

ゆる~いブレーキかけながら曲がっていく、というのを変えられない条件として定め、それに合わせてブレーキング開始ポイントもライン取りも考えていくのが良さそうです。
こんだけALTばっかり走ってて、本当にいまさらすぎて恥ずかしいw そのうちまた同じこと言い出す気が…

と言うわけで、今回のチャレンジは見事玉砕と相成りましたとさ。




さて、来週末の1月29日(日)は、モーターランド鈴鹿の走行会に参加予定です。
さらに2月11日(土曜日・祝日)は美浜サーキットのもろまえ走行会へ。

どちらのコースも初走行でちょっぴり不安。モーターランド鈴鹿を無事に終えられたら、もろまえにエントリーしようと思ってますけどそれじゃ遅すぎて定員埋まっちゃうのかな。

そんなこんなでゼスティノを使い切ったら、新発売ホヤホヤのダンロップ・ディレッツァZIII買って今度こそプレミアムバッジゲットじゃ~! なんて目論んでおります。

しかしゼスティノ・グレッジ、あちこちで「温まりにくい」という評判が立っているようですね。私のは一番上のRSじゃなくてRRですけど、それでも確かにトレッド面があまり溶けません。溶けない=熱が入ってないということなんでしょうか? でもそれでいてこれだけ食うんなら、ある意味ありがたいのかも。ALTを合計3枠走ったのにあまり磨耗してなくて…。

たとえミゾがいっぱい残ってたとしても、何度も熱入れを繰り返せば劣化が進んでだんだん食わなくなるものと思われますが、そもそもあまり熱が入らないのだとしたら…? バッジ期間は2月いっぱいなのでそれまでにまだ使える状態だったら困ってしまいますw



おっと。正月休みのラストに三重・奈良方面で新規開拓事業団やってきましたのでご報告。

噂の奈良ニュルとは、やまなみロードという広域農道のことでありました。


名阪国道より北の区間は、ワインディング度は低く、代わりにダイナミックなアップダウン。


名阪国道より南の区間が、おそらく奈良ニュルと呼ばれる区間であろうと推測。コーナーの曲率は90度以下のことが多く、なかなか気持ちのいいコースでした。距離もしっかりあります。勾配は上ったり下ったりで、周囲の景色なんかも含めて、これまで走ったことあるコースだと伊豆スカイラインに似てると思いました。
しかし関西の走り屋さんたちは本当にここを走ってるんですかね? どえらい高速コースになるように思いますし、ちょくちょく近くに民家もあるようですが…。名阪国道からすぐなのでアクセス性は高いですけどね。

そこから県道などを伝って曽爾村から御杖村へ。どちらも三重県と接する自治体です。高原の牧場の風景は実にのどかでござった…と言いたいのですがその日は雨でした。


曽爾村の道の駅っぽい温泉施設で地ビール3本購入。この頃はまだ左足のかかとに転移した痛風が勢力を弱めながらも残っている状態。でも買っちゃうのです。

関係ないですが、地元のサークルKがファミマになれずに(?)閉店となり、缶ビールが1本100円とかで投げ売りされておりまして、そりゃあ買いこむでしょうとも、ええ。

最近は落ち着いておるようですw
Posted at 2017/01/22 22:12:50 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月04日 イイね!
3日は、雪景色が見たくなって御嶽山方面へ。
下の写真は2014年6月29日のもの。



ここが真冬になったらぜんぜん違う風景なんだろうな~、などと思い、スキーもしないのに「おんたけ2240スキー場」を目指して上がって行きます。


ダメでしたw

仕方ないので昨年も通った所へ移動。岐阜r463~r435~r441。御嶽山の北側山麓を横切るこのルートには、チャオ御岳スノーリゾートと濁河温泉が途中にあるため、標高1800m前後に達するにも関わらず毎日除雪車が働いており冬季通行止がありません。夜間は通行止めになります。
あとチャオのほうから進むと途中で有人式のゲートがあります。スタッドレスタイヤかどうかをチェックしているようです。


この時季としては-5℃でも暖かいほうでしょうね~。


いつかドリフトで駆け抜けられるようになりたいものですw

そのうち母を濁河温泉にでも連れてきて親孝行するかな…
でも温泉って何にもすることなくて暇なんだよな~。

--------------------------------------------------------------------------------

今日(4日)はあまり時間が取れず、なんとなく知ってる道のパトロール(なんだそれは)。
三重県のKM峠(Z家)へ。わりと久しぶりですけど前と変わりありませんでした。
しかしその途中から伸びるわき道は…。



三重r677。なんだか、えらく執拗な警告看板が出ております。でもゲートなどは置かれてませんねえ。
余談ですが、ここから出てきたトラックにW氏が危ない思いをしたという噂がw


今回はこのときの動画とは逆に進みます。


ロドスタが強行突破できるくらいですので、エクストレイルなら余裕だろ~とナメておりましたが、サイズがでかいせいで道幅が…こんなに狭かったっけという思いが否めません。


亀山市と伊賀市の市境となる、名無しの峠。


4つ光らせると森林警備隊っぽく思えるのは何故だろう。


この険道の最狭区間。両脇にはアルミホイール殺しがガイドレールのように…。こんな余計なモン要らないのに(泣)


あちこちから作業林道が伸びてます。オフロードバイクが3台くらいチャレンジしてはコケたりしてました。いいな~。

この次は、国道1号の鈴鹿峠へ上がっていって…


上り下りが分かれるこの信号「沓掛」で右折。


「鈴鹿南林道」の入口があります。
鈴鹿越えの道路で冬になっても通行止めにならないのは、R421石榑峠トンネルとR1鈴鹿峠だけではありません。他に2つ、土山と石水渓を結ぶ「安楽越林道」と、この鈴鹿南林道があるのです。
安楽越はちょくちょく通ってたけどこっちは何年ぶりだろうな~。


道幅はまあまあ、カーブミラーの設置率も高めでペース上げて走れます。でも路面はこの有様なのでブレーキ要注意。



何度めかのピーク、標高330mほどからの眺め。新名神が見下ろせます。

そんなこんなで、どれもこれも知ってる道を繰り返してるばかりでありまして、どうにも新鮮味に欠けておりますな。明日は奈良県方面の新規開拓、ツーリングの下調べに行くぞ! 朝に起きられれば。
Posted at 2017/01/04 23:22:16 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@乱丸・エボ・ダイクン きれいに見せるようにかなり補正されてるみたいですw」
何シテル?   02/25 06:55
マツダNCロードスターと日産T30エクストレイルに乗っています。 くたびれた中年男です。 以前はよくニコニコ動画に車載動画を投稿してました。 http...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ファン
15 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ツーリングやサーキット走行に活躍中。 2006年10月、新車で購入。NC1です。色はス ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
毎日の通勤&林道ドライブカーとして活躍中。 初年度登録は平成16年(2004年)2月、 ...
日産 デュアリス 日産 デュアリス
ホンダHR-Vの後継車として2015年10月、中古で購入。8年落ち7.3万キロがコミコミ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.