• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だるやーのブログ一覧

2017年06月20日 イイね!

ALTで噴霧器

一昨日の日曜日は、ALTでR1Rのリベンジのため朝イチで向かいました。

前回のタイムの低調は、果たして気温の高さが原因なのか、それとも? そこを確かめるべく2週連続ALTであります。この日は曇りでかなり涼しく過ごしやすい気候でした。18度くらいだったみたいです。

もうひとつのテスト項目はタイヤの空気圧。このタイヤには高めの空気圧が合ってたりしないかな~と、前日に冷間2.0キロに合わせておきました。

さらにもうひとつ、今回導入の新兵器。


園芸用の噴霧器であります。単3電池4本で動くすごいやつw 過熱したタイヤを水で冷やすのに使います。RS500Kさんのマネです。乾電池別で2千円くらいでした。

最初に探しに行ったホームセンター「ジャンボエンチョー」には容量1リッターか3リッターのものしかなく、少なすぎるか多すぎるかといったところ。形状もかさばりそう。次に訪れた「カーマ」ではRS500Kさんのと恐らくいっしょのコレを発見。容量2リッターで細長い円筒状、ロドスタの狭いトランク内でもおさまりが良さそうです。

しかしよく考えると別に電動でなくともフツーにじょうろでいいんじゃないかという疑念が…w でもまあ少量の一定量ずつ水が出るというのが案外使いやすさのポイントなんだろうなと。



朝イチの9時枠で走行開始。なんと走行台数は15台! 多い! この日はALTのバリューデーだったの忘れてました。でも思ったほど走りにくいこともなく、問題ありませんでした。

最近は1枠のあいだに休憩を2回取るパターンになることがほとんどですね。その休憩タイムにすかさず噴霧器でタイヤにお水をちょろちょろ~と…。かかった水が乾いた頃にはけっこうタイヤ冷えてます。アツアツだったのが人肌くらいに。

トーヨーR1R、ALTの700mしかないコースでも、アウトラップの次の周にはアタックできるくらい熱の入りはいいです(冬場は知りませんけど)が、熱ダレしやすいとの噂。タイヤ水冷化の効果を期待したいところです。

タイヤの空気圧は、1回目の休憩時点で2.3キロくらいになってました。予想ほど上がらなかったのが残念。これだと先週とほとんど変わりないぞ~…

出たタイムは、ベスト30.257、2ndベスト30.264。コンマ2秒台が合計5回出たのでわりと安定してるかも。前回の30.501よりちょっと良くなりました。うう~ん、原因はやっぱ気温?

2回目の休憩の後でもコンマ2秒台が2回出てますし、いつもみたいに後半ほどタイムが出なくなっていくという傾向でもないので、やはりタイヤ水冷化作戦は効果アリみたいです!
あと、ちょっとオイルクーラーにも吹きかけてみたりしましたけど停車中にやってもそんなに意味ないですかねw



走行後、久しぶりに三河フランクが食べたくなって作手の道の駅へ。チーズフランク、やっぱいつ食べても美味いです。


こちらは東名高速の上郷SA上り線の三河フランク。同じ物だということですけど、どうしても作手の道の駅のが美味しく思えます。きっと周りの雰囲気とかのせいでしょうね~。



しかし食べながら思いました。もっと空気圧上がる予定だったのに残念だ、そうだもう1枠走るか? と…。

そういうわけで舞い戻り、2時枠も走ることにしちゃいました。天気はあいかわらず曇ったままで気温もたぶんほとんど変わってません。走行前にほんのちょっと小雨がパラパラして、しまったーと嘆いたりもしましたけど、なんとか問題ない程度で済んでくれました。

今度は空気圧を冷間2.4キロに。1回目の休憩時点で2.7キロあたりになってました。
ここで後ろタイヤだけ2.2キロに下げてみました。前タイヤの走行抵抗を高い空気圧で減らした状態のまま、後ろタイヤはもっと食うようにならんかと。
でもあまり違いを体感できない鈍感な私。タイムもさほど変わらず。

2回目の休憩で前後とも2.2キロに(9時枠とほぼ同じ)。でもあまり変わらず。これだけ変わったら、ふつうはもっとフィールで分かりそうなもんですけど…分かりません…w 私の場合、一般道を流してるくらいだと分かるんですけど、サーキットでアクセル全開! 限界コーナリング! とかやってると分からないんですよね…

タイムはベストは30.264でほぼ1枠目と同じですが全体的には悪化しちゃいました。はあ。
というわけで空気圧の試みはほぼ失敗に終わりましたとさ。
しかしながらタイヤ水冷化作戦はほぼ成功と見てよいかと。

タイムの絶対的な遅さは、タイヤのせいなのか、気温のせいなのか…
R1Rはフィールとしてはすごく食ってる感あるんですよね。しかも限界付近がすごくおだやかで唐突さがなく、ズルズル滑りながらも持ちこたえてくれる感じです。タイヤの特性に合わせたセッティングとか恥ずかしながら私はまったく出来ませんので、それなりに乗るだけなので、セッティング出来る人なら話が違ってくるのかもしれません。



この日はその後、レクサスIS-Fや5代目コルベット(かな?)で走る人がいたりして見てて面白かったです。小さいコーナーが苦手でしょうからタイム的には苦しいですが、ストレートから2コーナーあたりまではかなり速そう。IS-Fはとっちらかっても電子制御で立て直るみたいです。コルベットの人のウデは確かなように見えました。

関東からお越しのNCロドスタの方もいらっしゃいまして、お話したり。あっちは東海地方みたいなミニサーキットは少ないんですかね? でも関東はレベル高そうで恐ろしいです。
午前中、近場の方ですごいチューニングしてそうなNCも走ってたのですが、なんか気後れして話しかけられませんでしたw

最終のドリフト枠でNDロドスタが走るもんだから、まさかドリフトするのかと注目して待ってましたが…あれ? グリップで走ってます。別に構わないのかな。ストレート以外はえらく速そう! きびきびしたコーナリングが見て取れました。

サーキットに丸1日居てフリー走行見学してるだけでもクルマ好きなら楽しめますよね実際。



-------------------------- おまけ ---------------------------


自宅の隣の修理工場さん、今度はこれを直すのでしょうか。この時代のクルマがさっぱりな私には、こないだのギャランと見分けがつかない…なんか丸っこい? クラシックカー好きの皆さんに怒られそう。


これは数ヶ月前の。




会社のフォークリフトの代車。会社のはマニュアルミッションですが、これはオートマ。なのに3ペダル?
写真右から、アクセル、弱ブレーキ、強ブレーキとなっております。
操作が難しそう? マニュアル車だと、停車するまで減速するなら当然クラッチ切るじゃないですか。そのつもりで左足で強ブレーキ踏んで、右足で弱ブレーキを踏む…するとこれが意外とマニュアル車と違和感なく操作できるんですわ。もちろんスピードの出る乗用車だと問題出そうですけどフォークリフトならいけます。上手いこと考えたもんです。
Posted at 2017/06/20 21:29:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2017年06月12日 イイね!

ALTで初R1R

日曜日は、オートランド作手の4時枠を走行しました。

この日は軽トラ・軽バンの走行会があって3時枠まで貸切。軽トラでも見学してて横転しそうで怖いんですけど軽バンだと更にですね…。


軽トラは噂のドリフトを生で見られましたw


新しい回数券も購入。ちなみに私、会員ではありません。



あと、再生産した PIT OUT RACING ステッカーをやっと貼り直しました。今回はメッキバージョンを高級仕様にしたおかげで仕上がりのきれいさがグーンとUP! でも貼ってみると意外と地味というか…? フロントウィンドー上に貼ってみましたが。でも前の車検のときにこの位置の剥がされちゃったんですよね。ガラスが透過してない部分なのだからOKだと思うんですけど、ダメなのかな~。

で、かなり高い気温のなかで走行開始。路面は見た限りではドリフトのせいで真っ黒なんてことはなく、ぜんぜんキレイに見えました。ところが…
なんで? ぜんぜんタイム出ねえ~!

新品R1Rは走行前の空気圧1.9キロで、すぐ2.3キロくらいまで上がったので、適当に2.1キロに落としてみました。
フィールとしてはよく食ってますし、フェデラル595RS-Rみたいに鳴きもしません。意外とアタマの入りがよく感じました。
噂のぐにゃぐにゃ感はそれほどでも…ブレーキ踏んだときのノーズダイブがぐにゅっとなるのは確かにありますね。ロールでは1コーナーだけはちょっとそういうのあります。

最初の走り出しで30.652、30.608…。そこからは「意外と食うんじゃん」という思いからか無理に攻めすぎてドアンダー、というのを繰り返してしまいました。

ひと休みして、お誘い頂いたRS500Kさんの園芸用の噴霧器?(乾電池で動くヤツ)をお借りしてタイヤを冷ましました。あれいいですね、今度ホムセンで買っておこうっと。
それから出たのが30.501、30.508。これが今回のベストあたりとなりました。ぐぬぬ、何故だ。

前回の終わりかけゼスティノ07RRで、気温もたぶんいっしょくらいで、30.2か30.3あたりでした。うーん、こないだより暑かったんかな~? 次の日曜日は朝イチでも行っちゃう? どうしましょう。こんな体たらくでは、夏プレミアムなんて到底おぼつかないぞ~。


走行後の助手席側フロントタイヤ。やはり溶けたゴムがブロックの端から流れていったようになってます。ものすごく減るという噂のこのタイヤ、こりゃ冬までもたないかな?
Posted at 2017/06/12 22:52:39 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月05日 イイね!

悩ましいタイヤ選び


日曜日は夕方からお呼ばれしてSスカへ、駄弁りに向かいました。

途中で乱丸さんのお知り合いのエボXの方も合流。タイヤはゼスティノ・グレッジ07R。私のNCロドスタが07RR、乱丸さんのエボIXが07RS。三種揃い踏みとなりました。

しかし私の07RRも残り溝少なく、だいぶ食わなくなったような…気がするのと、6月のタイヤ値上げの噂を信じて早めに新タイヤを購入。初めてのトーヨーR1Rであります。
でも通販サイトが6月になったからって急に値上げなんてするかなあ? と思ってたらこのタイヤ、きっちり千円ほど値上がりしやがりましたよ。でも他メーカーのタイヤは別に変わってないように見えますが。たまたまですかね。

寒くて風邪引きそうなSスカを降り、某所へタイヤ交換へ…


前にRED-Bさんの一件があったので、トーヨーサイズの問題が気になってました。
左がR1R、右が07RR、どちらも235/40R17。うわーやっぱり! まあ私の場合そんなツラツラに合わせてるわけじゃないので履けますけど、ホイールハウス内側へのヒット率は上がっちゃうのかも。


ちなみにこれ、どちらも07RRで、左が乱丸さんの履き捨てた265/35R18、右が私の235/40R17。


珍しくこんな雑誌を買ってみたりして。
オプションは「峠」が気になって。でもあまり参考にならず。

レブスピードはハイグリップタイヤ比較記事目当てで。
やはり71Rが最強だけどZIIIもかなり近く、ハンコックのR-S4がそれに続く。これがけっこう健闘してるし熱ダレしにくいそうな(ただし温まりにくく使いにくい?)

フェデラル595RS-RRは上記3銘柄に比べてはっきりワンランクダウン、ゼスティノ07Rは更にダウン。
あら~、ここが残念でした。値段的には595RS-RRより07Rのがだいぶ高いのでグリップ力も優るのかと思ってました。その代わり対磨耗性や、使用頻度による劣化ペースが穏やかだったりするのかもしれませんが。
07Rのひとつ下の製品で、トレッドパターン同じのアクロバ07Aってのがあるんですが(サイズ展開少ないけど)、これがだいたい595RS-RRと同価格なんですよね。うーん。

すると、私のサイズで価格.comの最安値順(送料込み)で並べると、

銘柄価格グリップ力?
NS-2R(120)9660円6
595RS-R12630円3
07A13400円5
595RS-RR  13960円2
R1R14494円1
07R16848円3


…こんな感じでしょうか? グリップ力は適当なので信じないでください。NS-2R(120)は履いた事もないし不明です。07Aと同じくらいだったりして。595RS-Rと07Rは果たして同じくらいなのか…
ゼスティノは07RRで最後まで使える特性を体験してるので、新品時のグリップ力の高低だけで評価してはいけないかも。

さてR1Rの性能やいかに。さっそく来週はALTへ…って貸切か~、雨予報ですし。
とりあえず噂のぐにゃぐにゃ感を感じてみたいですw
Posted at 2017/06/05 23:14:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月30日 イイね!

それぞれの自然との戦い


こないだの土曜日の夜はピットアウトレーシングの飲み会。痛風も喉元過ぎれば…というやつで生ビールその他をたらふく飲み干しました。
おかげで翌日の日曜日は二度寝してしまい、目覚めれば昼1時。ああ、ものすごい良いお天気だったのに、もったいない…

ダラダラと動き始めて、K峠へ行くと昨夜会ったばかりのBLACK-Sさんとランデブー。ちょっとお隣に乗せていただきまして、うーむ、こりゃーウデでは敵いそうもないな…と。

お別れした後、特に意味もなくSスカへ移動。


ふーむ。


びっくり、これまた昨夜お会いしたばかりのRED-Bさんが! おお~、M3が動いてる。フォグランプ等もばっちり直って…! しかし用事があるとのことで一瞬で帰路に着くRED-Bさん。お元気であります。

ところがこの後、帰路にて思いも寄らぬ不運に見舞われたそうで、なんともかんとも…。
次に鹿にやられる番は自分だろうかと震えております。


さて帰るか。
Posted at 2017/05/30 20:36:05 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月22日 イイね!

ALTでオイルクーラーを試しました


昨日の日曜日は朝イチでオートランド作手へ、RS500Kさんに誘われて行きました。
前夜のナイトドライブで夜更かししてしまったので眠かったのですが、2つほど試したいことがありまして。
ひとつは、2コーナーと3コーナーのあいだで3速に入れるのに再チャレンジ。前にやってみて、こりゃダメだとなったんですが、今ならどうかな~と。

もうひとつは、オイルクーラーを取り付けてもらったのでその冷却能力を見たかったのです。


NOPROのNC用キットです。オイルブロックはサーモスタット付きを選びました。
ところがこのサーモスタット付きのは無しのものより大きく、取り付けにされたようです。
他にもラジエーター周辺のいろんな隙間を埋めて走行風がラジエーターにより多く集まるようにして頂いた模様です。

これまで、サーキットなど走ればすぐに水温90度、油温110度あたりまで上がってしまっていました。それでも1周ごとにクーリングしながら走ればいったんはそこで安定するのですが、さらに走り続けるとやっぱりそれ以上に上がっていきます。エンジンオイルにはなるだけ0W-30くらいの柔らかいのを使いたいので気になっていたのです。まあ、このくらいの油温であれば、ちょっとモッサリするのを諦めて固いのを入れれば良いだけなのかもしれませんけど。

これでもNC2バンパーに換えたことで水温がかなり下がったのは確かなんですが…NC1バンパーだと同じ油温110度でも水温が95度を越えていったような覚えが。


取り付けにおいて予期していた問題として、インテグラル神戸のインテークラムでかダクトと干渉してしまうのではないかというのがありました。結果、意外にも干渉はありませんでした。
とは言え、真正面から見てオイルクーラーの助手席側1/3から1/4くらいを覆ってしまってますね。でも今回のところはキットの取り付け位置のままで。

実際見て思ってたのと違ったのは、オイルクーラーの位置がけっこう低くて下のスキマが無いということ。インテークラムでかダクトと相まってラジエーターがかなり隠れてしまいました。

新車から10年以上経ったラジエーターも同時に純正新品に交換する予定でしたが、運悪くメーカー在庫無しのタイミングで今回はいったん見送り。9月に車検なのでそこで換えてもらおうかな~。

とりあえず下道を走って、高速道路を走って…
なんか水温・油温ともかなり下がったみたい! 夜間の高速道路では、真冬でもないのに水温75度・油温80度とかになっちゃいました。むしろ冷えすぎか?
でも当たり前ですけど走ってないと冷えないですね、走行風が止まるとどんどん上がります。


で、実際走ってみたところ…

この日は名古屋市で最高気温31度という、5月にあるまじき暑さでありました。
朝イチの枠でもかなり暑い! それにしては上昇ペースは緩やかな…気がする…ちょっとはっきりしませんが。でも走ってるとやっぱり上がっていき、やがて水温はいつもどおり90度に。ただし、ここで油温はまだ105度くらいだったはず。前より下がってます。走り続けるうち、水温が93度くらいの時に油温110度に達しました。

と言うわけで、やがて以前と同じくらいの温度まで上がりはするものの、それまでにかかる時間が伸びてる事と、水温に対して油温が低くなってる事を確認しました。
ALTは走行風のあまり期待できないコースですので、もっとストレートの長いコースであれば更に冷えるのではないかな~と思います。

あと2コーナーと3コーナーの間で3速に入れるのは、やっぱ難しいですw シフトチェンジのロスを越えてタイムアップに繋げるのはやっぱ無理っぽいです…


今回、いちばん磨耗した左フロントタイヤを右フロントタイヤと入れ替えて走行。タイヤの前後の向きは逆。ゼスティノ・グレッジ07RRも1本はとうとうスリップサインに達しました。やはり冬場よりもドロッと溶けましたね。タイヤカスもたくさん拾いました。

タイムのほうは、ベストが30.287、2ndベストは30.357と振るわず。気温のせいか、タイヤ逆向きのせいか、とうとうタイヤが旬を終えたのか…。まあこれで心置きなく次のタイヤ買えますかね。でも本当に何にしましょうかね~、もうすぐ値上がりの6月です。
Posted at 2017/05/22 22:36:48 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@合法走行 無理しないでくださいね~」
何シテル?   06/14 18:27
マツダNCロードスターと日産T30エクストレイルに乗っています。 くたびれた中年男です。 以前はよくニコニコ動画に車載動画を投稿してました。 http...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ツーリングやサーキット走行に活躍中。 2006年10月、新車で購入。NC1です。色はス ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
毎日の通勤&林道ドライブカーとして活躍中。 初年度登録は平成16年(2004年)2月、 ...
日産 デュアリス 日産 デュアリス
ホンダHR-Vの後継車として2015年10月、中古で購入。8年落ち7.3万キロがコミコミ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.