• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LATIO@オタナス!のブログ一覧

2017年07月16日 イイね!

日産エンジンミュージアムへ。


V37スカイラインで横浜へ。
元々、いすゞプラザの後に訪れようと思っていたのが時間切れだったので、2週連続の神奈川訪問となりましたw


目的地の日産エンジンミュージアム
ニスモ大森ファクトリーも近くでした。


日産横浜工場のゲストホールにある建物です。


1933年の創業時に本社事務所として使われていた建物を改装してミュージアムにしています。


エントランスホールにはエクストレイルとリーフが展示されていました。
順路に従い、まずは2階へ。


日産自動車の歴史に関する展示スペース。


時代ごとの出来事、生産車種の模型が並びます。








圧倒的な模型の台数!
京商などの市販品だけでなく、オリジナルの作品もありそうです。
日産グローバル本社ギャラリーにも同様にディスプレイされていますが、こちらの方が数が多いような感じ。


廊下を挟んで反対の部屋はエンジンのメカニズムに関する展示です。
中央のVQ30DETTは全日本GT選手権で直6からV6へと切り替えてR34が走っていた頃のエンジンですね。


これまでに製造されて来たエンジンのパーツが並んでいます。


左から、直4・直6・V6 ・V8のシリンダーブロック。
こうしてみると直6って長いですね。
横置きFF車でも、V6なら直4のエンジンスペースに載せられるのが想像がつきます。


K11とK12マーチのテールですが、説明文によるとK11の頃はテールを接着剤でとめていたそうで・・・あ、だからR34セダンもブチル留めだったのかw
今はボルト留めになっているので脱着も楽になりました。


続いて、休憩スペース。
自販機が置いてあり、ここにも日産オリジナルのが売ってました。








壁に掛かっている広告が懐かしい!


少し古めのカーグラフィックや、各種クルマ関連の書籍も置いてありました。


1階奥で、歴代エンジンが多数展示されています。


RB20E
RBシリーズ最初期のエンジンですね。
DOHC・リーンバーン化がされRB20DEまで進化しました。


RB26DETTとSR20DE
どちらも日産の90年代を代表する名エンジンです。


VRT35
ル・マンに出場するために開発した3500ccのV12エンジン。
結局のところ、日産の経営状況が悪化した結果プロジェクトが中断し、まともに走らせていないらしいですが。
そもそも日産がV12作ってたとは知りませんでした・・・。


車両も展示されており、ダットサン15型ロードスターと、


B10型 初代ダットサンサニーが保存されています。

ちょっとマニアックな施設のためか、お客さんも少なくゆっくりと見学できました。
駐車場、入場料共に無料ですが日曜は閉館なのでご注意を。


さて、ここからはおまけ。

2ヶ月ぶりに本社ギャラリーへ。


MC間もないキャラバンがメインステージを飾っていました。
新型はオートエアコンやアラウンドビューモニターなど快適安全装備が充実しましたね。


懐かし車両展示のコーナーは、キャラバンリムジン・キャラバン救急車ハイパーパック・キャラバンチェアキャブです。


展示車にルームミラーラバーがありません。
やはり劣化で外れてしまうのでしょうか。


この救急車はオリエンタルランドで使われていた車両だそうです。
オートクロージャーはテールゲートに付いているということで良いのかな?


こちらは24時間テレビ寄贈車両。
長年使用されていた車両をレストアかけてピッカピカに仕上がっていました。
NAPSのステッカーは新品で出るのだろうか・・・w
Posted at 2017/07/17 12:52:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年07月09日 イイね!

いすゞプラザへ。

神奈川県は藤沢市へ。
4月にオープンしたいすゞプラザに行ってきました。

同行してくれたのはお友達の近鉄かと氏。
彼の新しい相棒のマスタングに乗って出発しました。

道中のBGMはもちろん、いすゞのトラック


ということで、いすゞプラザへ到着。


真新しい建物です。
建物横の駐車場は満車でしたが、臨時駐車場は空きがありました。


受付を済ませると自由見学となります。


日本最大級のジオラマだそうです。
トラックやバスの活躍を表現しているのだとか。


ん、R30ハッチバック!


ワゴンも!と少々脱線w


実車の展示スペースが1階フロアのメイン。


エルフ、フォワード、ギガ、エルガなどの新車が展示されています。




運転席に座れる車両もあります。
働くクルマの運転席って、職業ドライバーじゃないと中々座る機会ってないですよね。
大人ももちろん、子ども達にも大人気でした。


海外で販売されるD-MAXも展示されています。


オートエアコン、ナビ、ステアリングスイッチなどが装備されて乗用車と全く遜色ありません。
MTは6速です。


自衛隊で使用されているSKW。


こちらはATです。


後ろは左右にベンチシート・・・というか板でした。
クッションが付いているかと思っていましたので、ちょっと驚き。


2階は車両の開発、生産、メカニズムの紹介がメイン。


こちらはプレス工程を紹介する展示です。


紙に型押し、切り抜きをした記念品が貰えます。


歴代の車両展示も。




初代ジェミニ




名車117クーペもあります。

一方、ミューやビークロスといったクロカン系モデルがないのが意外でした。
まだスペースに余裕がありそうですし、増えてくれるといいな・・・。


見学の途中で昼食。
併設のSAKURAカフェへ。


メニューはこちら。
3種類のランチメニューは780円で飲み物まで付いてくる良心的な価格設定。


湘南SABA Boul


燻製醤油のしらす丼

どちらも美味でした。

クロワッサンも180円だったのでデザートに。
こちらも柔らかくてお勧めです。


庭に佇むギガを眺めながら食事が出来るのはココだけw
ガラスにもギガやエルフなどの車名が入っています。




冷房も効いており、カフェ専用の駐車場もあるのでまた立ち寄りたいですね。


湘南台駅からの無料の送迎バスもありますが、使用される車両は贅沢にもガーラスーパーハイデッカー。
乗ってみたいw

入場料、駐車場は無料です。
まだ知名度が広がっていないのか、混雑もそれ程していませんので、夏休み前のお出かけにも是非お勧めしたいスポットです。


おまけ?
いすゞプラザの社用車はマツダのスクラムでした。
Posted at 2017/07/09 13:10:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年06月27日 イイね!

SSSとGT。

楽しみにしていたプチオフの日。

U14ブルーバードにお乗りのゼフィルス14さんとお会いしてきました。

事の発端は、先月末にスカイラインの6ヶ月点検でディーラーへ預けた時。
ブログでもご紹介した、ノートe-POWERが代車だった訳ですが、そのすぐ近くにとても綺麗なU14ブルーバードがとまっていました。


ホワイトのSSS、まさにこの写真のイメージでした。

担当氏に聞いたら、お客さんのクルマですよーとのこと。
「大切に乗ってるお客さんなんだろうなぁ、いいなぁブルーバード・・・w」
なんて思ったのですが、その後もどうも気になって仕方がない。
あれれ、何処かで見たような記憶が・・・?
僕が前にイイね!をしたり、パーツレビューなど見ていたゼフィルス14さんの愛車でした。
失礼ながらメッセージでご挨拶させて頂いたところ、嬉しいことにプチオフしましょうとお誘いくださった、という経緯なのです。


サイドのステッカーと8スポークのホイールがシブい!
フルドアを採用した端正な3ボックスのスタイリング。
「ブルーバード」という名称が最後となったU14型、歴代モデルの集大成のようなクルマだと思います。


90年代後半にデビューした日産スポーツセダンの並び。
どちらも2000ccの5速MTの4ドア、それぞれ後期型です。

20万キロを超えても大きなトラブルはないそうです。
細かなコダワリのポイントやメンテナンスのお話しを聞き、やはりオーナーから大切にされているクルマは惹きつけるものがあるなぁ、と実感。

ありがたいことに、ブルーバードを試乗させて頂けることに!
SR20DEエンジンはスルスルと加速していき、4気筒らしく発進や中低速域での乗り易さはRB20DEより断然優れています。フロントも軽く、FFらしい直進安定性とフロントマルチリンクサスのしなやかさが良好なハンドリングを見せてくれます。
そしてSR20DEの良い所はタイミングチェーンでありレギュラーガソリン仕様ということ。経済性もバッチリで、ブルーバードSSSの性格からしても良いバランスでしょう。
着座位置はスカイラインと比較して立ち気味となり、見晴らしもよく5ナンバーサイズ故に車幅を意識することはありません。やはりファミリーカーとしての基本性能は徹底しています。
SSS系に採用されるスポーティクロスのシートも滑りにくく、ホールド性だけでなく乗降性にも配慮した設計であり、ブラックの内装と木目パネルの組合せが素敵でした。
走行距離を全く感じさせないカチッとしたボディーとメカニズムには、台所事情が厳しかったであろう当時の日産も、クルマの基本性能は決して妥協していなかったのだなと改めて思った次第です。


この顔!日産らしくてホント好きw
FMCでブルーバードはG10ブルーバードシルフィへ、スカイラインはV35型へとコンセプトも大きく変化していきました。

スカイラインにも試乗していただいた後は少し遅い昼食へ。
こちらでも楽しくクルマ談義させて頂きました。
同じディーラー故に共通の話題もあったりして、ついつい長くお喋りしてしまいました。


リアにあるエンブレム。
ブルーバードは「SSS」、スカイラインは「GT」。
どちらも日産が作り上げてきたブランドですよね。

またお会い出来る事を楽しみにしています、お疲れ様でした!
Posted at 2017/06/27 22:19:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | スカイライン | クルマ
2017年06月23日 イイね!

第23回 秋ヶ瀬80's90'sミーティングへ。

18日(日)、秋ヶ瀬公園にて開催の第23回80's90'sミーティングへ行ってきました。


11時のスタートから3時まで、入れ替わり様々なクルマがやってくるので本当に飽きませんでした。

非常に濃い1日、会場の様子です!






























先日購入したスカイラインTシャツはシートに着せた状態で展示。
実際に着用している方もいて、人気商品なのを実感。


R34で唯一、新車価格で200万を切る廉価グレードをアピールしたくて、ディーラー風のプライスボードも用意してみましたが、果たして気づいた方はいるのでしょうか・・・w

主催者の皆様、参加された皆様お疲れ様でした!
最後にうちの子2000年式なので、ハチマルキューマルじゃなくてごめんなさいw
Posted at 2017/06/23 18:29:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年06月08日 イイね!

セカンドカー。

2台持ちを初めて間もなく3年。
セカンドカー生活は最初がコペンで1年半、スカイラインで1年半になりました。


コペンの頃は割と周囲からの反応も良かったものです。
維持費の抑えられる軽自動車で、オープンにも出来るということで「趣味のクルマ」感が出ていたのではないかと。


が、スカイラインはあまり理解されていないようで・・・w
シルフィと同じような色した4ドアなので、「え、今日クルマ違ってたの?」なんて感じ。
直6・FR・MTとこんなにも違うのに。


2台持ち、結構お金かかってるんだろうなぁ。
毎年の税金に保険、交互に来る車検・・・。ああ、考えると怖いw


またまたU12ブルーバード欲しい熱が再燃しています。


(霧が濃く久々にリアフォグ点灯!)
モヤモヤした気分を解消させるのはクルマに乗るのが一番ですね。
Posted at 2017/06/08 23:35:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

趣味は「カーライフ」。 クルマを洗車したり、眺めたり、調べたり、語ったり、遠出したり・・・クルマと一緒に生活することが好きです。 生まれてからずっと、親...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

日産 エルグランド  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/24 16:40:31

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルフィ 日産 シルフィ
マイカー歴の中で、一番気に入っています。 U12ブルーバードのCMで用いられた「グッド・ ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
―その名を聞いて、ときめくクルマは少ない。― R34型スカイラインの後期型、4ドアセダ ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
マイカー歴初めてのMT・ターボ・軽自動車・ダイハツ。 とても状態の良いコペンを友人と通 ...
日産 ノート 日産 ノート
2011年の4月に購入しました。 遠出に林道に、ジムカーナに・・・いろいろやってます! ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.