• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moulin-roujeのブログ一覧

2015年10月20日 イイね!

会津磐梯山~安達太良山

会津磐梯山~安達太良山10月10日~12日
先週の「箱根~沼津」に引き続き、旅行記です。
今週は更に遠い「会津」へ、今回は空路で向かいました。
目的は磐梯山登山ですが、その前に会津観光・・・。
鶴ヶ城と呼ばれている若松のお城を見学。
風の丘には30機余りの風車があるそうで、夕焼けをバックにビュンビュン唸りながら発電してました。



1日目のお泊まりは、ふくしまの磐梯熱海華の湯さんの30種類の温泉を全て制覇。なかでもこの樽の温泉がメチャ気持ち~い!!造ったろうか!!



翌朝はあいにくの雨。水墨画のような絶景を見下ろしながら浸かる湯は人をダメにします(笑)



因みに、この画はホームページから拝借しました。

翌日はいよいよ磐梯山へ登ります。
最初から最後までカッパを着ての登山となりました。



標高は石鎚よりちょっとだけ低いけど、勾配が半端なく、キツイ!
ほとんど這って登って、ストックは不要でしたが、どうにか登頂。
頂上付近では雨も一休みして、時折雲間から湖も見えてました。



途中の茶屋で頂いた、自家製ナメコ汁と甘酒の旨いこと・・・森○って書いてありました(笑)
この日は沼尻高原ロッジに宿泊。スキー場に併設のロッジですが、ここの温泉がひなびた感じで、またいい!!露天貸し切り、源泉掛け流し、つい立に節穴(爆)



何時まで打ち上げで盛り上がったのか、何を話したのかさっぱり覚えてませんが、酒を飲み干して宴会終了。翌日は廃人でした(汗)

最終日はロープウエーで薬師岳に登り、智恵子抄の「あれが安達太良山・・・」の安達太良山の乳首山を観て、紅葉に癒され帰途につきました。





追伸
アルファロメオ・オーナーズクラブ愛媛「チェルキオ」の忘年会のお知らせ
参加希望は こちら まで。







Posted at 2015/10/20 22:09:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記
2015年07月05日 イイね!

笠松山のキノコ

笠松山のキノコ 朝から笠松山に登山、世田山への縦走途中で見つけたキノコ🍄
淡いグラデーションが素敵でした。


山丹正宗の純米吟醸「しずく媛」を冷酒でいただきながら、
ipadで初のうpでした。


Posted at 2015/07/05 20:44:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月17日 イイね!

立山散々

立山散々9月の連休をムリヤリ(13日・14日・15日の)3連休にしてしまい、
いつもの岳仲間たちが全員集合して、
北アルプスの立山・雄山(3003m)に挑戦してきました。


お目当ては、高原リゾート・ホテル立山での夕食・・・
8月に行かれた会長おすすめの洋食ディナーと赤ワイン。
そして、2450mの室堂平に湧く「みくりが池温泉」。


右手の山並みが立山・・・右から
標高3,003 m の雄山(おやま)、3,015 mの 大汝山(おおなんじやま)、2,999 m の富士ノ折立(ふじのおりたて)の三つのピークを総称して立山といいます。

そして、今回の目標は雄山・大汝山
縦走。




1時間ほどダラダラと登ります。
途中、そろそろ初雪が降ろうかという時季だというのに、いまだに雪渓が横たわっています。




しかし、ノルディックウオーキングをはじめた筈なのに、
気がつけばロッククライマー・・・(汗)



しかも、連休の立山は大渋滞。(汗)

それでも、一応登頂は果たしたのですが・・・縦走は(僕だけ)断念。
それというのも・・・



それというのも、下山した後に、



こんな感じで・・・



赤ワインを飲みながら、



一人お部屋で、洋食ディナーをすすってました。(爆)


どうやら、高地順応が上手くできず、高山病にかかってしまったようです。
幸い、同行した岳仲間の半数以上が医療関係者だったため、他のみんなにも後押しされ、根性で登頂することができました。

おまけにホテルの気遣いで酸素を部屋まで持ってきていただいたり、枕もテンピュールに換えていただいたりと、

至れり
尽くせりのサービスを受け、その日のうちに全快。

思い返すと、酸素が劇的に効いたように思います。
翌日は
時起きしてご来光ツアーに参加することもできました。

TOP画は残念ながら、ご来光には出会えませんでしたが、代わりに、楽しませてくれた朝焼けです。

お値段は少々張りますが、記憶にあるホテルの中で一番くつろげてサービスの行き届いたホテルだなって感心しました。



最後に、


一応、乗り物ブログらしく、



このバス、実は電車・・・と言うのも、天井にはパンタグラフが乗ってて、
環境にやさしい無軌道式の電車です。

立山をくり貫いて造った、こんなトンネルの中を走ります。



あと、こんな、支柱のないロープーウェイに乗って、



黒部ダムも観てきました。



立山黒部ってスケールデカスギです。

でも、もう2000mを越える山には行きたくないなぁ。
Posted at 2014/09/17 20:46:13 | コメント(20) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月01日 イイね!

へんろ道

へんろ道早朝から、石鎚山に登ろうと石鎚スカイラインへ向かっていると、電光掲示板に通行止めの表示が・・・(汗)
しばらく走っているとロードレーサー風のサイクリストが車道をのろのろ・・・
まさか!あっちにもこっちにも・・・。
あちゃ~ぁ。
この日は、石鎚スカイラインを通行止めにして、ヒルクライムの大会が開催されるのだそう。

石鎚スカイラインは面河渓谷から土小屋(石鎚山登り口)までの18㎞、ほぼ全部山道の険道で、車で走ったことがある人ならその過酷さはご存じでしょう。



この大勢の人たち、
見事抽選に当選した物好き・・・(失礼)健脚たち。これから
山道を駆け上がるのだそうです。(汗)
あっ、間違っても手前の青い服の方たちは走りませんよ。



そんなわけで、急遽目的地を変更・・・近くの岩屋寺を目指すことになりました。
讃岐の遍路にはよく行くのですが、四国八十八カ所遍路はまだまだ・・・引退してからと言うことで、岩屋寺を訪れるのは初めてです。

わずか800mほどの参道ですが、これが険しい!この急坂を、リタイアしてから登れるのか・・・心配(汗)




本堂と大師堂が一枚岩を削った足元に、文字通り岩を屋根にして祀られてありました。

さて、参拝を済ませて、トレッキングの再開です。



幸いなことに、お天気にも恵まれて、こんな感じの、落ち葉が堆積したふかふかのへんろ道を約1時間トレッキングできました。

道の脇にはみたことない美味しそうなキノコがいっぱい生えてました(笑)



予定外ではありましたが、岩屋寺から古岩屋を廻る6.6Kmのへんろ道・・・全国の水曜どうでしょうファンあこがれの地・・・制覇しました(笑)

Posted at 2014/09/01 20:27:34 | コメント(8) | トラックバック(0) | | 日記
2014年07月26日 イイね!

あちぃ、無理!

あちぃ、無理!お昼までお仕事して、午後からはいつもの笠松山でトレーニング。
リュックの重しにと、例のバズーカを忍ばせて登りました。

遙か彼方にしまなみ海道・・・来島大橋の橋脚は霞んでるのではなく、ピンぼけです。(汗)

頂上は、もうすぐそこだったのですが・・・

病み上がりの心臓がバクバク・・・なので、ここで登頂を断念。あきらめるのも勇気ってことで、途中で折り返しました(滝汗)

今日は頂上が遠かったなぁ・・・ああ、あちぃかった。
Posted at 2014/07/26 20:26:49 | コメント(8) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「フューエルキャップ http://cvw.jp/b/613420/39105550/
何シテル?   01/01 19:05
短い間でしたが朱色のフィアットX1/9に乗ることができました。重いトラブルも些細なことに思わせてくれる良い車でしたが、最後はスティックヒューズに泣かされ、やむな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

夏の夜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/18 08:36:17
八月二十四日 日曜日 曇り時々雨のち晴れ。でも時々雨 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/25 18:44:34
八光BTC オープニングパーティーに招かれました① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/01 19:31:42

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ スパイダー アルファロメオ スパイダー
1/10は元気で愛媛に生息しています。時々おいしい珈琲と讃岐うどんを求めて香川にも出没し ...
ボルボ V50 ボルボ V50
ケリーちゃんとキャビン君はやんちゃなワイヤーフォックステリア。だからレザーシートは必須。 ...
その他 その他 その他 その他
フォトギャラリー「昔の彼女たち」にUPしております。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる