• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年08月08日

あちこちこまごまと

大掛かりな作業(前後サスペンションいじり)は終わったので、今日は今まで気になりつつも放っておいた細々したところを。

運転席側ドアの中から出ているカタカタ音をチェックするためドアの内張りを外したら、パワーウィンドウモーターの配線途中に付けられたコンデンサらしき物体が、ドア本体に当たって出ていた音と判明。
配線図には無い物だし、端子も片方が根元から無くなっているみたい。
外しても開閉できるので撤去。

内張りを外したついでに、ずれてFRP地が見えていた合皮を両面テープで簡易補修。また剥がれたら本格的に直す予定。

運転席側をやったら助手席側も気になってきたので、同じく簡易補修。
助手席側の内張りの下が日の目を見るのは、製造された1966年以来の様子。
運転席側には無いビニール張りまでそのまま。
スポンジが崩壊した粉がいっぱい出て来た。


手を放すと落ちてくるトランクのストッパーを修理。

インパネから外れていたワイパースイッチの取り付け直し。でも本体の雄ネジがバカになっているので、またすぐに外れるのは確実。

シフトレバー取り付け部のゴムブッシュが動かないようにかましていたワッシャーを撤去。カキカキとシフトできていたんですが、痛めている手首の負担を減らすため。でもワッシャーが固く嵌っていて、外す時に手首がさらに痛くなった。。。

幌と幌のカバーの小さな破れ2箇所の補修。

クラッシュパッドのヒビ割れが隠れるようにビニールレザーを貼り付け。これも両面テープを使った簡易補修。いずれキチンとやるつもり。

冷間始動直後と低回転で発進した時に振動音が出るオルタネータの点検。オルタネータのプーリー側アームの剛性不足で共振しているだけだと思って1年ぐらい放っておいたんですが、ジャッキアップしてよく見てみたら、本体側のブラケットの溶接部分に剥がれを発見。
溶接はできないので近々修理に出すことが決定。車検の前に気づいていれば良かったのに。

すぐに外れるウェザーストリップの取り付け直し。余裕を持って挟めるように奥を広げてから嵌めたんだけど、いつまでもつやら。

まだいろいろ気になるところはあるんですが、今日はここまで。
まだまだ当分楽しめそう(笑)。


ブログ一覧 | Elan | 日記
Posted at 2015/08/08 23:14:08

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

AZ-1レストアの道のり 前回り組 ...
りょー@さん

1日
た+つさん

オイル交換騒動
kons911さん

M2-1028ハードトップ必須・・ ...
ikenomotoさん

R1のドアチェッカー交換&分解して ...
Garage Kさん

ウォッシャーライン、、トラブる。。?
パジェリストさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「😀」
何シテル?   08/12 22:28
自分と同じ年齢のクルマに乗っています。 歳をとってもこのクルマのように軽快に、しなやかに生きていけたら最高です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エラン ロータス エラン
休日のメインです。 「スポーツ」しても、ゆったり流しても、本当に気持ちのイイ車です。
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
平日のメインです。 スタイルが大のお気に入り。 いまだにこのデザインを超えるミニバンは出 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.