• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハ リ ーのブログ一覧

2012年01月30日 イイね!

'12.01.30 鳥羽志摩への旅2日目編(鳥羽パールロード)

'12.01.30 鳥羽志摩への旅2日目編(鳥羽パールロード)1日目前半編、1日目後半編につづき、2日目編です。

朝に温泉に入ると、外が明るいため昨晩とは異なった雰囲気で景色と共に温泉を楽しむ事ができました。


旅館の朝ごはんはいつも楽しみです。

宿の朝ごはん

旅館に泊まった時の例に漏れず、またたくさん食べお櫃(オヒツ)のご飯をお代わりしました。ところが、お代わりできたご飯は明らかに質が劣り、美味しくありません。

宿としてはお代わりされることは想定していなかったのかと残念に思っていると、別の係員が他のご飯を持ってきて、交換して行きました。新たに持ってきてくれたご飯は最初と同じ美味しいお米でした。

一体何だったのでしょうか?

宿のすぐ近くはパワースポットとして最近人気のところだと聞き、お参りすることにしました。神明神社の相差石神さまだそうです。

神明神社の相差石神さま

「女性の願い事なら、必ず一つは叶えてくれると、古くから言い伝え」られているのだそうです。私の願いはさておき、家内の願い事は叶えてもらえるかもしれません。

女風呂には目隠しがあり外の景色を楽しめなかった様なので、宿の裏側へ散歩しに行きました。写真の中央が裏から見た宿で、ちょうどお風呂場側になります。

宿の裏庭と後側から見た宿

宿を出発してパールロードに入り、まずは南へ下ります。

すぐ近くの展望駐車場に寄りました。

パールロードの展望駐車場で海を臨む

雲が多く、色が綺麗に写りません。

この展望駐車場の名前は 「 面白展望台 」。
名前に期待させられましたが、特に面白いものは無かったです。

特に面白いものは無かった「面白展望台」

面白展望台から少し南に下った別の展望駐車場では少し日が照ってくれたお陰で、さっきよりは色が綺麗に写ってくれました。

日が照ると色合いが大きく変わる

パールロードの南端まで走り、Uターンして今度は北上します。

最初の地点を過ぎてすぐの展望台に立ち寄ると、昨晩泊まった宿が見えました。

展望台から昨晩宿泊した宿が見える

中央に朝の散歩で裏側から見た白い三角形の宿の建物が見えます。
宿の裏まで散歩したお陰で、家内にも発見することが出来ました。

パールロードでは車が少なく、海を見ながら気持ちよく走ることができました。

気持ちよい走りのできるパールロードとロードスター

パールロードの鳥羽展望台に立ち寄りました。この展望台へと登る道と駐車場の回りには可愛い形に剪定された木々が並びます。

家内が喜んで、何枚も写真を撮っていました。
私も猫バス風に剪定された植木の横にロードスターを停めて写真を撮りました。


猫バス風に剪定された上記とユーノスロードスター

この展望台からの海の景色はさすがに綺麗でした。
はっきりしない天気だったこの日でも下の写真くらい綺麗なコバルトブルーの海を見ることが出来ました。(偏光フィルターを付ければもっと綺麗に撮れたかも知れません。)

コバルトブルーに澄んだ伊勢の海

この景色を楽しみながら、家内とお茶しました。

展望台でお茶休憩

ちょっとだけ奮発した豪華なスイートのお陰で家内も満足してくれました。

ちょっと奮発して豪華なスイートをいただく

かわいいティーポット&カップに家内の満足度もアップ。

かわいいティーポット&ティーカップ

デザートに満足して展望台からパールロードへ戻ります。
冒頭の写真も下と同じ場所で撮影したものです。

展望台からパールロードへと戻る道にて

この先、鳥羽にかけてパールロード沿いのあちらこちらで牡蠣のお店を頻繁に見かけます。

生牡蠣も。

大量の新鮮な生牡蠣

焼き牡蠣もたくさんです。

焼き牡蠣

私も家内もあまり牡蠣は好きではないので、見て楽しんだだけでした。

牡蠣のバーベキューという感じの場所があり、その周りには高く積み上げられて大量の牡蠣の貝殻で石垣のようになっています。

牡蠣の貝殻で積み上げられた石垣ならぬ貝垣

パールロードを楽しんだ後には、二見シーパラダイス近くの夫婦岩を見に行きました。

二見シーパラダイス近くにある夫婦岩

駐車場からロードスターと夫婦岩を一緒に撮ろうと思ったのですが、もう少しのところで奥様は写らず、残念でした。

ユーノスロードスターと夫婦岩

この後は一般道で帰宅の途につきました。

怪しい空模様でしたが、何とか天気は持ってくれました。

海沿いの道を外れて山間部に入った途端に雪に見舞われました。

山間部に入った途端に雪に見舞われる

2つ上の写真と同じ日とは思えないような帰路でした。

海岸沿いの写真と同じ日とは思えないような道


1日目の概略ルート、約250Km。

鳥羽志摩ドライブ旅行1日目の概略ルート


2日目の概略ルート、約200Km。

鳥羽志摩ドライブ旅行2日目の概略ルート

事故で壊れたままのロードスターですが、家内も楽しんでくれました。

写真は無理かと思いましたが、後からだけでそこそこ撮ることが出来ました。

怪しかったですが、天気も持ってくれました。

子ども達もしっかりと留守番していてくれました。


改めて何事も、前向きにチャレンジングに取り組んで行きたいと思ったドライブ旅行でした。
Posted at 2017/06/29 00:14:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2012年01月29日 イイね!

'12.01.29 -2 鳥羽志摩への旅1日目後半編(三重県道33号線)

'12.01.29 -2 鳥羽志摩への旅1日目後半編(三重県道33号線)鳥羽志摩への旅1日目前半編に引き続き、後半編です。


実はこの場所でお昼にしたにはたまたまではなく、道の駅奥伊勢おおだいにて待ち合わせをしていたのです。


同じユーノスロードスターVRリミテッド コンビネーションBに乗っているしんさんとお会いする事になっていました。


2台のVR-Limitedを並べます。
手前のワタナベホイールがしんさんのVR-B、奥のNA8純正ホイールが私のVR-Bです。

ワタナベホイールのしんさんのVR-B

しんさんのVR-Bは前オーナーさんが毎週末に高速道路で実家へ帰宅していたため走行距離が長かったのですが、しっかりと手入れされておりとても良いコンディションを保たれていました。

リアからだと完全に逆光になってしまうため、フロント側からも撮影。
今回の旅行で、私のVR-Bを前から撮った写真は唯一この1枚です。

太陽の光に輝く2台のVRリミテッド

私のVR-Bはディーラーへ修理の見積もりに出してから、ボンネットが閉まらなくなってしまいました。走行中に簡易ロックが外れるとボンネットがフロントウィンドウに激突して被害が拡大する可能性があるので、内部で紐で縛り付けています。

青空の下に並ぶ2台のVRリミテッド

しんさんは週末が休めない仕事だったためミーティングやVert noiRの活動にも興味があっても参加できなかったのだそうです。

今回転職する事になり、次の仕事が始まるまで時間が出来たのですが、引っ越し先の駐車場の問題からVR-Bを手放す事にされたそうです。

乗り続けることが出来る人は、しんさんの様な方の分まで自分のロードスターを大切にして、かつタップリ楽しまなければバチが当りますね。

お互い自分のロードスターとの思い出をたくさん語り合っていると、夢中で話している様子を家内がロードスター越しに撮影していました。

下の写真のリアコンビランプにしんさん、私、家内の三人が写り込んでいます。

リアコンビネーションランプに写り込む三人の姿

たった2台、3人の小さな小さなプチミーティングですが、しんさんにはミーティング気分を味わっていただけたでしょうか?

2台だけでもミーティング気分

しんさんがVR-Bを手放すとの事だったので、程度も良い事から譲っていただく事も考えました。かなり悩みましたが、新車から16年近く付き合ってきた愛車を捨てる気持ちになれませんでした。

およそ10Km程度ですが、しばらくしんさんのVR-Bと一緒に国道42号線を併走してからお別れしました。

恐らくしんさんにとっては初めてVRリミテッド同士で連なって走った経験だったと思います。

その後、VR-Bの嫁ぎ先が決まったとの連絡を頂きました。

新しいオーナーさんがVert noiRへ参加してくれると嬉しいです。

しばし2台のVRリミテッドで併走

国道42号から外れて、県道33号を通って国道260号へ向かいます。

県道に入ってすぐの畑には高電圧がかけられた高い柵は張り巡らされていました。下の写真中央の黄色い板には 「 高電圧 きけん さわるな! 」 とあります。

猿に作物を荒らされるでしょうか?



危険な柵の地域を抜けて、細い山道に入っていきます。

細い山道に入っていく

広々とした雄大な景色も素敵ですが、このような雰囲気も大好きです。

小川にかかる細い山道の小さな橋

上の写真が低めのアングルからなので、下の写真では高めの視点で撮ってみました。

山と木と道があれば十分

ガードレールがほとんど無いため、純粋な山道を楽しむ事ができます。

ガードレールも少なく純粋な山道を楽しむ

こんな素敵な山道を走っているところを家内がビデオに撮ってくれました。いい雰囲気に撮れていると思います。

38秒頃に現れる旗は、下の斜面が崩れているという印のようです。



おおかた峠を越えて道がなだらかになった頃に漁船と出会いました。

海まではまだかなり距離があり、近くに川も無いところに、なぜ漁船が置いてあるのでしょうか?

山の中にある謎の漁船

国道に出てからは、普通に今晩の宿を目指します。

その途中で面白いものに出会いました。

おもしろい看板

わき見するなと言われても、見てしまいますよね。というより、わき見をしないと、その 「わき見するな!」 の注意書きを読めないではないですか!

私が写真を撮っている間に、家内は事務所の中に前半分が有るかどうかを確認して来ていました。


日が傾いて来て、綺麗な夕日を背中に浴びながら走ります。

綺麗な夕日を背中に浴びながら走る

建物の上に置かれた船。

目に飛び込んできた国道沿いの施設。津波の被害を思い起こして心が痛みましたが、それ以前からあったであろうこのお店に罪はありません。

写真を撮るかどうか、ブログに載せるかどうか、悩みました。

「 過剰な配慮や自粛はかえって失礼 」だと思うのが私の結論です。

色々な感じ方、考え方、価値感の方がいると思いますが、全ての人に受け入れられようとする考え方を突き詰めると、何もしないという事になってしまう可能性があります。

写真を撮るか、ブログに載せるか、悩みました

上の写真を撮るためにこの場所で車を停めました。
車を停めたついでに地図を確認しました。

もっと先だと思っていましたが、ちょうど目の前を右折するのが宿へのルートでした。もし写真を撮っていなければ、かなり遠回りになるところで、何が幸いするか分かりません。

6時過ぎに宿へ到着。すでに真っ暗です。

6時過ぎに重兵衛という宿に到着

とてもお洒落で綺麗な宿で、家内もたいへん喜んでくれました。

ロビーではこの宿特製のたくさんの種類のお酒を頂く事ができます。

たくさんの種類がある宿特製のお酒

温泉にゆっくり浸かって疲れを癒した後に、2種類だけ飲みました。

色も楽しい特製のお酒

後は部屋で持参したお酒をゆっくりと楽しみました。

部屋で家内とゆっくりお酒を楽しむ

ロードスターでのドライブを楽しみ、温泉で体を癒し、ゆっくりお酒を楽しむ。幸せです。

「先の心配などせずに、何も考えずに今を楽しむ。」

文章にするとあまり良い事ではありませんが、必要であり大切な事だと思います。

2日目編へつづく。
Posted at 2017/06/29 00:15:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2012年01月29日 イイね!

'12.01.29 -1 鳥羽志摩への旅1日目前半編

'12.01.29 -1 鳥羽志摩への旅1日目前半編9月の丹後10月の九州に引き続き、家内と二人でロードスターでのドライブ旅行に出かけました。

この旅行は事故を起こしてしまう前から計画して宿も手配済みだっため、ちょっと悩みましたが予定通りに決行しました。

6時過ぎ、まだ暗いうちに家を出発。

まだ旅の雰囲気が出る前から面白いものを発見しました。ザクっぽいですが決してザクではないロボットが立っています。

街中に突然現れたロボット

ゲーム屋さんか?はたまた個人の趣味か?と思いましたが、良く見ると看板屋さんであることが分かります。
電柱には巨大くわがた虫がいて異様な雰囲気です。

この少し先で、朝焼けに照らされた綺麗な霧を見ることが出来ました。

体育館の屋根より低い高さに雲の様にはっきりとした霧が浮かんでいました。天空の風景のような幻想的な景色です。

低い位置に雲のように漂う霧が見える風景

たいして遠くや景色の綺麗な場所ではありませんが、どこで良い景色に出会えるか分かりませんね。

この少し先で、ロードスターを停めて写真を撮りました。

街道沿いの一本の樹とロードスター

何の変哲もない、道沿いのただの一本の樹ですが、きっと昔はこの街道を行き来する人の目印になっていたのではないでしょうか?

その後、だいぶ進んで山に入ると立派な杉の樹が並べられた場所を発見したので、その中にロードスターを置いて写真を撮りました。

立派な杉の材木と緑の山とロードスター

木のいい香りが溢れています。

今回は事故でフロントが壊れたままなので、写真は後姿です。
いつも自然と後姿の方が多かったのですが、今回は特に顕著です。

小さな老舗っぽい醤油屋さんの前でまたもや寄り道です。

老舗の醤油屋さん前で寄り道しているロードスター

立派な樽です。
何年前の木で作った樽で、何年間くらい使ってきたのでしょうか?

長年使われてきた立派な樽

中に落ちてしまったら自分では出られなさそうです。

寄り道を終えて、さらに先に進んでいきます。
今回はドライブを楽しむためと、節約の両方を狙って有料道路は使わない下道の旅です。

国道を走っていると、川向こうに綺麗な板塀が見えたので、細い橋を渡って寄り道です。

綺麗な板塀の赤い屋根と緑のコントラストを狙いました。

綺麗な板塀の赤い屋根と緑のコントラストを楽しむ

実は上の小道の半分は石畳だったので、本当はその雰囲気も表わしたかったのですが、上手く撮れませんでした。

ダムの近くで見た下の情景。最初は立派な階段だとしか感じなかったのですが、良く見たら立派な巨木が中心になっています。

巨木を回り込むように作られた階段

何十年経っても成り立つのだろうか?葉の少ない木が先に枯れてしまう事や、鉄を中心とした階段が先に朽ちてしまう事などを想像してしまいます。

人間に流れる時間と、樹木に流れる時間の速さというか長さの違いに想いをめぐらします。

ダムに堰き止められた人造湖の湖面が綺麗な緑色をしていたので、背景の山と手前のロードスターとを合わせた写真にチャレンジしました。

背景の山と、湖の水面と、ロードスターの緑の共演

やっぱりロードスターを綺麗な緑色に撮影するのは難しい。

写真を撮り終えて道に戻ると、偶然にもNCロードスターの後になりました。

偶然NCロードスターの後に付く

国道を直進できず、左折してすれ違えないほど細い橋に誘導されました。

すれ違えないほど細い橋を渡る

迂回した理由は、その先が崖崩れで通行できなかったからです。

崖崩れのため通行止め

迂回路を通り終えた頃に気がつきました。道を間違えていました。

カーナビを持っていないので、完全に地図と勘が便りです。でも間違えたお陰で巨木の階段も、緑の湖面も、NCロードスターにも出会えることが出来たのです。

来た道を引き返し、本来の予定コースに戻りました。

緑の川と、黄色の鉄橋と、曲がった道と、ロードスター

標高が上がると道に雪が残っています。

神社の前にて、緑と白の世界に鮮やかに映える赤を置いてみました。

緑と白の世界に鮮やかな赤が目立つ

今度は、赤を主体に黒を添えて見ました。

赤を主体に、黒を添えてみる

ふと思いましたが、車内の写真って意外と少ないのではないでしょうか?
これからは車内もたくさん撮っておこうと思います。

標高の高いところは雪が降ったばかりなのでしょう、木々が綺麗に雪化粧しています。

山の上の方では、木々が綺麗に雪化粧

走る場所には雪は無いのですが、スタッドレスタイヤのため安心して走ることができました。ホイール目当てで落札したのですが、スタッドレスタイヤを持っていて良かった。

かつてあった橋が流されてしまい、そのままとなっています。

橋が流されてしまった跡

自然の力に対して、人工の構造物なんて弱いものですね。

途切れた橋の先端にロードスターを停めて写真を撮りたいと考える私は変でしょうか?

今回はその思いを行動に移すことなく、川とロードスターの写真だけを撮ってその場を後にしました。

今回は大人しく道沿いからの撮影で済ませる

国道42号に出ると伊勢に来たという気分です。
国道沿いの道の駅奥伊勢おおだいの向かい側のお店で昼食としました。

「食楽空間 つじ萬」というお店で、可愛い店内の雰囲気を家内が気に入りました。

かわいい店内の雰囲気が家内のお気に入り

食事が運ばれてくると、その器の可愛らしさとデザインの良さに家内は大喜び。

可愛い器で、楽しく美味しく頂きました

喜んでもらえると私も嬉しくなります。ふたりで楽しく、美味しく頂く事ができました。

1日目後半編につづく。
Posted at 2017/06/29 00:15:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2012年01月21日 イイね!

'12.01.21 COSTCO訪問

'12.01.21 COSTCO訪問昨年12月に家から1時間程度のところにCOSTCOが出来たとの事で、オープン後の混雑が去ったであろうこの時期に行ってみることにしました。

まだこれだけ混んでいます。

京都八幡のCOSTCO

店内は撮影禁止のため写真はありません。

倉庫の様な店舗に1アイテムが大量で、いかにも安そうな雰囲気です。

ですが、一部の印象的な商品は確かに安いのですが、よく見るとその他の商品はそれほど安くないというのが実感です。

よほどのお気に入りの品以外は一度にそんなに大量に購入する事にも抵抗感があります。

大きなショッピングカートに混雑した店内は歩きにくく、快適ではありませんでした。

と言うことで、私は恐らくもう行く事は無いと思います。

あまり良い印象が無かったCOSTCO

だだでさえ混んでいるのに、駐車場の誘導の手際が悪かった事も残念です。
Posted at 2012/03/24 17:39:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2012年01月15日 イイね!

'12.01.15 家族でスキー

'12.01.15 家族でスキー今シーズン初めてのスキーに家族で出かけました。

今年は雪が多くスキーにはよいのですが、車には厳しく道が心配でした。

今年は雪が多く運転が心配

雪は豊富ですが、運よくチェーンをつけなくても大丈夫でした。

無事にスキー場へ到着できました。

チェーンをつける必要なく、無事にスキー場へ到着

訪れたのは兵庫県の若杉高原大屋スキー場です。

小さなゲレンデですが、子ども料金が安い事と空いている事から、我が家はいつもこのスキー場です。

今年で何シーズン目でしょうか?子どもは最初の半日でスキーを覚えましたが、家内は昨シーズンにやっと滑れるようになり、今シーズンは思いっきり滑れます。

今日は思いっきり滑るぞ~!

子ども達と家内は林間コースがお気に入りです。

子ども達と家内は林間コースがお気に入り

林間コースの途中で見える景色が綺麗でお気に入りです。

林間コースの途中の景色がお気に入り

私は広くて急な斜面がお気に入り。
誘ってみたら次男が急斜面にチャレンジしに来てくれました。

次男も急斜面にチャレンジ

スキー場のレストランは高いので、持参したパンとカップラーメンで昼食は安く済ませます。

お昼は持参した食料で安く済ませる

午後もたくさん滑ります。
主に子ども達と家内が一緒に林間コースで、私が一人で斜面を滑りました。

林間コースをすべる家内と次男

夕方の営業終了ぎりぎりまでタップリ滑りました。

営業終了ギリギリまでタップリ滑った

営業終了し、暗くなりかけたゲレンデを圧雪車が走ります。

暗くなりかけたゲレンデを圧雪車が走る

子ども達も家内も滑れるようになり楽しさが倍増しました。

今シーズンは雪量も雪質も良さそうですが、忙しくてあまり滑りにこれない気がします。
Posted at 2012/03/23 18:51:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「制限時間内にゴールできましたが、かなり歩いてしまい目標は未達成。クヤシイです。またリベンジしなければ!」
何シテル?   10/01 18:14
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という黒っぽい緑色の車に乗っております。 純正にこだわり新車から大切に維...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

2017年東北遠征変態ドライブ⑩福島只見川~初ビーナス編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/10 09:41:48
大改造!! 劇的ビフォ→アフター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 21:16:10
'14.08.25 踏切注意 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/14 08:24:32

お友達

シャイなので突然のお友達申請には固まってしまいます。
実際にお会いしてお話しするか、何度かコメントやメッセージでやりとりさせていただいてからでお願いいたします。
126 人のお友達がいます
ポップ.ポップ. * teketteket *
白神爺白神爺 * noppo.noppo. *
mosyamosya * えむスポッツえむスポッツ *

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター 2代目VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
新車から大切にして来た初代VR-Bが不慮の事故で修理不能となってしまったので、遺志を引き ...
スバル サンバー ミニバス (スバル サンバー)
スバルサンバーベースの フォルクスワーゲンバス仕様アーリータイプです。 大阪府堺市のキャ ...
マツダ ユーノスロードスター マリナーブルー (マツダ ユーノスロードスター)
20年以上たってマリナーブルーに帰って来ました。 VR−Bとの縁が見つかるまで、 当時 ...
マツダ ユーノスロードスター 初代VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.