• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハ リ ーのブログ一覧

2012年09月30日 イイね!

'12.09.30 -2 おわん作り その13

'12.09.30 -2 おわん作り その13中部ミーティングへ向かう当日の午前中に大失敗をして未完成で宴へ参加となってからしばらくたちますが、なかなか作業時間が取れません。

次男の運動会が延期となってしまったこの日に久しぶりに作業を行いました。

前回の大失敗で垂れた塗料が溜まった底部分と、携帯用容器のフタでダメージを受けたフチが痛々しいマリナーブルーのおわんです。

前回大失敗したマリナーブルーのおわん

ダメージを受けたフチの部分は下の写真の状態から、

ダメージを受けたフチの部分

出来るだけ余分な部分を削ってしまわない様に耐水ペーパーで優しく削って行き、下の写真の様に修正しました。下地が出てしまうのは仕方ありません。

耐水ペーパーで優しく削って修正

塗料を垂らしてしまった底の失敗部分は下の写真の様になっていました。

垂れた塗料が溜まった底の部分

ここも耐水ペーパーで削って、下の写真の様になりました。

底の塗料垂れの部分も耐水ペーパーで削って修正

ダメージ部分を耐水ペーパーで削り落とすという本日の作業の結果が下記の写真です。フチ部分は下地が出てしまい、底の近辺を中心に内面部分はたくさんの削り傷がつきました。

本日の修正作業後の様子

ガレージの暗い場所での作業だった事もあり、フチの外面を削りすぎてしまいました。マリナーブルーの塗料は使い切ってしまったので、かなり痛手です。

塗料を使い切った後なので、外面の削り過ぎはかなりの痛手

前回、携帯用容器に緩衝剤として入れた新聞紙が密着して着いたダメージはコンパウンドで何とかなりそうな雰囲気です。

新聞紙でついてダメージはコンパウンドで何とかなりそう

まだまだ道は長そうだなぁ、とこの日の作業は終了のはずでした。




が・・・、




しかし・・・、



フチの白い内面とマリナーブルーの外面の塗り分けの所に違和感が。


何かおかしい。


塗膜が浮いている?


ありゃ〜まぁ・・・

塗膜が浮いている!

明らかに塗料が下地から浮いています。

塗膜が下地から浮いている

ほとんど密着しておらず、皮がむける様に簡単に剥がれていきます。

下地と密着しておらず、簡単に剥がれてくる

こんな事は想定外です。よくある事なのでしょうか?

塗膜がこんな風に剥がれるなんて想定外

もうこなったらどうしようもありません。やけくそになって塗膜を手で剥がしていきます。

下地が2層になっている

下地が2層になっています。9月2日の悪夢が思い出されます。メーカーの違いが原因か、厚く塗りすぎたのが原因でしょうか?

2層の下地が見える。メーカー違いか厚く塗り過ぎが原因?

上の写真では左から、99工房のプラサフ、Holtsのプラサフ、Holtsのピュアホワイトの塗料です。

結局ピュアホワイトの塗料は全て剥がしてしまい(手で剥がれました)、下の写真の様になってしまいました。下の写真ではフチ近辺にまだらに見えるグレーが素地のプラスチック、上2/3くらいの暗めの白い部分が99工房のプラサフ、下1/3くらいの明るめの白い部分がHoltsのプラサフです。

結局全て剥がしてしまった。振り出しに戻るって感じ。

振り出しに戻るって感じでかなり落ち込んでしまいました。


ユーノスの神様は私の事が嫌いなのでしょうか?

それとも私のユーノスへの愛情が足りないのでしょうか?


この日の作業時間は約1時間45分間の作業でした。
ここまでの総作業時間は約37時間40分です。

いつか、その14へつづく。(と思いますが自信ありません。)
Posted at 2012/10/23 18:00:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2012年09月30日 イイね!

'12.09.30 -1 息子たちの雨の日の作業

'12.09.30 -1 息子たちの雨の日の作業 この日は本来なら次男の運動会。

見に行ける様にスケジュールを調整していたのですが、台風の接近により朝から暴風警報が発令され、運動会は順延となってしまいました。

頑張る次男の姿を見れないのは残念ですが、急に出来た時間を有効に使う必要があります。

長男が東京まで走った後、バラバラに分解して送られて来た自転車がまだ組み立てられていません。一旦は長男が自力での組み立てを試みたのですが、部品が不足しているとの事で頓挫していました。その後は私が居ないか、長男自身が居ないかで伸び伸びとなって今に至りました。

途中で放置されていた自転車の組み立てに着手

不足していると思われるネジの代替え部品を探して提供。その後の作業を再開します。

不足部品の代わりを提供して組立て作業を再開

あくまでも長男が自分でやる様に、私は口はだしても手は出さない様にします。

長男が自分で作業する様に、私は手出しを控える

無事に完成!足りないと思っていたネジも、組み上がった時に見つかりました。多少の回り道はありましたが、やり遂げる事が出来たのは評価に値するでしょう。

ちゃんと自転車の組立をやり遂げた長男

お昼の後は兄弟でゲームを楽しんでいました。長男はiPhoneで、次男はwiiで遊んでいました。

兄弟でゲームを楽しむ

午後に次男はパソコンをプリンターに接続して、何やら印刷中。

次男はパソコンをプリンターに接続して何かを印刷

自分で背景や文字を入力して、次男のお気に入りのARASHIのCDレーベルを印刷していました。

次男は、自作でARASHIのCDレーベルを印刷

満足の仕上がりだった様です。私が中学生の頃はインスタントレタリングでカセットのレーベルを自作していた(参考画像:なにわ01さんのブログ)のが思い出されます。

昔はカセット、今はCDでも自作レーベルの思いは同じ

時代が変わって手段が変わっても、想いはそんなに変わらないのかも知れませんね。

台風で学校が休みになっても、ゆっくりと過ごす事の少ない家族です。
Posted at 2012/10/22 20:11:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2012年09月26日 イイね!

'12.09.26 合掌

心がくじけそうになったとき、お香が心を癒してくれる時もある。

記憶から消えたとき、それが本当に死んだ時

本当の死とは肉体が死に至った時ではない。誰の記憶からも消え去った時、それが本当に死んだ時だと言う。

死後もエクセレントグリーンマイカの香炉に線香を立ててくれる人がいる間は、その人の心の中で生き続けていると言う事しょうか?
Posted at 2012/10/22 00:08:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2012年09月23日 イイね!

'12.09.23 NationalとPanasonic

'12.09.23 NationalとPanasonic気付けば社名をはじめ家電もAVも情報通信機器も全てPanasonicで統一されて久しくなります。前日のブログで、我が家の家電はまだNationalが健在なのがなんだか嬉しくなりました。

そんな事からNationalからPanasonicへの移行時期の事を思い出しました。

冒頭の写真は2004年9月のマレーシアのショッピングセンターの様子です。ショッピングセンターの最上階にショールームの様なパナソニックNewLifeスクエアーがありました。

そこに展示されていた炊飯器が下の写真です。

展示されていたNational&Panasonicの炊飯器

日本国内モデルをそのまま持って来て、国内ブランドだったNationalロゴの上にPanasonicのシールが貼ってあります。

Nationalの上にPanasonicのシールが貼り重ねてある

マレーシアの担当者の仕事しょうか?それとも日本人がやったのでしょうか?

元のNationalが透けて見える、と言う事に加えてPanasoincの文字も読みにくくなっている中途半端さが微笑ましいです。

人の少なさがこの後の衰退を象徴しているよう

シールの事は良いとして、かなりコストがかかっていると思われる割に人が少ないことが気になりました。この頃はまだ薄型大画面テレビの売り場などは日本ブランドの商品が主要なポジションを占め、SAMSONGやLGは端に極少量展示してある程度でした。

日本の家電売り場とは異なり、アジアではこの2年後には主要な展示はSAMSUNGを中心とするアジアブランドに占拠されてしまい、SONYかSHARPが隅の方にかろうじてあるかないか?という状態に完全に逆転されてしまいました。

アジアの街中で韓国車の比率が急上昇したのもこの頃からです。

書き出しから趣旨がずれてしまいましたが、日本車をほとんど見かけなかったと言う先日のOhkawaさんのブログの影響かな?

モノづくりに関係している皆さん、Japanブランドが選ばれる様に頑張っていきましょう!
Posted at 2012/10/21 09:19:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2012年09月22日 イイね!

'12.09.22 私はNational/Panasonic派

'12.09.22 私はNational/Panasonic派我が家の家電製品はかなりの比率でNationl/Panasonicです。


それらの多くは結婚した時(約17年前)と今の家に引っ越した時(約15年前)に購入した物です。



冷蔵庫はNational。(結婚時に購入)

冷蔵庫はNational

洗濯機もNational。(これも結婚時に購入)

洗濯機もNational

乾燥機もエアコンもNational。(これらは今の家に引越し時に購入)

乾燥機もエアコンもNational

炊飯器もNational。(数年前に壊れて買い替えた2代目)

炊飯器は数年前に壊れて2代目のNational

テレビはPanasonic。(リビングの29インチは今の家に引越し時、寝室の26インチは結婚時に購入)
薄型大画面が当たり前のご時世に、ワイドでもフラットでもないブラウン管の画王が現役です。

薄型大画面でないばかりか、ワイドでもフラットでもないブラウン管のテレビ

地デジ化対策で購入したHDDレコーダーもPanasonic。(2〜3年前に購入)

地デジ化対策で購入したHDDレコーダーもPanasonic

もっとも最近購入した家電は、上のHDDレコーダーか、64GBメモリーになったビデオカメラか、デジタルカメラかな?(ビデオカメラやデジタルカメラは「家電」って感じではないけれど。)こうやって振り返ってみると、最近は家電製品を買っていないなぁ。

National/Panasonic製品がほとんど壊れないおかげです。

消耗品である蛍光灯が切れてしまうのは仕方ない事です。

消耗品である蛍光灯は切れたら交換です

交換する蛍光灯もPanasonicを選びました。今でも日本製なのですね。
外した蛍光灯はNationalでしたが、今回の交換でPanasonicとなりました。

Panasonicの蛍光灯は今でも日本製

蛍光灯を交換してリビングが今までよりも明るくなりました。

家内が選んだお気に入りのリビングの照明

リビングのこの照明器具は今の家に引っ越す時に大阪京橋にあるNational(当時は松下電工)のショールームに行って現物を見て家内が選んだお気に入りのデザインです。

あと10年もすると家庭の照明もLEDになるのでしょうが、変換アダプターなどで互換性を維持して末永く我が家を照らし続けて欲しいと思います。
Posted at 2012/10/18 18:11:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「朝イチの便で青森入り。レンタカードライブしたかったけれど仕事が終わってないのでホテルで頑張らければ・・・。写真は上空からの十和田湖。」
何シテル?   01/08 11:35
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という黒っぽい緑色の車に乗っております。 純正にこだわり新車から大切に維...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

2017年東北遠征変態ドライブ⑩福島只見川~初ビーナス編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/10 09:41:48
大改造!! 劇的ビフォ→アフター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 21:16:10
'14.08.25 踏切注意 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/14 08:24:32

お友達

シャイなので突然のお友達申請には固まってしまいます。
実際にお会いしてお話しするか、何度かコメントやメッセージでやりとりさせていただいてからでお願いいたします。
126 人のお友達がいます
noppo.noppo. * ohkawa@Vspohkawa@Vsp *
ドライブ依存症ドライブ依存症 * KeysKeys *
aranao_R32aranao_R32 * NiiNii *

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター 2代目VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
新車から大切にして来た初代VR-Bが不慮の事故で修理不能となってしまったので、遺志を引き ...
スズキ ハスラー 家内のハスラー (スズキ ハスラー)
家内のドリームカーだったミニバスの不調&修理困難により乗り換え。 家内自身の好みと、長 ...
マツダ ユーノスロードスター マリナーブルー (マツダ ユーノスロードスター)
20年以上たってマリナーブルーに帰って来ました。 VR−Bとの縁が見つかるまで、 当時 ...
マツダ ユーノスロードスター 初代VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.